FC2ブログ





Logger32 State、CNTY等の取込み (2)

今回は私が公開しているLookup_HamQTH_XML1を使ったCallsign lookupです。尚、HamQTHを利用するためにはユーザー登録が必要です。(無料)

1. Lookup_HamQTH_XML1をUtility programとしてLogger32に登録する。これでMainメニューのUtilityから、或はLogger32の起動と同時にLookup_HamQTH_XML1を起動できる。その他のLogger32の設定は不要。

SS2020-03_024.jpg

SS2020-03_025.jpg

2. Lookup_HamQTH_XML1を起動。Menuを右クリックしてSetup HamQTHをクリック

SS2020-03_026.jpg

SS2020-03_027.jpg

Username、Passwordを正しく書いてApplyをクリック。Username、Passwordが正しければこのような表示なる。

SS2020-03_028.jpg

3. Logger32に転送する項目にチェック
4. Auto transfer to Logger32にチェック
5. 以下のタイミングでHamQTHサーバーを検索して結果が表示され、更にLogbook Entry Windowに転送される。
・ Callsignを入力してTABキーを押す
・ DX spotをクリック
・ UDP BandMapのCherry-pickingがcallsignをピックアップした時、或はManual callingでcallsignを選択した時
・ jtdx/wsjtxでcallsignをダブルクリックした時 但しUDP BandMapで以下の項目にチェックが必要

SS2020-03_029.jpg

6. 表示例

SS2020-03_030.jpg

スポンサーサイト



仮のアンテナ (4)

3/2~3/9 この間は14MHz FT8でもっぱら午前中、夕方に運用しました。平均すると1日12~13 QSOです。以前のアンテナに比べるとずっと少なくなりました。呼んでも呼んでも応答がない、、、、今日からは18MHz FT8でしばらくやってみます。

SS2020-03_023.jpg

[ 2020/03/10 11:23 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(0)