HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Windows 10 アップグレード

7/29に正式版がリリースされました。たまたま家で使っているデスクトップが3台あって、それぞれ異なる方法でWindows7からWindows 10へのアップグレードに挑戦しました。

a. 評価版からアップグレード
メインのPCは評価版のテストからWindows 10に移行しました。評価版の最終ビルドは10240で、8/29にリリースされた正式版と同じようです。私の環境では、このバージョンには大きな問題が2ツあります。
 (1) ホームネットワーク内の接続が不安定
 (2) 大きなアプリ、例えばHelpNDoc4を終了後、全く何も制御できなくなる。唯一電源ボタンでシャットダウンすることしかできない。

b. "Get Windows 10"からアップグレード予約
予備PCは今朝になってタスクバーに"Get Windows 10"のアイコンが表示されるようになりました。これを表示させるプログラムはWindows updateですでにインストール済みになっていましたが、何故か今朝まで表示されなかったのです。
これは安定しているWindows 7でしばらく使いたいので、とりあえず"Get Windows 10"を起動して予約だけ済ませました。

追記
次のCの方法でアップグレードを済ませました。

c. メディア作成ツールでインストールメディア作成
XYLが使っているPCは、下記からダウンロードすることができるメディア作成ツールを使い、まずUSBメモリ上にインストールメディアを作り、これでアップグレードを試みました。

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

USBメモリ上にあるSETUPをクリックすればインストールが始まります。しかし、しかし、しばらくすると"NXがサポートされていないのでWindows10はインストールできません"とのメッセージが出てしまいました。どうもこのPCのCPUが古く、Windows 10をインストールするのは断念せざるを得ないようです。
このPCも"Get Windows 10"のアイコンが表示されなかったのですが、或はこれが原因であったかも知れません。

追記
d. 海外に持参するノートのアップグレードを上記Cの方法でやってみましたが、途中で「初期化に失敗」というエラーが出てしまい、とりあえずこれも断念しました。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 10:14:26|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows 10 正式リリース?

7/16に10240に更新されて"評価版"の表示もとれました。その後も1~2日に1度は更新がありますが、問題となるような不具合もありません。今日は噂されている7/29、Windows 10のリリース日です。今のところ私のWindows 10には変化も見られません。

追記
問題ナシは間違いで、一度直ったと思った問題がまた見られます。ヘルプファイル作製プログラム等の大きなアプリケーションを終了させた後、全くコントロール不能になってしまいます。唯一の手段は、PCの電源ボタンでシャットダウンです。これは大いに困ります。

念のためバージョン情報を確認してみました。最後の評価版のビルド 10240のままになっています。

2015_333.jpg

  1. 2015/07/29(水) 08:02:13|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JW2US from EU-063

2015_332.jpg

最近頻繁にspotに上がりますが、今までは全く聞くことができませんでした。今晩はコンディションが良く、初めて信号を聞くとともにQSOもできました。今日は1日で2ツのNew IOTAをプレゼントされました。

  1. 2015/07/28(火) 22:28:08|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R3RRC/0 from AS-082

2015_331.jpg

運用開始直後だったようでパイルアップになる前にQSOできました。
  1. 2015/07/28(火) 15:41:41|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.50.199

毎回の自動更新で、何らかの理由で1ツ前のバージョンに戻せると便利な場合があります。ver3.50.199ではこの仕組みが追加されています。但し実際にこの機能が動くのは次の自動更新、つまりver3.50.200以降になります。
この機能が動くと、自動更新が行われる際、新しくLogger32フォルダ内に作られるRollbackフォルダに現在のupdateFileの内容ががコピーされます。
  1. 2015/07/28(火) 06:37:09|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

Enoshima_20150727.jpg

この暑さですが、友人と江の島に出かけました。大きなヨットハーバーがあって、ちょうどこの背中側にはたくさんのヨットが係留されています。木陰でスケッチできるようなスペースも広がっています。今日は時間が限られていたこともあり、描き始めたヨット達を断念、こちら側を描いてきました。ヨット達を描くのはまた次のお楽しみ、、、

  1. 2015/07/27(月) 17:35:33|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VK2SSI from OC-194

2015_329.jpg

14MHzはしばらくEU指定が続きました。でも呼ぶJAに応答したり、その都度EU指定を連呼します。なんだか分からないうちにEU指定がなくなりました。
  1. 2015/07/26(日) 17:11:38|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS590SG SubRXを追加 (3)

2015_328.jpg

K2だけでなくKX3もSubRXとして使えることが分かりました。この場合、KX3のKey端子をショートして送信状態にするので、出力パワーをゼロ、サイドトーンレベルをゼロにする必要があります。受信機としてこちらの方が優秀かも。
このテストの前に手持ちのSDR受信機で聞いてみましたが、やっぱりこのクラスのSDR受信機はこの用途には使えそうもありません。
  1. 2015/07/26(日) 12:26:59|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.50.198

Logbook page windowのIOTA欄への入力時、EU-001の"-"を省略できるようになりました。つまり、E、U、0、0、1とキーインすればEU-001と変換してくれます。
  1. 2015/07/26(日) 07:21:34|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CheckIOTA Plus ver2.0

2015_324.jpg

Logger32と組み合わせて使うutility programです。Logbook entry windowにIOTAを入力すると、それがNewか、confirmedか、not confirmedか、或は現時点のTotal worked数を表示します。下記からダウンロードすることができます。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/UtilityProgram.htm

  1. 2015/07/25(土) 10:32:09|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RI1PT from EU-188

2015_303.jpg

この時間になってやっと信号が確認できるようになり、空いている周波数で呼んでやっとQSOできました。もう少し強いと楽ですが、相手を聞くだけで疲れます。これもTS590SG+K2のおかげです。
  1. 2015/07/23(木) 20:21:09|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS590SG SubRXを追加 (2)

先日はEcho portでsubRXにするK2を制御する方法を紹介しました。今回は、Radio 1にTS590SG、Radio 2にK2を設定する方法です。
この方法ではアンテナ系の接続がうまく出来て、かつLogger32がサポートしているTransceiverはなんでも使うことができます。

TS590_14.jpg

この場合、TS590SGの周波数、モードをK2に渡すために次のマクロをRCPのファンクションボタンに割り当てます。

$radio1->radio2$

昨晩もこれであるパイルアップに参加しました。K2で相手を聞きながら、同時にTS590SGで空いている周波数を探して呼んだら簡単にQSOできました。これは便利 (自画自賛!)
  1. 2015/07/22(水) 17:52:45|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

Koyasu_20150721.jpg

先日出かけた子安運河に友人と行ってきました。ずっと日蔭だったのですが、今日はビル風がすごくてまいりました。
  1. 2015/07/21(火) 17:50:31|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 TS590/TS480サポートの改善

ver3.50.196では次のように改善されます。これらのTransceiverは単に2ツのVFOがあるだけで、subRXもなく、VDO A、Bの独立した制御もできません。従って完璧ではありませんが、RCP(Radio Control Panel)の周波数、モード表示は次のようになります。

a. simplexモード、VFO Aがin-use
左側にはVFO Aの周波数、モード、右側にはVFO Bの周波数が表示されます。

2015_282.jpg

b. simplexモード、VFO Bがin-use
左側にはVFO Bの周波数、モード、右側にはVFO Bの周波数が表示されます。

2015_283.jpg

c. splitモード、VFO Aがin-use (VFO Aは受信、VFO Bが送信)
左側にはVFO Aの周波数、モード、右側にはVFO Bの周波数、モードが表示されます。

2015_284.jpg

d. splitモード、VFO Aがin-use (VFO Aは受信、VFO Bが送信)、TF-Setを押している時
左右どちらもVFO Bの周波数、モードが表示されます。
2015_285.jpg

若干、「え、何これ?」と思われる表示がありますが、現状ではこれが限界のようです。(VFO Bのモードが表示されないケースがあったり、splitのオフセット値がゼロと表示されたり等)
  1. 2015/07/20(月) 11:47:26|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TS590SG  SubRXを追加

TS590SG_K2.jpg

TS590SGの最大の欠点は、VFO A/Bの同時受信ができないことです。いちいちTF-SETを押してというのは何とも使い勝手が悪いのです。
そこで暇そうにしているK2を使って次のような方法でしばらくテストしてみることにします。尚、この方法はTS590SGとK2が基本的には同じCATコマンド、応答データを使っているから可能であり、違うCATコマンド、応答データを使っている場合には応用できません。

1) TS590SGのDRV端子を外部受信機ANT入力用に切替、K2のANT端子に接続
2) TS590SGのCATは例えばCOM3に接続
3) K2のCATは例えばCOM4に接続
4) Logger32の設定
 ・ Radio-1としてTS590SGを選択、COM3を選択
 ・ ECHO portとしてCOM4を選択
 ・ Echo command to radio、Echo reply from radioにチェック
 ・ RCPにしかるべきマクロを用意 (バンドチェンジ用コマンド、VFO Aの周波数を要求するコマンド等)
5) K2は受信専用になるが、念のためパワー設定はゼロ、更にTestモードにしておく

実際の運用イメージは次のようになります。
・ Logger32でDX spotをクリックすれば、TS590SG、K2はその周波数、モードにQSY
・ RCPでバンドを切り替えればTS590SG、K2はその周波数、モードにQSY
・ TS590SGのパネルでバンド切替した場合は、RCPでVFO Aの周波数を要求するマクロでK2がTS590SGと同じ周波数になる。
・ Splitの場合、K2は目的の信号を聞いたままとし、TS590SGで呼ぶべき周波数を探して呼ぶ。この場合どちらもSplitモードにする必要はない。
・ TS590SG、K2のPhone端子から出力を取り出し、それを1ツのヘッドホンで聞ける仕組みが必要

TS590SGのSplit運用がものすごく楽チンになるはずですが、、、

追記
・ TS590SGの送信時にK2をミュートさせるため、TS590SGのRemote端子の「送信時のメーク接点」をK2のMIC端子の「PTT」に接続する。TS590SGのメニューで設定が必要
・ K2のサイドトーンレベルはゼロにする。
・ TS590SGとK2は別電源にする。(電源経由の回り込み対策)

2015_281.jpg

今朝、早速あるパイルアップに参加してみました。たまたまspotにupされていたのでspotをクリックしてTS590SG、K2を同じ周波数にします。そのままTS590SGで1~2KHz上を聞きながら相手が応答している周波数をチェック、更にその少し上の空いている周波数で呼んだらすぐにQSOできました。この間、相手の信号をずっとK2で聞いています。なかなか使い心地がいいです。
  1. 2015/07/18(土) 11:38:25|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 on-line Help (英文)

今後、月1度程度を目途に最新の英文ヘルプをダウンロードすることができます。ヘルプファイルはCHM版、PDF版、DOCX版があり、次の手順でダウンロードすることができます。

1) 下記からSupport Filesタブを選択し、Latest English Online Help File for Logger32をクリック。

http://www.logger32.net/

2) リンク先でいずれかのファイルを選択する。

2015_271.jpg

3) CHM版の場合は、ダウンロードしたLogger32.chmをLogger32のフォルダに上書きコピー、更にLogger32.chiを削除します。これでMenuのHelpから最新の英文ヘルプを開くことができます。

追記
CHMファイルが、下図のように、項目のみ表示され内容が表示されない場合があります。

2015_279.jpg

この場合は、
a. Logger32.chmを右クリック
b. プロパティをクリック
c. 下図のブロックの解除にチェックをつけてOKをクリック

2015_280.jpg

尚、PDF版、DOCX版で正常に表示されない場合も同様にブロックの解除にチェックをつけてください。



  1. 2015/07/16(木) 09:19:27|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows 10 10240

2015_270.jpg

Windows 10が10240に更新されました。
今までデスクトップ右下に表示されていた”評価版"のメッセージもなくなり、いよいよ正式版リリースが近いことが感じられます。
  1. 2015/07/16(木) 09:09:39|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

TodorokiKeikoku.jpg

2015/7/14
世田谷区等々力で昔の仲間との集まりがあったので、すぐ近くにある等々力渓谷公園によって鉛筆で1枚描き、家で色をつけてみました。
通りから少し階段を下りればここは別天地、といいたいところですが、案の定蚊の猛攻撃にあいそうそうに退散しました。

  1. 2015/07/15(水) 10:39:54|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 日本語ヘルプ最新版

Logger32 日本語ヘルプの最新版をuploadしました。Logger32 ver3.50.195までに対応しています。(そのはず) 本ブログのLinkのリストから、”新 Logger32 日本語ヘルプ”をクリックするか、下記のURLをクリックしてください。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/Logger32_JapaneseHelp/Logger32_JapaneseHelp.html?JapaneseHelp.html
  1. 2015/07/14(火) 08:59:27|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2015 IC7000の過酷なテスト まとめ

とうとうFANが4ツになってしまいました。

2015_268.jpg

IC7000の内蔵FANは手前上部に配置され、すぐ上のケースに開けられたスリットを通して外気を吸い込み、内部に風を送ります。内部で発生した熱気はケース各所に開けられたスリットを通して外部に逃がしています。もちろん後部の冷却版からも熱が放出されます。

・ 内蔵FAN(規格不明)は常時回しっぱなしになるよう改造。オリジナルの温度上昇で速度を変えて回すのはそのままです。この改造では繰り返しテストでピンクバーがやっと3本を維持します。

・ 6cm FANの場合、ケース上部の外気を吸い込むスリット上に置いて、内部に向かって風を送り込みます。これでは風が弱いのか全く効果がありません。eBay 6cmは14V前後で回すので回転数、風量はもっと落ちます。
この場合は、もう1ツの6cm FANを最も熱くなる左後部のスリット横に置き、強制的に内部の熱気を外部の放出してやると効果があります。ピンクバー1本程度を維持します。ケースも暖かい程度の温度を維持。

IMGP1156.jpg

・ 8cm FANの場合、やはりケース上部に置いて外気を吸い込んで内部に風を送り込みます。これでピンクバーが1本出るか、出ないか程度に温度が抑えられます。ケースも暖かい程度の温度を維持。
SF8-S5のほうが騒音が少し軽減されます。(規格上は4dBの差)
  1. 2015/07/11(土) 11:35:16|
  2. 3D2YA_2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日のスケッチポイントは、

KoyasuUnga.jpg

ペン画教室の有志で子安運河に出かけました。昔のことは分かりませんが、運河のこちら側は再開発され、大きなオフィスビル、マンション等できれいに整備されています。
京急の神奈川新町下車、徒歩7分程度で行けます。昔からのスケッチポイントのようですが、私は初めてでした。
  1. 2015/07/10(金) 18:37:47|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows 10 評価版 Build 10166

10162は安定に動いていましたが、10166がリリースされました。7/29には正式版がリリースされるそうです。
  1. 2015/07/10(金) 07:31:54|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 新しいマクロ

次の自動更新では、Soundcard data windowで次のマクロが使えるようになります。

$radiocontrolpanelmacroxx$

xxはRCPのファンクションボタンの番号で、1~36を指定します。1ならばRCPのファンクションボタンの1番に割り当てたマクロを実行します。Soundcard data windowからフォーカスをRCPに移動せずにRCPで設定したマクロを実行することができます。

追記
CW machineでも使えます。main RCPだけでなく、SO2V/SO2R RCPのマクロを実行することができます。最大72ケ
  1. 2015/07/09(木) 08:58:44|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BD7YK from AS-094

2015_265.jpg

常駐局のようですが、初めて聞きました。

  1. 2015/07/08(水) 19:52:12|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2015 IC7000の過酷なテスト (6)

eBayで頼んでおいたもう1ツのFANが到着しました。こちらはDC12Vでフル回転、7cm角程度の大きさで、IC7000のケース上に置くようにとの説明があります。また専用ケーブルでLDGチューナーにも同時に接続することができます。

IMGP1146.jpg

早速、10秒メッセージ送信、10秒お休みの繰り返しテストをやってみました。
・ FANの音が気になる。ちょうど内蔵FANが高速回転する時のような音。 ヘッドホンが必須かも
・ 温度表示はピンクゾーンまで行かないで青ゾーンを保つ
・ イチバン熱くなるケース左側面でもほんのり暖かくなる程度、後部放熱板はやや熱くなる。

IMGP1144.jpg

長時間の連続使用でも温度が青ゾーンにとどまりそうだという効果が確認できました。精神衛生上からも安心できます。他に致命的問題がない限り、3D2にはIC7000+FANを持参します。
  1. 2015/07/08(水) 10:15:25|
  2. 3D2YA_2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

QSL from PP5BI

ZW5WIMからQSLがもらえず諦めていたところにQSOできたSA-027ですが、今度こそはと期待していたPP5BIからQSLが到着しました。
しかし、しかしQSLにSA-027の印刷があるものの島名がどこにもありません。「これは本土からの運用」という指摘もあり、またまた諦めざるを得ません。困ったことをするヒトもいるもんですが、どうもPYは問題が多い、、、

  1. 2015/07/07(火) 08:53:13|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2015 IC7000の過酷なテスト (5)

eBayに注文していたFANが到着したので、また色々とテストしてみました。このFANは5cm角程度で、規格はDC24VですがそれをIC7000のチューナー端子のDC14Vを供給して使います

結論から言うと、
・ ケース上の排気口の上に置いて、一層排気しようとしてもこれは逆効果。内蔵FANの排気を邪魔してしまうみたい。
・ 側面、後の冷却版に置いて、吹く、吸うと試しましたがほとんど効果なし
・ イチバン熱くなるケース左側面奥に置いて吸うのはそれなりの効果がある。(ケースが熱くなるのを防ぐ)

改めて常時回しっぱなしの内蔵FAN、ケース上に置いた冷却版のみとして例の繰り返しテストをしてみた結果は、
・ 青ゾーン、赤ゾーンの間のピンクゾーンは3本のバーがある。
・ テスト開始後しばらくすると2本目のピンクバーが点灯するようになる。
・ しばらくすると送信時に内蔵FANが最大スピードで回り始める。
・ しばらくすると1本目のピンクバーのみ点灯するようになる。内蔵FANはまだ送信時のみ最大スピードを維持。
・ しばらくすると送信時の最大スピードは終わり、低速になる。

つまりこれはこれできちんと温度制御がされているように見えるのですが、できれば常に青ゾーンに落ち着かないか、またケースが暖かくなるくらいで落ち着かないかと思います。ということで、実は先日紹介したもう1ツのFANも間もなく到着します。こちらはDC12V、7cm角程度と少し大きめなので、違いがあるかどうかテストするのが楽しみです。
  1. 2015/07/06(月) 20:01:14|
  2. 3D2YA_2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IC7000と LDG アンテナチューナー

IC7000とLDGチューナー(Z100Olus、或はAT200Pro2)を専用ケーブルでつなぎ、いろいろとテストしています。
IC7000は、AH-4、或はAT180と組み合わせて使うことを想定しているので、LDGチューナーをつないだ時の設定がどうもよく分かりません。
IC7000のメニューには次の項目があります。
・ オートスタートチューナー機能の設定
・ PTTチューン機能の設定
以上の2ツは、OFFにしておいても私の使い方に支障がなさそう。
・ TUNER/CALLキーの設定
IC7000のマニュアルには、「バンドごとにON/OFFを記憶させる場合はAUTO、バンドに関係なく全体でON/OFFを記憶させる場合はManual」とあります。
LDGのチューナーをつないだ時のテスト結果は、次のような動作になります。
<Autoの場合>
TUNER/CALLキーを押してチューン動作を開始するように見えます。ただ、例えば21MHzでチューン動作をさせ(SWR 1.5以下)、バンドを14MHzに切替てチューン動作させ(SWR 1.5以下)、その後21MHzに戻ってチューン動作をさせると、SWR表示が1.5~3.0を示します。どうも動作がおかしい。
<Manualの場合>
どのようにバンドを切替、チューン動作させても必ずSWR 1.5以下になります。
ということから、LDGのチューナーを使う場合はManualに設定するのが正解のように見えます。

海外で同調形アンテナ(Bravo-5等)を使う場合は、チューナーは原則使いません。しかし万一の場合にまごつかないよう、一応は動作をチェックしておく必要があります。
  1. 2015/07/04(土) 11:43:02|
  2. Other
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2015 Sample QSL card

2015_262_Small.jpg

2015_261_Small.jpg

アメリカンサイズの用紙では「縁なし」印刷指定ができず、やむを得ず、例えばはがきサイズで印刷すると、縁にどうしても白い余白が出てしまいます。そこで今回は従来とは少しデザインを変えて一枚の写真、或は図を用紙いっぱいに配置、印刷するのを断念しました。こうすると「縁なし」でなく通常の印刷指定でも縁が気になりません。
下図の右上の余白にはQSOデータを印刷します。またGlobalQSLで印刷、発行するBuro宛のQSLカードも基本的には同じデザインを使います。

いつものことですが事前にここまで準備しておけば、帰国後にに写真を入れ替えるだけですぐに印刷することができます。尚、このサンプルで使った写真は全て2012年に撮ったものです。
  1. 2015/07/03(金) 10:39:39|
  2. 3D2YA_2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows 10 評価版 Build 10162

今朝、どういう訳か日本語入力ができなくなっていました。昨日159にupdate後は全く問題なかったので、何が起きたのか、困ったなと思っていたら、「新しいWindowsに更新できます」とのメッセージ。早速162をインストールしました。日本語入力も問題ありません。
  1. 2015/07/03(金) 07:42:28|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ