HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Bravo-5 (3)

Bravo-5x_small_2.jpg

Bravo-5は分解しても1m弱の長さがあるのでスーツケースに入りません。そこでこのような改造(?)を考えてみました。
垂直エレメントは約2.7mのワイアとし、これを5.4mの釣竿に沿わせます。その下部にBravo-5のRelay Boxを縛り付けます。ラジアルは約1.4mのワイアとし、これを斜めに引きおろしてステー兼用にします。
N6BTが見たら目をむくかも知れませんが、これなら殆どBravo-5に傷をつけることなく同じようなモノ、Bravo-5xが出来そうです。5.4mの釣竿は縮めれば約60cmなのでスーツケースに入ります。またずっと軽くなります。さてさて上手くゆくかどうか、、、
スポンサーサイト
  1. 2011/07/31(日) 21:27:10|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IOTA Contest 2011 (2)

IOTA_2011.jpg

もっぱらnewばかり相手にしたIOTA Contestも間もなく終了です。ちょうどきりのいいところまでいったのでこれで終わりにします。XM2Iはcontest直前のQSOです。
なかにはcallを100%正しくとってもらえていないQSOもありそうですが、workedが大台にのりました。それにしても弱い信号との戦いで疲れました。

IOTA_2011_2.jpg


  1. 2011/07/31(日) 20:30:40|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ST0R

st0r.jpg

やっと1ツできました。10KHz up位のところで拾ってもらいました。やれやれ、、、

2011/07/31 追記
Online Logで確認できました。一安心

  1. 2011/07/30(土) 16:24:54|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SA6G/7 from EU-137 他

eu137_eu162.jpg

昨日の夕方、外出する直前にQSOできたSA6G/7と、今朝QSOできたRA1QQ/1。
IOTAコンテスト直前のためか、私にとってのNew IOTAが次から次にspotにupされます。
  1. 2011/07/30(土) 09:59:30|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bravo-5 (2)

7/13に注文したBravo-5ですがその後何の連絡もないので何度かメールで問い合わせました。やっと返事がきて曰く、「ごめん、ごめん。メールのトラブルで、、、Bravo-5は間もなく発送します」 まるで何かみたいな内容でしたが、、、
よっぽどのことが無ければ今回は持参するつもりがないので、別に急ぐ必要はなにのですが。

2011/07/30 追記
その後、「発送した。8/3に到着予定」とのメールがあり一安心です。

2011/08/04 追記
8/1には成田に着いたようですがまだ到着しません。こうなると待ち遠しいものです、ハイ

  1. 2011/07/29(金) 14:48:18|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ST0R

相変わらずあちこちで凄いパイルアップが続いています。
昨晩は14で約2時間、今朝も14で約1時間呼びまくりましたが、チャンスがめぐってきません。EU、NAも同時にオープンしているようですが、時々JAにも応答があります。何処を聞いているのかも断片的にしか分からず、これではとてもできそうにもありません。もはや諦めムードです。
  1. 2011/07/29(金) 09:32:44|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

IM0P from EU-165

eu165.jpg

今朝は雨が降ったり止んだりしていたので散歩は中止。そのまま聞いていて見つけました。最近頻繁にspotにupされるのですがこちらでは全く聞こえません。でも今朝はそれなりの強さで聞こえます。しかしもっぱらEUを拾っていてなかなかJAに注意してくれません。そのうちにJAにも応答があったので、更にしつこく呼んでやっとQSOできました。
コンディションが下がってきていたので、こちらのcallをちゃんととって貰えたか少々不安。
  1. 2011/07/28(木) 07:11:29|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IB0/OM7JG from EU-045

eu045.jpg

もっと早い時間にはそれなりの強さで聞こえていましたがQRTしてしまいました。この時間になって再び聞こえてきましたがノイズレベルすれすれ、でも運よくQSOできました。
早朝の散歩をするようになって早く起きるようになりました。今頃の季節は昼間はダメですが深夜から早朝にかけてEUがよく聞こえます。彼らのDX Vacationのシーズンなのか、IOTAの稼ぎ時(?)かも。
  1. 2011/07/26(火) 07:25:01|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JA1NLX/VK4 from OC-187

今のところ予定通りに出かけるつもりです。
関連の最新情報は下記に掲載中です。

http://ja1nlx-aki.blogspot.com/
  1. 2011/07/26(火) 04:25:12|
  2. JA1NLX/VK4_2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IOTA Contest 2011

今月末にはIOTA Contestが開催されます。
私にとってはNew IOTAの運用予定もたくさんあるので昨年同様に参加するつもりです。
何故かIOTA Contest Managerから次のようなメールが届きました。ルールの変更はないとか、特に要注意の内容ではありませんが。


Dear Akira Yoshida,
Dear Axel Schernikau,
Dear Andrew Vine,
Dear Andrew Mulholland,
Dear Alberto U. Silva,
Dear AUGUSTO MARTINELLI,
Dear Andreas Thron,
Dear Lars Astrom,
Dear Asle Fonn,
Dear ARTO GRANLUND,
Dear Arne Gegerfelt,
Dear Nasir H. Khan,
Dear David Beran,
Dear Tony,
Dear Andrew Westcott,
Dear Andy Chadwick,
Dear Andrey Teterukov,
Dear ANDY VOLKOV,
Dear Andreas Englund,
Dear Andreas Schumm,
Dear Andre Luiz Silva,
Dear Andy Malbon,
Dear Anthony A. Luscre,
Dear Alun Cross,
Dear Alex Shovkoplyas,
Dear Aloys de Vries,
Dear Allan Richardson,
Dear Allan G Duncan,
Dear Alistair Smith,
Dear POGGI ALFONSO,
Dear Alfio Bonanno,
Dear Giuseppe Alberti,
Dear Vladimir Polysaev. EV1P.,
Dear Aleksejs Dejevs,
Dear Alexander Belov,
Dear Alexandre Rocha,
Dear Alex Seidl,
Dear Alessandro Merolli,
Dear ALEKSANDER ZAGAR,
Dear ALEX,
Dear Alan Leith,
Dear Alex Naumov,
Dear Alan Dewey,
Dear Claudio Albert,
Dear Adolf Kern,
Dear David Dunkelberger,
Dear Max Cotton,
Dear Mark Jones M0UTD,
Dear Alfred Iberer,
Dear Alexander Anipkin,
Dear Victor Sinyavin,
Dear Galen L Steele Jr,
Dear ALAN HYDES,
Dear Adriano Perazio,
Dear ,
Dear Leslie Bartosh,
Dear Jim Hall,
Dear H.-Joachim Osten,
Dear NIKO CIMBUR,
Dear Wray Dudley,
Dear Mike Tindor,
Dear John Geiger,
Dear Rob Capon,
Dear Stephen Reichlyn,
Dear Bud Trench,
Dear Alex Panoiu,
Dear Younis Al Baloushi,
Dear Ad Wouterson,
Dear Aleksandar Hajosevic,
Dear Ashraf CHAABANE,
Dear ANTOINE BOURGEOIS,
Dear Bob,
Dear Sion Chow Qi Chao,
Dear Hamad Alnusif,
Dear Predrag,9a7iup,
Dear Radio Club Jadera,
Dear Radio Club ,
Dear Teruo Yaginuma,
Dear Ivan Nalbandyan,
Dear Norman Banks,
Dear OTLEY AMATEUR RADIO SOCIETY,
Dear SIMON DAVISON,
Dear EUGENE KULENKO,
Dear Jim Raisler,
Dear Yong Huang,
Dear Victor Reutov,

This year’s IOTA Contest will take place, as always, over the weekend of 30/31 July, 1200 to 1200 UTC. Full rules, unchanged since last year, can be found at: http://www.rsgbcc.org/hf/rules/2011/riota.shtml This page also contains a link to a “Help for Newcomers” page.

We hope to see many old and new participants in this year’s contest. The first three in most categories will receive a certificate, and there is a wide range of trophies available. See last year’s trophy winners at: http://iotacontest.com/contest/iota/2010/trophyWinners.html UK stations should also note that there is a new trophy this year, sponsored by CDXC (Chiltern DX Club) in memory of Henry Lewis G3GIQ, who was always a staunch supporter of IOTA. The trophy is for the leading UK 24-hour SSB, single-op, to match the trophies already available for 12- and 24-hour CW and 12-hour SSB. We do hope that many UK operators will enter this category, with a view to winning this prestigious new trophy.

All the major logging programs support the contest. If you don’t have anything suitable, try SDI by EI5DI, available for free download at http://www.rsgbcc.org/hf/sd.shtml

Finally, we would ask all entrants to respect the contest bandplans, which aim to create space for others wanting to use the bands over the contest weekend. Penalties will be applied for non-compliance.

If you have any questions, please address them to iotacontest@rsgbcc.org Logs should go to iota.logs@rsgbcc.org If you do not receive a reply from the robot, then your log has NOT been received – please try again.

73, CU in the contest
Don G3XTT (Contest Manager), Jim MM0BQI (adjudication and certificates), Marios G0WWW/5B4WN (software), John G3LZQ (trophies)
  1. 2011/07/23(土) 20:57:54|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

K6VVA/KL7 from NA-242

na242.jpg

早朝の散歩から帰り、シャワーを浴びて一息ついたところで聞こえてきました。この時間はWとも開けているみたいで結構なパイルアップですが運よく拾ってもらうことができて一安心。
  1. 2011/07/23(土) 07:31:32|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日のスケッチポイントは、

2011 052

今日は新宿御苑にでかけました。昨日までは台風の影響もあって雨、風が強かったのですが、今日は曇り空。しかし雨の心配もなく、また温度もあまり上がらずいいスケッチ日和になりました。帰る頃には雲も切れて青空が広がってきました。
何十年ぶりかではいった新宿御苑ですが、こんな建物があったとは全く知りませんでした。昭和3年に昭和天皇のご成婚記念として建てられた旧御涼亭です。わが国ではあまり見ることもない本格的中国風建築です。現地の案内板には「台湾閣」とありました。
  1. 2011/07/22(金) 18:00:48|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KL7RRC from NA-232

na232.jpg

スケッチ教室から帰ったら始まっていました。運よく2ツQSOできました。さてNA-242とNA-172は、、、
  1. 2011/07/22(金) 17:24:02|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VE宛郵便物の引受再開

6月初めに投函したVE宛のSASEが、郵便職員ストライキによる影響で戻ってしまいました。しばらくそのままになっていましたが、引受再開のお知らせが掲載されていました。
  1. 2011/07/21(木) 10:32:40|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KU2F/VK4 from OC-187

oc187.jpg

予定通りに聞こえてきました。事前にアナウンスされた周波数で待機していたらCQが聞こえてきて、すぐにQSOできました。この後食事にでも行かれたのか聞こえなくなりました。運用は7/21までの予定。
私も来月同じ場所から運用するので大いに気になっていました。参考になる情報もいただけそうです。
  1. 2011/07/18(月) 18:07:35|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SA-035, EU-140

この数日、頻繁にspotにupされるもののこちらには全く聞こえません。
SA-035から運用しているのはYW5LRですが、こちらの写真を見る限りではちょっと難しそうです。
EU-140から運用しているのはOG5Aです。呼んでいるEUが聞こえるだけでご本尊はさっぱり。
  1. 2011/07/17(日) 07:13:12|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SteppIR virtual Controller (4)

vsc_20110715.jpg

当初スタンドアローンとして開発が進められましたが、最終的にはLogger32に組み込まれ、その名もVSC(Virtual SteppIR Controller)となりました。Logger32のツールバーをクリックして開くことになります。

vsc_20110715_2.jpg

・PCの専用シリアルポートとコントローラをクロスケーブルで接続
・Transceiverの周波数をVSC経由でコントローラに渡すことができる。これはTransceiverとコントローラを直接接続した場合と同様の使い方です。
・VSCのバンドボタンをクリックした時にLogger32経由でTransceiverにバンド/周波数を渡すことができる。
・VSCから指向特性の切替ができる。
・使用するSteppIRのアンテナ種類、使用するバンドによりVSCパネルのデザインが変わる。

Transceiver InterfaceのFWが06の標準コントローラ、新型のSDA100コントローラであれば動作OKです。
当初予定されていたLogger32の緊急リリースは無しになったようです。次期正式リリース時にはVSCが追加になる予定です。
  1. 2011/07/15(金) 15:22:40|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bravo 5

n6bt-Bravo-5-1539-a1-sm1.jpg

N6BTに問い合わせメールを出していましたがいっこうに返事がなく諦めていました。昨日以下のような返事があり思わず注文してしまいました。
「本体、キャリングケース、輸送費で$477.00。大体3週間で届くと思うよ」とのこと。輸送費が本体の1/2もかかります。8月のJA1NLX/VK4には間に合いそうですが、残念ながらこのアンテナは分解してもスーツケースに入りません。ケアンズ、リザード島間の小型飛行機は荷物は預け入が1ツ、持ち込みが4Kg以下で1ツとなっているので、持参できない可能性が高いです。

約2.7mの垂直エレメント、約1.4mの下部水平エレメンで構成される変型垂直ダイポールです。給電部の箱にはローディングコイル、リレーが収容されて、リモコンでバンド切替ができます。一足お先ににこの箱を覗いてみました。
Sigma 5はパイプが凹んでいたり、給電部の作りが雑でがっかりしましたが、写真で見る限りいい感じです。

20110714_2.jpg

  1. 2011/07/14(木) 15:48:31|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

早朝の散歩道

20110714.jpg

リタイアしてから早朝の散歩を始めました。いつまで続くかと自信もなく始めましたが、何とか三日坊主にもならず続けています。
今の季節は早く目が覚めるし、日中では外も歩けないのでどうしても散歩は早朝になります。大体5時から5時半には自宅を出発、1時間30分程度で戻ります。
今のところコースは決まっていて桜の季節には桜並木で楽しめる近所の川沿いの道を往復します。この時間はすっかり明るく、皆さんが思い思いに楽しんでいます。
  1. 2011/07/14(木) 15:15:32|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3の説明書

320.jpg

K3のOwner's Manualの内容を一層詳細にした感じの説明書だそうです。思わず注文してしまいました。
興味のある方は下記をご覧ください。

http://www.ke7x.com/home/guide-to-the-k3
  1. 2011/07/13(水) 18:14:21|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OH2DZ/P from EU-184

eu184.jpg

昨年はEU-101をサービスしてくれたOH2DZ、今年はEU-184からの運用です。ちょっと自信がないのですがQSOできたつもり。この時期はcondxもイマイチ、ノイズレベルすれすれです。QSL via UA1ANA

  1. 2011/07/12(火) 19:54:37|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Antenna for JA1NLX/VK4

20110712.jpg

久しぶりにBuddistickのテストをしてみました。14MHz以下では、60cmロッドを2本つないでコイルをいれます。更に60cmロッドを2本、その上に2.7mのWhipをのせます。14MHzではコイルはショートして物理的な長さは1/4波長になります。10MHz以下はコイルのタップをいじればOK。18MHz以上はコイルをとりロッド、Whipの長さを調整すれば物理的な長さは1/4波長になります。給電部にはマッチング用コンデンサをいれ、ラジアルは2.5mx40本としてみました。以前のテストと同様に各バンドでSWRは1.5以下で問題ないことが確認できました。
今回の宿泊場所は海を見下ろす小高い丘の上、木々に囲まれたバンガローですが、現地の状況がよく分からないのでこのアンテナが建てられるかどうかは不明です。なのでいつものように釣竿利用のランダムワイア+ATUも持ってゆくことにします。こちらはどこでも建てられるし、何と言ってもバンドチェンジが楽チンです。
  1. 2011/07/12(火) 16:37:56|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TenTec Eagle Review by QST

時期を同じくしてQST最新号にもEagleのReviewが掲載されています。こちらの結論は、「最小限のメニュ、操作ボタンしかないが、小さく、素晴らしい受信性能をもつ」だそうです。
一方で、6mでの送信スプリアス特性の悪さ、パワー計がない、AF特性の悪さ等が指摘されています。
しかしバンドに関係なく素晴らしい受信性能をもっていることは間違ないようで、実際にあちこちのバンドを聞いていてもよく分かります。
  1. 2011/07/11(月) 12:18:26|
  2. TenTec
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TenTec Eagle Review by RadCom

RSGBの機関紙、RadComの7月号にEagleのReviewが掲載されています。私にとってのEagleは、「受信性能は凄くいいけど操作性が悪い。メインとしてはとても使えない。」というものですが、RadComのReviewでは、「素晴らしい受信性能とマッチしない操作性の悪さ」となっています。
結局私のEagleは、小型、軽量を生かしてDX Vacation用のメインになりつつあります。
  1. 2011/07/10(日) 07:35:00|
  2. TenTec
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JA8COE/8 from AS-147

as147.jpg

突然聞こえてきたAS-147、しかもPSK31でのQSOでした。今まで未交信のIOTAでもありそのうちに出かけてみようかと思っていました。
  1. 2011/07/08(金) 19:50:49|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 Virtual SteppIR Controller

Logger32にVirtual SteppIR Controller(VSC)が組み込まれました。K4CYはあらためてテスターを募集しています。
ご希望の方はお知らせください。

・SteppIRをお使いの方、Transceiver Interfaceを実装していること
・Logger32をお使いの方
・バグ探しが好きな方
  1. 2011/07/04(月) 07:37:08|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.33.23 ?

間もなくLogger32 ver3.33.23(?)が緊急リリースされる予定です。

・QRZ Lookup 表示不具合修正
・Logbook Serach 表示不具合修正

  1. 2011/07/02(土) 20:41:18|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魅力的なアンテナ

n6bt-Bravo-5-1539-a1-sm1_2.jpg N6bt-Bravo-7k-full-swan-med1_2.jpg

以前Force-12で色々なアンテナを世の中に送り出したN6BTがまた新しいアンテナを発表しています。
私が興味を持つのはDX Vacationに持参する小型の垂直アンテナです。左はSigma-5に相当するBravo-5、右はSigma-40XKに相当するBravo-7Kです。若干小ぶりになっています。所謂ノンラジアル型GPの格好をしています。
Bravo-5はリレーでバンド切替可能で14~28MHz、Bravo-7Kは手動でバンド切替可能で7~28MHzで使えます。
でも問題は持ち運び時の最大長、Bravo-5は80cm強ありそうで、これならSigma-5の60cmにかないません。DX Vacation時の真っ暗闇でエレメント長をいじるのは気違い沙汰、なのでBravo-7Kもペケ。

今までランダムワイア+ATU、Sigma-5、Long Buddistick等使ってきましたがどれも大差なく、肝心なのは軽く、持ち運びが簡単、バンド切替が簡単であることというのが私の結論です。その意味ではランダムワイア+ATUが二重丸です。
  1. 2011/07/02(土) 20:37:49|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

BY1RX/4 from AS-160

by1rx_4.jpg

予定通り聞こえてきました。しかしAS-160は、6/10前後にもBA4DW/4の運用があってQSO済みでした。どちらが早くQSLをコンファームできるでしょう?
  1. 2011/07/02(土) 20:08:23|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SteppIR virtual Controller (3)

Steppir0053.jpg

ほぼ最終版になりました。主な仕様は次の通りです。
・ControllerのData OutポートとPCのシリアルポートをクロスケーブルで接続
・ControllerはGeneral Freqモードにする。
・通常Controllerで行う操作は全てVirtual Controllerから行える。
・周波数をLogger32から取り込むモードにすればTransceiverのVFOで周波数を変えたり、バンドを切替えればControllerもそれに追従する。但し、TransceiverとLogger32を組み合わせて使っている場合に限る。

同様のVirtual ControllerにN8LP作のSteppIR VCPがありますが、これよりはるかに使い勝手がいいと思います。いつ頃にリリースされるか分かりませんが、SteppIRをお使いの方はご期待ください。

  1. 2011/07/02(土) 11:05:59|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ