FC2ブログ





SO2R対応のためのヒント

2台のTransceiver、私の場合はK3とK2を好き勝手に切り替えて使う、しかもどちらを使っても1台のPCにインストールされたLogger32とやりとりができて、なおかつ1ツのパドルでCWがうてて、ということを実現するためのヒントです。但しデジタルモードはK3のみでやること、アンテナ系の切替はこれとは全く切り離して手動でやることが前提です。

(1)K3とK2でLogger32とやりとりを行うために、K3とはRigExpert Plusを使い、USB経由でPCと接続します。また、K2とは直接シリアルケーブルでPCと接続します。Logger32ではRadio-1とRadio-2の設定ができて、それを切替えることができます。従ってRadio-1にK3、Radio-2にK2を設定します。

(2)CWは、RigExpert Plusに内蔵されているWinKeyを使います。WinKeyは上位のPCコマンドによりPTT出力をCW出力に切替えることができます。次はLogger32のWinKey設定画面の例です。

winkey.jpg


この設定画面で、Key Radio 1 from pin 3, Radio 2 from pin 5にチェックします。

(3)RigExpert PlusからK3のPTT入力に接続していたRCAプラグを外し、それをK2のKey入力に接続します。

以上で準備は終りで、後はLogger32でK3、K2を切替えることでLogger32はそのどちらかとやりとりができて、RigExpert Plus内蔵のWinKey出力もK3用Key、或いはK2用Keyに出力されます。う~ん、これはなかなか使い勝手がいいです!
但し、Logger32でMMTTYによるFSKを使う場合には、K2のCW Key用に接続されたPTTプラグをK3のPTT入力ジャックに戻す必要がありますが、私は通常MMVARIのAFSKを使ったVOX運用をするので問題なしです。

WinKeyを内蔵したmicroHAMのCW Keyer、micro Keyerでも全く同じようにできると思われます。(未チェック)




スポンサーサイト



[ 2009/05/10 08:45 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/1060-266fef8a