HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Logger32 ver3.50

Logger32 ver3.50が近日中にリリースされます。今まで断片的にその内容を紹介してきましたが、あらためてリストアップします。

A. 更新の手順
Logbookデータベースの構造変更(Userフィールドが最大50文字入力可能)、DXCC、IOTAデータベース変更がありました。
1) Logger32のHPからupgrade版をダウンロードして解凍
2) 現在のLogbookをADIFでexport
3) Logger32を終了して 1)で得られたファイルを全て上書きコピー
4) Logger32を起動
 ・ Logger32は自動的に現在のLogbookのQSOデータをコピーしなおす (copying QSOs、、、のメッセージあり)
 ・ コピーが終わると自動的にrecalcが走る
5) Recalcが終われば全て終わり
6) Logbookが複数ある場合は、事前にLogbookをADIFでexportしておき、Logbook changeすれば上記のコピー、recalcが自動的に行われる。

B. 変更内容
1) 全般
・ バグ修正
・ エラー検出方法、エラーメッセージ変更
・ 行の高さが最大400twipsになった。
・ メニュー追加 Read release note、フローティングタイマー
2) Soundcard data
・ MMVARI:BPSK125追加
・ Soundcard選択:Radio-1及びRadio-2で選択可能
・ RST自動判別してハイライト表示
・ Sudio offset対応強化
・  LPTポートでEXTFSK64が使える
・ Callsign自動判別の色表示が選択できる
・ 2-Toneで送信可能(MMTTY)
・ 受信文字のフォント、色選択が可能
・ $callsignbeforeclearLog$ $lasthighlightedcall$ マクロ追加
3) BnadPlan
・ 最大200行まで使える
4) Radio control panel
・ Radio-1、-2に別々のSoundcardを指定できる
・ Logbook entry windowがクリアされた時、unsplitマクロを生かすかどうかの選択ができる
・ #sentrst#ファンクション追加
・ Splitフラグにoffset周波数表示を追加
・ Splitラベル、Radioラベルのフォントが選択できる
5) Tracking window
・ Rotorの方向指示でビーム幅の表示が可能
6) Logbook entry window
・ フローティングcallsign新設
・ ScratchPad新設
・ CTRL+UP、CTRL+DNでDXSpot windopw、BandMapのspotが移動できる
・ CTRL+KでCW machineが開く
・ callsignが入力されていてもLogger32を終了させるかどうか選択できる
7) Logbook page window
・ BandModeテーブルのPowerがTX_POWERに書かれる
8) OQRS QSLサポート
9) BandMap
・ Digital spotの場合、Audio offsetを加味した周波数ポインター表示
・ タイトルバーの表示変更
・ マウスオーバーによるフリーズを生かすかどうか選択できる
・ Beacon spotを表示させるかどうか選択できる
・ Bandを固定できる(Monitor)
・ ヘッダーにSplitのoffset値を表示
・ VFO-Bの周波数ポインターが表示できる
10) CW machine
・ Logbook entry windowの全てのショトカットが使える
・ WinKey、WinKey2設定画面でRadio-2用のシリアルポートが設定できる
・ $callsignbeforeclearlog$マクロ追加
11) Previous QSO window
・ Quick QSLテーブルで次のショートカットが使える。但しLogbook entry windowが空の場合
CTRL+U:QSLステータスのupdate
CTRL+R:Receive paper QSL
CTRL+S:Receive paper QSL and flag sending QSL
12) External interface
・ APP_DXSPOT_CLICKEDメッセージにDX spotコメントを追加
13) Cluster window
・ マウスオーバーによるフリーズを生かすかどうか選択できる
14) DX spot window
・ ブロックフィルタに"AND"機能追加(発信、DX spot大陸)
15) DX spot history window
・ リサイズ可能
16) PowerSDRサポート追加

C. その他
 ・ 従来のja.dllは使えません。ver3.50対応版をダウンロードしてください。
 ・ 日本語ヘルプは順次更新します。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/28(火) 08:21:57|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

20141027_Yokohama.jpg

横浜の山下公園通りに面した、由緒あるニューグランドホテルを描きに出かけました。曇り空の1日でしたが、寒くもなく、暑くもなく、まずまずのスケッチ日和でした。通りのイチョウ並木も色づいてあちこちでカメラを構えている人がいましたが、この周辺でスケッチしている人はゼロ。
ここまで描いてから通りの反対側に移動、もう一枚下書きだけやって帰宅しました。

  1. 2014/10/27(月) 20:06:02|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

IMGP0796.jpg

2014/10/25
淡彩スケッチ教室で円覚寺を描いてきました。北鎌倉駅からすぐですが、自宅を出発して1.5時間です。
土曜日のせいもあるでしょうが人手も多く、場所選びも気をつかいます。この辺りの紅葉はもうちょっと先になりそうですが、その気配だけは、、、
  1. 2014/10/26(日) 13:15:49|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2014 Topics (5)

20141026.jpg

OQRS_BuroのリクエストのあったLogデータは、原則1~2日以内にGlobalQSLにuploadしています。GlobalQSLはあるタイミングでそれを印刷/発送工程に回します。今日現在、第一陣の157 QSO分のQSLカードが印刷に回ったようです。まだこの工程に回っていないのが14 QSO分です。
過去の3D2YAについては、リクエストの有無に関らずBuroに送っていましたが、JARL退会を機に方針転換し、リクエストがあればお送りしています。
必要があればリクエストしてください。オプションは、SASE、OQRS_Direct、OQRS_Buroです。何処かの誰かさんと違いすぐにお送りします。但しBuro経由はそれなりの時間がかかります・。

  1. 2014/10/26(日) 09:01:13|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは

IMGP0783.jpg

ペン画教室で根津神社を描いてきました。昨日までの雨がすっかり上がって快晴のいい天気、イチョウも色づき始めて気持ちのいい1日でした。
  1. 2014/10/24(金) 19:53:49|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2014 Topics (4)

LogbookをLoTWにuploadしました。
  1. 2014/10/23(木) 14:39:33|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Windows 7 PC のトラブル

昨晩、ちょっと調べたいことがあり、メインのPCにN1MM Logger+という新バージョンをインストールしました。ところがなんとなく動作がまともじゃなく、試しにLogger32を動かすと、あれれ、、、PCIスロットに増設したcomポートが無くなっています。またデスクトップのシャットダウンをクリックすれば、通常はWindowsを終了し、PC電源がOFFになりますが、電源がOFFになりません。
止むを得ずN1MM Logger+をインストールする前の状態に戻しましたが、症状は変わりません。

今朝、PCIカードを抜き取り、ドライバーをインストールし、カードを挿し直しました。今度はPCIカードが認識されてcomポートが現れました。またシャットダウン操作も正常に戻りました。N1MM Logger+のインストールで何かが起きたことは確実ですが、一体何が書き換えられてしまったのか良く分かりません。N1MM Logger+を試してみようという場合は要注意です。


  1. 2014/10/21(火) 16:42:06|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.50 その他の新機能

1) RCPのSplit、Radioラベルの色、背景色が設定できます。

New_New_RCP_24.jpg

New_New_RCP_24a.jpg

2) Soundcard data windowにマクロ、$lasthighlightedcall$が追加されます。
RX windowにハイライト表示されるcallsign(自動判別)の最新のものをLogbook entry windowに転送します。従来はマウスクリックのみで転送。
  1. 2014/10/20(月) 09:12:51|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CW Interface

IMGP0779.jpg


先日注文したZLP Electronics CW Keyerが届きました。microHAM CW Keyerとの違いは、CWインターフェースのみでCATインターフェースがないこと、電源はUSBラインから供給することです。また高さ、横幅が半分になりぐっと小さくなっています。PCとはUSBケーブルで接続しますが、ドライバーも自動インストール、何の問題もなく使えるようになりました。
海外運用時、飛び込みによるCAT、CWが同時にダウンするといった危険が分散されます。

もう一つ注文したUSB/CWケーブルも到着しましたが、こちらはNG。機器は認識されますが、KX3のKeyジャックに接続するとショート状態になってしまいます。今日のところは原因不明。これが次の危険回避策なんですが。最後はKX3にパドルを接続して内蔵にキーヤーを使うことになります。
  1. 2014/10/19(日) 20:46:18|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Passive Audio Filter

簡単なAudio Filterです。特性はコイル、コンデンサーの値で変更することができます。私は中心周波数600Hz、帯域幅250Hzにしてみました。
TRXのPHONEジャlックとヘッドホンの間にいれるだけなので、どのTRXでも使えます。ノイズが劇的に減り、リンギングもありません。バイパススイッチが付いているので効果のほどを簡単にチェックできます。

20141018.jpg

20141018 001

下記からキットを購入することが出来ます。

http://www.midnightscience.com/kits.html#kitcwpassive
  1. 2014/10/18(土) 08:55:29|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3D2YA_2014 Topics (3)

KX3/KXPA100

KX3を海外で使うのは2013年以来2度目ですが、KXPA100は初めてです。運用期間中、特に問題もなく使うことができました。

・ KX3との接続は、RF INとPA Keyのみとし、専用ケーブルは使いませんでした。この時の注意は、バンド情報がKX3から渡らないので、KX3でバンドを切替えた時はKX3のTune操作で微小キャリアを出し、KXPA100のバンド切替をさせる必要があります。勿論いきなりフルパワーで出してもほぼ瞬時に切替えてくれますが。

・ パイルアップを相手にしていると、ピーク時には1分間に3 QSO程度こなしています。これを数時間続けているとKXPA100の放熱板がかなり熱くなります。但し触れないほどではありません。一方K2で同じようなことをやると、ちょっと触れない位に熱くなります。
KXPA100はFANが無いので静かですが、K2はFANの音も気になります。

・ 団子状態で呼んでくる信号から1ツを聞き分ける能力で言えば、K2もKX3も大差ないように感じました。同じような強さだほぼ同じ周波数の信号は、いずれにしても判別不可能ですが、団子からちょっとでも離れればどちらも同じように聞き分けられます。聞きやすさ、心地よさの点で言えば、私はK2派ですが。

・ K2/100との重さの比較(ケーブル等は除く)
K2/100+MFJ-945E Tunerで、合計 3.4Kg
KX3+KXPA100(Tuner内蔵)で、合計 3.1Kg

・ KX3のゴースト信号?
私より1~2日後からT30Dが運用を始めました。同じような周波数を使うので、空き周波数を見つけるのに苦労しました。その時、弱いT30Dが聞こえるので、「ここは彼が使っているのか?」と思ったら、ご本尊はちょっと離れたところでドカンと聞こえます。これがKX3で発生している「ゴースト」なのかどうかは分かりません。IF 0とIF 8KHzを切替えてみるのを忘れました。

来年もこの方面に出かける予定をしています。今回の実績から言って、持ってゆくのは多分KX3/KXPA100になるでしょう。
  1. 2014/10/16(木) 08:22:40|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.50 その他の新機能

1) フローティングタイマー表示
ステータスバー下段左端のタイマー表示の内容と同じものが画面のどこにでも表示できます。このタイマーのON/OFFは、ステータスバー下段左端を右クリック、Show floating clockをチェックでON、チェックを外せばOFF。

20141015 001<

2) IOTA award table  2014/10/17 変更
Arctic Island、British Isles、West indies awrdだけでなく大陸別の実績が表示できます。

20141017.jpg


3) Logger32終了時、Logbook entry windowにcallsignがあっても終了するか否かの選択ができます。
Logbook entry windowで右クリック、Setupをクリック、Allow program close with populated callsignをチェックすればいつでも終了、チェックを外せばワーニングメッセージを表示

4) CW machine、Soundcard data windowにマクロ、$callsignBeforeClearlog$追加
使い方は次のようになります。
$clearlog$$callsignBeforeClearlog$ QSO B4 TU QRZ
この場合、Logbook entry windowのcallsignにK4CYがあれば、
K4CY QSO B4 TU QRZを送出後、Logbook entry windowがクリアされます。
  1. 2014/10/15(水) 11:23:28|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2014 Topics (2)

順不同にいくつか、、、

・ 歳のせいか
キーボード入力に時間がかかる、或いは間違えることが多くなりました。こればかりは自分のせいですが、やれやれいつまで出来るだろう?  ちょっと自信が無くなってきました。

・ とりにくいCW
いつものことですが、私は、猛烈に早い、猛烈に遅い、予期せぬところでスピードが変わる、立てぶれキーで猛烈にくせのあるCWは聞き取りにくて困惑します。何度も聞き直す羽目になります。

・ QSO B4
どこの国とか関係なく呼んできます。応答しない限りいつまでも呼んでくるので大変邪魔になります。今回は積極的に「xxx QSO B4」とやりました。その返事がまた面白く、だんまり、SRI TU、5nn TUとか色々です。こういう人たちはLogそのもをつけていないのか、或いはもうゲーム感覚で聞こえたら呼んでくる習性なのか、単なる勘違いなのか、前のQSOに自信がないのか(これなら分かりますが)、何でしょうね?

・ 指定無視
まだJAはいいほうですね、WもEUもひどいもんです。ちょっとスキを見せるとわぁ~と呼んできます。効率が上がりません。
指定無視と呼んでいいかどうか分かりませんが、QSO中の相手にかぶせて呼んでくる人もすごく多い。私はそんな人にはすぐには応答しません。

・ 島のインターネット環境
自分の室でワイアレスによるインターネットアクセスが出来ました。しかし有料です。24時間接続しっぱなしの必要もなく、毎日15分程度、もっぱらClubLogへのLogのuploadに使いました。

・ コンディション
昼はもっぱらJA、NAが中心ですが、どうもNA方面にはあまりいい状態にはなりませんでした。一方夜間は、14、18、21MHzはずっとEUに開いています。信号も強く毎晩猛烈なパイルアップでした。夜間のJAは完全にその陰にかくれてしまっています。
夜は遅くとも12時にはQRTし、朝は5時頃から再開しますがまだEUがワンワン呼んできます。

・ フィジーの入国審査
2012年の時だけはノーチェックでしたが、今回もスーツケースを開けさせられました。蚊取り線香の箱を見て「これは何だ、売るのか?」としつこく聞かれます。免許状も効果なし。
現地在住の日本人スタッフに、「何かいい方法はないのかな?」と聞いてみたら、「日曜日到着便だとチェックがゆるい」とのことでしたが、日曜日到着となると土曜日の成田発ニューギニア航空しかありません。また、「最近は某国の訪問者が多く、悪いことをする連中もいるので」というような話もありました。
今回はスーツケースに機器を収容したのですが全く効き目がありませんでした。

・ リゾート
マナ島のリゾートは100組以上が滞在できる大型リゾートです。何と言っても多いのがVKの家族連れ、それも子供連れです。ざっと8割はいますね。彼らは4時間ほどで来られるのですから。次におおいのはBY、HL、最後にJAとなります。
ペチャクチャ、ピーピーうるさいのには閉口します。こっちは一人旅なのでペチャクチャやる相手もいません。

・ インチョンでの乗継
往きは時間もたっぷりで問題ないのですが、帰りは1時間ちょっとしかありません。2012年の時はこの手荷物検査場が大混雑、次の搭乗ゲートまで走って滑り込みセーフという経験をしました。今回は客が少なかったのか、係員の手際が良くなったのか、十分余裕をもって乗り継ぎ便に乗ることができました。
  1. 2014/10/14(火) 21:41:47|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外運用でmicroHAM CWKeyerを使わない方法

3D2YAでは当初microHAM CWKeyerへの飛び込みに悩みました。過去にもおなじような経験をしたことがあります。
CWKeyerはPCとUSB接続し、生成される仮想comポートをLogger32で割当てます。CWKeyerのCAT出力をKX3のCAT入力、CW出力をKX3のKey入力に接続します。電源は外部からの供給です。
今回の飛び込みは特定のバンドで、かつ同軸の引き回し方で発生しました。更に外部電源としてKX3/KXPA100が使う電源以外のACアダプタを使うと若干状況が変化します。更に9V電池を使うと回避できそうな気配もありました。
また、どういう訳かいつも持ってゆくパッチンコアを忘れてしまい、それ以上の策を講じることが出来ませんでした。
飛び込みがあるとCATも、Logger32制御によるwinKeyも使えなくなり、CWはCWKeyerに接続したパドル操作のみとなります。

そこでもうCWKeyerは使わない方向で考えてみることにしました。
先ず、CATは、KX3専用のUSBケーブルがあるので、これでPC、KX3を直接接続すればいいので簡単です。次にCWですが、Logger32のCW MachineをwinKeyモードではなくsoftwareモードで使うことにします。手元にUSB/シリアル変換アダプタ、シリアルコネクタ内にキー出力変換回路内蔵のインターフェースがあるので、これを使うことにします。

ここで問題は、winKeyであればLogger32からの自動メッセージ送出中にパドル操作すれば、自動メッセージを強制終了することができるのですが、これが使えなくなることです。
更にこの簡単接続で飛び込みが完全に無くなる保証もありません。外部電源を使わないので飛び込みの可能性が少なくなるだけです。

色々ネットで検索していたら次のようなものを見つけ、早速注文しました。
・ USB/CWインターフェースケーブル
これ1本でPCとKX3 Key入力を接続することができます。

20141014 003


・ winKeyインターフェース
CWKeyerからCAT機能を取り去り、かつ電源はUSBラインからとるようにしたものです。これならCWKeyerと同じようにLogger32のCW machineでwinKeyモードを使うことができます。

20141014 002


こういう飛び込みは実際に現地で運用してみないと分かりません。いくつか回避策を用意しておく必要があります。
  1. 2014/10/14(火) 18:49:34|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.50 更新手順の変更

既にご紹介した手順が若干変更になります。

1) Logger32のHPからupgrade版をダウンロードして解凍
2) 現在のLogbookをADIFでexport
3) Logger32を終了して 1)で得られたファイルを全て上書きコピー
4) Logger32を起動
 ・ Logger32は自動的に現在のLogbookのQSOデータをコピーしなおす (copying QSOs、、、のメッセージあり)
 ・ コピーが終わると自動的にrecalcが走る
5) Recalcが終われば全て終わり
6) Logbookが複数ある場合は、事前にLogbookをADIFでexportしておき、Logbook changeすれば上記のコピー、recalcが自動的に行われる。

exportしたADIFはあくまで万一の場合の備えです。
  1. 2014/10/14(火) 11:20:51|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA QSL

3D2YAのQSLカードの発行を開始しました。もしQSLカードが必要な場合は次の3ツのオプションがあります。
1) SASE
82円切手を貼り、送り先を書いた封筒を同封して請求してください。(外国の場合は$2.00同封) 通常1~2日以内にお送りします。
時々、1ツの封筒に複数の運用のカードを入れて請求される方がいます。これは間違いをおかす原因になります。
このような場合、なるべく別々に請求していただくようお願いします。

2) OQRS_Direct
ClubLogのonline logから請求してください。PayPalに$3.00の支払いをお願いします。通常1週間以内にお送りします。
3) OQRS_Buro
ClubLogのonline logから請求してください。通常1ケ月以内にLogをGrobalQSLに送ります。その後GlobalQSLで印刷、各Buro宛に発送されます。国により違いますが半年~2年以内に届くと思われます。

(注意)
私はJARLを退会しています。あなたのQSLカードをJARLに送らないでください。


QSLカードのイメージ
これはDirect用です。Buro用は若干異なります。

20141013.jpg
20141013 001




  1. 2014/10/13(月) 10:08:41|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Logger32 ver3.50

現在、自動更新による最新版はver3.49.300ですが、次回更新は1ケ月以内にリリースされるver3.50となります。それまでの自動更新はありません。

<ver3.50への更新>
Logbookのデータベース構造が変更になるので、必ず以下の手順を踏んでください。
・ 現在のLogbookをADIFでexport
・ Logger32のHPからupgrade版をダウンロードして解凍、Logger32に上書きコピー
・ Logger32フォルダにあるLogbookのデータベースファイルを削除
・ Logger32を起動
・ 空のLogbookが表示されるのでexportしておいたADIFをimport

旅行中にいくつかの機能追加がありました。
ver3.49.300 IOTAデータベースが更新され、AS-200等の新IOTAが追加されています。
ver3.49.292 1) RCPへのsplit表示がオフセット付になった。例 split +2.00 2) BandMap上にsplit、VFO Bの周波数を示す矢印が表示できる。(config、appearance)
  1. 2014/10/12(日) 09:02:27|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

XR2T from SA-086

20141011 001

信号があがってきたところでQSOできました。

  1. 2014/10/11(土) 17:15:07|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA Topics (2)

写真をこちらにuploadしました。
  1. 2014/10/11(土) 09:16:25|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2014 Topics

QSO実績はご覧のとおりです。予想外でしたが今回は圧倒的にEUの数が多くなりました。ASより多いのですから。
夕方から翌朝まで14、18、21MHzで呼ばれ続けられました。信号も強く、それが重なり合って呼んでくるのでcallsingをとるのに大変苦労します。こんなパイルアップは初めての経験です。一方NAはわずかに28MHzで数が多くなりました。
初めてSSBにも出てみました。終わりに近づいた頃に少しだけやったのですが、EA8から呼ばれてビックリ

3d2ya_Summary_1.jpg

3d2ya_Summary_2.jpg

使ったRig、Antennaもご覧のとおりです。TRXはKX3/KXPA100、AntennaはSingama-5です。北がすぐ海辺のバンガローにあるバルコにーにSigma-5を置きました。これは予定していたとおりにゆきました。

TRX.jpg

ANT.jpg

今回も設備面での問題がいくつかありました。
(1) バンドによってmicroHam CWKeyerに飛び込みがあり、当初はPCとのUSB接続を切り、全てパドルによる手打ちを余儀なくされました。その後CWKeyerの電源の取り方を変更したり、同軸の引き回し方を変えたりした結果何とか使えるようになりました。CATも使えなくなるので一大事です。CAT/CWインターフェースは見直しの必要があります。

(2) Sigma-5は自宅でテストしてきたような特性でした。ただ後半に入ってから時々激しい雨に見舞われ、特に14MHzが問題ですが、大きく共振点が下にずれてしまいました。雨が上がっても同じです。コイル/リレーボックスのケース上に水がたまり、これをふき取ってやったらほぼ元に戻りました。
2012年の3D2YAの時も同じ経験をしましたが、その時は雨のことは全く考えが及びませんでした。

  1. 2014/10/09(木) 16:58:01|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3D2YA QRT

夕方早めにQRTしました。明日午前中にマナからナンディに移動し、あさっての夜遅く自宅に戻ります。
・ QSO総数は3600強、JAとEUで8割、NAは1割、JAよりEUが多い
・ Logは全てClubLogにuploadしました。OnlineLogを見ていただき、もし疑問があればメールでお知らせください。
・ EUとは夕方から翌朝まで開いている感じ。信号は強く猛烈なパイルアップが続く。一方NAにはあまりいい状態では無かった。
詳細は別途掲載する予定です。たくさん呼んでいただきありがとうございました。

73 de aki
3d2ya

  1. 2014/10/08(水) 17:59:37|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

3D2YA Ready to go

後1時間程で家を出発します。現在フィジーへの成田発直行便がなく、今回もインチョン経由となります。
10/3の午後早く現地に到着する予定です。たくさん呼んで貰えることを期待しています。

  1. 2014/10/02(木) 08:01:45|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2