QSLカード交換

それほど遠くない時期にJARLを退会しようと考えています。何処かの政治家の言い草ではありませんが、一度壊れてしまったほうがいいのではと思います。

そこで個人的な問題は、Buro経由のQSLカード交換をどうするかです。最近の私の運用スタイルからみたQSLカードの処理案です。

1) 家からの運用はそれほどQSO数が多くありません。2ケ月に1回程度JARLのBuroに送ります。95%がDX向けで1回の郵送代は200円程度です。

もしBuroの利用を止めた場合、
a. 必要なものは全てDirectで請求。その他はNo QSL
b. 誰かにQSL Managerになってもらい、従来どおり100% QSL
c. 何処かの国のBuroを使う

最近はLoTWが普及してきて、少なくともDXCCについては紙QSLが全てではない。もし必要ならばDirectでもらえばいいし、その他はLoTWでOK。但しIOTAではIOTAコンテスト以外は紙QSLが必須。
「QSOはQSLカード交換をもって終わる」なんてことを言われてきましたが、もはやそんなことは言わない。


2) 海外からの運用は、全てのQSOについてGlobalQSLから各Buroに送ってもらいます。経験的には、全QSOの10%程度はDirectで請求がありますが、それ以外は殆どJARL Buro経由で相手からのQSLカードが届きます。

もしBuro経由を止めた場合、
a. Buro経由でのQSL発行は止める。Direct請求にのみ応える。
b. Buro経由でのQSL発行は従来どおり。但し相手からのBuro経由でのカード発行は遠慮してもらう。
c. 誰かにQSL Managerになってもらう。(前回の3D2YAの時にはオファーもありました)


スポンサーサイト
[ 2012/06/26 08:30 ] Others | Trackback(0) | Comment(2)

わたしも同じようなことを思案中です。
国内QSOは、お馴染みさんかコンテストが
ほとんどですから、Buroの必要性はだんだん
感じなくなってきました。
[ 2012/06/26 11:11 ] [ 編集 ]

そうですか

会費を払ってしまったばかりなので、まだ若干時間があります。
何かいい策がないか知恵を出し合いましょう。
[ 2012/06/26 16:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2012-3f880b2f