海外運用で使いたい気になるアンプ

今回の3D2YAには間に合いませんが、次回以降、現地への持込に問題がなく、重量制限もクリアでき、一人で持ち運べるならば持参したいアンプ候補です。小型の200w Transceiverという選択肢もありますが。
入力はどちらも1-15w、最大出力が150w(こちらの重さが1.8Kg)、或いは300w(こちらの重さが3.0Kg)です。これならK2/100ではなくK2でもドライブできます。KX3という選択肢もあります。

HLA_150_Plus.jpg
HLA_300_Plus.jpg


このメーカーは電源も各種あります。300w アンプには、50A流せるこの電源(重さは2.85Kg)も良さそうです。150w アンプならば手持ちの電源がギリギリ使えるかも知れません。

SPS_1050.jpg


ここはイタリアのメーカーですが、製品を扱っているのは圧倒的にヨーロッパの販売店が多く、アメリカは殆ど見ません。中にはオーストラリアの販売店もあります。
いずれにしても帰国後のお楽しみです。

追記
こういうテスト結果もありますから、話半分と考えていたほうがいいかも知れません。

一方こういうテスト結果もありました。
スポンサーサイト
[ 2012/03/08 07:05 ] Others | Trackback(0) | Comment(4)

わたしの用途には「KL-503」がピッタリかもしれませんね。値段が?ですが。
[ 2012/03/08 09:08 ] [ 編集 ]

これは20-30MHz用ですね。
軽いし、パワーも手頃だし。
種類が多く、それはそれで悩みます、ハイ
[ 2012/03/08 09:28 ] [ 編集 ]

RM ITALY

こんにちは。 RM ITALYのリニアは米国の DNJ Radio から買うことができます。 http://www.dnjradio.com/  元々はCBのリニアが得意な会社のようですね。日本では超マイナーですが、ヨーロッパでは有名なようです。
[ 2012/03/13 12:42 ] [ 編集 ]

やっぱりCB用なのかも知れませんね。
もう少し別の手段を考えてみることにします。
[ 2012/03/24 07:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/1933-fa797778