HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Logger32 掲示板

都合によりLogger32 掲示板を閉鎖しました。
Logger32関連のご質問はメールでお願いします。必ずcallsignを書いてください。

また、Yahoo GroupsにLogger32関連のMailingListがありますので、こちらもご利用ください。場合によっては開発者から直接回答をもらうことができます。

http://groups.yahoo.com/group/hamlogger/
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 08:12:52|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

W5IG Cool Transmitter

ビックリ!

http://www.youtube.com/watch?v=neHreW-PNtw
  1. 2012/04/29(日) 07:07:17|
  2. Radio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

2012/4/20 和田倉門 噴水公園 (ペン画淡彩風景画教室)
折角の噴水公園なので噴水を描きましょうという講師の指導。現場では見事に失敗。早速「秘密道具」を買って、描き直しました。

funsui.jpg


2012/4/21 横浜 山手イギリス館(淡彩スケッチ教室)
何度か描いたことのあるイギリス館。今日はペンは使わずに鉛筆によるデッサンの後で色づけしました。

igirisu_kan.jpg


2012/4/24 自宅の庭で
家の玄関ドアのすぐ側から向かいの家々を眺めつつ、満開の花々を近景にいれてみました。

mankai.jpg


  1. 2012/04/25(水) 14:01:03|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVR(Digital Voice Recorder)を使う

私の現用TransceiverであるK3、TS-590にオプションのDVRユニットを組み込みました。それぞれKDVR3、VGS-1という呼び方ですが機能は殆ど同じです。
共通する機能は、
・メッセージを録音して再生する。これはSSB用ですが、マイクに向かって怒鳴りまくる(?)必要がなくなります
・常時、受信音声を録音して再生する。QSOをログに保存したタイミングでボタン操作すれば、TS-590の場合で最大30秒前からの受信音声を録音して再生することができます。特にノイズレベルすれすれの珍局とのQSO確認に便利です。

私はLogger32のCW Machineに常時録音用のマクロを組み込んでみました。

$logimmediate$$command K31;swh15;$|$command LM52;$

$logimmediate$は、QSOをログに保存
$command K31;swh15;$は、K3用の常時録音スタート
$command LM52;$は、TS-590用の常時録音スタート
"|"は、K3、TS-590のマクロ切替記号

QSOをログに保存と同時に常時録音をスタートさせます。勿論、別々に制御させてもいいのですが、こうやっておけば録音忘れがなくなります。
  1. 2012/04/25(水) 13:11:50|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TM1F

tm1f.jpg

EU-095からの運用です。
たくさんのspotがEU方面からupされますが全く聞こえません。先日のYW5PIと同様、聞こえないことには何もできません。
4/25までの運用予定とか。
  1. 2012/04/24(火) 06:38:20|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40A 電源 (2)

TS-480HXと組合わせて使う40A電源をテストしています。
出力電圧の安定度は抜群に良くて、無負荷で13.68V、受信時が13.68V、100W送信時が13.61V、200W送信時が13.59Vとなります。
FANは通常はオフ、一定温度でオンになりますが、大変静かです。FANがオンになるのはTS-480HXのほうがずっと早いです。
問題となるようなノイズは今のところ気づきません。

この電源は100V、200V切替で使うことができます。前述のように内部のボード上で2ツのピンをジャンパーで接続すると100V入力、ジャンパーを外せば200Vとなります。
このピンは幅が5m/m程の板状のピンですが、ちょうどこのコネクタのピンがピタリとあいました。もう一つは、イギリスの友人がわざわざ作って、送ってくれたものです。

jumper_pin.jpg

jumper_wire.jpg


イギリスの販売店から直接購入しましたが、送料込みで133ポンド程でした。日本円に換算すると約18K円となります。その上、比較的小型(TS-480HX本体とほぼ同じ、若干小さい)、重さが1.9Kgと軽いのが魅力です。

  1. 2012/04/22(日) 08:09:05|
  2. Power Supply
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

QSTに掲載された広告

QST_May.jpg

QST 5月号の裏表紙にこんな広告が掲載されました。DaytonにTS-990を数台(?)運搬中だそうです!
  1. 2012/04/22(日) 06:22:42|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YW5PI

yw5pi.jpg

SA-048からの運用です。今朝は14、21MHzにspotが集中しています。
21で時々JAが呼んでQSOしていますが、こちらには殆ど聞こえません。
4/23までの運用予定ですが、こちらにもチャンスが巡ってくるかな?
  1. 2012/04/20(金) 07:21:21|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS-990 Kenwoodから正式発表

KenwoodからHAMVENTIONでTS-990を参考出品するとの発表がありました。
"、、、当社アマチュア無線機のトップエンド、最高級実戦機" だそうです。

http://www2.jvckenwood.com/newsrelease/2012/20120418.html
  1. 2012/04/19(木) 21:34:58|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RV3EFH/0 from AS-042

as042.jpg

このところ何度かspotにupされていましたが、初めて信号を聞きました。事前情報もなく半信半疑ですが何とかQSOできたように思います。さてQSLカードは本人宛かな?
  1. 2012/04/18(水) 21:31:29|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VK8BI from OC-185

oc185.jpg

事前情報をもとに待ち構えていたらCQが聞こえてきました。他に呼ぶヒトもなく簡単にQSOできました。彼にとって1st QSOだと言ってました。
天気が悪く他のバンドのアンテナは明日とも言ってます。久しぶりのNew IOTAです。

  1. 2012/04/18(水) 17:08:53|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

2012_4_14.jpg

近所の公園で桜並木をパチリ。それを見ながら1枚描いてみました。
  1. 2012/04/17(火) 14:05:39|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の桜

yaezakura.jpg

我が家の鉢植えの八重桜がやっと咲きました。いつも周辺の桜より少し送れて開花します。今年はたくさん咲きました。

  1. 2012/04/16(月) 11:11:31|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

New Radio ???

attachment.jpg


特に感想はありませんが、、、

http://www.cqdx.ru/ham/new-equipment/chienese-answer-to-elecraft-kx3-version/
  1. 2012/04/14(土) 06:32:32|
  2. Radio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.40.0

近日中にver3.40.0がリリースされます。

・内容はこちらに掲載しました。
・従来のja.dllは使えません。ver3.40.0対応版を使ってください。

  1. 2012/04/12(木) 22:51:37|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Buddistick+傾斜ラジアル テスト(2)

GPTest_2.jpg

昨日の雨もあがって朝からいい天気になりました。

今回は原点に戻って、各バンド2本ずつの1/4波長ラジアルを用意し、最大5mになるBuddistickの長さを変えるとともに、各バンド用のラジアルに張り替えることにしました。
各バンド専用の、所謂GPになり、フルサイズですから14~28MHzで良好な共振特性が得られます。給電点までの高さが1.2m前後、ラジアルの傾斜は大よそ30度前後、各バンドの最小SWRは1.1~1.2程度になります。
垂直エレメントはベース近辺にローディングコイルを入れれば3.5MHzまではカバーできますが、何と言っても所定のラジアル長を確保するのが大変です。

ワンタッチでバンド切替という訳にはゆきませんが、滞在場所が浜辺で、場所が確保できれば使ってみたいアンテナです。
  1. 2012/04/12(木) 14:00:04|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

売ります

1) IC-706MKⅡ 売却済み 4/17
中古の動作品です。オプションフィルタFL101(250Hz)/FL232(350Hz)内蔵、DCケーブル、マイク、取扱説明書が付きます。元箱にいれてお送りします。

ic706mk2.jpg



2) ICOM PS-125 DC電源 売却済み 4/17
新品で購入した100W機対応電源です。専用DCケーブル、ACケーブルが付きます。元箱にいれてお送りします。着払いでお送りします。送料はご負担ください。

ps125.jpg

3) IC-756Pro 75K円
中古の動作品です。本体に取扱説明書を付けてお送りします。元箱はありません。着払いでお送りします。送料はご負担ください。


4) Gamma Research社の小型DC電源、HPS-1a 売却済み 4/17

定格は以下の通りです。

・ 入力 100-250V AC
・ 出力 13.8V DC +/- 5%、連続5A、25% duty cycleで22A
・ 重量 600g以下

手持ちの100W機のテストではCW 100Wは無理ですが、50W以下であれば実用上問題ありません。但しSSBの場合はテストしていません。

hps1a-013-800.jpg


問い合わせは直接メールでお願いします。

 
  1. 2012/04/11(水) 15:47:37|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS-990 いよいよ登場か?

何故か海外からニュースが伝わってきますが、TS-990(但しKenwoodは機種名は未決定?)が今年のDayton Hamventionで発表されるようです。
一方国内では、某ショップの、「まだ何もニュースがない、機種名も決まっていないらしい」程度の情報しかありませんが。

http://www.radiocronache.com/2012/04/p3814

http://qrper.com/2012/04/price-size-and-availability-a-kenwood-ts-990s-update
  1. 2012/04/09(月) 07:47:37|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜が満開です

2012_hanami.jpg

今年は地元の恩田川沿いにでかけました。この辺りはほぼ満開で、日曜日の午後ということもあって結構な人出です。

  1. 2012/04/08(日) 17:26:29|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

フィジーから帰ったあとで描きました。
横浜の山手エリスマン邸は昨年秋にも一度でかけました。まだ木々の葉っぱがたくさん残り、建物の全景がよく描けなかったので、再挑戦しました。朝のうちはいい天気だったのに、昼ごろからは小雨。止む無く途中で退散しました。

erisumanntei.jpg


昨年秋からは地元の教室にも通うようになりました。今回は初めての野外スケッチで、地元の「ひなた村」にでかけました。こちらの教室ではペン画淡彩ではなく、鉛筆のデッサンに直接色づけする方法で教わっています。桜が満開できれいですが、スケッチするとなると、、、、

hinatamura.jpg


  1. 2012/04/08(日) 17:23:16|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A35XG

昨日は全く聞こえず心配していましたが、夕食後の18MHzでFBに聞こえていました。
この時間はEU方面にもオープンしているようでしたが、遠慮しつつ合間にQSOできました。
運用は4/9までの予定です。

  1. 2012/04/05(木) 20:09:58|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の雷門

kaminarimon_2.jpg


2012/04/02
昨日の東京は大嵐でしたが、その前日、浅草で昔からの友人達との集まりがありました。
昔、大騒動があった地区の真ん中にある居酒屋(14時からやっていて昼間でも大賑わい!)でいっぱいやった後、これも昔は賑わった”xx地区"を通って雷門まで歩いてきました。さすがに夜はあまり人も多くありません。この後はすぐ近くの"神谷バー"で仕上げのいっぱい。
往きは、町田→新宿→神田→上野→南千住、帰りは浅草→上野→霞ヶ関→町田。遠い、遠い!

  1. 2012/04/04(水) 09:04:07|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40A 電源

psu.jpg

殆ど馴染みのないWatson Power-Max-45-NFをイギリスのショップから購入しました。Watsonという名前も聞いたことがありませんが、ケースに貼られたシールに"Made in Taiwan"と書かれています。
この電源は連続40A、ピークで45Aとれる仕様ですが、重さは1.9Kgしかありません。この軽さが購入の動機です。
大きさは、TS-480HX本体とほぼ同じですが奥行きが小さくなっています。

100/200切替可となっていますが、この切替に関しては、たった1枚の説明書にも全く説明がありません。イギリスの友人経由でショップに確認してもらいましたが、ボード上にある2ツのピンをショートすればいいらしい(?)ことが分かり、恐る恐るやってみたところ、正常の出力電圧が出ました。

もう一つ電流メータのスケールが上下に2ツ書かれています。他の機種でも同様ですが、これもショップに聞いてもらいました。何とショップでも"分かりません"とのこと。
200w出力時、上のスケールでは50A弱、下のスケールでは40A程度と読めます。TS-480HXの仕様は41A以下となっているので下のスケールで読むのかな?

その後調べたら、このメータは60AとれるPower-Max-65-NFと共用しているようです。まあ、安い電源なのでこれは納得。

ダミーで200w出力も確認できました。ノイズが問題にならないか、安定性に問題ないかしばらくテストしてみることにします。
  1. 2012/04/03(火) 11:52:23|
  2. Power Supply
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外運用に持ってゆきたい200w機

ts480.jpg

今まで私が海外運用に持っていったTransceiverは、FT-857、K2、Eagleで、FT-857をメインで使ってきました。いずれも100w機で小型、軽量です。その中でもFT-857がイチバン小さく、軽量ですが、最大の欠点は操作性が悪いことです。
一方では、少しでもパワーアップしたいという欲望もあって、一人で持ち運べる範囲のパワーアップ策を模索してきました。
パワーアップには手持ちの100w機に小さなアンプを追加するか、200w機にするかの選択肢がありますが、全体のかさばり具合から言えば200w機がベターです。
私の知る限り、小型の200w機といえばTS-480HXしかありませんが、運よく中古品を手に入れることができました。

次なる問題は電源です。
40Aとれる電源を注文しましたが、次の方法もいいかも知れません。
手持ちのMFJ-4125、格安のS-400-12を使ってしばらくテストしてみることにしました。S-400-12はEagleとの相性が悪く、猛烈な回り込みに悩まされた経験もあります。(でもTenTecのオプション電源の中身をみたら同じ系統のS-350-12だったのにはビックリでしたが、、、)
この組み合わせで、とりあえず200wが出ることが確認できました。また、これならどちらかの電源が壊れても、最低100wは確保できます。
  1. 2012/04/01(日) 10:48:12|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0