HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

YJ0VK

yj0vk.jpg

YJ0VKのLogSearchが動き始めました。
VKチームによるこのペディションには興味があります。YJが今後のDX Vacationの候補の1ツであり、彼らの滞在先、アンテナ等についてGuest Bookに書き込んだらチームリーダのVK3QBからメールがありました。
海辺に立てた垂直アンテナを使っているようで、近々Galleryのページで紹介すると言ってます。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 07:11:19|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RigExpert AA-30 (3)

swr_35.jpg

お借りした試作機を使いDX Vacationに持参するBuddistickのSWR特性をチェックしてみました。当然のことながらBR-210でチェックした結果とほぼ同じ結果となりました。
何と言ってもAA-30はこのようにSWRをある範囲でグラフ表示してくれるところがいいです。全バンドをチェックした結果は下記をご覧ください。

http://www.ne.jp/asahi/ja1nlx/ham/Buddistick.html
  1. 2010/08/29(日) 13:31:12|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日のスケッチポイントは、

今月のスケッチ教室が猛暑のため9月に延期になりました。もともと9月に予定されていたスケッチもあるので9月は2回ということになります。残念なことに9月はDX Vacationを予定しているためスケッチ教室は欠席せざるを得なくなりました。
そこでネット検索で探した写真をもとに2ケ所のスケッチを描いてみました。現地に出かけたつもりですがやっぱり調子がでません。上は横浜の「外交官の家」、下は上野の「奏楽堂」です。

gaikoukann.jpg

sougakudou.jpg





  1. 2010/08/28(土) 20:44:05|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RigExpert AA-30 (2)

aa30x.jpg

先日注文したAA-30の出荷は9月中旬とのことです。リグエクスパートジャパン社のご好意でAA-30/54の試作機をお借りすることが出来ました。
早速SteppIRのSWR特性をチェックしてみました。中心周波数を14100KHz、スキャン範囲を±100KHzにセットして測定開始、10数秒でこんなグラフを表示してくれます。
移動先でアンテナの共振周波数を簡単にチェックするにはとても便利に使えそうです。このモード時にSWRが最低となる周波数を数値で表示してくれるとモアベターです。
(注)表示される周波数は当初設定した中心周波数ですが、カーソルキーを左右に動かせばマーカー位置の周波数を表示します。これによりSWR最小となる周波数を数値で読むことができます。但し当初設定した中心周波数もこの周波数になります。

大きさはBR-210と同程度ですが、重さが320g(実測値)程度なのでVA1の200gには負けますがズシリという感じは全くありません。(メーカー発表の重量は650gとなっている)
  1. 2010/08/28(土) 16:24:10|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VE7KDU/7 and VE7DP/7 from NA-118

na118.jpg

VE7KDU/7: 最初に気がついた時にはかなりパイルアップになっていて、聞いている周波数もかなり上のほうです。信号も弱くて一度諦めました。その後しばらくしてオンフレで拾っている信号が聞こえ出し、すぐにup 1KHzの指定になりました。呼んで応答があったと思いますが自信がありません。

VE7DP/7: 突然聞こえてきました。こちらは信号も強く569~579でVY FBです。殆どパイルアップもなくすぐにQSOできました。
  1. 2010/08/27(金) 08:32:30|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LA7XK from EU-061

eu061.jpg

突然spotにupされました。しばらく聞いていましたがオンフレでやっています。数回しつこく呼んでQSOすることができました。別荘でもあるのか時々この島でvacationを楽しんでいるようです。

この時間、NA-127のVE1/DH8IATもspotにupされていますが、こちらには信号の有無も分かりません。

  1. 2010/08/25(水) 22:28:34|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SI0TA/2 from EU-139

eu139.jpg

EU-126からの運用を終え、予定通りにEU-139からの信号が聞こえてきました。激しいEUのパイルアップのなか運よくQSOすることができました。8/25までの運用が予定されています。
  1. 2010/08/23(月) 22:02:51|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010 ハムフェアのビデオ

こちらで見られます。

http://www.southgatearc.org/news/august2010/tokyo_ham_fair.htm
  1. 2010/08/23(月) 06:46:07|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

QRZ.com ダウン

QRZ.comにアクセスできなくなっています。サーバーがダウンしているとの情報もあります。
Logger32のユーティリティであるQRZHTTPLookup、QRZXMLLookupも使えません。

2010/9/23 追記
QRZ.comが正常に戻っています。ハードのトラブルだったようです。
  1. 2010/08/22(日) 21:34:20|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VE7KDU/P from NA-061

na061.jpg

今朝から追いかけてきましたが、この時間になってやっと呼べるような強さ(でも弱い)になってきました。あまり呼ぶヒトもなくCQを繰り返しているところを狙ってQSOできました。朝から追いかけたかいがありました。
彼等はこの後にNA-118からも運用を予定しています。
  1. 2010/08/21(土) 15:11:52|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K9YNF/KL7 from NA-197

na197.jpg

折角のチャンスをみすみす逃がすのは癪なので、あわててマイクをつないで呼びました。あまり大きなパイルアップにもならず比較的簡単にQSOできました。
この時間、NA-061のVE7KDP/7が14040ででているのが微かに聞こえます。でもとても呼べる状態ではなく諦めました。8/21までの予定なのでまだチャンスがあるかも。
  1. 2010/08/21(土) 07:40:18|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TS590 最新情報

KenwoodのHPでTS-590の最新情報が見られます。今週末のハムフェアでも実機が見られそうですが、HPに掲載されている情報も豊富です。
100w/50w/10w 各モデルともに希望小売価格 228,900円、発売時期 10月となっています。

2010/8/20 追記
仕様を詳細に眺めてみました。
若干気になったことが1点あります。事前に大いに話題になったK3並みのRoofing Filterですが、バンドによっては従来機並みの構成になっているようです。

受信系は次のように構成されているようです。
・第1IF 11.374MHz (ここに500Hz/2.7KHzのRoofing Filterが入る)、第2 IF 24KHz (DSP)。但し、160/80/40/20/15mで使用
・第1IF 73.095MHz、第2 IF 10.695MHz、第3 IF 24KHz (DSP) 但しFMは455KHz。上記以外のバンドで使用

何はともあれ早速某店に予約を入れました。

  1. 2010/08/20(金) 08:01:35|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

OH9AA/P

eu126.jpg
夕食後の14MHzを聞いていて見つけました。予定通りに運用を開始したようです。QRX EUを連呼しつつ積極的にJAを聞いてくれています。8/22までの運用予定です。QSL via DL5ME
  1. 2010/08/18(水) 20:00:58|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

HPS-1a by Gamma Research

hps1a.jpg

DX Vacationで使うことを目的としてGamma Research社の小型DC電源、HPS-1aを注文しました。
定格上は連続運転で5A、デューティサイクル25%で22A流せます。50w~100wのCWであれば使えそうです。何と言っても小型、軽量さが魅力です。現用のMFJ4125が約1.6Kgであるのに対してHPS-1aは600g以下です。
到着次第、十分にテストをしてみて使えそうであれば9月にはこれを持参します。
  1. 2010/08/18(水) 10:23:12|
  2. Power Supply
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Spectrogram ver16.0

spectrogram.jpg

Transceiverのオーディオ、フィルタ特性等のチェックに便利なオーディオアナライザです。K2ではフィルタの通過帯域の調整に役立ちます。これはK3のモードをData/AFSK(オーディオピッチ1500Hz)、帯域を1000Hzにした時の例です。マーカーは2ツ設定することができます。この例では550Hzと1500Hzにしてあります。本プログラムは無料で利用できます。下記からダウンロードすることができます。

http://audiosystemsgroup.com/spectrogram.exe
  1. 2010/08/17(火) 15:07:07|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VY0X from NA-208

na208.jpg

予定通り昨日から運用を開始したようです。
昨晩はとても呼べるような信号ではなく諦めたのですが、今晩はFBに聞こえてきました。しかしこの時期特有のQRNで大変聞きにくい状況です。相手の信号が上がってきたタイミングで呼び続けてやっとQSOできたようです。でもちょっと自信がありません。その後状態が少しよくなってきましたが、呼び直す訳にもゆかず、、、
QRZ.comに指定がある通りにQSLを請求しました。

2010/8/14 追記
WAEコンテストのせいか今日は10MHzで聞こえてきました。最初は全く聞こえなかったのですが18時前に突然浮き上がってきました。昨日の14MHzが自信がないQSOだったのでもう一度呼ばせてもらいました。今日は私のcallsignもしっかり聞き取れたので一安心です。
  1. 2010/08/13(金) 22:27:52|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DX Vacation 後1ケ月

L32_DXVacation.jpg

後1ケ月と迫ってきたので色々と決めなくてはならなくなってきました。
TransceiverはK2/100が第一候補です。FT-857が2.2Kgであるのに対してK2/100は2.6Kgあります。どこかでこの400gを軽くしないといけませんが。
ロギングソフトは使い慣れたLogger32が第一候補です。これはDX Vacation用の画面レイアウトの一例です。少なくとも室内ではインターネットが使えないのでDX Spot画面も不要です。HamCap画面は必要に応じて見る程度なので通常はクローズしておきます。昨年まで使ってきたDellに比べMSIのミニPC画面は横長で、若干違和感があります。
  1. 2010/08/13(金) 15:29:38|
  2. JA1NLX/VK4_2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

QSL from VK4LDX/P

先日QSOできたVK4LDX/P(OC-171)からQSLが届きました。
彼は10/17~10/23にOC-172からQRVする予定とのことです。OC-172は次のDX Vacationの候補の1ツですが、運よくQSOできれば候補から脱落するかも知れません。
  1. 2010/08/12(木) 11:25:44|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RigExpert AA-30

AA-30_2.jpg

RigExpertのアンテナアナライザはグラフ表示、PCでのデータ処理・管理機能に特徴があります。9月に発売予定のAA-30を注文しました。従来の機種であるAA-230他に比べ、不要と思われる機能が削られています。リグエクスパートジャパン社によれば、その価格はAA-30が27,800円、AA-230が49,800円です。
  1. 2010/08/10(火) 16:34:51|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CheckActivity ver1.1.0

CheckAvtivity_0809.jpg

ファイル保存が正しく行われないケースがあったので修正しました。
興味のある方はご連絡ください。
  1. 2010/08/09(月) 21:51:53|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SteppIRの不具合? その後

その後屋外に置いた同軸切替器、Ameritron RCS-8Vをバイパスして様子を見ていました。この数日は全く現象が再発しないので、どうもこの切替器の接触不良が原因のようです。SteppIR系統を他のリレーに移して様子を見ます。
この切替器は初期不良で全く導通のない回路があったりしましたが、その後は特に問題も無かったので全く疑いもしなかったのですが。
  1. 2010/08/08(日) 21:30:01|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SM7CBS from EU-037 他

eu037.jpg

今日はラッキーな日曜日でした。
EU-037はQSO済みではありますがその方が亡くなられてしまい、QSLカード回収が不可能になってしまっていたところです。
EU-054は事前情報もなく突然spotにupされました。こちらはすぐにQSOすることができました。

このところ21MHzでEUが良く聞こえています。
  1. 2010/08/08(日) 18:44:07|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RA1QQ/1 from EU-082

eu082.jpg

事前の情報では8/9~8/15の運用となっていましたが今日から始まったようです。この方面はEUのパイルアップが凄いのですが運よくQSOすることができました。この後しばらくしてからSSBにQSYしました。
  1. 2010/08/08(日) 16:59:23|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

QSL for BD1DRJ/2, BD1DRJ/4, BD1DRJ/7

いずれも2007年のQSOでNew IOTAです。あらためてカードを請求しようとQRZ.comを見るとこの通り!

bd1drj.jpg

なんじゃい、こりゃ!
  1. 2010/08/07(土) 11:47:17|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

AD5A/KL5 from NA-158

na158.jpg

事前の情報とおりに運用を開始しました。パイルアップになる前にQSOすることが出来ました。この時間の14MHzはNA方面へのパスがよくありませんが、この辺りは問題ない強さです。
同時刻にNA-111のN3DG/2が微かに聞こえていますが、こちらは弱くてとても呼べません。
  1. 2010/08/07(土) 05:50:12|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3D2YA 免許更新

2008年、2009年に出かけた時の3D2YAの免許は1年間有効で2009/7/29で切れています。運用期間限定のFKと違い1年間有効なので大変予定が組みやすいのです。
まだ先のことなのでどうするかは全く未定ですが、再免許が可能かどうかを免許担当者にメールで問い合わせしてみました。すぐに返事があり、メールで再免許を希望する旨伝え、別便で再免許費用の22フィジードルを送ればOKとのことでした。この担当者は大変親切でメールの問い合わせにも必ず返事がもらえます。

また出かけるにしても来年のことですが、実際に免許証が送られてくるまでに2~3ケ月はかかるので、近日中に手続をしておこうかと思います。免許証はとりあえずはコピーがメールに添付されて送られてきます。フィジーでは税関でimport licenceの提示を求められることがあるので、これもセットでお願いすることにします。

もう一つは今年も断念したのですが、2011/3まで有効なA35AYの免許もあります。しかしどういう訳かトンガを扱う旅行代理店が限られていて、扱っている場合もなかなか連絡がスムースにゆかないという問題があります。自分で全て手配すればいいんでしょうが、私にはそこまでの勇気がありません。

まあ来年のことですから9月のJA1NLX/VK4が済んでからじっくりと考えることにしましょ。私にはNew IOTAとなる他のVK4エリアも候補にありますが。

関連ページはこちらです。
  1. 2010/08/05(木) 15:06:56|
  2. DX Vacation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IB0Y from EU-045

ib0y.jpg

もっぱら7、14MHzのSSBのspotがupされるだけです。8/8までの運用のようですが、はたしてCWにもでてきてくれるんでしょうか?

  1. 2010/08/05(木) 06:23:15|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の18MHz

NAs.jpg

まず14MHzを覗いてみましたが何も聞こえず、18MHzを聞いてみました。NA方面がよく聞こえています。W9はどちらも大変強く599です。Kwにビームです。50/100wのこちらがもらうのは559から579です。Wの東海岸方面の信号は大変特徴のある音色で聞こえます。エコーがかかったような、ブルブルというような音色で、これが聞こえてくると大変懐かしく思います。
7月はあれほど賑わったIOTAの運用もこのところバッタリと聞こえなくなりました。しばらくは朝の北米方面とのQSOで楽しむのもいいかも。

  1. 2010/08/04(水) 08:32:25|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4 x K3 at K5RC

2 x K3の組合せを2セット備えたK5RCのContest Stationです。室内の設備も凄いですが室外も凄いです。

http://k5rc.cc/
  1. 2010/08/01(日) 07:31:02|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5