FC2ブログ





QSLカードの自作

私にとっては、QSLカードをやりとりすることは殆ど無くなりましたが、たまにSASEでQSLカードを請求すことがあるので、全くナシにすることは出来ません。私は次のようにQSLカードを自作しています。

1. QSOデータ以外は、Word等を使ってデザインし、それを白紙のカードに印刷しておきます。

SS2019-08_080.jpg

2. 右上の空白部分にQSOデータを印刷しますが、昔から使っているLogPrintを使いデザインします。QSOデータはLogger32から必要なQSOデータをexportし、それをimportします。
LogPrintでは、プレビュー画面で確認しながら各データの位置を決めます。カード上に印刷する位置は最終的に最初に用意したカードに印刷して決めます。1枚のカードに複数のQSOを印刷するようにしてあります。"TNX"の後に簡単なメモを印刷できます。
FT4の扱いに悩むところですが、ModeはMFSK、SubmodeはFT4というようにADIFの定義通りとしてあります。

SS2019-08_081.jpg

3. 完成
最初に用意したカードにLogPrintを使ってQSOデータを印刷します。

20190824_1.jpg

スポンサーサイト



[ 2019/08/24 18:44 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)