FC2ブログ





Logger32 最新版

Logger32 ver3.50.376が自動更新でリリースされました。このバージョンではLogger32内蔵のインターネット時計によるPC時計の自動校正の内容が変更されています。

1. ステータスバー下段の左端欄を右クリック
2. "Get atomic clock"をクリック
3. Logger32は初期設定のサーバーに接続してPC時計を自動校正
4. 画面のSetupをクリック
5. SNTP host server Host Name欄を、NTP.NICT.JPと書き換える。更に下図のようにオプションにチェックする。
6. Applyをクリック

SB_7A.jpg

以上で、Logger32を起動した時、UDP BandMapを開いた時、PC時計が自動校正されます。
私は今までNetwork Time SynchronizationをPC時計の校正に使ってきましたが、これが不要になります。

https://time.is/ を開くとPC時計の正確度が分かります。

SS2018-12_067.jpg


スポンサーサイト



[ 2018/12/31 08:00 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

今日のスケッチポイントは、

いつも出掛ける版画美術館です。けや木の葉っぱもすっかり落ちて冬景色になりました。今年のスケッチもこれでオシマイ

20181230_1.jpg


[ 2018/12/30 16:07 ] Sketch | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32とJTDX

今までLogger32自体はメインの横長モニター、JTDXとUDP BandMapは3:4のセカンドモニターに表示させてきました。JTDXでFT8を運用している時はLogger32で何か操作をすることがなく、ただQSOがログされたかを確認する程度なので特に不自由はありません。
しかし最近は殆どがFT8によるQSOになってしまったので、どうせなら横長のメインモニターで両方表示させてしまったほうが、目をあまり動かす必要もなく更に使い勝手がよくなります。

Logger32では、Logbook entry window、W/C window、Previous QSO window、Logbook page window、RCP、UDP BandMap、それに自作のユーティリティプログラム、そしてJTDXをメインの横長モニタに表示した例

SS2018-12_063.jpg


[ 2018/12/29 09:19 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(4)

今年を振り返る (4)

アンテナ系のノイズ対策

R6000の給電部の同軸先端には当時手元にあったパッチンコアを数個いれただけであげてしまいました。ベランダからあげた釣竿アンテナの給電部の同軸先端には残りのパッチコアを2個いれただけでした。
しかしどちらもノイズレベルが少し高く、いかにFT8と言えども信号が弱ければ全く見えません。

その後釣竿アンテナには給電部の同軸先端に某R社のコモンモードフィルタをいれてみましたが、残念ながらノイズレベルは殆ど変化ありません。

更にパッチコアを20コ緊急手配し、トランシーバのアンテナ端子近くのR6000、釣竿アンテナ同軸先端にこれをつけてみました。結果はノイズレベルは殆ど変わりません。K3のSメータではR6000で14を聞いても、釣竿アンテナで10を聞いても、どちらもS6前後のノイズレベルになっています。勿論アンテナを外せばSゼロです。

私の環境ではバーチカルアンテナのノイズ軽減策はもうありません。来年は釣竿アンテナ少しでもノイズレベルを抑えられないか、アンテナ自体の形状を見直してみることにします。

室内のパッチンコア それぞれ10ケ

IMG_20181229_075701.jpg

シャックの模様替え

しばらくお休みしていたTS480HXとIC7300を入れ替えました。IC7300はしばらく「休養」です。FT8でも100Wよりは200Wの方が少しは飛びがよくなるかと期待して。でも受けの改善をはからないと、「何とかの大声」になってしまうかも、、、

IMG_20181229_075607.jpg





[ 2018/12/29 09:02 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

今年を振り返る (3)

IOTA

Workedは873となりました。今日現在の未コンファームは4です。
いつもは年明け早々にクレジット申請していましたが、今年は年内に片付けようと昨日申請しました。追加申請分は16、これが全てOKであればクレジット済みが870となります。
紙QSLが不要になるかと期待していたClubLog QSO matchingですが、なかなかその効果が見られません。事前に、これを利用して欲しいと積極的にPRする運用例が殆どなく、結局紙QSLを請求してしまうことになります。今年は16の追加申請ですが、このうちClubLog QSO machingによるものは4でした。

2ツあった「焦げ付き」を私のWorked Listから削除しました。1ツはEU-058から「違法運用」したとされる2011年のF/IQ1QI/P、もう1ツは、LoTWによるコンファームでラッキーと思ったNA-211。念のために本人に確認したら、「島の住人ではありません」とのこと。
US Countty等もそうですが、LoTWも間違った付属情報を持っていることがあるので要注意です。

来年の目標は875 クレジット、IOTA Plaque of Excellenceの875のバッジを貰うことです。アンテナをダウンサイジングしたこともあり、New IOTAを捕まえることも容易ではなくなってきました。また一方では、IOTAに限ったことではありませんが、相変わらず「ドネーション、ドネーション」を叫ぶ声もあり、そろそろIOTAもほどほどに、或は「打ち止め」かも知れません。

SS2018-12_057.jpg


[ 2018/12/27 06:33 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

お譲りします

済み 2019/1/9

Elecraft W1 Wattmeter

Elecraft社のキットを組立ててサードパーティー製ケースに収納してあります。詳細はメールで直接お問合せください。

主な仕様は次の通りです。
・ パワー、SWRをLED表示
・ パワーレンジは、150mW~1.4W、1.5W~14W、15W~140Wの自動切替
・ 周波数範囲は1.8~30MHz
・ 入出力50オーム BNC、外部DC電源用コネクタ/電源ON/OFFスイッチ、RS232Cコネクタ
・ RS232CコネクタをPCに接続して表示、制御が可能。但し専用プログラムが必要
・ 9V乾電池を内蔵できる。但し付属の電池ケースの取付が必要
・ 付属品はW1組立/操作説明書(英文)

IMG_20181226_141934.jpg

IMG_20181226_141952.jpg


[ 2018/12/26 14:57 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

今年を振り返る (2)

QSOs

昨年夏から始めたFT8ですが、その後Logger32にUDP BandMapが組み込まれたこともあって、もっぱらFT8の「ロボット運転」のテストに終始しました。
1年のQSO総数 4356に対しFT8は4197で、96%を占める結果になりました。しかしJT65は激減、多分来年はゼロになるでしょう。
Worked DXCCは167となり、これは少なくともこの数年では最高かも知れません。
まだまだ太陽活動も低調で、来年もこの傾向が続くかもしれませんネ CWバンドを聞いていても何も聞こえず、一方FT8バンドを見ると、これが同じバンドとは思えないくらい多くの信号が見えます。

SS2018-12_055.jpg


[ 2018/12/26 10:08 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

UDP BandMapの機能

UDP BandMapの機能概要をまとめた「UDP BandMapの機能」の内容を更新しました。UDP BandMapの詳細は「Logger32 日本語ヘルプ」をご覧ください。



[ 2018/12/25 11:01 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 日本語ヘルプ

Logger32 ver3.50.373対応の最新版をuploadしました。
主な変更は、
・ UDP BandMap

[ 2018/12/24 19:56 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

今年を振り返る (1)

アンテナのダウンサイジング

長年使ってきたクランクアップタワーを撤去し、今後は小さなアンテナでしばらく楽しもうと思っていました。しかし某F社と全く連絡がとれなくなり急遽計画を変更しました。

・ タワーはイチバン低い状態で固定 某F社と連絡がとれればいずれ撤去
・ 従来のアンテナを撤去、トップにR6000バーチカルをあげる (14~50MHz) この工事は北海道の某P社にお願いすることが出来ました。
・ 7、10MHz用にベランダから釣竿アンテナをあげる。
とりあえずこの状態で年越しになります。

来年の課題は、
・ 某F社に「しつこく」タワー撤去依頼、以降のアンテナをどうするかは未定
・ ベランダにあげた釣竿アンテナの更なる改善

R6000と釣竿アンテナ 現在釣竿はベランダの端に移動した。

IMG_20181220_083801.jpg


[ 2018/12/24 16:33 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

JTDX 77 bit version

JTDX-2.0.1- rc115がEvaluation versionとしてリリースされています。JTDXのページからダウンロードすることが出来ます。

http://www.jtdx.tech/en/



[ 2018/12/20 07:25 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(1)

Windows 10 update

バージョン1809
リリース直後の大きなトラブルで中断されていましたが、11月中旬に「一般公開」が再開されています。私のメインPCは12/12、XYLが使っているノートは12/18、そして予備PCが12/19にバージョン1809になりました。
この規模のupdate後、毎回3ツのPCがぶらさがるネットワークの設定が「壊されて」、再設定が必要になります。Windows 10切替後からある問題ですが、いっこうに改善されません。最近は3ツのPCを同時に更新せず、しばらく間をあけて行うことにしています。

SS2018-12_037.jpg


[ 2018/12/19 12:53 ] PC | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

UDP BandMapに新しいメニューオプションが追加されます。
WSJT-XでQSOがログされた時、同時にLogger32にそのQSOがログされますが、従来WSJT-Xのログ画面が表示され、そこでマウスクリック操作が必要でした。次期バージョンでは一瞬ログ画面が表示されますが、すぐにその画面が自動的に閉じられ、Logger32にQSOがログされます。
WSJT-Xユーザーにとっては朗報です。但し「ロボット運転」を好まない方には不要なので、このチャックは外してください。

SS2018-12_034.jpg

このオプションにチェックした後、最初のQSOをログする時は5秒間WSJT-Xのログ画面が表示され、Logger32にQSOが自動でログされるとログ画面が消えます。この間に今まで通りログ画面のOKをクリックしても構いません。
以降、QSOをログする時は500msの間ログ画面が表示され、自動でLogger32にQSOをログしてからログ画面が消えるようになります。

[ 2018/12/19 08:53 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(4)

JTDX 77 bit version

Logger32とのテストのためにと言って、77 ビット FT8対応テスト版を送ってもらえました。もはや75 ビットFT8には対応していません。開発者は、「更にデコード性能をあげる努力を続ける」と言ってますが、いずれ「Evaluation version only」として公開されると思います。
今のところ、Logger32と組み合わせて使っても問題がないように見えます。

SS2018-12_033.jpg


[ 2018/12/19 08:42 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

お譲りします

アンテナアナライザ FA-VA4をお譲りします。本機はDG5MKが開発したキットを組み立てたもので、完全動作品です。

お譲りする方が決まりました

仕様概要は次の通りです。
・ 周波数範囲: 0.1~100MHz
・ サイズ: 137mm x 90mm x 23mm (L x W x H)
・ 重さ: 290g(内蔵電池含む)
・ 測定項目: SWR、インピーダンス
・ 入力端子: 50オームBNC
・ 電源: 内蔵単3電池 x 2

本機の使用状況は本ブログの下記記事をご覧ください。
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/blog-entry-3675.html
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/blog-entry-3688.html
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/blog-entry-3692.html
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/blog-entry-3693.html

お問合せは直接メールでお願いします。

[ 2018/12/17 23:11 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

FT8 75ビットと77ビット

12/10にwsjt-x ver2.0がリリースされて以降徐々にFT8 77ビットが増える傾向にあります。一方jtdxは77ビットバージョンが開発途上にあり、まだしばらく時間がかかるようです。
これは午後の16時前後の14MHz FT8の様子ですが、左が75ビット、右が77ビットです。まだ圧倒的に75ビットで運用している人が多いようです。この時間はUSAの信号は殆ど見えず、彼らの信号がよく見える午前中では大分違った様子かも知れません。

SS2018-12_023.jpg  SS2018-12_024.jpg

2018/12/18
今朝の14MHz FT8の状況です。この時間は殆どがUSAの信号で、EU方面と違って77ビットへの移行が急速に進んでいるように見えます。

SS2018-12_027.jpg  SS2018-12_028.jpg


[ 2018/12/16 16:14 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

JTDX 77 bit version

JTDX 77 bit versionは現在開発中とのアナウンスがありましたが、リリース時期については説明がありません。想像では年末?

"The 77bit version is being done and there is a lot of testing and trials to do, so there is a lot of work and effort ahead"



[ 2018/12/15 07:22 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(1)

今日のスケッチポイントは、

2018/12/9
上野公園内の東京国立博物館です。近くの美術館の寄った帰りに少しポイント探しをして写真を撮ってきました。周辺のイチョウがちょうど見頃になっていました。以前にも何度かこの周辺でスケッチしていますが、このポイントは初めてです。見事なイチョウの大木があります。

20181209_2.jpg



[ 2018/12/10 10:08 ] Sketch | Trackback(0) | Comment(0)

TX0M from OC-297

運用開始直後です。私のアンテナではノイズレベルすれすれで五分五分ですが、、、、

SS2018-12_005.jpg


[ 2018/12/06 21:06 ] IOTA | Trackback(0) | Comment(0)

釣竿アンテナ その後

もっぱら7、10MHzで使うアンテナとして、釣竿を使った簡単なアンテナを2階ベランダに設置してテストしてきました。結局、現在は6mの釣竿に7mほどのワイアを巻き付け、1:1のバラン経由でLDG RT-600チューナーに接続しています。2.5mほどのワイア 40本をベランダ床に這わせました。数本程度のワイアを這わせるよりは受け、送りが少し改善されているように見えます。

IMG_20181204_150840.jpg


2018/12/7
釣竿を10mに変更し、約10mのワイアを巻き付けました。
この長さは7で約1/4波長、10で1/4波長より少し長めになり、少なくとも10でのテストの結果、更に受け、送りが改善されました。R6000での14、18と同様に、もらうリポートのほうがいいことが多くなりました。
何とかこれで使えそうなので、10mの釣竿はある方から譲ってもらった「支持金具」で固定しました。

IMG_20181208_085008.jpg


[ 2018/12/04 15:31 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(4)

今日のスケッチポイントは、

2018/11/28
スケッチ仲間と出かけた地元の芹が谷公園です。この一角が紅葉スケッチののベストポイントです。多分今年最後の紅葉スケッチです。

20181201_1.jpg


[ 2018/12/01 11:05 ] Sketch | Trackback(0) | Comment(0)