HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

K1のチルトスタンド

k1stand.jpg

Elecraftから不足していたネジが送られてきました。今度はご丁寧に2ツも同封されています。
先日買っておいたL型金具をこんな感じで止めてみました。本体と金具の間には適当なスペーサと、本体、金具にそれぞれ接着テープで貼り付けて、パチンと軽く固定するモノをいれておきました。
問題は後ろです。このままではアンテナコネクタが床にぶつかってしまいます。本体後部を少し持ち上げてやらないとうまくありません。さぁ~て、、、

スポンサーサイト
  1. 2008/04/30(水) 17:08:55|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散歩の途中で、、、

kx1_pac12.jpg

朝からいい天気になりました。近くの境川沿いにサイクリングに出かけました。先日改造したPAC12とKX1を持参しました。目的が走ることで、何処かいい場所があれば休みがてらにちょっとやってみようかということでしたが、あいにくなかなかいい場所がありません。帰り道にちょっと開けた場所があったので早速やってみました。アンテナ自体はほぼ自宅の庭でテストしていた通りで再現性もまあまあです。
7MHzを聞いてみましたが、強い信号、弱い信号がチラホラ聞こえるだけで閑散としています。CQをだしているJA2を何度か呼んでも応答なし、CQを数回出してみても応答なしということで成果なしの10分ほどの休憩でした。
  1. 2008/04/30(水) 16:33:27|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

K3 Firmwareのアップデート

Elecraft reflectorに投稿されたWayne/N6KRからコメントの抜粋です。

次回のアップデートのおもな内容は、
・遅いリニアのリレーに対応するための受信→送信のディレー
・AM、FM受信時に広帯域のフィルタが使える (現在は、2.7KHzとか2.8KHz?)
・SSB送信特性のさらなる改善 (IMDが悪いとか、迫力がないとか、色々あるようです)
・Pre/ATT使用時の"絶対的"なSメータ表示 (原文の意味がイマイチ?です)
・SSB送信時にMIC、LINE INを同時に使えるようにする。(MICとDVRが同時に使える?)
今回のアップデートのなかでは、個人的にはSメータ云々に興味があります。

Wayneは先週土曜日から10日間の休暇にはいったようです。これまで休みもなく働いてきたんでしょうね。4/25には出荷と言われていたKRX3は、既にベータテスターの手元にあるようです。これらのテストが終了して、必要な改修をしてから正式な出荷ということになりそうですね。この間、おおよそ数週間と言われていますから、まあ、5月末位になるんでしょう。

間もなくハムベンション、ちょうど1年前に発表されたK3も既にシリアルナンバが800番を越えました。
「あの手この手」を駆使して入ってきたものを含め、一体何台のK3がJAで活躍しているんでしょう?

  1. 2008/04/29(火) 07:18:06|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

PAC-12の改造

ExpandedPAC12_2.jpg

先日はタップドリルのピッチを間違えて失敗してしまいましたが、改めて正しいピッチのタップドリルを購入して再挑戦してみました。
ベースロッドはMP-1で使っている3/8インチ径で60cmのものですが、これがPAC12でも使えるようになりました。
今までの1/4インチ系の30cmロッド2本は、それぞれコイルの上下に追加しました。オリジナルよりエレメントが60cm程長くなり、各コイルの巻数を少し減らしました。残念ながら18MHzではコイルが不要にはなりませんが21MHz以上ではコイル不要です。コイルのロス分が減って少しは効率アップになったかなぁ~?
  1. 2008/04/27(日) 12:18:46|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GlobalQSLがphpプログラマを探しています

GlobalQSLは彼らのwebページの日本語サポートを計画しています。その関係でphpプログラマを探しています。当然応分の対価が考慮されているようです。
我こそはという方はとりあえずボクのところまでお知らせください。
  1. 2008/04/27(日) 07:27:26|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GlobalQSL

GlobalQSLは、任意のQSLイメージを作成し、Logデータを送ればQSLカードを印刷して各Buroに送ってくれるサービスを提供しています。
昨年から国内のちょっとした移動運用、FKでの運用のQSLはこれを利用してBuro経由で送っています。昨年3月に移動運用した時のQSLカード(テストで自分宛)が無事にJARLから転送されてきました。Buro経由ですから早くて1年くらいかかるかなと思っていましたが、GlobalQSLが確かに言った通りのサービスを行っていることが確認できました。
これからもこのサービスを利用していくつもりですが、唯一の欠点は、常に1ツのQSLイメージしか登録できないことです。頻繁に利用する場合は、その前に登録したQSLカードが印刷前だとせっかくのQSLイメージが置き換わってしまうことになります。いつも同じデザインで使えば問題はないのですが、ボのような使い方をする場合にはちょっと使いにくいので改善を要望しています。

実は次のような使い方があることが分かりました。
JA1NLXというアカウントに対して最大10ケの"secondary callsign"を登録することが出来て、それぞれに応じたイメージを持つことが出来ます。例えば、JA1NLX/1、FK/JA1NLX等に応じたQSLイメージを登録出来ます。 2008/4/27 追記

昨年11月のFKからのQSLカードは、今年中にはBuro経由で到着するものと思われます。
  1. 2008/04/26(土) 20:28:30|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3 Roofing Filter

K3_Filter.jpg

400Hzのフィルタが到着したので実装してみました。標準の2.8Kzに加えて1Kz、400Hz、250Hz、200Hzが入り、これでイッパイになりました。KRX3が到着した時には1ツか2ツ抜くことになります。Config Menuで設定を済ませて早速聞いてみることにしました。あまりいい信号ではないのですが、、、


  1. 2008/04/25(金) 22:14:25|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

K1のチルトスタンド

スタンドを本体に固定するビスを2本Elecraftに注文していましたが、昨日到着しました。
早速開封してみてビックリ、何と1本しか入っていません。これじゃ役立たずです。
すぐにメールでクレームをつけると、あっさりミスを認めて「すぐ送るよ」との返事がありました。ビス1本でもちゃんとサポートしてくれるのは大変ありがたいことですが、時々こういうミスもあるようです。
と言うわけでスタンドの工作はお預けになりました。
へこんだアルミパイプを送ってきて、そのクレームに一切返事もくれないFxxx12社とは大違いです。
  1. 2008/04/24(木) 14:22:52|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Elecraft K3 シリアルナンバと到着月、待ち時間

ここから最新の状況が見られます。

http://www.livecomputers.com/web_pics/Serials.png
http://www.livecomputers.com/web_pics/wait_times.png
  1. 2008/04/24(木) 06:57:30|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Your first HF antenna

2008年3月号のQSTに興味ある記事がありました。HFの運用、それもDXとのQSOに興味を持った初心者は、「一体どんなアンテナがいいの?」という素朴な疑問を持っているはずですが、筆者のN6BVがそんなビギナーを対象にして易しく解説しています。
彼のお勧めは7、14MHzの垂直アンテナ」ですが、短い垂直アンテナは移動用のアナテナとしてボクの選択肢の一つでもあり、興味があったのでまじめに読んでみました。
記事の要約はこちらにまとめましたが、記事の結論とこれを読んだボクの感想です。今まで経験してきこと、想像していることと大よそ辻褄が合っています。

①1/4波長の垂直アンテナは、大地の損失を軽減するためになるべく高く上げる。7MHzの場合には2.4m~3m上げる。この場合必要なラジアルは1/4波長の長さで2本展開すればとりあえずは十分。
②止むを得ず地面スレスレに建てる場合には、1/4波長のラジアルが最低16本は必要。
③いずれにしてもDXに有効な低い打上角度を有効に生かすには、少なくとも周囲の障害物より高く上げることが必要です。そうしないと大地による損失は軽減できても電波が飛んでゆきません。そういう意味からしても障害物のない海辺が最高です。
④近距離の相手を対象とするなら高さの低い水平アンテナのほうがいい。

昔、7MHz、14MHz等でDXとQSOするようになった時、マルチバンド用のGP、14AVQとか12AVQを好んで使いました。おおよそ10m程の高さに持ち上げ、組立説明書の指示通りに各バンド2本ずつラジアルを張りました。この種のアンテナを地面に直接建てた経験はありません。
JAともよくQSOしましたがあまりいい結果は得られませんでした。ある日、3m程の高さに水平ダイポールを張りました。受信しただけでもJAの聞こえ具合が大幅に改善されました。
近年、ちょっとした移動用に短い1/4波長垂直アンテナを多用しますが、効率面、設置のし易さ等はともかく近距離相手には全く不向きかも知れないと、あらためて思います。
一方、これも病みつきになりそうですが、海外からのプチペディ用には基本的には海辺に建てた垂直アンテナがイチバンだと思います。勿論、ビームだリニアだというような重装備でもいいなら話が違ってきます。

記事はあくまで初心者を対象にしていますが、さてさて、あなたはどう思います?

  1. 2008/04/23(水) 15:58:43|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

PAC-12の改造 失敗!

pac12_002.jpg

PAC-12はエレメントに1/4インチ径のロッドを使っていること、バンド毎に差し替えるコイルを使っていることから大変軽量に出来ています。ただロッドが若干細いことから安定性の面で不安があります。
MP-1では3/8インチ径のロッド等が使われているので、今回はこのMP-1用のロッドをPAC-12にも使えるように若干の改造に挑戦しました。
PAC-12のコイルはそのままベースとしても使うことが出来ます。両端には1/4インチのねじがきってあり片側はカメラの三脚、片側はロッドをつなぎます。試しに片側を8.5ミリのドリルでひろげ、更に3/8インチのタップをきってみました。

pac-12_003.jpg


そこにMP-1用の3/8インチのロッドをつごうとしたらアリャリャ、先端が少し入るだけです。3/8インチのタップドリルと3/8インチのロッドに切ってあるねじやまを見ると明らかに違います。詳しいスペックは分らないのですが、たまたま買ってきたタップドリルのねじやまは16、3/8インチロッドに切ってあるねじやまは24のようです。タップドリルを買い直して後日再挑戦することにします。
写真の上から仮付けしたベース/3/8インチロッド、オリジナルの1/4インチロッドと14MHz用コイル、それに3/8と1/4の変換アダプタ(Pacific Antennaからオプションパーツとして購入)、そしてオリジナルのWhipです。
試しに全部つないで三脚に固定してみました。すっと建って安定性も増し、長さも60cmのロッド分長くなりました。少し共振周波数が下がったのでコイルの巻数を減らす必要があります。

MP-1のエレメントを長くした時は18MHz以上にはコイルが不要でしたが、PAC-12では何とか21MHz以上でコイルが不要になりそうです。従って18MHz以下では、効率の面ではまだMP-1に軍配があがります。

せっかくグリグリとタップ切りをしたのですが失敗でした。

  1. 2008/04/22(火) 17:37:42|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末のDX

weekend.jpg

南の方向からの信号で賑わっていたこの週末です。おかげ様であちこちのバンドで楽しませてもらいました。
何故か(?)ローカルの皆さんも次から次と落しています。じっと耐えていずれも最後のほうになって捕まえることが出来ました。この辺りだとパイルもそれほど長くは続かないので、辛抱強く待っていれば必ずQRPにもチャンスが廻ってきます。
VK9XはQRPニューで、いよいよ大台(?)間近です。

  1. 2008/04/20(日) 21:57:39|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MP-1を長くする

mp1Long.jpg


MP-1で使えそうなWhipとして先日BuddipoleのLong Whipを手にいれました。縮めて50cm、伸ばすと2.9mになります。MP-1のベースロッドが60cm、ローディングコイル部が20cmあるのでこれで3.7mになり、18Mhzの約1/4波長の長さが確保できます。Whipを縮めてゆけば28MHzまではフルサイズの1/4波長アンテナとすることが出来ます。
写真では見にくいのですが、14MHz用としてほんの少しローディングコイルを入れた状態です。2.5~3mのラジアルを8本つなぎアンテナの根元で見ると、14~28MHzでSWR<1.5、Z=50Ω前後となり、全体にかなり帯域も広くとれます。
Whipが少し重いので実際にはステーをとったほうが安心かも知れません。今年の「壮大な計画」に持参するアンテナ候補が増えました。障害物がない海辺にでも設置するといいかなと、、、

  1. 2008/04/19(土) 14:56:51|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

N1YC/VK9X

vk9x.jpg

ダメと思いつつも何度か呼んで捕まえそこなったYK9Gも終了したようです。
夕食後に聞こえてきたN1YC/VK9XはQRPニューです。平日のせいか比較的楽にQSOできました。やっぱり近場はやり易い。QSL via 9V1YC


  1. 2008/04/18(金) 19:37:00|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Buddipoles and KX1

Elecraft Reflectorに移動用アンテナについての興味ある一連の投稿があったので、ボク自身の考え方の整理をする意味で要点を抜粋してみました。

話の出発点はある初心者からの質問です。「KX1と組み合わせて使おうと思っているけど、Buddipoleはどうだろう?」

この質問に端を発して次のようなコメントが続きます。

「Buddistickを持っているけど使わない。使うのは約20m長のダブレット。なるべく長く、高くするのがベスト」

「ダブレットは短い垂直アンテナより30dbに及ぶ受信/送信レベルの違いがある」

「オレはBuddipoleを垂直にし1本の1/4波長のラジアルを使っているが大変いい」

「普通の地面では1本のラジアルではダメだ。今まで国内の色々な場所でテストしてきたが、ダイポールに勝る垂直アンテナは見たことがない。14MHzでは高さ2m以下のダイポールでもUA、SA、VK、JAとQSOできた。」

「今度、ダイポールとHamstickを持ってゆく。Hamstickには10mラジアル4本を考えている」

「垂直アンテナとラジアルについては、ここに資料があるから見たら。数少ない
長いラジアルよりは、数多くの短いラジアルのほうがいい」
「この資料によれば、7MHzの場合には4.2mX9本のラジアルがベストとある。もし垂直アンテナが短い場合には長さを短くして本数を増やすべき」
「垂直アンテナは低角度の輻射でDXにいいというが、海面にアンテナが無ければ殆どの輻射は地面をあっためるだけ。水平ダイポールの場合地面は反射板だが垂直アンテナの場合は吸収体。短い垂直アンテナがあればそれを水平にし、ワイアをつないでダイポールにしてご覧、ビックリするよ」

結論
・アースが必要な短い垂直アンテナより、高さが低くても長いダブレット(ダイポール)がいい
・短い垂直アンテナを使う時には、そのラジアルの長さ、本数に注意すること。必ずしも1/4波長ではない

とは言っても、地形とか、海に近いかとか、周囲の障害物の有無とか、こんなアンテナなら建てても文句がでないだろうとか、判断要素がいっぱいあるのが現実ですね。





  1. 2008/04/18(金) 10:16:27|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K1のチルトスタンド

Elecraft K1はKX1と同様にちょっとした移動運用のいい友達ですが、唯一、最大の欠点が程よい高さのテーブル等に置かないと操作パネルが見にくいことでしょう。Elecraftからは専用のチルトスタンドがオプションで用意されていますが、某代理店経由で6K円以上にもなります。かと言ってこれも直接購入が出来ません。
そこで何とか簡単なものを作ろうと思い、K1本体にスタンドを固定するビス2本をElecraftに注文しました。このようなスペアパーツは直接購入することが出来ます。
こちらには、自作スタンドの製作例が紹介されていて大変参考になるのですが、ボクにはこんなにFBに作る自信がありません。さぁ~てどうしましょう?
  1. 2008/04/17(木) 11:37:40|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CheckCallの新バージョン

CheckCallNew.jpg


Logger32と組合せて使うユーティリティプログラム、CheckCall ver2.1を近日中にリリースします。今回は狭い画面でこのユーティリティが場所を独占しないように、必要時以外は画面を最小化するようにしました。
CheckCallについてはこちらをご覧ください。また、CheckCall ver2.1のリリースに伴い従来JAユーザーのみに提供していたCheckCallProのサポートを終了することにします。

  1. 2008/04/15(火) 21:27:51|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DX Award for QRP (2)

dx_400.jpg


今回はボクもメンバーになっているQRP ARCI (QRP Amateur Radio Club International)が発行するQRP-DX Awardです。
この写真ではDXCC QRPとなっていますが、2007/1/31以降からはQRP-DXとなっています。また基本的なルールも変更になって最初は25 countryから申請出来て、以降は25 Country毎に追加申請が出来ます。追加申請が受理されると新たにAwardが発行され、それまでの経緯がAwardに記載されるそうです。
QRP ARCIはその他にもUS State、US County、Continentを対象にしたAward、またそれぞれの5 Band Awardも発行しています。
尚、QRP ARCIのHPに記載されている内容は一部未修正になっているものがあるようです。

  1. 2008/04/13(日) 18:01:25|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほぼ満開の我が家の桜

004_convert_20080413070752.jpg


先日咲き始めた我が家の小さな桜がほぼ満開になりました。まだ寒い時から毎日つぼみが膨らんでくるのを見てきました。
花のつぼみなのかどうかもよく分らなかったのですが、そのなかのいくつかは先のほうが次第に赤くなってきました。
我が家の大事な桜ですが、来年も花をつけてくれるかしら、、、それよりアンテナのテストなどで踏み倒さないようにしなければ、、、気をつけましょ!




  1. 2008/04/13(日) 07:18:02|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JCC/JCG list for Logger32

Logger32で使用するJCC、JCGリストを更新しました。
必要な場合は筆者まで連絡ください。

  1. 2008/04/12(土) 17:44:34|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DX Award for QRP (1)

QRPDXCC-cert.jpg

QRPerのためのDX Awardをいくつかご紹介しましょう。ボク自身はこの種のAwardを全く持ち合わせていませんが、折角ここまでQRPで頑張ってきたので面白そうなものがあれば申請してみようかと思います。
何と言っても先ずはARRL発行の"QRP DXCC"でしょう。100 coutry以上QSOすれば申請出来ますが、一回こっきりしか申請出来ず、従って150、200等といった追加申請がありません。いくら300やったと言ってもこのAwardに関する限りは何もメリットがないのが少々残念です。

  1. 2008/04/11(金) 23:04:57|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Mini-Module Kit XG2

xg2.jpg



ElecraftのMini-Module Kitの1ツであるXG2を作ってみました。XG2は3.5、7、14MHzのTest Oscillatorで、出力レベルは50μVと1μVに切り替えることが出来ます。
先日K3のAGC改造をやりましたが、その際に確認できなかったS-meterの較正が実に簡単に出来ました。
  1. 2008/04/10(木) 16:47:45|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

開花宣言

sakura_1.jpg


1年前に買った我が家の小さな桜ですがやっと開花しました。八重桜の1種のようですが品種がよく分りません。これが最初に開いた花ですがまだつぼみがたくさんついています。しばらくの間はこれで楽しめます。
  1. 2008/04/10(木) 16:14:10|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3 Sub RX

ElecraftからK3のSub RX、KRX3の写真が公開されました。
Main ボードの上にのっかってしっかりシールドされる構造です。Elecraftによれば、「これでMain、Sub間のアイソレーションは完璧だ」と言っています。
3/21更新のShipping statusは4/25出荷のまま変更されていませんが、どのくらいのペースで出荷されてゆくんでしょうか。
いずれにしても楽しみです。

krx3_2.jpg

krx3_1.jpg
  1. 2008/04/09(水) 10:10:48|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

K3とデジタルモード

K3を使ったデジタルモードの運用についてまとめてみました。とりあえず第1回ということで、、、

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/k1,k2.htm#K3

  1. 2008/04/07(月) 22:55:12|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

K3 クリスタルフィルタ到着

1週間もたっていないのにもう到着しました。
フィルタが入っている小さな箱を見てビックリ、箱に"MADE IN JAPAN"とあるではないですか。
何処で作っているんでしょう?

早速届いた1000Hzと250Hzをいれてみましたが、Elecraftから届いた200Hzにはついていた周波数補正値とレベル補正値がついていません。これはElecraftでチェックする時に記入されるんでしょうね。
従って実際にフィルタを切り替えながらいいところに合せる必要があります。

6ポールフィルタにはオフセットの記載がされていますが、8ポールフィルタはゼロにします。
レベル補正の記載はフィルタにはなく、実装後にS-meterを頼りに若干の補正をします。(4/11訂正)

こんなに早いのならば某代理店経由で頼んだ400Hzも一緒に注文すれば良かったなぁ~

今日は、Elecraftに頼んだCWの立ち上がりとAGCの改造キットも届きました。
これはSMDを取り外すとか、小さな普通の抵抗、コンデンサのはんだ付け作業が必要なので明日にでもやることにします。

  1. 2008/04/07(月) 20:28:07|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

PSK31でも出来るQRP DX

psk31_1.jpg

この週末は夕食後の14MHzで PSK31に集中してみました。昨晩のGJはQRPニュー、今晩の1B1ABは政治的には微妙な"Turkish Republic Of Northern Cyprus (TRNC)"からオンエアしています。尻切れになってしまいましたが、珍しいのでSASEを送りましょう。
K3になってデジタルモードの運用が大変楽になりました。一度SoundCard in/outのレベルを合わせてしまえばバンドを変えてもPowerをいじることなく安定した"5w"出力になります。ごく近くのQRMもDSPフィルタで150Hzまでしぼればまずちゃんとコピーできます。
この他にもQRPニュー候補のPSK31が聞こえていますが、またの機会を狙いましょう。
  1. 2008/04/06(日) 21:15:58|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WinKeyer USB kitを譲ります

wkusb_f.jpg

WinKeyer USB kitです。キットで購入したままですが、希望の方に送料別で5K円でお譲りします。組み立てるとこんな感じになります。WinKeyerについてはこちらをご覧ください。

売却済みになりました。 4/8


  1. 2008/04/05(土) 19:42:15|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Logger32とMMTTY

以前にご紹介したようにLogger32内蔵のMMTTYについては、ヒトによっては起動できないトラブルに見舞われることがあります。Logger32の開発者チーム、ベータテスタチームの中ではボクだけがたまにこのトラブルを経験します。うまく起動することもあるのです。コンテスト用として有名なN1MMも同じ状況にあるようです。

Logger32の開発者(Bob、K4CY)は、このトラブルの原因究明と解決のためにはMMTTYの開発者との共同作業が必須と考えていますが、現時点では連絡が全くとれません。

最近のHamlogger reflectorには、このトラブルに見舞われているユーザーから、「使えないのに、何でまだMMTTYを内蔵するのか?」というような投稿もありますが、開発者チームの回答は、「トラブルフリーのユーザーもいるし、何といってもMMTTYでしかFSKができない」というようなものです。

また、こうするとトラブルがおきて、こうするとトラブルがおきなくなる、というような投稿もあるのですが、それも確実な再現性がありません。

ベータテスタとしても早く解決したいのですが、、、  We need your help Mako-san !!!



  1. 2008/04/05(土) 07:07:25|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

K3 クリスタルフィルタ

K3のクリスタルフィルタがInternational Radioから直接購入できるようになりました。
既にEDC経由で400Hzを注文してあるので(未着)、250Hzと1KHzを注文しました。価格はElecraftが発表している数字を同じですが、プラス送料$29.10がかかります。

さてさて、どちらが先に到着するんだろう?

<追記>
次のようなお知らせがありました。
"A package with a Click-N-Ship label created on usps.com containing the following information is scheduled to be shipped on 04/04/2008."
やっぱりこっちが早そう!
  1. 2008/04/04(金) 22:59:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ