HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

TenTec Transceiver 539

1-ArgoVIatTen-Tec-1024x579.jpg

Elecraft KX3と同じような10w Transceiverです。近日中に発売になるようですが、まだ正式発表はありません。
お値段も不明ですが、「$1,000以下?」とか言われていて、KX3と同程度になりそうです。
10w機で、不思議なことに12mがサポートされていません。KX3との違いでイチバン目につくのが操作パネルのシンプルさです。ただEagleと同じで、これが使いにくさに直接つながります。
KX3と逆に、本体と組合わせて使うsmall ampが一足先に発売されています。


スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 19:52:45|
  2. TenTec
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blogの模様替え

いつもご覧いただき有難うございます。

私は、現在HPを2ツと、Blogを2ツ運用しています。それぞれを使い分けてきたつもりですが、かなり重複していたりもします。HPは専用ツールを使って更新しています。歳とともに次第に面倒だなと思うようにもなってきました。
そんな事情もあって、今後は手軽に更新できるBlogをメインに運用したいと思います。
そのために、最近Blogのメニュー、画面デザイン等を「ちょこちょこ」いじっています。

  1. 2012/09/30(日) 17:34:38|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7T50I/P from AF-094

af094.jpg

今までも何度かチャンスがありましたが、やっとQSOできたつもり。相手の信号が弱くて全く自信ナシ。QSLカードが戻ってくれば儲け物です!

  1. 2012/09/29(土) 21:02:19|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 Digital modeを試す

KX3でDigital modeをチェックしてみました。
KX3とPCとのインターフェースは手持ちのSignaLinkを使うことにしました。SignaLinkとRadioをつなぐケーブルはRadio別に用意されていますが、あいにく手持ちのケーブルはFT857用です。そこでKX3用のケーブルを注文しました。また、従来SignaLink内部でRadioにあったジャンパを数本ピンに差し込む必要がありましたが、最近はRadio別に用意されたジャンパボードがあるのでこれも注文しました。モジュラージャックの左がピンに差し込んだKX3用のジャンパボードです。

signalink_jumper.jpg


Digital Mode時の接続は下図のようになります。今回買ったのはSignaLinkとKX3をつなぐ2本のケーブルです。
KX3のPhoneジャックを使ってしまうので、このままでは何も聞こえません。そこでヘッドフォンをSignaLinkのAuxジャックにつなぎます。また、KX3のマイクレベル、受信オーディオレベルを動かすと影響してしまうので、こちらは適当なところに固定し、後はSignaKink側でレベル調整したほうがいいでしょう。

kx3_digital.jpg


来月にせまったJA1NLX/VK4ですが、これでRTTYも運用できそうです。



  1. 2012/09/29(土) 17:00:17|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KDVR3 FWのバグ

K3のKDVR3をいじっていておかしな現象を見つけました。
KDVR3には、メッセージの録音、再生機能と、受信オーディオの常時録音、再生機能があります。本来はそれぞれ独立に動く仕様です。

受信オーディオの常時録音、再生は次のような仕様になっています。
・ AF RECボタンをホールドすれば録音開始、もう一度AF RECボタンをホールドすれば録音終了
・ AF PLAYボタンをホールドすれば再生開始、どれかのボタンをタップすれば再生終了

ところが、
・ 常時録音中にメーッセージ再生のMx(x=1~4)ボタンをタップしてもメッセージの再生をしない
・ 更に、これで常時録音終了になってしまう

という現象があります。
Elecraftに報告してFWのバグ対応リストにのせてもらいました。KDVR3を使われていたらチェックしてみてください。
  1. 2012/09/29(土) 06:21:00|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2C

3d2c_iotamarathon.jpg

昨日20m、今朝15mでQSOできたので、今日は他のバンドで探していました。
午前中から12mで聞こえていましたが弱くて呼べずに待機していました。更に悪いことにCW符号がメチャメチャ、場合によっては長点が殆ど短点になってしまって、かなり混乱していました。
昼過ぎからしばらく聞こえなくなっていましたが、この時間になって再び聞こえてきました。今度は信号も強く、CW符号もまともになりました。出始めを聞きつけたのですぐにQSOできました。
これでIOTA Marathonは3ポイントになったので、追っかけはオシマイ。
  1. 2012/09/27(木) 14:11:58|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2C

3D2Cが今日から運用を開始したようです。
私の興味は、
・ 彼らの免許がどのように、いつ頃発給されたのか?.....これは分かりませんねぇ~
・ IOTA Marathonのpoint稼ぎで3ツはやっておきたい.....早速14MHz CWでQSOできて目出度く1 point
・ KX3でのパイルアップの聞こえ具合.....なかなか良く聞こえます。KX3はノイズも少なく静かです。

KX3は全てJA1NLX/VK4用に接続してテスト中ですが、時々突然送信状態になってしまい、Key Errorがでます。色々調べましたが先日交換したL型プラグのケーブル処理のミスであることが判明。こういうことがあるので事前チェックが大事です。

  1. 2012/09/26(水) 20:36:42|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.42.0

近日中にLogger32 ver3.42.0がリリースされます。 2012/10/3 内容更新

いつもお願いしていることですが、Logger32は常に最新のバージョンにしてください。古いバージョンでのトラブルへのサポートは困難です。
更新の手順は次の通りです。
1) 現在のLogbookをadifでexport (これは万一の場合のバックアップ)
2) Logger32 Upgrade版であるlgr32upgradennn.zipをダウンロード (nnnはバージョンナンバ)
3) 解凍すると、Change.txt、Read.Me、Database.zip、Upgrade.zipが得られます。
4) 念のためChange.txt(変更内容)、Read.Me(更新の注意)をお読みください。
5) Database.zip、Upgrade.zipを解凍し、得られた全てのファイルを現在のLogger32フォルダに上書きコピー
6) Logger32を起動して更新されていることを確認
7) 通常はRecalcは不要です。

今回の変更内容は次の通りです。
1) メニュー変更があるので従来のja.dllは使えません。ver3.42.0対応のja.dll(1041.dll)をダウンロードしてください。
2) 新たな機能、機能強化
 a. Logbook entry window フィールドの移動にスペースキーも使えるようになった。従来はTABキーのみ
 b. DX Spot history windowが追加された。DX spotをクリックした履歴(Callsign、周波数)をテーブルに保存、表示する。(最大20spot) View/Show DX spot history
DX spot windowに表示されるspotの色表示を生かすには、Show clored DX spotにチェックします。

History_1.jpg

このテーブルに表示されたspotをクリックすればその内容がLogbook entry windowに反映され、Transceoverもその周波数にQSYします。

拡張機能として、spotがクリックされる直前のLogbook entry windowのCallsign、周波数を表示することができます。Show before DX spot tableにチェックする。例えば、spot Aをクリック、その後Transceiverの周波数をFxにQSY、更にSpot Bをクリックした時には周波数Fxも保存、表示される。

History_2.jpg

 c. Auto lookup DX spotをクリックした時のQRZcom、HamQTHの表示スピード改善
 d. IOTAの紙QSL onlyの扱いが変更になった。Worked/confirmed/creditedの色設定テーブルからPaper QSL only for IOTA confirmationが削除され、Worked/confirmed windowの設定メニューにPaper QSL only for IOTA confirmationが追加された。

IOTAconfirmation_1.jpg

IOTAconfirmation_2.jpg


 e. JCG award JCG 10007はJD/OかJD/Mのどちらかに含まれます。従来は、その扱いが必ずしも満足のゆくものではありませんでした。今回は、JD/O、或いはJD/MとのQSOに対し、自由に10007の指定ができるようになりました。
jcg_20121003.jpg

尚、Database maintenance画面で10007のcountryをOgasawaに変更している場合は、これをJapanに変更してください。


3) バグ修正
 a. MMVARI QPSKモード選択時、Aux、Sub windowの動作不具合修正 Thanks to JA2CKK
 b. QRZcom、HamQTH windowの表示不具合修正
 c. Logbook entry window IOTA欄の"?"をクリックした時、該当のQSOが全て表示されない不具合修正
 d. Previous QSO window BandMap、Tracking windowでDX spotをクリックした時、該当のQSOが表示されない不具合修正
 e. Worked/confirmed window BandMap,Tracking windowdeDX spotをクリックした時、現在のバンドが正しく表示されない不具合修正
 f. その他 省略
  1. 2012/09/26(水) 09:30:18|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早朝の散歩

DSCN0925.jpg

しばらく中断していた早朝の散歩を再開しました。季節もよくなって東京の朝の気温は20度前後です。桜並木の葉っぱもチラホラと色づき始めました。
  1. 2012/09/26(水) 08:15:50|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 Telnet接続

Logger32のデフォルトの接続先はK4UGAです。しかしこのところK4UGAがダウンしていて接続できない状態が続いています。
下記からその他の主な接続先のリスト、TelnetAddresses.iniをダウンロード、Logger32のフォルダにコピーすることにより、K4UGA以外の接続先を選択、接続することができます。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/Download.html
  1. 2012/09/24(月) 21:51:18|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

JA1NLX/VK4 from OC-160

DSCN0920.jpg

出発が近づいてきました。いつものように「全員集合」して最終チェックの開始です。持参する機材を全て接続、動作状態を確認、ケーブル類の過不足をチェックします。基本的にはこのままばらして梱包すれば忘れ物は無いはずです。
この他にもアンテナ関係がありますが、これは別途です。

JA1NLX/VK4 OC-160の運用予定は10/18~23です。ちょうどこの頃にP29VCX OC-103が運用の予定です。私にはNew候補のOC-103を逃がしてしまうのは勿論残念ですが、それよりも彼等への猛烈なパイルアプに近づかないように逃げなくてはなりません。予定している周波数からかなりずれて運用する可能性もあります。


  1. 2012/09/24(月) 14:30:45|
  2. JA1NLX/VK4_2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

2012/9/21
DSCN0919.jpg

久しぶりのペン画教室で、東京駅近くにある東京銀行協会ビルを描いてきました。この日は何度か雨で中断したせいもあって、家で描き直しました。
正面のちょっと古い感じの建物ですが、大正時代前半に建てられたものだそうですが、平成5年にその外壁だけを残して内側に近代的なビルが建てられました。


  1. 2012/09/24(月) 08:19:49|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画面を見やすくする

このページをを少しでも見やすくするために、背景の明るさを少しだけ落として、薄く色をつけてみました。また、記事の文字サイズも1ポイント大きなものにしてみました。
  1. 2012/09/23(日) 21:19:09|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN0918.jpg

久しぶりの水彩画教室で世田谷にある「次大夫堀公園民家園」に出かけました。この教室は春、秋に数回ずつ屋外のスケッチがあります。
こちらは、江戸時代後期の民家が3軒と、倉とか、酒屋とか、鍛冶屋とかの建物が保存されています。実は昨日も別の教室でスケッチに出かけましたが、雨が降ったり止んだりで散々でした。今日は雨にもならず何とか仕上げることができました。

  1. 2012/09/22(土) 20:09:24|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見やすい画面、見にくい画面

色々な方のHPとかBlogを拝見して大変気になることがあります。勿論内容の話ではなく、簡単に言えば画面の背景色(デザイン)と文字色の組み合わせのことです。
一般的に歳をとるほどに、見にくいものはますます見にくくなり、内容を読むことが「苦痛」になります。


・ 見にくいのは、背景色が真っ黒(これに星屑のような模様でもはいっていると最悪)で、文字色が白の場合
・ 見やすいのは、背景色が白(模様なし)で、文字色が黒の場合

gamen_test.jpg

また文字の大きさも、小さいより大きいほうがずっと見やすくなります。
私はいくつかのHPとかBlogのページを持っています。自分のページが見やすいのか、見にくいのかもう一度チェック、見直してみようと思います。

2012/9/22 追記
backlight_color.jpg

背景色を若干灰色にした場合、私には特に見にくい黒バック/白文字を太文字にした例です。太文字の効果は絶大です。背景、文字色のコントラストを若干おとしたほうが目には優しくなります。

  1. 2012/09/21(金) 06:47:42|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Z60K from Kosovo

z60k.jpg

やっと1ツQSOできて、OnlineLogでも確認できました。
New Contryになりそうというだけで、どうなるか分かりません。そのせいかどうか、パイルアップも若干おとなしい感じがしますが、隣国との火花がここでも、、、、、

  1. 2012/09/19(水) 20:02:12|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 使用感

ざっとではありますが、KX3の使用感をまとめておきました。今後も随時更新する予定です。

http://www.ne.jp/asahi/ja1nlx/ham/KX3.html

現時点で気になる、致命的な問題はないので、来月に予定しているJA1NLX/VK4 OC-160には、KX3/PA100Dを持参します。


  1. 2012/09/19(水) 12:05:32|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NA8O/VK4 from OC-142

FBに聞こえています。EUにも開いているようで盛んに呼ばれています。
OC-142は私が来月でかける予定のOC-160のすぐ南側ですが、その中の小さな島、Lady Elliot Islandからの運用のようです。
本土からは飛行機で行けますが、どうやら10人乗り程度の小型飛行機しかなさそうです。運が悪いと重量オーバー、個数オーバーで荷物を運んでもらえなくなる可能性があります。

OC-160のすぐ近くなので聞いていると何時ごろ、どの方面と開いているか分かって参考になります。
来年の予定もあるので、帰国されたら色々聞いてみたいものです。

2012/9/18 追記
調べてみると、この島に行くには10人乗り程度の小型飛行機に乗るしか方法がなく、1人最大10Kgまでの荷物しか運んでもらえないようです。せめて船でもあれば若干余裕があると思いますが、、、サンゴ礁に囲まれ船着場もないらしい。1人で行くのは無理、3人集まれば何とかなりそうですが。
  1. 2012/09/17(月) 16:23:39|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 到着

DSCN0891.jpg

9/11に発送されたKX3が今日到着しました。通関料、消費税合わせて2900円です。
注文したのは、KX3本体、専用マイクMH3、ルーフィングフィルタKXFL3ですが、その他にKXUSBを交換してもらったKX3シリアルケーブル、DCケーブル(プラグ付き)が同梱されていました。

DSCN0892.jpg

先ずは聞いてみようと電源、アンテナをつないで恐る恐る電源オン。聞きなれたK3並みには聞こえます。
来月のJA1NLX/VK4に持ってゆけるかどうか、これからしばらくテストします。

詳細は今後こちらに掲載してゆく予定です。
http://www.ne.jp/asahi/ja1nlx/ham/KX3.html
  1. 2012/09/15(土) 11:48:36|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TS-590 FW update

FW ver1.07がリリースされました。

http://www2.jvckenwood.com/products/amateur/hf_allmode/ts_590/ts590_update_j.html
  1. 2012/09/14(金) 22:12:08|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 Shipments and Deliveries

20120912.jpg

6/17に注文した私のKX3は無事にアメリカを出国したようです。
最新の推移はこのようになっていて、リードタイムは42日、完成品は6/20までの注文分、キットは7/31までの注文分が出荷済み、或いは出荷準備完了だそうです。

ということでこの話題はこれでオシマイ。

KX3関連の掲示板を見ていると、まだFWに組み込まれていない機能があったり、内蔵スピーカの歪、VFOダイアルを回した時のノイズ、逆サイドバンドの抑圧不足、放送波の混入等々、話題に事欠きません。
私はKX3をメインとして自宅で使うつもりはありません。移動先の運用に支障をきたすような問題、例えばTenTec Eagleで見られたRFI等は絶対に困る問題ですが、このようなことでなければさしあたって我慢できるでしょう。
出荷時期が遅くなるほど既知の問題がクリアされてくることでしょうから、どんな仕上がりになって届くか楽しみです。




  1. 2012/09/12(水) 15:08:45|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MFJ 4230MV

気になっていた電圧低下を再チェックしてみました。

・ DCケーブル① 手持ちのDCケーブルで某社製のTransceiverに附属していたものです。少し太めのケーブルでプラス、マイナス側1本ずつです。途中にFuseが入っていて長さ60cmほどです。
・ DCケーブル② PA100Dに附属していたものです。①と同じような太さですがそれぞれ2本ずつパラになっています。途中にFuseはなく長さは1mほどです。

電圧、電流はPA100D内蔵のデジタルメータで読みました。PA100Dの入力はK3の5W/14MHzとし、入力アッテネータはなしです。

PA100Dが待機状態で13.91V、①では12.16V/19.9A、②では13.37V/21.2Aとなりました。先日の簡単なチェックでは①を使っていました。

<結論>
電圧低下はMFJ 4230MVに原因があるのではなく、使用するDCケーブルの問題、大電流を流すには細すぎることが原因でしょうか。


2012/9/12 追記
ケーブル①を、負荷側コネクタはそのまま生かし、途中に入っていたFuseは使わないようにとケーブルを切ったら約20cmになりました。
これを使って同様のテストをしてみると、13.6V/20.9Aとなりました。どうもFuseの処理の影響で抵抗値が上がってしまっていたようです。Fuseはこんな感じで両端のキャップではさんでありました。

Fuse.jpg



  1. 2012/09/11(火) 11:03:36|
  2. Power Supply
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

VE2/VE3EXY from NA-177 ?

na177.jpg

spotにNA-177と流れただけで本人のアナウンスもなく、他に情報もありませんが、、、


  1. 2012/09/10(月) 21:21:01|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CheckIOTA ver3.00

CheckIOTA300.jpg

CheckIOTA ver3.00をリリースしました。
"New point !"が表示される時、従来はBeep音を機械的に再生していましたが、任意のwavファイルを再生できるようにしました。
本プログラムはLogger32と組合わせて動作しますが、興味のある方はお知らせください。サンプルのwavファイルも含めたファイルをお送りします。

IOTA Marathonのポイントはやっと300を超えました。既に銅賞は確保できましたが次の銀賞までは道程が遠いです。

CheckIOTAの詳細は下記をご覧ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/CheckIOTA.html
  1. 2012/09/10(月) 12:08:19|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 arrives soon

最新のShipping statusからみてもう少し先かと思っていましたが、Elecraftから注文内容確認メールが届きました。
すぐに返事をしておいたので、うまくすれば今月中には届きそうです。
10月のVK4行きに何とか間に合うかな?

2012/9/11 追記
発送した旨のメールがありました。早ければ今週、遅くと来週中には届きそう。
  1. 2012/09/08(土) 10:22:22|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN0876.jpg


2012/9/7
久しぶりの教室のスケッチで、三鷹にある山本有三記念館にでかけました。三鷹駅から歩いて7~8分、玉川上水沿いの閑静な住宅地の一角にあります。特徴のある建物ですが、今の時期は木々が茂って建物がなかなか見えません。
建物の裏手から、建物の一部だけいれ正面入り口方向を描いてみました。
今頃は蚊も多く蚊取り線香が必須ですが、秋にはそこそこ葉っぱもおち、色づく葉っぱもあったりで再挑戦したいと思います。


  1. 2012/09/08(土) 09:15:01|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

2012/9/5
と思って、聖路加看護大にあるトイスラー記念館に行ってみました。スケッチファンにとって有名な建物の1ツです。私は写真でしか描いたことがなく、現地で是非にと思ったのです。
行ってみてビックリしました。建物のまわりが木々に囲まれ、建物のすぐそばで木々の隙間からしか見えません。既に10人ほどのグループがほぼ横1列になって始めていました。
私は、頭の中にあったイメージ(手前の芝生の庭からゆっくりと眺める)と全く違っていました。もう描く気がなくなってしまい、そのまわりをウロウロしましたがいい場所がありません。

sumidagawa.jpg

このすぐ側は隅田川です。気を取り直して川沿いを少し歩いてみました。いい場所があれば描いてみようかと思ったのですが、あまりの暑さでクラクラ。この写真だけパチリとやって引き上げました。
写真の橋は佃大橋、1ツ上流に中央大橋があります。


2012/9/8 追記
写真を見ながら描いてみましたが、、、

sumidagawa_2.jpg





  1. 2012/09/06(木) 09:05:29|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MFJ 4230MV

DSCN0868.jpg

MFJ 4230MVを買いました。
今まで使ってきたMFJ 4125は連続22A、最大25Aですが、こちらは連続25A、最大30Aとなっています。大きさは若干小さくなり、重さは1.54Kgとほんの少し重くなりました。出力端子は同じものが使われていますが背面に移りました。勿論100/200Vがスイッチで切替可能です。
FANは、常時低速で回っていますが、温度上昇で高速回転になります。また、前面に電圧、電流計がついています。200wのTS480HXには無理ですが、PA100Dクラスの小型アンプ用には最適かと思って、、、

PA100Dに接続して簡単なテストをしてみました。出力電圧を13.94Vとして18Aほど流した時に1.7Vほど低下します。
ほぼ同じテストをした時、PM45NFでは0.4V、MFJ4125でさえ1V程度なので少し悪いのが気になります。

メータが付いたり、付かなかったりとか、出力端子の形状が違うとかはありますが、QST等によく広告がでているPower WerxのSS30DVにそっくりです。

HROから買いましたが、8/29に注文して9/4の夕方に到着しました。

  1. 2012/09/04(火) 21:02:22|
  2. Power Supply
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

DSCN0867.jpg

2012/8/31
久しぶりのスケッチ、昨年も出かけた駒場公園内にある旧前田邸です。ここは建物を囲む木々が多くて建物がよく見えるポイントが限られます。ということで昨年と全く同じ構図になってしまいました。
幸いなことにずっと木陰で過ごすことができましたが、暑くて、暑くて。終了後はこのお屋敷内にある喫茶室で一休みすることができました。
  1. 2012/09/01(土) 18:15:42|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0