FC2ブログ





IOTA Chasers MarathonのLog提出

結果的には下記のadifが受けつけてもらえました。

・ Logger32からLogbookをadifでexport
・ Utility Program、CheckIOTAにこれを読ませ、期間が2012/1/1~2013/12/31、IOTA stationとのQSOでポイントになるQSOのみを抜き取ったadifを作成

これをIOTA WEBページに掲載されているhttp://www.iotaevents.orgからuploadしたところ全てエラーではじかれてしまいました。
その後、iota.chaser@gmail.comとやりとりしました。この相手はVE3LYC Cezarです。彼にも最初にuploadしたadif、及びそれをcsvファイルにしたものを送りました。彼もLogger32を使っています。最初はぜんぜん読めない、途中で止まるとのことで唖然としましたが、何をやったのか最終的にOKとなりました。
http://www.iotaevents.orgからも受付完了とのメールもありました。最初のuploadが何故はじかれたのかは分かりません。

彼からのメッセージです。
・ IOTA WEBページに掲載されたupload先はまだ準備不足のようだ。
・ Logの提出は彼宛にメールで送って欲しい、その方が早いし、確実
・ 必要なのは、adif(これは上記の手順で作ったものでOK)、そのadifをLogger32にimport、更にそれをcsvでexportしたもの

すっきりとはしませんが、彼のメッセージの通りやればOKになるようです。


スポンサーサイト



[ 2014/01/15 17:40 ] IOTA | Trackback(0) | Comment(0)

IOTA Marathon

IOTAのWEBページに追加の情報が掲載されています。

・ IOTA Activators Marathonのログは必要なデータを記載してメールで提出。締切は2/28
・ IOTA Chasers Marathonのログは公開されたアドレスにadifをuploadする。締切は2/28 公開されたアドレスを開き、別途登録手続きが必要です。(emailアドレス、callsign、パスワードの登録)  今回の記事にはExcelシートでのログ提出についての記述はありません。

追記
試しにCheckIOTAで作ったadifをuploadしてみたところ、見事に(!)全てエラーになりました。このadifの元はLogger32ですが、全てのフィールド(データ項目)が含まれています。上記のWEBページを見て思うのは、不要なデータ項目は全て削除しないといけないのかも。現在問い合わせ中です。
CheckIOTAで作られるadifを利用しようと思っている方はしばらくお待ちください。



[ 2014/01/15 09:45 ] IOTA | Trackback(0) | Comment(0)