FC2ブログ





Logger32 次期バージョン

QSLフラグの付け方に新しい機能が追加されます。

SS2019-09_101.jpg

上の3ツについては従来通りで、QSOがログされる時に自動的にフラグを付ける項目にチェックします。

Remove external Export QSL flags
ClubLog等にQSOをuploadする時、N2AMG作のL321LogSync等のutilityを使っている場合は注意が必要です。
eQSLの場合は、一時的にLogger32が作るeQSL Dump File.txtが使われる可能性があります。
ClubLogの場合は、一時的にLogger32が作るClublog Dump File.txt、或はADIF Audit trail.txtが使われる可能性があります。
私のUtility、ClubLogUploaはClublog Dump File.txtを使っています。それぞれ設定を確認し、必要な項目にチェックします。
(従来は、Logger32.iniの概要項目を修正する必要がありました。)

SS2019-09_102.jpg

Flag existing QSOs for QSLing
何らかの理由で、Logbookにある全てのQSOにフラグを付ける場合には、フラグを付ける項目にチェックしApplyをクリックします。
或は全てのQSLフラグを外す場合は、Remove all send QSL flagにチェックを付けApplyをクリックします。
いずれの場合もSentフラグの付いたQSOに対しては何もしません。

SS2019-09_103.jpg

スポンサーサイト



[ 2019/09/30 11:18 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

JTDX FT4

JTDX 最新テスト版にFT4が実装されました。近日中には公開される予定か?

SS2019-09_091.jpg

このテスト版では、Logger32からのUDP reply messageが無視されてしまいます。従って、まだCherry-picking、Manual callingによる自動呼出しが動きません。
[ 2019/09/29 17:00 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

今日のスケッチポイントは、

小田急江ノ島線 高座渋谷駅から徒歩10分にある常泉寺です。久しぶりに友人と出かけました。
常泉寺は四季の花と河童の石像で有名ですが、境内は狭く、のんびりとスケッチが楽しめるような場所がありません。仕方なく二人とも山門を描くことにしました。
今は彼岸花が見頃を迎えていますが、秋も深まる頃は紅葉も楽しめそうです。

20190926_2.jpg

[ 2019/09/27 13:25 ] Sketch | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Logger32には、Logbook entry windowに入力されている相手のLocal timeを表示する機能があります。

SS2019-09_083.jpg

但し一部のCountry、例えばYBの場合、Logger32のデータベースが持つTime zone nameとWindowsが持つTime zone nameが一致していないためにLocal timeが表示されません。
次期バージョンにupdateされた後、ClubLogによるデータベースのupdateが行われると、YBのTime zone nameが変更されてLocal timeが表示されるようになります。
YBには実際は3ツのTime zoneがありますが、PrefixとTime zoneの関係が不明なため、今回は共通で”SE ASIA STANDARD TIME"が使われます。
[ 2019/09/25 11:16 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

TS480HX 酷いFT8送信信号

昨日ある方からリポートをいただきました。3KHz内に無数のJA1NLXがデコードされています。いつからこんな状態だったのかは分かりませんが、リポートをいただいたのは初めてです。リポートに感謝します。
TS480HXにダミーを接続、Soundcardのレベル、TS480のパワー設定、Soundcard交換、オールリセット等考えられることを全てやりましたが同じ結果です。
いただいた画像はとてもここに載せられないほど酷いものですが、ダミー接続して他の受信機でデコードしている様子です。これでも3ツも見えます。この時の送信オーディオ周波数は約500Hzですが全く無関係な周波数でデコードされています。
とても手に負えないのでKenwoodに点検等をお願いすることにします。

Test_1.jpg

[ 2019/09/25 09:27 ] Radio Kenwood | Trackback(0) | Comment(0)

JTDX/WSJT-X 不思議な現象

JTDX/WSJT-Xではデコードされた相手をダブルクリックすることで相手を呼び始めます。更にLogger32のCherry-picking、或はManual callingの機能を使えば、面倒なダブルクリックの替わりに相手を呼び始めてくれます。私はもっぱらこれらの機能を使い、FT8はJTDX、FT4はWSJT-Xと使い分けしています。
・ 不思議な現象(1) 
Transceiverが送信状態になっても無変調になってしまう現象が頻発しました。TransceiverによらずJTDXでもWSJT-Xでも発生しました。ところがこの現象はTX delayをゼロにすることでピタリと無くなりました。

SS2019-09_081.jpg

・ 不思議な現象(2)
場合によってJTDX/WSJT-Xが送信状態にならないことがあります。この時はTransceiverも送信状態になりません。Logger32のCherri-picking"、或は"Manual calling"のログ画面には"jtdx(wsjtx) did not switch to transmit"と表示されます。
私は、K3、TS480、IC7610をその時の気分、テスト目的で使い分けていますが、この現象はK3の時に比較的頻繁に発生しますが、TS480、IC7610では発生することがありません。

ところで10日ほど前に"JTDXにFT4を組み込む計画がある"とのアナウンスが開発者からありましたが、その後のアナウンスがありません、、、
[ 2019/09/23 15:26 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 Yaesuのサポート機種

Yaesuの機種名は多種多様ですが、Logger32のサポ-ト機種リストではその表示が簡略化されています。
例えば、FTDX-5000MP Limitted、FTDX5000MはFT-5000、FTDX9000D、FTDX9000Contest、FTDX9000MP、FTDX9000MP ContestはFT-9000となっています。最新モデルのFTDX101D/DM/S、FTDX101MPの場合は、FT-101Dを選択してくだsだい。尚、FT-991でも動作すると思います。

SS2019-09_078.jpg

[ 2019/09/23 09:20 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Sunspot number

9/1現在のSunspot numberの推移と予測です。

SS2019-09_071.jpg

相変わらず「底」にへばりついていますが、そろそろ上昇に転じる予測です。
こんなコンディションのせいか、FT4の賑わいも大分おさまってしまったように見えます。QSO実績も先月よりかなり減ってしまいました。

SS2019-09_072.jpg

[ 2019/09/20 11:51 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

今日のスケッチポイントは、

小田急線 多摩センター駅から徒歩10分程で多摩中央公園に着きます。その中にある古民家、旧富澤家です。新百合ヶ丘で用事を済ませてから行ってみました。
秋は紅葉がきれいで、以前にスケッチ教室で描いたことがあります。この時期はまだ緑一色ですが写真から描きました。紅葉のシーズンにはこのポイントからもう一度描いてみるつもりです。

20190912_2.jpg

2019/9/16
同じ位置から横型で描いてみました。こちらの方が落ち着く感じがしますが。

20190912_3.jpg

[ 2019/09/12 18:28 ] Sketch | Trackback(0) | Comment(0)

QSLカードの自作

FT4とかPSK31等のSubmodeですが、私が使っているLogPrintにバグがあり、Submodeのフィールドの指定はできるものの、LogPrintを起動するといつもこれがクリアされてしまい、もう一度指定しないといけません。
そこでQSOデータの印刷は、
1. Modeのみ印刷 (FT4、PSK31は印刷しない)
2. Mode、Submodeを印刷 但しLogPrintを起動する度に設定のやり直しが必要
3. Submodeがある場合はModeの印刷をせずSubmodeを印刷 但しLogger32からQSL.adiをexportした後、「変換ユーティリティ」でMode、Submodeを変換する必要がある。

どれもイマイチですが、3の方法で印刷すると下図のようになります。「変換ユーティリティ」を使ってみたいという希望があればメールでお知らせください。

SS2019-09_025.jpg

[ 2019/09/12 07:53 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

FT4 in JTDX

JTDXメーリングリストに載ったJTDX開発者からのメッセージです。いよいよか、、、

Hello all,

FT4 is planned for inclusion in JTDX.

73,
Igor UA3DJY

[ 2019/09/12 07:34 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

R6000 その後

少し曲がってしまいまい、共振周波数も若干下がりましたがまだ実用範囲にあります。
1段目、2段目の接続部分での曲がりが大きいので、1、2段目のパイプをCushcraft/MFJに注文することにしました。降ろしてみないと分かりませんが自分で出来る作業ではないので、パイプが到着してから何処かにお願いすることにします。

SS2019-09_020.jpg

SS2019-09_021.jpg

SS2019-09_022.jpg

[ 2019/09/11 09:28 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Floating callsign field
Logbook entry windowにcallsignを書くとcallsign、彼のcountry、local timeを表示する小さなwindowが現れます。
(Logbook entry window上で右クリック、Floating callsign fieldをクリック) この機能は既に以前からありますが、新たなオプション、"Hide window if no callsign"が追加されます。Logbook entry windowがクリアされるとこの小さなwindowが消えます。更にまたcallsignが書かれれば自動的にwindowが表示されます。

LBEW_45.jpg

LBEW_46.jpg

[ 2019/09/10 09:21 ] 未分類 | Trackback(0) | Comment(0)

台風通過後のアンテナ

昨晩は、もっぱら北からの猛烈な風が吹き荒れました。釣竿は真っすぐたっていました。一方、R6000は給電部あたりから大分曲がっていましたが、ラジアルは飛ばされず生き残っていてSWR特性もあまり大きな変化が見られません。しばらくはこのまま使うことになりそうです。

IMG_20190909_083153.jpg

[ 2019/09/09 09:27 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(0)

Androidアプリ 小数の計算

数の型として整数を扱うInteger、小数を扱うDouble等があります。簡単にやる時によくDoubleを使いますが、「運が悪いと」こんな結果になったりします。

SS2019-09_014.jpg

SS2019-09_015.jpg

一度はギブアップしましたが、何とも不愉快なので色々調べてみたところ、Double型をBigDecimal型に変換してから計算させると良いことが分かりました。この例では、更に小数点以下3ケタ目で四捨五入しています。

SS2019-09_016.jpg

SS2019-09_017.jpg

これらを組み込んだテスト中の改良型電卓です。数字ボタンは内蔵のキーボードに置き替えました。これで電卓いじりもオシマイ
こんな電卓でも、文字列の表示、数字の扱い、ボタンをタップした時の動作、計算、結果の表示等々、勉強にはいいです。下図は10/3を計算させた結果です。

SS2019-09_018.jpg

[ 2019/09/08 09:36 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

K7TRI from NA-211

今回は7,10 CWで始めたようです。猛烈なパイルアップの中で拾って貰えたような感じがしますが、、、果たして?

SS2019-09_013.jpg

2019/9/9
朝から14 CWで出たり、引っ込んだりしていましたが信号も弱くて呼ぶチャンスもありません。しかし11時過ぎになって突然強い信号が聞こえてきました。呼ぶ人もまばらですぐQSO出来ました。今度は100% 確実なQSOでした。
[ 2019/09/07 17:38 ] IOTA | Trackback(0) | Comment(0)

3ツ目のAndroidアプリ

簡単な電卓です。色々いじってみましたが小数点が入ると処理が難しくてギブアップ、このアプリは整数専用になりました。
数値を入れると下段に表示、更に"+"をタップすれば上段に表示されます。次にまず数値をいれてから"+"、"-"等をタップして上段の数値に対してやらせたいことを指示します。結果は常に上段に表示され、そのまま連続して計算させることが出来ます。
下図は、上段に65536が表示されている時に下段に123と書き、"+"をタップした時の例です。

SS2019-09_009.jpg SS2019-09_010.jpg

Androidアプリを作って遊ぶ、私の手順です。

1. Android StudioをダウンロードしてPCにインストール(無料)
2. JavaかKotlinでコーディング 最初に画面上に配置する"部品”を並べるが、これ自体は比較的簡。但し実際の処理は慣れないJavaとかKotlinなので苦労する。、記述上の間違い等は赤表示され、これを解決しない限り先に進めない。
3. 内蔵の仮想端末上で「出来栄え」を確認 上図は仮想端末のコピーです。
4. OKになれば、アプリの実行ファイル、xxx.apkをビルド
5. USB接続した本物のAndroidスマホの内蔵ストレージにxxx.apkをコピー
6. スマホで内蔵ストレージを開いてxxx.apkをタップするとアプリがインストールされる。
[ 2019/09/06 15:32 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

2ツ目のAndroidアプリ

凝りもせず作った第2作目の簡単な変換アプリです。VB6とかVB.NETならこう書くと出来るんだけど、Javaだとなかなか思うように書けないことばかり。この「作品」もごまかしがあってまだまだ気に入りません。

SS2019-09_002.jpg SS2019-09_003.jpg

[ 2019/09/01 21:13 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)