HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

RW0BG/9 from AS-109

as109.jpg

相手の応答が確実にはとれなかったので全く自信がありません。


スポンサーサイト
  1. 2012/08/30(木) 20:06:08|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 Shipments and Deliveries

kx3_20120830.jpg

最新の進捗状況です。
Lead timeが60日から42日となっています。私が注文したのは6/17ですが、この頃は完成品のほうの進み方がよかったので完成品を注文しました。しかし最近はこれが逆転し、キットを注文していれば、今頃は「お知らせメール」をもらっていたかもしれません。いずれにしてももう少しです。
  1. 2012/08/30(木) 13:07:36|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E51AND from OC-124

oc124.jpg

突然spotにupされました。弱いながらはっきりと聞こえています。まだあまり呼ぶ人もなく簡単にQSOできましたが、貰ったリポートは「51」 
その後もしばら聞いていましたが、聞こえていないのに呼んでいるとしか思えない人がいます。みんな聞いていますよ。

  1. 2012/08/27(月) 15:55:59|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

各社の新製品

・ TS990
なんとまあ、凄いものを作りました。性能はともかく、噂される値段(意外に安い?)であったとしても買う気がおきません。
まるでデスクに金庫を置くみたいです。

・ IC7100
「電子辞書」みたいですね。タッチパネルにも魅力を感じません。これで200wなら少しは、、、

・ FTDX3000
何かを買い換えると言っても、、、魅力なし

・ KX3
これは6月に発注済み。当初は10wじゃ海外に持ってゆけないしと思っていたのが、小型、軽量アンプと組合わせれば使えそうです。得失はあるもののダイレクトコンバージョンにも興味があります。

  1. 2012/08/27(月) 07:58:46|
  2. Radio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 Shipments and Deliveries

kx3_20120824.jpg

この1ケ月近くの推移です。(Shipments and Deliveriesのページを抜粋)
例えば、8/24発表では、「完成品は5/11、キットは5/30までの注文分については、間もなく発送の確認メールを送ります」となります。
私は、6/17に完成品を注文しました。この推移でゆけば来月にはこのお知らせメールが届きそうです。ただ10月半ばに予定しているJA1NLX/VK4に間に合うかどうかは微妙です。


  1. 2012/08/25(土) 06:36:02|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CheckIOTAPlus

CheckIOTAPlus.jpg

通常のIOTA稼ぎのためのツールです。
・ Logbookのadifを読んで現在のworked、confirmedのトータルを表示
・ Logbook entry windowに入力したIOTAがNewであれば、"New IOTA"と表示します。同時にworkedのトータルをカウントアップします。
・ Worked、confirmedに変化があった場合は、最新のLogbookのadifを読ませることが必要です。

他にもいくつかユーティリティプログラムをリリースしています。下記をご覧ください。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/

  1. 2012/08/24(金) 15:13:23|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CheckIOTA ver2.97

CheckIOTA_v297.jpg

・ 背景色、文字色を任意に設定できるようにしました。
・ 同時に2ツ以上のCheckIOTAを開けないようにしました。

お知らせいただければファイルをお送りします。


  1. 2012/08/24(金) 15:04:03|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Juma PA-100Dのデータ

juma_imd.jpg

Juma PA-100DのIMD特性が掲載されています。
90w出力時の3rd order IMDは-37dBとなっています。
一方、先日発売開始となったTenTec 418は、-30dBと仕様に記載されています。

http://www.nikkemedia.fi/juma-pa100/juma-pa100-imd-measurements.html

  1. 2012/08/24(金) 07:15:26|
  2. Small Amp
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

IOTA activiators' marathon

私が今夢中になっているのは、IOTA chasers' marathonです。これはこちらがIOTA IslandとのQSOでポイントを稼ぎます。
IOTA marathonにはもう一つ、IOTA activiators' marathonがあります。こちらは自分がIOTA Islandから運用してポイントを稼ぎます。
私は3月に3D2YA OC-156を運用して5000強のQSOができました。運用するIOTA、QSO数でポイントが決められていますが、これで30ポイントになります。
10月にはJA1NLX/VK4 OC-160から運用する予定です。1000 QSOできたとすると22ポイントになり、3D2YAの分と合わせると52ポイントになります。これだけでSilver awardを貰えそうです。
来年も何処かへ出かける予定ですが、今年並みにポイントが稼げれば100ポイントで貰えるDiamond awardも夢ではありません。
勿論本拠地であるAS-007からの運用もポイントになりますが、余りにも雑魚すぎて1000 QSOで1ポイントにしかなりません。

  1. 2012/08/20(月) 20:21:34|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA 免許更新

その後全く進まなくなってしまいました。
現在3D2の免許取得には2ツの壁があります。

・ 免許申請にPolice clearance reportの提出が必要なこと
・ うまくPolice clearance reportが取得できて申請したとしても免許発行がストップしていること

私の場合は前者の壁で頓挫しています。Police clearance reportは警察が発行します。警察ですぐに発行されたケースもあるようですが、私は「発行の基準にないので外務省から手配書をもらうこと」と言われました。外務省は「フィジーの然るべき機関から正式なレターをもらうこと」と言われました。
3D2の免許発行はTAFで行われているので、ここに「正式なレターを送ってよ」とお願いしたきり、何の連絡もありません。

後者の壁ですが、政府のかなりの権限を持っている部署(人間?)の最終許可が得られず、現在免許発行が事実上ストップしているようです。
しかし、一方ではこの秋に運用が予定されている3D2Cのような例もありますので、どうなっているのかさっぱり分かりません。何と言ってもまだ軍事政権下ですから。

3D2の運用計画をお持ちの方は、しばらく事態が好転するのを待ったほうがいいでしょう。


  1. 2012/08/19(日) 14:25:03|
  2. DX Vacation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VA7AQ/NL5 from NA-161

na161.jpg

事前の情報とおりに聞こえてきました。
信号が上がってくるのを待ってから呼びましたが、皆さんQSO済みなのか比較的容易にQSOできました。
情報では他のcallsignによる運用もあるようですが、まだspotにもupされていないようです。

同じ時間帯にN7Lが聞こえていました。
NA-043とspotにupされたのでQSOしましたが、どうも単なるLighthouse記念運用のようです。残念、、、

  1. 2012/08/18(土) 15:42:05|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JA1NLX/VK4 from OC-160

下記の予定で運用します。 2012/9/30 更新

・ 2012/10/18~10/23
・ Hamilton Island、QLD、Australia IOTA OC-160
・ Band、Mode 7~28MHzのIOTA Frequency付近、メインはCWですが可能な限りSSB、RTTYも運用。IOTA Marathonを意識してサービスします。同一バンドでの重複はご遠慮ください。
・ Transceiver KX3/PA100D
・ Antenna Random wire/Radials、或いはLoop いずれもZ11Proで整合をとる。今回の宿泊先は19階建てホテルの最上階です。バルコニーに釣竿設置の許可を貰いました。

QSLの扱い等について
・ 帰国後にLogをLoTWにuploadします。
・ 可能であれば毎日、ダメな場合は帰国後にLogをClubLogのOnline Log Searchにuploadします。

・ QSLは以下の方法で扱います。via JA1NLX、PayPalの送金宛先は私のメールアドレス
 a) SASE $2.00或いは1 IRC 勿論80円切手を貼った返信用封筒を同封していただければそれで結構です。
 
ClubLogのOnLine Log Search画面からOQRSで請求することができます。
 b) OQRS Direct $3.00をPayPal経由で送金してください。宛先を明確にしてください。(PayPalオプションのメール使用)
 c) OQRS Buro QSLカードをBurro経由で送っていただく必要はありません。PayPalへの送金も不要です。こちらからはGlobalQSLから各Buroに発送します。過去の経験では到着まで1~2年かかります。
前回までは全てのQSOについてこちらからBuro経由でお送りしましたが、諸般の事情で請求のあったものについてのみお送りします。



  1. 2012/08/16(木) 11:20:56|
  2. JA1NLX/VK4_2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.41.0

Logger32 ver3.41.0がリリースされました。

ダウンロードはこちら

ver3.41.0対応のja.dll(1041.dll)はこちら
ver3.41.0対応の日本語ヘルプはこちら
  1. 2012/08/15(水) 14:44:45|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LA6Q from EU-056

eu056.jpg

こちらは夕食後の18MHzでFBに聞こえていました。あまり混雑もなくすんなりとQSOできました。
  1. 2012/08/14(火) 20:43:38|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VU7M from AS-106

as106.jpg

昨日から聞こえ始めたようですが、信号が弱くてなかなか呼ぶチャンスがありません。
少し上がったところで呼びましたが、またすぐに落ちてしまって殆ど自信がありません。
8/22までの運用予定なので、もう一度何処かで確実なQSOを!
  1. 2012/08/14(火) 17:39:19|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Small amp by TenTec

JW_018_141_12webfxzzz__41729_std.jpg

TenTecから100W amp、418が発売になりました。間もなく発売されるQRP Transceiver 539と組合わせて使うことを想定しています。

PA-100Dとの単純な比較
・最大出力: PA-100Dは120~180W(実測値)、418は100W
・重さ: PA-100Dは1.2Kg、418は2.45Kg

  1. 2012/08/11(土) 07:41:30|
  2. Small Amp
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 受信性能

SherwoodによるReceiver Test DataにKX3が追加されています。この「小箱」が堂々のトップです。

http://www.sherweng.com/table.html

  1. 2012/08/11(土) 07:28:54|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Juma PA-100Dのテスト

pa100d_20120811.jpg

14~28MHzで実際のアンテナ(3el SteppIR)をつなぎ入力/出力の関係をチェックしてみました。PA-100Dは24A以上で保護回路がはたらきST-BYモードにおちること、ハイバンドのほうが大きな電流が流れること等から、24MHzと28MHzのみ入力に2dBのアッテネータを入れてあります。
これで見ると、入力が4W程度で14MHz、21MHzが140W以上、24MHz、28MHzが100W強となりますが、何故か18MHzのみがゲイン不足で取り残された感じです。

入力を7Wとした時の電流値は次のようになりました。
14MHz/22.2A、18MHz/14.5A、21MHz/19.8A、24MHz/23A、28MHz/24.5A。 24MHz、28MHzでは保護回路が働く寸前です。

全体的には、入力4W、24MHz、28MHzのみ2dBのアッテネータを入れる設定で使っていれば問題はなさそうです。

このFWには次の問題があります。
・ バンド切替を自動モードにすると電流保護回路が働くことがある。
・ 外部にATUがあり、それのチューニング時にSWR保護回路が働くことがある。
前者は、バンド切替は手動でやる、後者はATUのチューニングをとる時は電源オフにしておくことで逃げられます。

2012/08/11 追記
Dipoleを接続して7、10MHzのグラフを追加しました。10MHzは18MHzに似た傾向が見られます。
入力7W時の電流は、7MHz/18.8A、10MHz/20.4Aとなりました。

入力7Wとした時の出力、電流の関係は次のようになりました。黄色が出力、青色が電流です。

pa100d_20120811_2.jpg





  1. 2012/08/09(木) 18:27:58|
  2. Small Amp
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.41.0

近日中にLogger32 ver3.41.0がリリースされます。ver3.40.43以降の変更内容は、下記に掲載しました。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/Logger32.html
  1. 2012/08/09(木) 08:23:16|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Loop Antenna

loop_20120808.jpg

現地での作業が簡単になるように少し工夫をしました。
・ エレメントワイアを2本に分け、釣竿先端付近で接続できるようにしました。。意味はありませんが6.5mを釣竿に沿わす分、7mを釣竿先端近くから引き下ろす分としました。エレメント長は約13.5mとなりました。
・ 水平エレメントを沿わせるためのロープを手すり近くに張ります。

実際のバルコニーの形状次第ですが、こうしておけばごく短時間でLoop antennaを展開できそうです。イチバンの問題は釣竿が安全、確実に固定できるかどうかですが。

念のため、手持ちのMFJの手動チューナーでも整合がとれることを確認しました。SWRチェックはAA-30を使います。通常はある周波数範囲をスキャンさせて共振周波数を見ますが、今回はある周波数でのSWR最小値を見ることで整合状態を確認します。
勿論Z11Proを使えば、整合は自動でやってくれるので面倒なチェック無しです。

  1. 2012/08/08(水) 12:02:00|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 Shipments and Deliveries

8/7に更新されたShipping statusによると、KX3-Fは4/3までの受注分を準備中となっています。
最近はこのページから目を離せなくなってきました。
  1. 2012/08/08(水) 07:32:56|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Juma PA-100Dのテスト

先日Juma PA-100Dのキットを購入し、「組立屋さん」に回っていたのが完成して送られてきました。大変小型で軽量です。

DSCN0863.jpg


早速各バンドで入力/出力をチェックしてみました。テストの条件は次の通りです。
・電源はPowerMax 45NF
・PA-100Dの出力側はダミー接続、入力側はK3出力を接続。但しK3 ATUはバイパス
その結果は下図のようになりました。

PA100D_20120805.jpg

・入力が3Wもあれば、出力110~150Wが得られます。
・3.5MHzの場合、入力7Wで、28MHzの場合、入力5W以上で電流制限が働き出力が遮断されます。(24A以上で遮断)
・入力のアッテネータで各バンドの出力を調整できます。(0、-2dB、-4dB、-6dB)
28MHzでは-2dBのアッテネータをいれ、入力5Wで出力135Wが得られます。
・温度検知でファンが回りますが、回っても大変静かです。

使用したPowerMax 45NFの出力特性は優秀で、無負荷時の電圧は13.88V、最大20A流した時で13.42Vです。MFJ 4125ではこの電圧低下は1Vあります。
K3のATUはバイパスしてテストしましたが。K3で表示されるSWRは、3.5/1.2、7/1.4、10/2.0、14/1.4、18/1.1、21/1.2、24/1.8、28/1.2となりました。
PA-100Dの送受切替は外部制御が必要です。今回はK3のKey OUT出力を使いました。またバンド切替は手動、自動モードがあります。自動モードは入力の周波数検知により切替が行われますが、時々電流制限に引っかかることがありました。

私はKX3でこのPA-100Dをドライブする予定です。このところKX3の出荷ペースが急激に上がっていて、遅くとも9月には到着しそうな状況です。事前に十分テストできれば次回のDX Vacationに持参したいと思います。

(追記)
1) 上記の出力はPA100D内蔵のパワー計の読みです。較正の確認はしていませんが若干高めの値になっているようです。
2) K3のATU、アンテナ系に入れたATU (例えばZ11Pro)のTuning時にHigh SWR検知で出力が遮断されることがあります。ATUの使い方に注意が必要です。
  1. 2012/08/05(日) 10:52:08|
  2. Small Amp
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

F4BKV/P from EU-107

eu107.jpg

予定通りに運用を開始したようですが、spotにupされても昨晩は聞こえずに終わりました。
今朝は14MHzで聞こえていましたが、まだノイズレベルすれすれで、しばらく待機。少し上がってきたところで呼び始めましたが、なかなか応答がありません。半ば諦め気味で呼んでいたら応答があり、何とかQSOできました。
  1. 2012/08/05(日) 08:03:50|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Loop Antenna

Loop_20120803.jpg

以前少しだけテストしたことがありますが、あらためてLoop Antennaをテストしてみることにしました。
このAntennaのいいところは、アースが不要なこと、比較的整合が取りやすいことです。

ホテルのバルコニーからワイアを軽く巻きつけた5.4mの釣竿を突き出し、その根元側のワイア先端をZ11ProのANTコネクタのホット側に接続。釣竿の先端付近からワイアをバルコニーの手すりまで斜めに引きおろしてそのワイア先端をZ11Proのアース端子に接続する想定です。この時のワイア長は約14mとなりました。
これで7~28MHzまでSWRが1.5以下に整合がとれます。

ワイア長を10mにして同様のテストをしてみましたが、バンドによる整合具合に若干の違いはあるものの、やはり7~28MHzでSWRが1.5以下となります。
現地のバルコニーの横幅がどの位あるのか分かりません。現地でワイア長を若干いじる必要があるかも知れません。

今日は地上でのテストでしたが、次回は家のベランダでテストしてみることにします。
  1. 2012/08/03(金) 16:11:26|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX3 Shipments and Deliveries

7/25にチェックした時は、2/8までの受注分を準備中となっていました。
今朝チェックすると、3/3までの分を準備中とあります。
この1週間ほどでおおよそ1ケ月分進んだということになります。このペースでゆくと4週間で4ケ月先までの受注分まで順番が回ってくることになりますが、、、、

またLead timeが90~120日とあったのが60日となっています。

http://www.elecraft.com/elecraft_shipping_status.htm
  1. 2012/08/01(水) 07:10:32|
  2. KX3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0