HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

PAC12のマッチングボックス

pac12_box.jpg

エアダックスコイルで仮に作ったマッチングコイルのインダクタンスが若干少なめだったので、手持ちのトロイダルコイルに適当に巻いて、小さなケースにいれてみました。7、10MHzではおおよそいいところになりますが、後は14以上で様子をみることにします。必要であればタップを何箇所か出してロータリスイッチで切換えるようにすればいいでしょう。このケースにギリギリ納まりそうです。

このような短いアンテナの整合をとる場合、給電点にコイルではなくコンデンサをいれる方法もあります。手持ちのコンデンサでちょっとテストしてみたのですが、何故か共振点が見つからない等、全くうまくゆきませんでした。

短いアンテナのマッチングについてはAD5Xの記事が参考になります。


スポンサーサイト
  1. 2008/03/30(日) 14:42:34|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

墓参りのついでに

pac12_oa.jpg

墓参りのついでにKX1とPAC12を持参しました。いつもならお線香をあげければそのまま帰路につくのですが、今日はおにぎりを食べながらオンエアしてみました。30分もしない間に7と10MHzで5~6局できました。1局でも出来ればと思っていたので予想外の成果に早々と撤収しました。
KX1には軽量のPAC12がお似合いです。PAC12のコイルキットを追加注文しました。

  1. 2008/03/29(土) 18:30:58|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Elecraft K3の改造キット

Elecraftは4種類のK3改造キットを発表しました。

http://www.elecraft.com/K3/k3_app_notes.htm

(1)KXV3のRXアンテナのアイソレーション向上キット
(2)CWキーイングの立ち上がり時間の高速化キット
(3)AGCスレッシュホールドのレベル変更キット
(4)60M BPF改造キット

最近出荷されているK3等は既にこの改造がなされています。ボクのは未改造ロットなので(2)と(3)を注文しました。パーツ代は無料で送料のみの負担です。4/2発送とのことです。
(2)は若干軟らかめの立ち上がりを少々堅めにする効果があるとのことです。
(3)はSSB用クリスタルフィルタでCWを受信する場合、目的外信号によるAGCの悪影響改善に効果があるとのことです。


  1. 2008/03/28(金) 12:26:17|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桑田 引退

今日は桑田投手が引退というニュースが流れてきました。
せっかく上がったメジャーだったのに思わぬ怪我に泣いた昨年ですが、今年は再挑戦でまた頑張ってくれるかと期待していました。
でもやっぱり力が無ければ上がれないメジャー、このあたりが引き際だったのかも知れません。
短い期間だったけどメジャーで投げられてホントに良かったね、桑田君!

同じ日に松井の結婚発表もありましたが、ボクには桑田の引退のほうばかり気になりました。
  1. 2008/03/27(木) 22:06:44|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Propagation forecast by HamCap

hamcap_xxx.jpg

有名なHamCapで今秋予定している運用先、xxxから見た伝搬予測をしてみました。過去大きなペディションでもこの予測が使われています。
MHz、UTCを選択するとその伝搬状態を地図上に表示します。明るいところほど状態がいいエリアということになります。
興味のある方はこちらで遊んでみてください。

  1. 2008/03/25(火) 20:10:37|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sigma 5 やっとテストができた

sigma5test_1.jpg

Force12の返事を待っていても仕方がないのでへこんでいる部分を切り取りました。切れ端を見るとかなりいびつになっています。これで4本の水平エレメントが奥まできちんと入りました。最終的にはタッピングビスで軽く止める予定です。


sigma5test_2.jpg

円筒型のカバーを外してみました。各バンド用のローディングコイルと中央はマッチング用のコイルです。基板の裏には各コイルをバイパスするリレーがついています。何ともすごい感じです。


sigma5test_3.jpg

因みにこれがカバーです。もの凄い細工です。ボクが壊した訳ではなくこれが彼らの「商品」です。


sigma5test_5.jpg

バンド切替のコントローラーです。ケーブルに直付けなので何とも扱いにくい。やっぱり小さなケースに入れて、ケーブルもコネクタでガチャンとつけたくなります。またリレーを動かすためにDC12Vが必要です。


sigma5test_4.jpg

やれやれ、やっと組み上がりました。木の枝が支えになっていますが、しっかりした支えにベースパイプを固定する必要があります。
20m程の同軸をつなぎ、その先端でSWRとインピーダンスを見てみました。各バンド、大よそいいところでSWRが最少になります。14だけは若干低めなのでローディグコイルを広げてみました。また、最少SWRはマッチングコイルを広げたり、縮めたりすると最適なところがあります。この条件で、各バンドともに大よそいい周波数でSWRも1.2~2程度になりました。こんな劣悪な条件でもそこそこの特性になってビックリです。

今後の課題としては、
①水平エレメントをタッピングビスで固定できるようにする。
②このカバーではどうせ雨にでも降られれば使えないし、何とも不格好です。極端な話、裸でもいいし、ビニールで覆ってやるくらいでもいいかも。
③コントローラを小さなケースに入れて、ケーブルもコネクタ接続にする。
④適当な支え方を考える。
⑤何処か広いところで再現性テスト。聞こえ具合、飛び具合をチェックする。


  1. 2008/03/23(日) 16:09:44|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のDX

ei6iz.jpg

HC2SLはもう何度もQSOしていますがQRPではNew、EI6IZは未コンファーム。どちらもサッサ、サッサとさばいていてこちらからの応答が終わるともう次のQSOを始めています。でもしっかりとこちらのCallはとってくれました。早速QSLを送りましょ!
他にもNew候補の5Tが出ていますがあまり強くは聞こえず、とても呼べません。また9Xはコンファーム済みなので無視です。ハイ
  1. 2008/03/22(土) 18:29:06|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sigma 5 トラブル

trouble_1.jpg

風もおさまってきたので早速Sigma 5を組立ようとして愕然。何と上下の水平エレメントがきちんと入らず、途中でガツンとつかえてしまいます。4本とも全く同じで、どうも加工ミスとしか思えません。
更にこのエレメントをとめるビス/ナット、垂直エレメントを止めるビス/ナットが1ツ不足していました。
う~ん、こりゃひどい!

気を取り直してForce社に「どうすりゃいいの?」と泣きごとメールを出して様子を見ることにします。
  1. 2008/03/21(金) 16:33:20|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Force12社のSigma5 到着

sigma5_arrive.jpg

3/8に直接注文したForce12社のSigma5がもう到着しました。納期は約1ケ月とのことでしたが2週間もかからずです。
分解すればこの通りで全長が約60cm程度におさまります。普通持ち歩く旅行用バッグにも十分収容可能です。
目立って大きい円筒ケースですが、中には各バンド用の可愛いコイルとリレーが入っています。全体がコイルかなと想像していたので、ちょっとがっかりした気分です。

今日の東京はずっと雨、風もあってとてもテストが出来る状態ではないので、明日以降に庭でテストしてみることにします。ケースには大きなスリットもあいているので簡単に水が入ってしまうので要注意です。

Force12社への支払は$519.15で、1ドルを110円とすれば約57,000円
今ならドル安で1ドルが100円以下ですから、もう少し安かったかも知れません。日本到着後の消費税、送料が1,300円、合計で58,300円で済みました。
因みに某代理店にも問い合わせましたが納期2~3ケ月、総額81,500円とのことでした。

うまく動作するようならば「壮大な計画 2008年編」に持参するアンテナの有力候補です。



  1. 2008/03/20(木) 16:37:22|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TX5C その後

QRT以降のニュースが全くなかったのですが久しぶりに公式HPが更新されていました。
それによると3/15 1400zでQRT、全員無事に"Shogun"に乗船して帰路についたようです。何はともあれご苦労様でした。
同時にOnLine Logも最終(?)QSOまでがUploadされたようです。記念すべきQRPでの2ツのQSOが確認できました。

  1. 2008/03/19(水) 15:44:02|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

よく使われるロギングプログラム

いつのアンケートか把握していませんが、425 DX Newsが実施したアンケート結果が掲載されています。単に何を使っていますかという問いに対する回答を整理したもので、個々の優劣等を示すものではないことを断っています。
通常使用するプログラムとコンテストに使用するプログラムが混在しています。また、アンケートに回答したヒトのcallsignも掲載されています。
「残念ながら」Loggerは第2位で、ボクも以前使っていたDX4Winがトップです。またJA製のプログラムもリストアップされています。

Tranceiverと同じで、それぞれの使用目的にイチバンあったものを選ぶのは貴方です。

  1. 2008/03/17(月) 19:42:07|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"K3 for SALE" on Elecraft reflector

ElecraftのReflectorにこんな投稿がありました。長い間待って手に入れたのによっぽどお気に召さなかったようです。
こればかりは個人の好みですが、Displayの表示が小さいとか、細かな操作性が気にいらないようです。お好みの機種はTenTecのOrionということですが、、、
K3売りますというのは初めて見ました。


  1. 2008/03/17(月) 09:46:49|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

散り始めた我が家の梅

ume.jpg

20年前は小さかった我が家の梅の木も随分と大きくなりました。今年はたくさん花がつきましたがそろそろ散り始めです。毎年葉っぱが茂ってくると長く伸びた枝を切ります。先ずすぐ隣のタワーにぶつかる枝は問答無用でバッサリ、と言っても他も同じように切ってしまいます。花のたくさんつく枝、全然つかない枝とありますが、何度見てもどうしてそうなるのかよく分りません。

  1. 2008/03/16(日) 08:45:20|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PAC-12 (5)

pac12_swr.jpg

PAC-12の続きのテストをしてみました。先日のテストでラジアルの長さ、本数を選ぶと、おおよそインピーダンスが7MHzで30数Ω、10MHzで20数Ωになることが分かりました。

そこでPAC-12の根元にインピーダンスのステップアップ用のコイルを入れてみました。手持ちの直径8cm程度のコイルで巻数は10ターン位のものです。これで給電ポイントをコイルの上端にするとちょうどいい具合になりました。7MHzで47Ω前後、10MHzで52Ω前後となってSWRが1.12程度になります。

PAC-12はこの手の改造が大変やりやすく出来ています。

  1. 2008/03/15(土) 11:06:16|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TX5Cの状況

TX5CのサイトにあるHotNewsを見ていますが、大嵐、アンテナ倒壊、発電機故障、Keyerが壊れた等々、大変な状況のようです。
3/12は朝から聞いていましたが期待していたハイバンドでは殆ど聞こえず、午後からは10、7で良く聞こえていました。しかしEU Onlyがずっと続き結局呼ぶことも出来ずに終わりました。
全体のQSO比を見ると常時何処かのバンドがオープンしているのかNAが圧倒的に多く、EU、ASがほぼ同じくらいになっています。そのために昨日はEUサービスに専念したようです。
応答状況から推察すると、各方面に同時にオープンしているようですからやっぱりQSOは大変です。
色々なトラブルに見舞われているようですが、何とか最終日まで無事に運用して欲しいものです。予定では3/17までとなっています。

予定を早め現地時間の3/15の夜明けでQRTとのことです。 3/14 追記

勝手な決めつけはよくありませんが、トラブルの影響は別にしても全体にはVP6DXのほうがオペレーションが上手だったと思うのはボクだけでしょうか。

  1. 2008/03/13(木) 15:07:58|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Elecraft K3 Shipping Status

K3 Shipping Statusが更新されました。
気になるKRX3の出荷は4/25目標となっています。
クリスタルフィルタについてはまだ何も発表されていません。これからK3を注文する場合は、必要なフィルタを同時に注文しておいたほうがいいかも知れません。後から追加しようとしてもなかなか順番が回ってこないかも。

  1. 2008/03/12(水) 09:31:55|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TX5C Worked !

tx5c_worked.jpg

昨晩のお酒が若干残っていますがいつものように起床。早速TX5Cの周波数をチェックしたら21、18、14で聞こえています。しかしどこも殆どWばかりでたまにJAに応答しています。上がったり、下がったりしながら呼び続けますが全くかすりもしません。半ば諦めかけていましたが14の+1で呼んでいたら応答がありました。
よくできたなぁ~!

wa1s.jpg

OnLine LogでQSOが確認できました。1ツでもできて大満足です。この時のOpはWA1Sだそうです。 3/13 追記
  1. 2008/03/11(火) 12:59:11|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

TX5C QRV

tx5c_qrv.jpg

今朝からQRVです。ニュースではもの凄い暑さのようです。
例によってDX spotの色表示が真赤になりました。この時間14MHzはよく聞こえていますが、始まったばかりでQRPの出番は回ってきません。それにあちこちとパスが開いているようです。今日は1日中ワッチです。
  1. 2008/03/09(日) 10:59:41|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Russian DX Contest

3/15 1200z~3/16 1200zでRussian DX Contestが開催されます。
ということは来週末の話ですが、ロシアの友人から、コンテストルールを翻訳してJAの友人にPRして欲し旨、要請がありました。もっと早く言ってくれればいいのに、、、
私のHPの一部をコンテスト関連のページとして模様替えしたので、先ずはRussian DX Contestの日本語ルールを掲載しました。


  1. 2008/03/09(日) 08:24:47|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壮大な計画 2008年編 (2)

免許の更新も終わり、免許状の英文証明書の申請中です。
必要な書類が準備出来次第、滞在予定の関係ルートを経由して免許申請をする予定です。

と書いていたらもう証明書が到着しました。月曜日には書類一式を関係ルートに送ります。 3/16

滞在先での運用許可をもらえることが確認できました。今回は北方向にすぐ海を控えたロケーションで地面にアンテナを設置することになります。条件が良さそうなのでアンテナ候補として、ハイバンド用にForce12のSigma-5、ローバンド用は釣竿アンテナを予定しています。
Sigma-5は、国内の某代理店経由の場合、在庫なしで納期2~3ケ月、価格が81,500円。直接注文の場合、納期は約1ケ月、送料込で519.15ドルとなり、勿論直接注文しました。Force12の場合は直接取引が可能です。
事前に色々テストしておきたいのでなるべく早めに手に入れたいと思います。

昨年のFKからの運用ではFT897を持参しましたが、重たいし、どうも使い勝手がよくないので今年はK2/100にしようかと思っています。軽いし、何といってもよく馴染んでいるからです。今まで100w PAとKAT100をK2と同じサイズのケース、EC2にいれていましたが、100w PAは本体に入れ、KAT100を専用のケース、EC1に入れ直しました。これだけでもFT897よりずっと軽くなります。

k2_100.jpg



  1. 2008/03/08(土) 09:33:02|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TX5C 間もなくQRVか

basecamp.jpg

無事に上陸してベースキャンプの設営も終わったようです。素晴らしいロケーションです。間もなくQRV開始でしょうか。
tx5c_1.jpg

VP6DXの時のようにQRV予定周波数をFrequenyManagerに登録して待機です。1ツでもできればハッピーです。
  1. 2008/03/07(金) 08:17:21|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Elecraft K3 Shipping Status

K3のShipping Statusが更新されています。
このところ出荷のペースが上がっていますが、2月以降の注文の出荷は4ケ月後と発表されました。

K3 Wiki at ZeroBeat.NETの集計によると、今年になって1月は125台出荷、平均8ケ月待ち、2月は175台で平均8ケ月待ちだそうです。

  1. 2008/03/06(木) 09:51:28|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Elecraft K3の使用感

K3の使用感をまとめておきました。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/k1,k2.htm#K3

  1. 2008/03/05(水) 09:05:03|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

PAC-12 (4)

今日はラジアル本数によるインピーダンス変化を確認しました。

7MHzの場合、5mX2本、4mX3本でRF1で計った抵抗分が30オーム前後で落ち着きます。それ以上に短いラジアルを増やしても殆ど変化しません。

10MHzの場合も全く同じラジアルにしましたが、こちらは抵抗分が25オーム前後で落ち着きます。

この辺りがアース系でのロスが一応最少になって落ち着くんでしょうか。地上高く上げたトラップ入りGPでも同じような経験をしています。それにしても有効な抵抗分が多分数オームですから何とも効率が悪いです。
10MHzでJA&、JA8と1.5WでQSOすることが出来ました。周りを住宅で囲まれたPAC-12で初QSOです。まあ、何とか電波が飛んでいるようです。ハイ
  1. 2008/03/02(日) 12:09:31|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Elecraft K3 Product Review on QST

QSTの4月号にK3のProduct Reviewが掲載されています。詳細は直接ご覧いただくとして、このReviewのBottom Lineに以下のコメントがあります。

"K3/10 Kitは組み立てるのが易しく、楽しい。一度組み上げてしまうと、どんな高価なライバル機もしのぐ性能と機能満載のK3を手にすることができる。またいつでも豊富なオプションを追加してK3をカスタマイズすることができる。"

既にS/N500を越えた出荷になっていますが、少なくとも受信性能に関するクレームは聞きません。
本文には以下のコメントがあります。

"受信性能は過去にLabでテストしたもののなかでベスト、またIMDダイナミックレンジが100dBを越えた最初の受信機"

さあ、あなたはどうします???


  1. 2008/03/02(日) 10:20:56|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

PAC-12 (3)

pac12_3.jpg
昨日の続きです。
PAC-12を三脚に固定して地上から約1mの高さにしました。共振周波数はWhipを伸ばしたり、縮めたりすれば簡単に調整できます。
ラジアルの長さでインピーダンスがどう変わるかをみてみました。
7MHzの場合、ラジアルが2.5mX4の場合は抵抗分は30数オーム、ラジアルを5mX2にすると50数オーム、更に10mX3にするとどういう訳か共振点がよく分らなくなります。
10MHzの場合もほぼ同様な結果が得られました。

ここでMP-1を同じ三脚に固定してチェック。何故かラジアルを50cmX2にすると抵抗分は120オーム、
4mX2にすると50オーム前後になり、PAC-12とは違った結果です。

短いアンテナの場合は、地面から1m程度持ち上げた程度では地面の影響もありラジアル長によりかなりインピーダンスも違ってくるようです。
またホントに有効な抵抗分は数オーム程度であとはコイル、アース他のロスでしょうから、抵抗分が30オームだ、50オームだと言っても仕方がないんでしょうけど。

pac12_4.jpg

PAC-12は30cm程度のロッドを地面に突き刺して、こんな感じで固定することもできます。当然共振点も下がってきますがインピーダンスは三脚に固定した場合とほぼ同じになりました。

今日は昼過ぎに突然大風が吹き始めたためテストはこれで終了、実際に電波を出したわけではありませんが、ちょっとだけ聞いてみた感じではMP-1と同等かな。ちょっとした移動運用にはお手軽アンテナの一つではあります。
  1. 2008/03/01(土) 13:46:02|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0