FC2ブログ





アンテナアナライザ FA-VA5とアナライザソフト VNWA

FA-VA5では、FA-VA4には無かったUSBインターフェースが実装されました。VNWAと組合せてみると次のような使い方ができます。
・ FA-VA5本体に保存した画面コピー(実際は細かなデータ)を呼び出してVNWAで表示させる。これは外でアナテナを調整、特性を保存し、後で室内でVNWAで確認する際に使えます。
・ アンテナに同軸をつなぎ、同軸の先端をFA-VA5に接続し、これをFA-VA5で操作して特性を表示させる。

これはいくつかの実例です。

FA-VA5に校正用の50オームダミーを接続して、VNWAでVSWR、負荷のインピーダンス絶対値、及び虚数部を表示させる。当然ですが大変きれいです。
Screenshot2018_00986.jpg

FA-VA5に送信機テスト用のダミーを接続して、VNWAで表示。1mほどの同軸が入っているのと、ダミー自体の特性から、こんな特性になります。
Screenshot2018_00988.jpg

現用のダイポールの14MHz付近の例 VNWAでは任意の中心周波数、スパンが指定できる。
Screenshot2018_00990.jpg

現用のダイポールの14MHz付近の特性をFA-VA5本体に保存、それをVNWAで読んで表示させた例
FA-VA5本体の中心周波数、スパンの設定も含めVNWA上に再現できる。
Screenshot2018_01012.jpg


スポンサーサイト
[ 2018/08/02 16:52 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)