FC2ブログ





Logger32 次期バージョン

WSJT-X/JTDXから直接QSOをログした時、同時にDX spotを自動送出するオプションが追加されます。
MainメニューからSetupをクリック、更にDX spotをクリックします。この機能を使う時は、"Make a DX spot for all QSOs logged from WSJT/JTDX"にチェックします。

Screenshot2018_01056.jpg

自動送出されたDX spotの例
DX spotの周波数はVFO周波数になります。

Screenshot2018_01100A.jpg


QSOを同時にログした時、LogbookのFREQにはVFO+TX トーン、FREQ_RXにはVFO+RX トーンが書かれます。(N2JNRとのQSOは改修前、W0MBとのQSOは改修後)

Screenshot2018_01113.jpg

スポンサーサイト
[ 2018/08/09 09:15 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)