Logger32 ver4.43.x

間もなくLogger32 ver3.43.x (多分、x=10)がリリースされます。内容は下記の通りです。

1) QRZ com、HamQTHをAuto lookupモードで使う場合、
 a. 相手がHome call以外の場合 (例えばJA1NLX/VK4)、State、IOTA、County、Grid Squareは転送しないよう変更
 b. Logger32のQRZ com、HamQTH windowを最小化で開く設定をした場合、Task barに置かれるように変更

特に前者は、ビーム方向判定ミスを回避するための変更です。

2) Radio control panelに、マクロ内の機能として、#call#、#mycall#、#name#が使えるようになりました。Radio commandでCWが送出できる環境があれば便利に使えます。例えば、K3、KX3ではKYコマンドでCWが送出できますが、その一例は次の通りです。

$command KY #call# #mycall# tu #name#;$

Logbook entry windowのCallがK4CY、NameがBobとなっている場合、K4CY JA1NLX TU Bob と送出されます。

尚、今回はメニューの変更はないので、1041.dll ver3.43.0対応版がそのまま使えます。

スポンサーサイト
[ 2012/12/01 08:22 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2157-1b50853b