HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

CU8FN from EU-089

20140731 001

IOTA Contest中は殆ど聞くことができなかったEU-089ですが、やっとQSOできました。あちらの信号もノイズレベルすれすれ、よくもまあ拾ってくれたものです。

スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 22:25:49|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

2014/7/30

DSCN2033.jpg

今週は比較的湿度が低く、スケッチにはまずまずのコンディションです。そこで例によって横浜へ出かけました。港の見える丘公園にある大佛次郎記念館を描きました。
帰り際に公園から大桟橋方向をパチリ、大型クルーズ船が停泊していましたが、ちょっとスケッチには、、、

DSCN2031.jpg

  1. 2014/07/31(木) 10:23:11|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 外付けスピーカー

DSCN2027.jpg

ステレオタイプのケースがイマイチだったのでこちらのケースに組みなおしました。ついでに手元に1ツあったLEDを追加しました。モノタイプへのLED追加はまた後日
  1. 2014/07/29(火) 10:26:00|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JA5CPJ from AS-200

20140728 001

EUのパイルアップを浴びていましたが拾ってもらえました。誕生後初めて聞くAS-200です。
  1. 2014/07/28(月) 17:44:16|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EJ0PL from EU-007

20140728.jpg

IOTA contest中は弱くて殆ど聞こえなかったのですが、マルチバンドで本格的に運用を開始、この時間の21MHzの信号は強い、強い。
  1. 2014/07/28(月) 17:12:53|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

外付け小型スピーカー

DSCN2026.jpg

それぞれケースにいれて完成
電源をKX3/KXPA100用のDC電源からとると特定の周波数でRFIの影響を受けます。別のDC電源、ACアダプタ、勿論電池を使えば問題ナシです。折角の内蔵アンプですが、これを使わずに電池の消耗を気にしなくてすみます。

  1. 2014/07/27(日) 11:22:56|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BandPlan and BandPlanMini

20140727.jpg

BnadPlan ver1.4とBandPlanMini ver1.5をリリースしました。下記からダウンロードできます。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/UtilityProgram.htm
  1. 2014/07/27(日) 07:34:30|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外付け小型スピーカー

DSCN2024.jpg


KX3用に買ったアンプ内蔵ステレオスピーカーですが、電池の消耗さえ考えなければFBです。KX3のDuwal watchも使えます。
それはそれとして簡単なアンプキットを組み立ててみました。左はモノタイプ、右がステレオタイプです。モノタイプは手持ちの小さなスピーカー用、ステレオタイプは今回買ったアンプ内蔵スピーカーのアンプの替りで使うつもりです。電源は勿論電池ではなく、ちゃんとした安定化電源からもらいます。
  1. 2014/07/25(金) 21:23:15|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YF1AR/5 from OC-122

20140725 002

この周波数で待機していたら、あの特徴のあるCQが聞こえてきました。情報によれば8/3までの運用だそうですが、早めにQSOできて一安心。
  1. 2014/07/25(金) 20:06:52|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN2020.jpg

梅雨も明けたのか、いい天気になったので横浜に出かけてみました。スケッチポイントを探しながら山下公園から、赤レンガ倉庫まできました。今日は何故かあまりその気にさせるポイントが見つからず、また戻るのも面倒なので、木陰のあるここに落ち着きました。すぐ右には大桟橋、ちょうど飛鳥Ⅱが停泊していました。
  1. 2014/07/22(火) 16:58:01|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DupeCheck

20140721 001

Logger32をコンテストで使う場合の難点の1ツがDupeチェックです。Previous QSO windowで代用できますが、一目でDupeという訳にゆきません。
以前にも同じようなutilityを作ったことがありますが、今回は少し真面目に作ってみました。Dupeかどうかを表示するだけで他には何の機能もありません。まだテスト中ですが、興味のある方はお知らせください。
  1. 2014/07/21(月) 20:52:42|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.145

20140721.jpg

BandMapのタイトルバーは、Logger32自体がアクティブになっている場合、開いている全てのタイトルバーがアクティブ状態になり、タイトルバーに書かれている文字が読みやすくなりました。

  1. 2014/07/21(月) 20:42:32|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.141

20140719.jpg

Cluster windowの全てのタブで、FreezwのON/OFFが指定できるようになりました。Freezeが煩わしい場合はEnable xxxx freezeのチェックを外します。
xxxxは、タブで選んだソースにより異なります。TNCの場合は、cluster、Telnetの場合は、telnet等となります。



  1. 2014/07/19(土) 18:15:34|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K0AP/4 from NA-034

20140718.jpg

14MHzではとても呼べる強さでなく殆ど諦めていましたが、信じられないほどの強さで聞こえていました。
久しぶりのNew IOTAです。

  1. 2014/07/18(金) 22:22:52|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外付け小型スピーカー

DSCN2006.jpg

KX3用にアンプ付き小型スピーカーを買いました。単4電池2ケで動作しますが、電池が無くなっても小音量で鳴ります。
KX3内蔵のスピーカーから出る音と同じような音質で聞こえます。
  1. 2014/07/18(金) 17:28:42|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN2004.jpg

2014/7/16
夜、原宿近くで昔の仕事仲間の集まりがありました。ちょっと早めに出て代々木公園に向かいました。ここは今年1月に教室で来たところです。その時は寒くて手が言うことを聞かず散々でした。半年後はもう夏、今度は暑くて鉛筆で簡単にデッサンして退散しました。家で続きを描きました。


  1. 2014/07/17(木) 20:20:55|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.139

DX spot window、BandMap windowでDX spot freezeのON/OFFができるようになりました。
DX spot windowは、Setup、 Appearanceをクリック

20140717.jpg

BandMap windowは、Comfig、Appearanceをクリック

20140717 001

Freezeが煩わしい場合は、Enable DX spot freeze、Enable BandMap freezeのチェックを外します。
  1. 2014/07/17(木) 16:25:19|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.136

DX spotのBlocking filter設定で新しく"AND" optionが追加になりました。
Spotting cont、Desitination contでNAにチェック、更にANDにチェックしておくと、spotの発信者がNAで、かつspotされたDXがNAの場合、このspotがブロックされます。
同様にSpotting cont、Destination contでNA、EUにチェック、更にANDにチェックしておくと、spotの発信者がNA、或いはEUで、かつspotされたDXがNA、或いはEUの場合、このspotがブロックされます。

20140715 004

次のようなspotを受信すると、ブロックされずに通過するspotは以下のようになります。

20140715 001
20140715 005

もしANDにチェックしなければ従来どおり、このspotは全てブロックされます。
  1. 2014/07/15(火) 11:09:08|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.133

自動更新の最新版ですが、"/"付きcallsignのcountry判別が壊れています。修正されるまで注意してください。

20140714 008

追記
上記不具合はver3.49.136で修正されました。
  1. 2014/07/14(月) 21:57:59|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BandPlan and BandPlanMini

20140714 007

近日中にBandPlan更新版とBandPlanMiniをリリースします。bmpファイルを作ってくれているSteve W6SFKの都合で、bmpファイルの準備が完了する1ケ月後程度を予定しています。
テストを希望される場合は、BnadPlan、BandPlanMiniの別を指定してお知らせください。私がテスト用に作ったbmpファイルセットもお送りします。

  1. 2014/07/14(月) 14:51:54|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.127

・ BandMap モニターは従来最大3ケでしたが10ケに拡大されました。
・ Home callの判別処理に不具合があり修正されました。update後にRecalcを実行してください。
・ DX spot history window windowの幅、コラムの幅が調整可能となりました。
  1. 2014/07/13(日) 16:41:16|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

KX3 最新FWベータ版

テストの続き
・ PA OFFモードは、KX3、KXPA100間をRF、PTTケーブルのみ接続。KXPA100の出力はKXPA Utilityで読んだ値。KX3出力は5Wのみでテスト
・ PA ONモードは、KX3、KXPA100間をRF、専用オプションケーブルで接続、ALCによる出力制御が働く。KX3で出力を50W、70W、80W、100Wと変えた。KXPA100の出力は、KX3パネルに表示された値 (KXPA100 Utilityで読む値と同じ)

20140713.jpg

確かに70Wまでは目標出力にピタリと自動調整されていることが分かります。それを超えるとALCによる出力制御がOFFになります。その時点のKX3出力での実力値を示します。
この自動調整はKX3でTUNE動作をさせた時にのみ行われます。バンドを切換えて、いきなり送信しても自動調整は行われません。
私の使い方では、出力をこまめに調整することもないので、何もPA ONモードにする必要もありません。PA OFFモードにして、KX3出力を5Wに設定すれば100~110W程度の出力が得られます。またKXPA100のLPFも入力RFで自動切替してくれます。

<結論>
赤字はWaymeからのコメントです。2014/7/15
出力制御の改善については、まだまだ中途半端
・ 70Wまでしか自動調整してくれない
整合のとれていないアンテナを使ったり、規格以下の電圧で動作させるユーザーもいて、なかなか難しい。
・ TUNE動作をさせないと自動調整してくれない
ALC制御をシリアルラインでやっているのでスピードが上がらない。いい方法を模索中
  1. 2014/07/13(日) 08:05:49|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 最新FWベータ版

ver2..12がリリースされたので早速テストしてみました。
現在のFW正式版はver1.94ですが、それ以降の主な変更は次の通りです。
・ 送信時、40mのBPFがバイパスされる。
・ Fast mesage play 興味ないのでパス
・ KX3-4M power control これも興味ないのでパス
・ KX3-KXPA100間のシリアル通信改善 テストは後回し
・ KXPA100のpower control改善 後述
・ その他

KXPA100のpower control改善
KX3、KXPA100をオプションケーブルで接続し、KX3でPA ONにした時、KX3のpower controlつまみでKXPA100出力のpowerをcontrolすることができます。Tune時に目的出力(今回は70wまで)に自動調整してくれます。70w以上はこの自動調整はパスされ、工場出荷時の状態になります。
ざっとテストしてみましたが、確かに70wまではTuneで70wに自動調整されます。100wに設定すると7MHzのみが約90w、それ以外は100~120w程度となります。フィールドテスト版で問題となった3.5、7MHzでの動作不安定はなくなったようですが、折角の100w仕様ですから、何とか100wまでは自動調整してくれるといいのですが。
  1. 2014/07/12(土) 21:15:23|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN2000.jpg

台風が通り過ぎた直後でしたが、風もなく真夏のいい天気になりました。ペン画スケッチ教室で4年前にも来た旧岩崎邸にやってきました。
色々と事情があるようで表側からは殆どスケッチが出来なくなってしまい、裏の芝生の庭から描きました。芝生の周囲は木立の日陰になって好都合ですが、今の季節は蚊の大群に悩まされます。

  1. 2014/07/11(金) 17:11:36|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BanPlanMini

20140707.jpg

BandPlanの横幅をほぼ半分にしたBandPlanMiniをテストしています。常時表示させておくには、この程度のサイズでないとなかなか置き場所がありません。テストを希望される場合はお知らせください。JA用のbmpファイルも用意してあります。

  1. 2014/07/07(月) 09:13:24|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.123

・ DX spot windowのClear entriesをクリックした時にエラーとなる不具合修正
・ BandMap windowの設定にShow Beacon DX spotsのオプション追加

20140706 002


  1. 2014/07/06(日) 22:50:01|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.122

注意
DX spot windowでマウスを右クリック、"Clear entries"をクリックするとRunTime error 9でLogger32が終了してしまうバグがあります。修正されるまで注意してください。


DXSpotを一時保存しておくバッファサイズを変更するためのコマンドが追加されました。
デフォルトのサイズは300ですが、これを100~1000の範囲で設定することができます。例えば500に設定するには次のようにします。
1) デスクトップにこのためのLogger32のショートカットを作る。ショートカットの名前は、例えば"Logger32 DXSpot=500"とする。
2) ショートカットを右クリック、プロパティをクリック、リンク先を下図のように変更する。

20140706.jpg

3) OKをクリックして終了する。このショートカットから起動すれば500、通常のショートカットから起動すれば300のバッファサイズになります。

このバージョンでは、QSL info編集画面が若干変更になっています。

20140706 001

  1. 2014/07/06(日) 11:01:33|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

BandPlan

20140705.jpg

各バンドのBandPlanを表示するutility、BandPlan ver1.0をリリースしました。下記からダウンロードすることが出来ます。尚、お知らせいただければ若干デザインを変えたJA用のbmpファイルをお送りします。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/UtilityProgram.htm

ver1.0のバグを修正しました。上記よりBandPlan ver1.1をダウンロードしてください。
  1. 2014/07/05(土) 14:04:09|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

BandPlan

20140704 004

近日中にリリースするBandPlanが使うBMPファイルは、標準型をSteve W6SFKが提供する予定です。しかし一定のルールさえ守れば自分で作ることができます。上図はテスト用に作ってみたものですが、この程度の描画であればWindows内蔵のUtilityの1ツ、Paintを使って、比較的簡単に作ることができます。
・ 全体の大きさは、W:600 pixel、H:60 pixel
・ 周波数幅は500KHz、開始位置(この例では28000KHz)は左端から50 pixel、終了位置(この例では28500KHz)は左端から550 pixeにします。l
このルールで、必要なバンドを500KHz単位で作ります。10.000~10.500、24.500~25.000、28.000~28.500、28.500~29.000とかのようにします。
・ ファイル名は、20.bmp、17.bmp等とします。周波数幅が広い、例えば10mでは周波数の低い方から10a.bmp、10b.bpm等とします。
  1. 2014/07/04(金) 22:29:20|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.120

20140704 001

OQRS関係のオプションが追加になりました。
・ Logbook page windowで目的のQSOを右クリック
・ プルダウンメニューでEdit QSL Infoをクリック
・ この画面のQSL via欄にOQRS関係のオプションが追加されています。
・ ClubLogのロゴをクリックすればClubLog webページに接続します。

先日QSOしたMS0WRCにOQRS Direct request sentをつけた結果です。QSL via欄にOQRS Direct request sentがかかれます。
20140704 002

  1. 2014/07/04(金) 11:36:08|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ