HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Logger32 次期バージョン

Award TableのDXCC Awardのオプションにあった"DXCC"が無くなって、代わりに"DXCC_SAT"になります。もともと"DXCC"というAwardが無かったのでもっと前に変更になってもよかったと思います。DXCC_SATに興味のある方はお知らせください。テストをお願いします。

LS2017_189.jpg



スポンサーサイト
  1. 2017/08/30(水) 20:14:30|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

DigitalSummary ver1.0

誤ってこのソースコードをすべて削除してしまいました。現在もう一度ゼロから作り直しています。とほほ、、、2017/8/31

JTSummaryを作り直しました。
Logger32から出力するLogbook ADIFを読んでデジタルモード毎にQSO数、Entity数を表示します。Entityの詳細をPrefixで表示し、コンファーム済か未コンファームかわかるようにしました。コンファームのチェックはLoTWのみです。大陸別、バンド別のチェックは止めました。

LS2017_186.jpg

LS2017_187.jpg


  1. 2017/08/29(火) 17:57:31|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FT8

あるところで見たモードの使われ方です。どのようにカウントした数値か分かりませんが、FT8がダントツ、それに比べCW、SSB等「過去の遺物」に成り下がってしまうのでしょうか?

LS2017_184.jpg

  1. 2017/08/28(月) 09:25:56|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JTSummary ver1.1

JTSummaryの最新版です。当初VB6で作りましたが、OCXファイルが無い等で起動すらできないという報告があり、その後VB2008、VB2015で作り直しました。
Logger32からexportしたLogbook ADIFを読めば下図のように表示させることができます。

LS2017_177.jpg

"Show worked DXCC"をクリックすると下図のように表示が変わります。(読んだADIFにDXCCフィールド、COUNTRYフィールド、LOTW_QSL_RCVDフィールドがあれば)

LS2017_178.jpg

現在テスト中です。興味のある方はお知らせください。
これを作っている時にいくつかのADIFをテストしてみました。実にさまざまな書式が使われています。その例をいくつか

・ Logger32のLogbookを出力したもので、1レコード1ラインでレコード間に空白行があります。フィールド名は大文字

LS2017_172.jpg

・ 某ログソフトのLogbookを出力したもので、1レコードが複数ラインになっています。

LS2017_170.jpg


・ JTDXのwsjt_log.adiは1レコード1ラインで、フィールド名は小文字

LS2017_169.jpg

・ 最後にlotwreport.adiは、1フィールド1ラインになっています。

LS2017_171.jpg


  1. 2017/08/22(火) 12:02:49|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 Telnet接続先リスト

以下のリストが使えます。これをダウンロード、ファイル名をTelnetAddreses.INIとしてLogger32のフォルダに保存します。
但し、Logger32が読める接続先は最大100件なので、不要なものは削除してください。

http://www.g4bki.com/cluster_files/clusters_combined_logger32.txt

そんなにたくさん必要ないという場合は、下記を参考にして手動で追加してください。

http://www.dxcluster.info/telnet/index.php

  1. 2017/08/19(土) 17:46:47|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 次期バージョン

RCP、CW machine、Soundcard data window、Data terminal windowのマクロボタンが最大48ケになります。(従来は最大36ケ)
上から、F1-F12、ALT+(F1-F12)、CTRL+(F1-F12)、ALT+CTRL+(F1-F12)を押すことで動作します。もちろんそれぞれのボタンのクリックでも動作します。

LS2017_157.jpg


  1. 2017/08/19(土) 12:45:26|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NL6/AA7CH from NA-157

今度はNA-157からの信号が聞こえ始めました。この時間、JA方向には弱いですが早めにQSOできました。

LS2017_156.jpg


  1. 2017/08/19(土) 11:36:46|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TQSL configuration file

TQSLのconfiguration fileが更新されFT8等の新しいモード対応になりました。今までは"FT8->DATA"のように手動で変換定義をする必要がありましたが、今回の更新によりこれが不要になりました。不要になった変換定義は削除しておいたほうがいいでしょう。

2017/8/18
友人とお互いにFT8モードでのダミーQSOを作り、Logger32からLoTW upload用ADIFをexport、これをLoTWにupload、最後にlotwreport.adiをダウンロード、Logger32のSync LOTWでLogbookの更新をしてみました。全ての過程でModeがFT8で処理されていることを確認することができました。


  1. 2017/08/17(木) 07:08:10|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

JTSummary ver1.02

JTSummary ver1.02をリリースしました。

LS2017_148.jpg

こちらからダウンロードすることができます。
"comdlg32.ocxがインストールされていない"等のメーッセージが出て起動できない場合はお知らせください。対応版をお送りします。
このプログラムは、基本的にLogger32からexportするLogbook ADIFを対象にしています。ADIFに以下のフィールドがあれば上の例に示すような表示になります。フィールドが無い項目があればその項目は全てゼロになります。例えば、ADIFにCONTフィールドが無ければContの表示は全てゼロです。

CALL、BAND、MODE、CONT、DXCC、LoTW_QSL_RCVD

  1. 2017/08/15(火) 16:12:55|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K4UGA DX Packet cluster

9月1日をもってサービスを終了するそうです。
Logger32はK4UGAをデフォルトの接続先としていますが、近日中に変更される予定です。
現在K4UGAを利用している場合は、今のうちに他の接続先に変更してデフォルトとしてください。尚、Logger32はGB7UJSを新たなデフォルトとするようです。

GB7UJS  gb7ujs.ham-radio-op.net 7373

Telnet接続先リストにGB7UJSを追加するには、
1. Telnet windowでTelnetを選択して右クリック
.2. Setupをクリック、Setup remote hostをクリック

LS2017_150.jpg

3. 現在使っている接続先の」内容が表示されるので、Clear all fieldsをクリックして空欄にする。
4. ShortcutにGB7UJS、Remote hostに、gb7ujs.ham-radio-op.net、Portに7373と書く。
5. これをデフォルトとする場合はSet as default shortcutを」クリック。デフォルトにしない場合はこの手順をスキップ
6. Add current entryをクリック

  1. 2017/08/15(火) 10:59:31|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SWActivity

CheckFreqを名称変更してSWActivity (Short Wave Activity)と呼ぶことにしました。注文主(?)の要望もあってデータ表示の方法を変更しました。周波数だけのチェックは簡単ですが、運用時間のチェックが手ごわくまだテストが必要です。23:00~09:00なんていうのがややこしいです。

これは運用時間のチェック無しの場合、

LS2017_140.jpg

これに運用時間と現在時刻のチェックを加えると、

LS2017_141.jpg

興味のある方はお知らせください。テストをお願いします。

  1. 2017/08/13(日) 14:39:49|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Elecraft W1 SWR/Power Meter (6)

ケースが到着したので本体を組込みました。電源SWがケースに付きます。

DSCN2375.jpg

プログラムのほうは結局こんな感じになりました。バーグラフはパワー、SWRを切り替えるようにしました。これで今回のプロジェクトは終了です。

LS2017_139.jpg


  1. 2017/08/12(土) 13:16:38|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

某社の今月のカレンダーの写真、スロベニア ブレッド湖に浮かぶ聖マリア教会です。手漕ぎの小さなボートでこの島に渡るそうです。思わず行ってみたくなりますが、ボートの上では描けないし、やっぱり写真を撮ってきて描くのかな?

Slovenia.jpg


  1. 2017/08/10(木) 11:45:06|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 次期バージョン

Logbook entry windowにGridを入力、その右の"?"をクリックすると、そのGridがWantedなのかConfirmedなのか等のステータスは小さなwindowに表示されます。次期バージョンではこの小さなwindowに"今年だけ"のオプションが追加される予定です。

LS2017_129.jpg

このwindowの右下にある"V"をクリックすると次のような表示になります。Logbook entry windowにGridが入力された時、自動的にこのwindowを開きたい場合にチェックを付けます。最後にHideをクリックします。

LS2017_128.jpg

CQDXFIELD、VUCC、Grid squareのAwardテーブルに新しいオプションが追加になります。Logbook全体、或は年毎の実績を表示することができます。

LS2017_130.jpg


  1. 2017/08/09(水) 17:55:21|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AL3/AA7CH from NA-042

予定通りに聞こえてきました。この時間はEUによくオープンしているようで、殆どEUが拾われています。それでも時々JAにも応答があるので諦めずにしつこく粘ってやっとQSOできました。やれやれ、、、

LS2017_125.jpg


  1. 2017/08/09(水) 16:22:31|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CheckFreq

EAの友人からリクエストがあったので急遽作ってみました。EiBiという世界中のラジオ放送の周波数、運用時間等が書かれたCSVファイルがありますが、それを読んで現在のRadioの周波数、現在時刻から該当の放送局のデータを表示するものです。BCLファンには便利とか、、、

LS2017_122.jpg


  1. 2017/08/07(月) 20:38:41|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RI0LI from AS-022

昨日は80%の自信しかなかったので早めにもう1ツQSOしました。コンディションのせいか、或は何か問題があるのか聞こえたり、聞こえなくなったりしています。

LS2017_121.jpg


  1. 2017/08/07(月) 14:54:13|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JTSummary ver1.00

JTSummary ver1.01をリリースしました。

a. 最新のLogbookをLogger32からexport
b. Open Logbook ADIFをクリックしてexportしたLogbook ADIFをimport

Logbook ADIFにあるFT8、JT9、JT65のQSO実績を表示します。

LS2017_137.jpg

下記からダウンロードすることができます。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/UtilityProgram/UtilityProgram.htm

  1. 2017/08/06(日) 09:23:12|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Elecraft W1 SWR/Power Meter (5)

今回の作業はほぼ終わりになります。あとはW1本体をケースに収容するだけです。ただ、W1の表示幅をW1_Miniと同じに変更するかも知れません。そうすると何が"Mini"なのか分からなくなりますが、、、
Elecraft W2 SWR/Power Meterにもこのプログラムが使えるかも知れません。残念ながら私のW2もすでに整理してしまいテストができないので全く保証できません。
次に示すのは実際にモニター上に表示される大きさです。このプログラムをリリースする予定はありませんが、もし興味があればお知らせください。ファイルをお送りします。

W1_Miniの表示例

LS2017_116.jpg

LS2017_117.jpg

W1の表示例

LS2017_118.jpg

LS2017_119.jpg

どちらも、パネルの背景色、文字/ライン色、バーグラフの色の変更ができます。

  1. 2017/08/06(日) 06:48:18|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Elecraft W1 SWR/Power Meter (4)

表示プログラムのもう1ツのバージョンです。このバージョンは、デジタル表示のみと、バーグラフも表示のどちらかに切替えることができます。

LS2017_114.jpg

LS2017_115.jpg


以前も買ったW8FGUのケースを注文しました。

http://www.w8fgu.com/w1encl.html


  1. 2017/08/04(金) 12:01:33|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Elecraft W1 SWR/Power Meter (3)

W1が到着したので早速組み立てました。以前よりも時間がかかりましたが、その原因は細かなところがよく見えなくなってしまったことです。トラブルもなくW1単体の動作はOKです。

DSCN2374.jpg

早速今までテストしてきたプログラムで確認してみました。シリアルデータのやりとりにかなり問題があって、あまりいじりたくなっかたプログラムの心臓部にも少しだけ修正を加えました。かなり安定してデータのやりとりができるようになりましたが、まだまだ気になるところもあって、しばらくテストが必要です。
プログラムは、あまる場所をとりたくないので、パワーのみの表示とパワー/SWR表示を切り替えられるようにしました。

LS2017_110.jpg

LS2017_111.jpg


  1. 2017/08/02(水) 12:47:26|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R24RRC from AS-044

昨晩も今朝もあまり信号は強くありませんが、、、
昨晩は結構なパイルアップでやっとQSOできましたが、今朝はもうそれも嘘みたいに暇そうにしています。コンディションのせいか、IOTAに対する皆さんの熱意がさめてしまったのか?

LS2017_105.jpg



  1. 2017/08/01(火) 09:49:34|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0