HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

アトリエ重松「有志の会」 淡彩スケッチ展

私が通っている教室の1ツ、アトリエ重松の有志によるスケッチ展が開催されます。お近くの方は是非お立ち寄りください。

Shigematsu_2.jpg

Shigematsu_3.jpg



スポンサーサイト
  1. 2013/10/30(水) 11:01:11|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PR5C from SA-047

WS_2003_049.jpg

何度か呼んでやっとQSOできました。


  1. 2013/10/29(火) 11:30:35|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rotor control

Logger32から目的方向への回転を指示するには次の3通りの方法があります。
・ Tracking window上でマウス左クリックでShort path、右クリックでLong path
・ CTRL+AでShort path、ALT+AでLong path。但しHotKey設定メニューで”ALT+A and CTL+A to turn rotor”にチェックをつけておく必要があります。

WS_2003_048.jpg

・ ステータスバーにあるRotorの項目で、左側をクリックすればShort path、右側をクリックすればLong path

WS_2003_047.jpg

WS_2003_046.jpg

3番目の方法はマウス派にはなかなか便利です。お試しください。


  1. 2013/10/28(月) 18:23:07|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Antenna Selector

DSCN1627.jpg

Logger32からのRotor controlが一段落したので、Antenna Selectorに手をつけました。
RCS-8Vはリレーボックスとコントロールボックスに分かれていて、合計5ツのアンテナを切替えることができます。私の現用アンテナは2ツ、リレーボックス内のリレーが1ツ接触不良、ということでLPTポートの信号を受けて、リレー接点に変換するインターフェースは4回路のもにしました。
リモコンボックス内はガラガラで小さなインターフェースがそのまま収容できまます。リモコンボックスを若干いじり、Logger32による制御、手動による制御を切替えられるようにしました。
ほぼ完成ですが、最後の難関は細工のし難いケースへの穴あけ1ケ所です。これが済まないとケースに蓋が付けられません。


  1. 2013/10/26(土) 15:50:41|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rotor control

JA4BUA 桑原さんが開発されたインターフェースを購入しました。とりあえずバラックで組んでみました。
エモトのコトローラとケーブル接続、そしてPCとUSBケーブルをつなぐだけで大変簡単です。

DSCN1617.jpg

簡単な校正を済ませてLogger32から制御してみました。なかなかうまく動きます。

WS_2003_041.jpg

後はインターフェースを小さなケースに組み込むだけです。

2013/10/25 追記
ケースに組み込んでみました。穴が大分大きくなってしまったので何かを貼って隠すつもり、、、現在は確認のために液晶表示も眺めていますが、Logger32の表示で済むので、何処か見えない場所に置いてしまっても良さそうです。スイッチはただ付いているだけ。

DSCN1626.jpg



  1. 2013/10/24(木) 09:17:15|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Antenna Selector

私は、LDG DTS-4とAmeritron RCS-8VというAntenna Selectorを持っていますが、いずれも手動切替しかできません。
DTS-4はTTLレベルのシリアルデータで自動制御が可能とあり、簡単なテストをしたのですが、何としても仕様通りに動きません。
一方、RCS-8Vは単にリレーに加える12Vを切替えるだけなので、PCのLPTポートから取り出したTTLレベルの信号で何とか切替えられるかなということで、下記のようなものを注文してみました。入力の5VのON/OFFで、4ツのリレーのどれかがON/OFFします。この接点でAntenna Selectorのリレーのどれかを動かせればと、、、
上手くゆけばLogger32から自動切替させることを考えています。

WS_2003_040.jpg



  1. 2013/10/23(水) 07:58:46|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YB9Y from OC-276

WS_2003_039.jpg

今日から運用が始まりました。何とも大人数の「大ペディション」、早速あちこちのバンドで聞こえてきましたが、必ずしも慣れた運用ぶりではないので、Not in Logが心配です。IOTA Marathonのポイント稼ぎで3バンドでQSOしましたが、少なくとも1ツはOKでしょうね?


  1. 2013/10/22(火) 16:49:45|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.48.26

Auto updateで最新版が利用できます。
このバージョンでは、LoTWの同機更新でCounty、Zone等について比較チェック、更新の対象にするかどうか選択できるようになりました。但し、"Update LOTW_SENT and LOTW_RCVD field in your Logbook"を選択した場合は無関係です。
またIOTAデータベースが最新版に更新されます。

WS_2003_035.jpg



  1. 2013/10/20(日) 07:33:27|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YB3MM/4 from OC-262

WS_2003_033.jpg

先日OC-197から聞こえていたと思ったら今度はOC-262から聞こえてきました。19、20日だけの運用のようです。


  1. 2013/10/19(土) 20:56:56|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN1616.jpg

昨日に続いて、今日は水彩画教室で鎌倉 旧華頂の宮邸に出かけました。報国寺の奥にあるしゃれた洋館です。
今日も曇り空、途中で少しだけお日様が顔を出しましたが、風もあって寒い一日でした。


  1. 2013/10/19(土) 20:27:27|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN1614.jpg

ペン画教室で九品仏 浄真寺にでかけました。
朝からすっきりしない空、少し肌寒く感じます。途中でお日様も顔をだしまずまずのスケッチ日和でした。


  1. 2013/10/18(金) 19:52:19|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HFp Vertical Antenna

DSCN1283.jpg

このアンテナにはスプールに巻かれたラジアルが3本ついてきます。SWR特性だけに限って言えばこれだけでも十分そうですが、少しでも効率アップになるかと、欲をだして更に3本追加してみました。
・ 28MHzの場合、3本から6本にすると中心周波数が約250KHz下がり、SWR最小値は1.2から1.3になります。
・ 14MHzの場合、中心周波数が約100KHz下がり、SWR最小値は1.0から1.3になります。
SWRが2以下となる帯域は殆ど変わりません。

設置が簡単、軽量、再現性良好なので12月のP29VNXでは予備、或いは到着日のアンテナとして使うつもりです。


  1. 2013/10/17(木) 11:27:52|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VK5CE/4 from OC-255

WS_2003_030.jpg

事前情報通りに聞こえてきました。
私もこの辺りは候補としてチェックしたことがありますが、行くこと自体簡単にはいきそうもないところです。テント持参で云々とありますから、更にかなりの準備が必要でしょう。ご苦労様です。


  1. 2013/10/16(水) 19:39:30|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN1612.jpg

昨日出かけた昭和記念公園で撮ってきた写真を見ながら1枚描いてみました。いちょう並木はまだ色づき始めたばかりですが、スケッチのいいところでかなりの色づきになりました!


  1. 2013/10/15(火) 14:56:58|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KXPA100 出荷時期

情報によれば、KXPA100の出荷開始は11/15目標とのことです。調達部品の一部に間違いがあり交換を余儀なくされたこと、一部部品の入荷遅れが原因だそうです。
残念ながら、P29VNXに持参できる見込みはほぼなくなりました。

2013/10/16 追記
http://www.elecraft.com/elecraft_shipping_status.htm


  1. 2013/10/15(火) 08:39:06|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和記念公園

DSCN1604.jpg

朝からいい天気になったので、立川にある昭和記念公園にでかけてきました。
今日はスケッチ無しで満開のコスモスをパチリ。こちら側はピンク系、あちら側は薄い黄色系です。
ここは数年前にも来ましたが、今日も貸し自転車でほぼ一周してきました。


  1. 2013/10/14(月) 16:59:22|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3  I/Q出力を眺める

WS_2003_028.jpg

Rockyでは物足りないので、PowerSDR/IF stageを試してみました。これはPowerSDRにK3等のTransceiverとCATでデータのやりとりができるようなオプションが追加されています。
設定に少し苦労しましたがRockyよりは大分本格的なものになりました。これは今朝の7MHzのCW帯を眺めたものですが、中央付近の緑の帯に受信信号が見えます。ノイズレベルで「うねり」が目立ちますがSoundcard入力を抜いてもあるので、Soundcardそのものか、その周辺で何か拾っているようです。


  1. 2013/10/14(月) 08:50:35|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DP4E from EU-047

WS_2003_026.jpg

夕方の17mはEUが良く聞こえます。2、3日前から狙っていましたが、やっとチャンスが巡ってきました。はっきりと"EU-047"とアナウンスしていましたが、他には殆ど情報もありません。オペレータの名前から推察してメールで問い合わせてみることにしました。

  1. 2013/10/13(日) 18:23:59|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YB3MM/P from OC-197

WS_2003_025.jpg

"Only NA"になる前にQSOできました。


  1. 2013/10/13(日) 16:16:29|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.48.1

Logger32 ver3.48.1がリリースされました。下記からダウンロードしてください。

http://www.logger32.net/


  1. 2013/10/12(土) 23:37:07|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K5T from NA-119

WS_2003_023.jpg

早めに気がついたので、弱いながら確実にQSOできました。


  1. 2013/10/12(土) 17:31:07|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.48.0

Logger32 ver3.48.0がリリースされました。

http://www.logger32.net/

追記
ver3.48.0への更新はしばらくお待ちください。
1) いたるところでクラッシュ
2) ボタンのキャプションが全て(?) "isButton"となっている






  1. 2013/10/12(土) 15:36:10|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.48.0

近日中にver3.48.0がリリースされます。Auto updateの対象にはならないので、Logger32 websiteからupdate版をダウンロードしてください。今回はメニュー変更がないので1041.dllはそのまま使うことができます。

ver3.48.0の内容は既にご紹介しましたが、新たにHotKeyが追加されます。
・ ALT+L
Keyboard、或いはPowerMateによるVFOコントロールをON/OFFすることができます。(CTL+矢印キー、ALT+CTL+矢印キー)
ALT+Lを有効にするには、HotKeyメニューで、Lock PowerMateにチェックをつけておく必要があります。またALT+L自体をPowerMateの動作の1ツに割り当てることもできます。

WS_2003_021.jpg

ALT+LによってVFOコントロールが禁止されている場合には、RCPの"X"の下にLock アイコンが表示されます。

WS_2003_022.jpg



  1. 2013/10/10(木) 21:38:10|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KXPA100 出荷時期

情報によれば、KXPA100の出荷開始は、当初予定されていた10/7~14から遅れ10月末になるとのことです。今週末、或いは来週初めには正式アナウンスがありそうです。


  1. 2013/10/10(木) 09:50:05|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RSGB IOTA website

RSGB IOTA websiteが模様替えされました。

http://www.rsgbiota.org/

  1. 2013/10/09(水) 14:16:52|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3  I/Q出力を眺める

WS_2003_017.jpg

KX3 I/Q出力をSoundcardにつなぎ、SDRソフトの1ツ、Rockyで眺めてみました。他にもHDSDRとか色々あるようですが、いずれも本格的なものばかりです。Rockyは多分イチバン簡単なSDRソフトの1ツと思われます。
3.5MHzでどこかを呼んでいる近所の強力な信号が飛びぬけて目立ちます。


  1. 2013/10/08(火) 21:00:55|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日のスケッチポイントは、

番外編、いずれも写真を見て描きました。横浜の開港記念館、鎌倉の某所(?)、横浜のレンガ倉庫です。
後の2枚は、先週土曜日のスケッチ教室が雨で中止になり、室内で「早描き」の練習として描きました。時間内に描けてやれやれ、、、

DSCN1552.jpg

DSCN1553.jpg

DSCN1554.jpg



  1. 2013/10/07(月) 09:48:11|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Griffin PowerMate USB knob

WS_2003_006.jpg

色々設定をやってみましたが、現在はこんなところで落ち着いています。別にUSB knobでなくてもキーボード、マウスで操作できるのですから、USB knobを使うか、使わないかは好みです。

・ 右回転は、Scroll opとTransceiverの周波数微調整(up)
・ 左回転は、Scroll downとTransceiverの周波数微調整(down)
・ 押しながら右回転は、Transceiverの周波数を1KHz up
・ 押しながら左回転は、Transceiverの周波数を1KHz down
・ チョン押しは、Radio1、Radio2の切替
・ 長押しは、ALT+Wの替わりでLogbook entry windowをクリア

USB knobをお持ちならばお試しください。


  1. 2013/10/06(日) 20:44:20|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.48.0

ver3.47.0以降の変更は次の通りです。
1) Logbook entry window バグ修正
2) Radio control
 ・ Griffin PowerMate USB knobのサポート
 ・ SO2V SubRXの周波数制御を可能とした。
 ・ TS950、TS990サポートのバグ修正
 ・ FT840サポートのバグ修正
 ・ RCP バグ修正
3) Soundcard
 ・ RX windowで複数の単語の選択を可能とした。
 ・ TX windowでの編集を可能とした。
  a. MMVARI RX、TXモード時に可能
  b. MMTTY RXモード時に可能
 ・ MMTTY バグ修正
 ・ SO2V、SO2R ON時にTransceiverの機種名を表示
4) CW machine
 ・ $loop x$ マクロが追加された。xはループの間隔を秒で指定
 ・ バグ修正
5) DX spot window
 ・ Transceiverの機種名が表示される。(右クリック)
 ・ 全体のスピードアップ
 ・ バグ修正
 ・ バッファ 最大250supotに拡張
6) Telnet window
 ・ 全体のスピードアップ
7) BandMap
 ・ バグ修正
 ・ Band segmentはTransceiverのモードを反映するよう変更
8) DX spot history window
 ・ 列の並びを変更
9) DXCC award table
 ・ バグ修正
10) ARRL acraoer
 ・ バグ修正

  1. 2013/10/04(金) 21:27:10|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JCC.csv for Logger32

JCC.csvが更新されました。JH1GUO 金山さんの提供です。
必要な場合は、Yahoo Groupsのhamlogger ファイルセクションからダウンロードするか、筆者までお知らせください。

  1. 2013/10/01(火) 17:31:19|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ