HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

KX3 new FW (2)

最新のベータ版FW ver1.94とフィールドテスト版FW ver1.98の比較です。KXPA100の出力はダミーで終端、KXPA100の出力パワーはKXPA100のLED表示の読みです。

<ver1.94> KX3のパワー設定は100w
80m 80w
40m 80w
30m 80w
20m 90w
17m 100w
15m 80w
12m 90w
10m 100w

<ver1.98>
KX3のパワー設定を100wに設定すると80/40mで動作不安定になる。現時点では設定パワーを90w程度以下にする必要がある。
この場合、80~10mはいずれも90wとなり、バンドの違いによるゲインを真面目(?)に自動補正してくれる。
パワー設定を100wにすると、80mではなかなか目標パワーに近づかず、せいぜい90w程度で、下手するとKX3のHigh Tempアラームがでる。また40mでは100w近くになるとKXPA100の(入力)ATTが働いてしまう。30m以上では各バンドともに100wが得られる。

Wayneによれば、自動補正する最大パワーを現在の100wから90wに下げること、各バンドの補正値を保存してバンド切替の度にTune操作をしなくてもいいようにすることを計画したいそうです。
しかしKXPA100自体の実力がアップする訳ではないので、80/40mではせいぜい90w前後が実力のようです。仕様によれば定格100w±1dBなので十分この範囲内ですが。

スポンサーサイト
  1. 2014/04/30(水) 17:56:46|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 MMVARIのモード切替

MMVARIには豊富なモードが用意されています。そのモードを切換えるにはメニューからモードを選ぶ、或いはステータスバーのモード欄をクリックして目的のモードを選びます。
また、Soundcard data windowのF-Keyにいくつかのモード選択マクロを割りつけておけば更に簡単にモードを切換えることができます。
下図はBPSK31モードの時の画面例です。F-KeyにはRTTY_L、RTTY_U、BPSK63、BPSK125を用意してあります。それぞれのF-Keyに書いたマクロは次のようなものです。
RTTY_L:$mmvarimode11$
RTTY_U:$mmvarimode12$
BPSK63:$mmvarimode8$
BPSK125:$mmvarimode9$

WS_2014_441.jpg

ここでBPSK63のF-KeyをクリックすればBPSK63モードに切り替わります。

WS_2014_442.jpg

F-Keyはモード毎に用途を割当てることができますが、今度はBPSK31モードに切換えるマクロをF-Keyに設定しておきます。

  1. 2014/04/29(火) 17:17:44|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 new FW

ElecraftがKX3 new FWのテスト希望を募っていたので早速送ってもらいました。
今回のFWでは、KXPA100と組み合わせた時の出力を目標出力に正確に一致させることができるとあります。従来のFWでは、目標出力を100wに設定した場合、各バンドの出力は大よそ80~100wになります。
今回のFWではこれがいずれも100wになりますが、何故か40/80mでの動作が不安定です。また目標出力に合わせるためには、バンドを切換えるたびにTune動作が必要で、かつ1~2秒程度の時間がかかります。まだ改善の余地があるようです。


  1. 2014/04/29(火) 11:13:53|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IOTA Marathon 結果

結果が発表されています。

http://www.g3kma.dsl.pipex.com/IOTAmarathonresults.pdf

  1. 2014/04/28(月) 22:44:01|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows XP サヨナラ大作戦 (5)

最終的には、E630に160GのHDDを実装してWindows7をインストール、正式(?)に認証されました。予備機ではありますが、普段電源も入れないのでは勿体無いので、メインの大事なファイルのバックアップ用として使うことにしました。今までDropBoxをバックアップ替りに使ってきましたが、これは止めました。
万一に備えLogger32だけをフルインストール、何事もなく終了しました。E620については当面は予備の予備で残します。
以上で今回の大作戦は終了です。


  1. 2014/04/28(月) 16:08:43|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows XP サヨナラ大作戦 (4)

160GのHDDとは別に手配しておいた120GのHDDが届いたので、これにWindows7をクリーンインストールしました。インストール自体は30分程で終了しますが、その後がWindows updateで時間がかかります。認証も済ませて当面はこれが予備機になります。
残るはE620です。ただ最大メモリが1Gしかなく、WindowsXPで残すか、Windows7にしてしまうか、はたまた捨ててしまうか、、、


  1. 2014/04/26(土) 17:08:12|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN1937.jpg

昨日に続いてスケッチです。
今日は淡彩スケッチ教室で横浜の赤レンガ倉庫を描きました。ここは先週も一人で出かけて描いたところです。休みというともあって大勢の人でにぎわっていて、やはり倉庫の裏側に回らないとのんびりスケッチも出来ません。大桟橋には今日も大型クルーズ船がいたので、遠くにその窓だけいれてみました。


  1. 2014/04/26(土) 17:00:39|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN1933.jpg

ペン画淡彩風景画教室で増上寺に出かけました。朝からいい天気になりました。明日は淡彩スケッチ教室で赤レンガ倉庫に出かけます。

  1. 2014/04/25(金) 21:12:25|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 Transceiverのパワー制御

モードにより異なるパワーを設定する方法です。
これは、Logger32のBand/Mode設定テーブルのモード毎の周波数区分をもとにモードを判別することが前提になっています。

1) Band/Mode設定テーブルの確認
これは20mの設定例です。PowerのデータによってTransceiverのパワー制御するのではありません。この数字はログのTX_Powerとして記録するために使われます。

WS_2014_430.jpg


2) Band/Mode selectionテーブルの設定
Band/Mode設定テーブルでの設定を前提にするので、Mode from Band planにチェックします。

WS_2014_432.jpg

3) Custom settingテーブルへの設定
TS590を使った例です。Setup Radio画面からCustom settingを開きます。Kenwoodの場合は下図のような"Filter"設定画面が表示されますが、必ずしもフィルタ帯域を設定するだけでなくどのコマンドも使えます。
CW=FW040;PC100; とあるのは、周波数がCW帯域の場合、フィルタ帯域を400Hz、パワーは100wに制御するという意味です。
PSK31=PC050; とあるのは周波数がPSK31帯域の場合、パワーは50wに制御するという意味です。
こららのコマンドは機種により違います。それぞれのPCコマンド説明書を参考にしてください。

WS_2014_431.jpg

以上の設定で、Logbook entry windowのcallsign欄に周波数を書いてEnterキーを押しても、或いはDX spotをクリックしてもそのモードに対応したパワーに制御されます。直接VFOダイアルで周波数を変えた場合は制御されません。従ってRCPのF-Keyにモード毎のパワー制御コマンドを書いておけば完璧です。

WS_2014_433.jpg

DATAボタンには次のマクロを設定しておきます。
$command MD1;DA1;PC050;$ この意味はモードはLSB、DATAモードをON、パワーは50wに制御するという意味です。

  1. 2014/04/24(木) 14:14:23|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows XP サヨナラ大作戦 (3)

Windows7のDVDが届きました。
早速E630にインストールしてみました。E630は40GBのHDDにWindowsXPが搭載され、更にテスト用にいくつかのアプリをインストールしてあります。その時点でのHDDの空き容量は27GBほどでした。
Windows7のインストールは、WindowsXPを起動しておいてWindows7のDVDを挿入します。先ず、アップグレードインストールは拒否されたので、新規インストールを選択しました。途中でパーティション変更の画面がでますが、今回は変更無しでそのまま進め、約1時間ほどでインストールが終了しました。
40GBのHDDの空き容量は約20GBとなりました。テストでいれておいたLogger32、その他Program Filesの内容等がWindows oldフォルダに残されていました。これらはいずれ削除し、必要なアプリは再インストールすることになります。
次のステップは、今週中に届くと思われる160GBのHDDにWindows7を新規インストールすることです。ということもあり40GBのHDDにインストールしたWindows7は未認証です。

  1. 2014/04/23(水) 11:21:49|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナビシソウ

最初は、
DSCN1925.jpg

もうすぐ、
DSCN1926.jpg

やっと開きました
DSCN1927.jpg


  1. 2014/04/23(水) 08:17:53|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows XP サヨナラ大作戦 (2)

2G.jpg

1GBのメモリが届いたので、先ずは512MBと入れ替えて合計2GBになりました。現在このE630には40GBのHDDが搭載されていて、"FMVの何か"、WindowsXPとLogger32等がインストールされています。空き容量は27GBほどあります。
次のステップは、多分ここにWindows 7のアップグレードインストールをすることになります。これは既存のWindows XP、その他が保存されて別にWindows 7がインストールされます。但し、"FMVの何か"がどう邪魔するのか分かりません。試しにフォーマットしようとしたら見事に拒否されました。
どうしてもダメなら、というより最終的には新たに購入した160GBのHDDにWindows 7を新規インストールすることになります。

  1. 2014/04/22(火) 18:40:27|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows XP サヨナラ大作戦 (1)

Windows XPがとうとうサポート終了になりました。
自宅には自分用のメイン、予備機、それにXYL用と3台のデスクトップがあります。メインは1年前にWindows 7搭載の中古機に換えました。最近XYL用もWindows 7搭載の中古機に換えました。
現在残っているのがWindows XP搭載のデスクトップが2台です。10年ほど前に販売されていた業務用FMV E620とE630です。E620は搭載可能な最大メメモリが1GHz、E630は2GHzです。HDDはどちらも40GHzしかありません。業務用FMVデスクトップにはシリアルポートが1ツ、或いは2ツ搭載されていて、なかなか捨てがたいものがあります。
そこでE630のWindows 7化を試みることにしました。

・ メモリを2GHzにする
・ HDDの容量アップ
・ Windows 7の新規インストール

メモリスロットは2ツあり1GHzのメモリが1ツ使わています。一方E620は516MBのメモリが2ツ使われいます。とりあえずこの1枚を使って1.5GHzにしてみました。この限りではXPの立ち上がり、Logger32の立ち上がりも早くなりましたが、せっかくなのでオークションで見つけた1GHzのメモリを注文しました。送料含めて1300円

HDDは160GHzの新品(となっている)をやはりオークションで見つけ注文しました。最近はIDEインターフェースのもはなかなか見当たりません。送料含めて5600円

Windows 7はOEM版をオークションで注文しました。送料含めて4000円

結局E630のWindows 7化は合計で10K円少々の出費となりました。まだ注文したモノが来ませんが当面は予備機なのでゆっくりやることにします。
もう2台海外に持ってゆくためのノートがあります。Windows XPの英語版と日本語版が搭載されています。これらを普段使うこともなく、海外へ持っていってもインターネットにつなぐことが滅多にありません。しばらくはこのままとします。


  1. 2014/04/20(日) 22:07:52|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E20HHK/P from AS-145

WS_2014_418.jpg

事前の情報通り運用が始まりました。運よく出始めに見つけたので早めにQSOできました。でも信号もあまり強くなく確実にこちらのcallsignをとってくれたか若干心配。


  1. 2014/04/18(金) 21:51:52|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 新機能

WS_2014_408.jpg

次回のAuto updateでは、MMVARIモードの時、Radio-1とRadio-2で別々のsoundcardが指定できる機能が追加されます。
この設定はSoundcard data window (MMVARI)、RCP (main、SO2R)で行うことが出来ます。尚、subRXを持つTransceiverのSO2Vモードでは、sub channelは常にmain channelの逆になります。(これは従来通り)
Auto update終了後には、soundcardの設定をやり直してください。

  1. 2014/04/17(木) 10:44:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN1924.jpg

暖かい天気に誘われて横浜に出かけました。来週の教室で描く予定の赤レンガ倉庫へ行ってみました。この建物はヨコに長く、なかなか全体を描くのが難しいです。今日もポイントを探してウロウロ、、、ウラなので赤レンガらしくありません。

  1. 2014/04/16(水) 16:29:00|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HFp Vertical のチェック

Sigma-5の大改造が一段落したので、昨年12月のP29VNXで使ったHFp Verticalをチェックしてみました。P29VNXでは給電部がすっかり海水に浸かってしまい、その後安全な場所に動かしました。
帰国後全くチェックすることもなくそのままになっていました。ケースを開けて全てのパーツを出してみてビックリ。給電部のインシュレータとボルトが錆付いてしまってボルトも外れなくなっていました。またラジアル固定用の蝶ネジもかなり錆びています。
幸いインシュレータは以前にテストしたアンテナのパーツが流用できたので、これで組み立てて10MHzのみチェックしてみました。付属のマニュアルに記載されている通りの設定でうまく10.120MHz付近で共振しています。

DSCN1918.jpg

P29VNXでは予想外に働いてくれたので、ご褒美として(?)秋の3D2YAにはSigma-5と一緒に連れてゆく予定です。

  1. 2014/04/15(火) 17:27:47|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.49.2

MMVARIのモードにBPSK250が追加されました。ver3.49.2へはAuto updateで更新できます。

  1. 2014/04/15(火) 07:41:19|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sigma-5 大改造 (3)

もう一度各バンドのSWR特性を確認してみました。
28.5MHz 1.3 バンド全域で1.5以下
25.0MHz 1.1 バンド全域で1.5以下
21.1MHz 1.1 バンド全域で2.0以下
18.1MHz 1.1 バンド全域で2.0以下
14.1MHz 1.4 バンド全域で2.0以下
28MHzのコイルを微調整しましたが、共振周波数がまだ少し高め、24MHzも高めです。しかし、メインのCW帯でも1.5以下なのでこれでヨシとしました。
今回の改造はこれでオシマイにして、しばらくは再現性のチェックを続けます。もしOKであれば秋の3D2YAはこのアンテナがメインです。尚、2008年の3D2YAでもこのアンテナを使いました滞在場所も同じところを予定しており、少し広めのバルコニーの手すりに最下段の固定用マストを縛り付けて使います。

DSCN1915.jpg

DSCN1916.jpg


  1. 2014/04/14(月) 11:06:30|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Logger32 ver3.49.0

Logger32 ver3.49.0がリリースされました。

  1. 2014/04/14(月) 08:08:35|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sigma-5 大改造 (2)

DSCN1912.jpg

ジャンパを何種類も用意するのは面白くありません。結局コイルを全て取り替えることになりました。
コイルが不要なはずの28MHzですが、若干エレメント長が不足するので少しだけコイルをいれました。後は順番に24、21、18、14MHzとやればいいのですが、コイルを巻くのに手間取りました。多少の周波数補正はコイルの伸ばしたり、縮めたりします。
何とか1種類のジャンパだけで5バンドを切換が可能になりました。ただ28、24MHzの共振周波数が少し高めになっているので、もう少し手直しが必要です。コイルを巻き直すのはもうイヤなので、もう1ツジャンパを用意するかも。
手前にあるのは取り外したオリジナルのコイルです。


  1. 2014/04/13(日) 17:29:18|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN1911.jpg

久しぶりの水彩スケッチ教室で駒場公園内にある旧前田侯爵邸を描いてきました。ここは先日ペン画教室でもでかけました。今日も日当りのいい裏の芝生に座って、建物の左半分をねらってみました。桜は殆ど散ってしまいましたが、松の緑がきれいでした。

  1. 2014/04/12(土) 16:19:06|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Loger32 ver3.49.0

Logger32 ver3.49.0は1週間前後にリリースされます。
いままでのAuto updateの内容以外に、DX spot windowのフィルタリングに重複spotフィルタが追加されます。

WS_2014_403.jpg

・ Logger32 ver3.49.0へのupdateはリリース後にLogger32 HPからupdate版をダウンロードし、手動操作でupdateしてください。
・ 日本語ヘルプの更新を再開しました。またver3.49.0に同梱されるヘルプ原本も参考にしてください。
・ 従来の1041.dll(ja.dll)は使えなくなります。Logger32 HPからダウンロードしてください。

  1. 2014/04/11(金) 09:38:01|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にゃんこ達の遊び場

メス猫のお気に入りの場所の1ツがここです。背後の棚の最上段も空けてありますが、彼女は身体が大きすぎてもう上には飛び上がれません。少し小さいオス猫は簡単に飛び上がりますが。

DSCN1897.jpg

この棚を使う前は大事なTS590、K3を踏み台にして飛び上がっていましたが、やっとこの棚にも慣れてきたのか、ここでしばらく様子を覗ってから上に飛び上がります。

DSCN1896.jpg



  1. 2014/04/11(金) 08:36:37|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YB4IR/5 from OC-106

WS_2014_401.jpg

9K2FとのQSO直後にQSOできました。今日はこれで2ツ目のnew IOTAになりました。こちらもQSLはOQRS OKなのでちょっと安心です。


  1. 2014/04/10(木) 20:07:02|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9K2F from AS-118

WS_2014_400.jpg

特にこのバンドのSSBは独特のキャラキャラノイズ(?)が多くて聞きにくいのですが、タイミングをみて呼んで、何とかQSOできました。QSLはOQRS OKだそうです。

  1. 2014/04/10(木) 17:45:07|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

庭の桜

DSCN1895.jpg

八重桜の一種のようですが今年も咲き始めました。


  1. 2014/04/10(木) 07:47:06|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sigma-5 大改造 (1)

気候も良くなってきたので秋の3D2YAで使うアンテナのテストを始めました。今回はSigma-5を持ってゆくつもりです。
久しぶりにテストしてみるとどうも思うような特性が得られません。このアンテナは給電部に入れたローディングコイルをリレーで切換え、14~28MHzで動作させますが、どうもリレーの動作が気になります。そこで思い切ってリレー切替は止めて、ジャンパー線を手動で切換えてゆくことにしました。うまくゆけばコントロールケーブルも不要になり、総重量の軽減化にもつながります。リレーは1ツだけ外し、コントロール線は全て撤去しました。もう元には戻りません。

DSCN1891.jpg

ジャンパー線は1種類ですめばベストです。先ずはボード上の既設コイルはそのままとしてテストを繰り返しました。残念ながらなかなか簡単にはゆかず、現時点では3種類のジャンパー線が必要です。(一部はコイル状)

DSCN1893.jpg

どうもこれでは面白くないので、コイルに手をつけることになりそうですが、どうなることやら。巻き数を減らすのはともかく、増やすのは適当な線材もなく探してこないといけません。


  1. 2014/04/09(水) 20:34:02|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇居乾通り一般公開

一般公開の最終日に出かけてみました。ニュース等でその混雑振りを知り、覚悟して出発。
皇居前広場辺りにくるともはや行列が始まっています。内堀通りを桜田門付近までゆき、そこから広場に戻ります。

DSCN1879.jpg

行列で歩き始めて30~40分、やっと入口の坂下門が見えてきました。

DSCN1881.jpg

やれやれやっと中に入ることができました。左に宮内庁を見て乾通りに入りました。

DSCN1882.jpg

残念ながら桜は見ごろを過ぎて、、、

DSCN1883.jpg

このまま真っ直ぐ行けば出口の乾門ですが、この混雑に疲れてきたので右折して東御苑に向かいました。

DSCN1884.jpg

広い芝生で一休み。帰りは大手門から出ようとしたら"大渋滞なので平川門に回ってください"とのアナウンス。かなり遠回りですが、平川門から出て東京駅まで歩いて戻りました。東京駅近くでやっとランチタイム。いやはや疲れました。

DSCN1887.jpg

桜の見ごろは過ぎていましたが、皇居の中に入ったことは一度もなく、いい記念にはなりました。


  1. 2014/04/08(火) 17:42:04|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3D2YA in 2014

スケジュールは確定ではありませんが、10月に予定しています。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/3D2YA_2014.htm

  1. 2014/04/06(日) 16:11:43|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ