FC2ブログ





今年を振り返る FT8、FT4のおかげで

今年はQSO数が7500を超えました。JT65、FT8を始めた2017年はまだCWが約1/3でしたが、2018年になると殆どがFT8で過去最高のQSO数となり、2019年はFT4を始めたこともあり簡単に過去最高のQSO数となりました。

SS2019-12_011.jpg

2018年以降QSO数が飛躍的に増えた大きな原因は、Logger32の新機能、UDP BandmapのCherry-pickingです。従来はwsjtx/jtdx側のダブルクリックで相手を呼ぶしかなかったのが、ある順位でLogger32から"彼を呼べ"という指令を出し、wsjtx/jtdxが呼び始める機能です。
小さなアンテナでやっていると応答率も悪くて、ダブルクリックにも疲れてしまい、"もうやってられねぇ"とQRTになりがちですが、Cherry-pickingで勝手にやらせておけばストレスもなく、いつの間にかQSOが済んでしまうことになります。

2019年はFT4を始めました。もっぱらコンテストで使うことを目的としたようですが、FT8の半分の時間でQSOが終わってしまうので、普通のQSOでも使う人が増えてきたようです。しかしまだまだFT8のほうが圧倒的に運用者が多いようです。

SS2019-12_012.jpg

今までもずっとそうですが、とりあえず1年で100カントリをという、ささやかな目標でやってきました。今年も知らず知らず目標が達成できました。

SS2019-12_013.jpg

さて来年ですが、メジャーコンテストを中心にCWのQSO数を増やすつもりです。黒点数も増え始めるような予測もあり、特にハイバンドの状態が良くなるかも知れません。
スポンサーサイト



[ 2019/12/13 17:19 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)