JTDXとFT8 その後の進展

2018/2/3 追記
WSJT-Xの次期バージョンに"FT8 DXpedition mode"が組み込まれるそうです。今までのFT8とは違うプロトコルになるので、DXpedition側もこれを呼ぶ側もWSJT-XのFT8 DXpedition modeを使う必要があります。勿論、その時点でJTDXにもこのmodeが追加される可能性はあります。K1JT発表の詳細は、

http://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/FT8_DXpedition_Mode.pdf


現在の最新テスト版は、ver18.1.0.69で下記のJTDX HPからダウンロードすることができます。

http://www.jtdx.tech/index.php

FT8モード時のAutoSeqは、殆どの場合は予定通りのメッセージを送信してくれますが、たまに想定外のメッセージを送信してしまうこともあって慌てます。
よく経験するのは、
・ 誰かさんを呼んで、誰かさんが他の人に応答した場合、自分の送信がキャンセルされないことがある。
・ QSO終了後、続けてCQを送信してしまうことがある。
・ 不要な"73"を送信してしまうことがある。
等ですが、他の人に応答があった場合、自分の送信がキャンセルされないのはいいとして、次の自分の送信が無変調になってしまうのが困ります。

最近はJTDXとLogger32のUDP BandMapをサブモニターに表示させています。17インチのスクエアモニターいっぱいに表示できるので、こちらのほうが見やすいです。私は、UDP BandMapで、ニューか、未コンファームか、QSO B4か、LoTWユーザーか等を表示させています。呼ぶのはLoTWユーザー優先で、QSO B4は原則呼びませんが、呼ばれたら知らん顔して応答します。。

LS2018_66.jpg


私の最近のLogbookはこんな状況で、殆どがFT8、ポツンとCW、JT65となってしまいました。たまにCWもやらないと忘れてしまいそうです。

LS2018_67.jpg


スポンサーサイト
[ 2018/02/02 18:43 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

Z60A

DX spotに見られる色々なコメント、、、

LS2018_65.jpg


[ 2018/02/02 09:54 ] DX | Trackback(0) | Comment(0)