HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

今日の獲物

DSCN1154.jpg

散歩コースでよく見かける「かわせみ」 先々週以来久しぶりに見かけました。この鳥は単独で動き回り、何処に現れるか見当もつきません。


スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 10:57:15|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Logger32をコンテストで使う

Logger32には、日常的な運用で使う設定と、特別な運用、例えばコンテストで使う設定を切替えられる機能があります。Logger32はコンテスト用に特化した機能が用意されてはいません。リアルタイムでマルチを判断、表示するとか、ポイントを計算、表示するとか等々の機能はありません。入賞を狙ってやってみようかという場合はコンテスト用に作られたロギングプログラムを使うべきです。

私の日常的な運用時の画面構成は次のような感じで、表示させておけば便利な画面を所狭しと並べています。

ScreenShot070.jpg

次に、例えばARRL 10M contestで使う場合の画面構成の一例です。

ScreenShot071.jpg

画面構成だけでなく殆ど全ての設定を別々にもつことが出来ます。別の設定を持つには次のようにします。
1) Logger32のショートカットを作る
2) ショーカットのプロパティを開き、リンク先である"......Logger32.exe"の後にスペースをおいて、例えば、"contest"を追加します。

ScreenShot072.jpg


3) このショーカットをクリックしてLogger32を起動します。
4) コンテスト用として便利なように各種設定をします。この設定は、通常時の設定ファイルとは別の"contest.ini"、"contestCW.ini"等に保存されます。








  1. 2012/11/28(水) 08:34:57|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JCC.CSV for Logger32

jcc.csv最新版をアップロードしました。2013/01/01付での新市誕生に対応するものです。ダウンロードは下記からどうぞ。

http://ja1nlx.web.fc2.com/logger32/index.htm
  1. 2012/11/27(火) 21:57:01|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN1146.jpg

2012/11/24
絵画館学園祭の時の神宮外苑の風景を写真でパチパチ。家で写真を見ながら描きました。描きたかったのはイチバン遠くに見えるいちょう並木。そばにゆけばもっと迫力がありますが、、、



  1. 2012/11/27(火) 17:29:50|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

システムの再構築

ScreenShot069.jpg

K1ELのWKUSB Keyer Kitが届いたので早速組み立てました。心臓部はWinKey2チップですが、前バージョンと違ってRadio-1、Radio-2の切替に応じてKey出力が切り替わってくれます。Logger32のCW MachineはWinKey2モードを選択します。

DSCN1144.jpg


当初SteppIR ControllerはUSB/Serialアダプタを使う予定でしたが、動作が不安定になることがあるのでSerial portを1ツ増設しました。CATはRadio-1、Radio-2専用のSerial Portを使い、WKUSBはCW Keyingのみに専念します。

Digital modeではRadio-1用にSignaLinkを使う予定でしたが、K3のSubRX信号が通らないことが分かり、当面は従来使っていたRigExpert PlusのAudio codecを使うことにしました。勿論直結がイチバンいいのですが、TS-590との接続替えが面倒なのでこうしました。


  1. 2012/11/27(火) 15:43:50|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神宮外苑の「いちょう祭り」

20121123_1.jpg

あいにくの空模様でしたが、絵画館学園の学園祭をのぞいて「いちょう並木」の方に回ってみました。右側はほぼ全体が黄色ですが、左側はまだ緑におおわれていました。
この後の広場には「屋台村」ができて色々食べられます。今日はタイカレーとビール。天気がよければ大変な混雑ですが、今日は適当に座る場所も確保できました。

20121123_2.jpg




  1. 2012/11/23(金) 22:41:14|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3/KX3 ちょっと便利なコマンド

K3、KX3にはKYというコマンドが用意されています。
K3 Utility、KX3 UtilityのTerminalモードは、このコマンドを使ってメモリにメッセージを割当ておき、CW、RTTY信号をK3、KX3に送り、送出することができます。勿論CATの接続がされていなければダメですが、K3、KX3のパドル入力、キー入力には何も接続されていなくてもOKです。

これと同じようなことがLogger32のCW machineからも行うことができます。マクロボタンに次のようなマクロを登録します。
$command KY ja1nlx;$  これでJA1NLXが送出されます。

K3、KX3にCATの他に、Logger32のキー出力が接続されていればこんなことは不要です。私の場合、メインはK3用に接続されているので問題なしですが、KX3を使う場合には、CATの接続替えのみで済ませています。KX3のキー入力にはパドルが接続されているだけです。珍局へのパイルアップに加わってしつこくcallsignを繰り返すような場合には、大変便利です。

  1. 2012/11/23(金) 08:35:28|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JA1NLX/VK4 from OC-160

帰国後約1ケ月過ぎましたが、現時点でのQSL請求状況は次のようになりました。

QSO総数:1501
Unique callsign:1045
SASE: 62 callsign
OQRS_Direct: 48 callsign
OQRS_Buro: 66 callsign
請求総数: 176 callsign 176/1045 > 16%

不思議なことにおおよそ三等分に分かれました。
SASE、OQRS Directでの請求分は全て発送済みです。OQRS Buroでの請求分は年末で一度しめて発送する予定です。但し、いつものようにGlobalQSL経由にするか、JARLに送ってしまうかは未定です。

ScreenShot064.jpg


因みにOQRS Direct請求分の処理手順をまとめておきます。
1) カードは自作
2) PayPalへ入金がある度に「支払い受領通知」がメールで送られてくる。
3) この「支払い受領通知」にQSOデータが記載されているので、これでQSLラベル印刷
4) 同じく宛先が記載されているので宛名ラベル印刷
5) カードにQSLラベルを貼り、封筒にいれて宛名ラベルを貼る。更に切手を貼って投函

QSLラベル印刷まではSASE請求分と一緒に作業できます。自前の封筒を用意しなくていい分SASEのほうが楽ですが。


  1. 2012/11/22(木) 12:38:52|
  2. JA1NLX/VK4_2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HL-100BDX

Tokyo Hy-Power社のHL-100BDXが手に入りました。早速各バンドの入力、出力特性を見てみました。

ScreenShot063.jpg

入力3W以上になると出力は100W前後で飽和状態になります。また、電流は最大でも14~15A程度に収まっています。KX3と組合わせるとちょうどいい感じになります。
先日のJA1NLX/VK4に持参したJuma PA-100Dは、軽くて、出力も100~150Wでますが、何と言っても最大の問題は効率の悪さです。24、28MHzではせいぜい数十W程度で運用しないとダメでした。
HL-100BDXの問題はその重さで、PA-100Dの2倍の2.4Kgもあります。後は熱でトラブルが発生しないかどうか、せいぜい酷使してみようと思います。


  1. 2012/11/20(火) 17:38:39|
  2. Small Amp
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

KX3 スタンド

こんなモノもあります。これなら専用パドルが使えます。
http://www.niftyaccessories.com/KX3%20Desk%20Stand.htm

KX3 Stand w-Radio End View

  1. 2012/11/18(日) 06:54:49|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

QRZ Lookup ver1.1.26

QRZ Lookup ver1.1.26がリリースされました。Logger32 ver3.43.0以降で動作します。

http://www.n2amg.com/general/qrzlookup-for-logger32/


  1. 2012/11/17(土) 23:03:39|
  2. by N2AMG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.43.0

Logger32 ver3.43.0がリリースされました。
変更の内容はこちらをご覧ください。

http://ja1nlx.blog109.fc2.com/blog-entry-2127.html


  1. 2012/11/17(土) 19:34:18|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FreqPad ver4.4

FreqPad ver4.4をリリースしました。
・ Sort機能が動かなかったバグ修正
・ フォントサイズ、行の高さ等を選択できるようにしました。

お知らせいただければファイルをお送りします。

  1. 2012/11/17(土) 11:52:47|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絵画館学園 学園祭

絵画館学園学園祭が下記の日程で開催されます。ペン画淡彩風景画教室も一人二点づつ作品を展示します。

11/23(金)~25(日) 10時~16時30分 (最終日は16時まで)

  1. 2012/11/17(土) 08:50:59|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早朝の散歩

DSCN1134.jpg

私の早朝の散歩コースはいつも同じです。このところ川沿いの桜並木もすっかり色づきました。でも陽のあたり具合とか色々原因があるのでしょうが、まだ緑の葉っぱが目立つ場所もあったりします。
コース途中にはこんな場所もあります。朝陽にあたってきれいです。

DSCN1135.jpg


ちょっと場所が違いますが、9月末にはこんな感じでした。

http://ja1nlx.blog109.fc2.com/blog-entry-2087.html


  1. 2012/11/14(水) 20:24:16|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FreqPad ver4.1

ScreenShot044.jpg

Logger32と組合わせて使うutility program、FreqPad ver4.1をリリースしました。前バージョンを全面的に見直して使いやすくしました。
一言で言えば、周波数メモリーです。簡単な操作で周波数等を書いて保存、表示されたリストから選択してクリックすればTransceiverの周波数/モードをQSYします。
お知らせいただければファイルをお送りします。


  1. 2012/11/12(月) 21:47:00|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JA1NLX/VK4 from OC-160

・ 全てのLogをLoTWにuploadしました。
・ SASE、OQRS Directでの請求については、通常2~3日以内にお送りしています。
・ OQRS Buroでの請求については、年末にそれまでの分をGlobalQSLに送ります。

  1. 2012/11/11(日) 13:04:02|
  2. JA1NLX/VK4_2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

システムの再構築

接続ケーブルが入り乱れ、時々訳が分からなくなってしまうシステム構成も見直すことにしました。
条件は、Logger32でK3、TS590を制御できること、なるべく分かりやすい構成にすることです。また手持ちのKX3等も簡単な接続変更でシステムに組み込めることです。
CATは、PCにシリアルポートが2ツあるので、RS232CポートをもつK3、TS590が直結できます。現在はK3とはRigExpert Plus経由、TS590とは直結です。
CWはKey出力が2ツあって、多分Logger32で切替可能なK1ELのWinKeyerを使うことにします。現在はRigExpert PlusのCW、PTT出力を切替えています。
SteppIR controllerとはUSB/シリアルアダプタで接続します。現在はPCのシリアルポートと直結ですが、これはUSB/シリアルアダプタ経由に接続変更済みです。

ScreenShot041.jpg


次にデジタルモード対応ですが、K3とは手持ちのSignaLink経由、TS590とは現在と同様に手持ちのIF経由でSound信号のやりとりをします。

ScreenShot042.jpg


今までK3とのIFとして使ってきたRigExpert Plusが不要になりますが、SignaLinkとK3をつなぐ専用ケーブル、WinKeyer2を調達する必要があります。



  1. 2012/11/10(土) 20:46:26|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

P29 免許

P29は今まで全く頭にありませんでした。私の好きな3D2は免許更新の見通しがたたず、それではと若干調べてみました。

ほぼ2ケ月前にP29の免許担当者にメールで問い合わせました。あまり期待していなかったのですがすぐに返事がありました。「申請があればすぐにあげます。1年有効の免許です。希望ならば事前に免許のコピーをメールで送ります」
次は、何処へ出かけるかですが、IOTAにとって超珍を狙いたいのは当たり前ですが、とてもそんな無謀なことはできず、いつも世話になっている某旅行代理店が扱っているような場所、宿に狙いを定め、アンテナを建てさせてくれるか問い合わせてみました。これもあまり期待はしていなかったのですがすぐに返事があり「OK」とのこと。
P29はポートモレスビーまでの直行便が飛んでいます。後はそこから何処まで行けるかですが、IOTAのクレジット率30%台であれば何とか行けそうです。
P29VCXチームのようにボートをチャータして超珍にという訳にはゆきませんが、「自力」でやってみたいものです。次回の有力候補の1ツではあります。

3D2の免許のその後です。
TAFからレターをもらい外務省の担当者に「取次依頼書」の発行をお願いしたところです。うまくゆけば「取次依頼書」をもって警察に「警察証明」を申請する段取りです。しかしこれが貰えても難関は3D2国防省の審査です。
最近3D2Cのような大型ペディがありました。彼らの一人ひとりが「警察証明」の提出を要求されたのかどうか、私が聞いているような手順で免許がおりたのかどうかは定かではありません。
私が懇意にしてる3D2のハム連盟の会長さんも、この件についてTAFにしつこく聞いているようですが明確な答がないようです。
何と言っても3D2は今も軍事政権下にあるお国です。何があっても不思議ではありません。常識では考えられない事があり得ます。注意、注意です。

  1. 2012/11/10(土) 20:13:18|
  2. DX Vacation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日のスケッチポイントは、

DSCN1130.jpg

2012/11/9
今日の教室は聖路加病院周辺でのスケッチ。聖路加タワーとか、カトリック築地教会、礼拝堂等々色々とスケッチしたくなるポイントがあります。
真夏にきて描けなかったトイスラー記念館に挑戦しました。夏は建物前の木々の緑が建物を隠してしまいますが、今頃は適当に葉っぱもおち、紅葉もきれいで、スケッチにはいいシーズンです。



  1. 2012/11/10(土) 15:24:48|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 FW更新

こちらもFW最新版のver1.26がリリースされていたので更新しました。
いくつかありますが、Dual watch ON/OFFでの聴感上のレベル差が感じられなくなりました。従来はDual watch ONでは、通常AFゲイン15程度が30程度にあげないと同じ大きさで聞こえず、いらいらしたものです。
  1. 2012/11/09(金) 21:42:33|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TenTec Eagle FW更新

EagleのFW ver1.824がリリースされたので早速更新してみました。
不評だったNRの改善とあるのですが、弱い信号ではノイズを引きずるような感じになり、まだまだK3とかTS590のレベルではありません。以前は殆ど使い物にならなかったのですが、若干の改善は見られます。
  1. 2012/11/09(金) 19:28:15|
  2. TenTec
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LoTW サーバーダウン

現在LoTWのサーバーがダウンしています。11/9 1400zには復旧の見込みとあります。
  1. 2012/11/09(金) 17:08:43|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 追加申請の審査終了

10/2にTSSへ保証願い提出、その後修正、再提出と手間取って10/13に総務省の審査に回り、11/2には審査終了となりました。ちょうど1ケ月かかりました。

  1. 2012/11/08(木) 22:03:43|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 スタンド

アメリカでは本屋さんが本を立てかけるのに使われているようですが、Gibson社製のスタンドを買ってみました。
スタンドそのものはこんな形で、逆Vの角度は適当に調整できます。

DSCN1124.jpg

ここにKX3を載せます。あまり逆Vの角度を小さくすると手前に倒れてしまうので、ある程度の角度にしないといけません。内蔵スピーカーはふさがれることもなく今まで通りに聞こえます。但し専用パドルの取り付けには更に角度をつけないとダメでしょう。私は専用パドルをつけるつもりは全くありませんが。

DSCN1125.jpg

DSCN1127.jpg

因みにKX3に付いているスタンドを使うとこんな感じで、かなり寝てしまっています。

DSCN1126.jpg


日本では下記がこの商品を扱っています。

http://www.norticasa.com/



  1. 2012/11/08(木) 14:51:41|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YB8XM/P

昨日からYB8XM/P from OC-271が聞こえています。今日の日中は全く聞こえず、19時過ぎから21MHzで聞こえています。
しかしあまりにまずいオペレーション、これではとても順番が回ってきそうもありません。しばらく呼ぶのは止めにします。超珍からの運用にしてはあまりに経験不足、準備不足?

  1. 2012/11/05(月) 20:38:48|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA 免許更新 その後

3D2YAの免許は過去2回ほど行い、今年8月で切れています。期限の少し前から再免許申請を送ったのですが、今までは無かった「Police clearance report」の提出を求められました。
これは、「お前さんは警察のやっかいになったことはありませんよ」という警察発行の証明書です。警察ですから先ず警視庁に聞いてみると、「前例がなく発行できません。外務省の依頼書を貰ってください」とのこと。
そこで外務省に聞いてみると、何度かやりとりがあった後、「然るべき機関から、警察証明書が必要である旨のレターをもらって提出してください」。
そこで、3D2の免許発行機関であるTAFにその旨伝えたのが7月で、その後音沙汰が無くなってしまいました。

数日前に突然TAF担当者からメールがあり、「必要ならレターを送るよ」とのこと、すぐにレターのコピーをメールで送ってもらいました。
早速外務省に送り、「これでいいですか?」と問い合わせました。その他必要な書類のチェックもしてもらって、先ほど再提出の準備ができました。
外務省が警視庁への(警察証明の)発行依頼書を作ってくれて、警視庁に回ることになります。まあ、うまくゆけば年内、多分来年には警察証明書が貰えるかも知れません。

しかしその先が全く見えません。
私の場合は再免許なので、この警察証明書だけ送れば免許をあげると言われてはいるものの、免許は最終的に国防省の審査をうけなければならないのです。最近はこれが機能していないのか、一部を除き免許が発行されたという話を殆ど聞かないのです。

ということでうまく警察証明書がもらえたとしても、いつ免許がもらえるのかは全く不透明です。

  1. 2012/11/05(月) 20:01:33|
  2. DX Vacation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FreqPad 新バージョン

ScreenShot028.jpg

従来のFreqPadを全面的に作り直しました。
まだテスト中ですが基本的にやりたいことが実現できたので、もう少し必要と思われる機能をつけてみます。
このユーティリティプログラムは、このテーブルに書いた周波数、モード、メモの編集、保存、読み込みが可能です。また必要に応じて目的の周波数、モードにRadioをQSYします。Logger32と組合わせないと動作しません。

  1. 2012/11/04(日) 20:53:45|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

最近描いたスケッチを一挙に公開
2012/11/2
浜松町駅近くの旧芝離宮庭園です。

DSCN1086.jpg

2012/10/26
オーストラリアから帰国した翌日は、葛西臨海公園にでかけました。この方向は東京方面、真後ろには遠くにディズニーランドが見えます。

DSCN1083.jpg

2012/10/23
グレートバリアリーフにあるハミルトン島で描いてきました。早く仕上げるために鉛筆の上にすぐ着色しました。

DSCN1087.jpg

DSCN1080.jpg


  1. 2012/11/03(土) 15:06:59|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.43.0

Logger32 ver3.43.0が近日中にリリースされます。
内容は以下の通りです。尚、従来の1041.dllは使えなくなります。ver3.43.0対応版をダウンロードしてください。

・Radio control panelが追加された、(View、Show radio control panel)
最大で36のマクロボタンが用意されています。また、Radio-1、Radio-2で別々のマクロを設定できるので、合計すれば最大72のマクロボタンがあります。画面右サイドの部分を右クリックすると設定メニュー等が表示されます。
最も便利だと思われるのは、+1とか+5とかsplitのup(又はdown)の周波数を指定できるようになったことです。Transceiverによってはこの機能を備えているものがあります。例えばK3では±1、2、3、5KHzの指定が可能ですが、Radio control panelでは任意の周波数の指定が可能です。

ScreenShot026.jpg


K3のup 1の場合のマクロの書き方の一例です。
$command K31;FT0;SWT13;FB#split+1#;SWH13;$

・Quick QSL windowのupdateがLogbookに反映されないことがある不具合修正
・DX spot history windowの変更 不用意にアラーム音が鳴らないよう修正、マウススクロールが使えるようになった、リサイズ可能(最大20行まで) 等
・HamQTH lookup、QRZcom lookupの不具合修正
・DX spot window "X"マークが正しく表示されない不具合修正
・Alpha 87A windowの変更
・Telnet windowでDX spotをクリックしてもRadio制御されない不具合修正
・Callsignに"="が付けられた仮のQSO eQSL、ClubLogリアルタイム転送から除外するよう変更。更にLoTW/QSL/eQSL exportから除外するよう変更
・DX spot history window Tips表示の有無が選択できるようになった。
・Countyが正しくLogbookに書かれない不具合修正
・Quick QSL windowが開かれるとWorked/confirmed windowの内容がクリアされてしまう不具合修正
・QSL updateがすぐにLogbook、Worked/confirmed windowに反映されるよう変更
・Conversion windowを開くと他のwindowにフォーカス移動できない不具合修正



  1. 2012/11/03(土) 09:07:52|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ