HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

KDSP2 (2)

色々とお金の送り方で迷ったあげく、郵便局から相手口座に送金しました。
書留で送ろうとしたら、Johnnyが言うには「郵便局があけない限りOK」とのこと!
銀行で送金すると手数料が高い。
結果として郵便局から送金しました。本体の代金が21500円、郵便局の手数料が2500円、現地の手数料が15ドルで、合計で25700円でした。国内代理店からキットを買うと39400円なのでまあリーズナブル!

スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 21:02:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows VistaのVirtualStore (3)

今度はアプリのインストール場所を変えてテストしてみました。テストに使ったアプリはLogPrintで、ユーザー設定はLogPrint.iniに保存されます。
今までのテストではアプリのデフォルトであるC:\program file\LogPrintにインストールしましたが、今回はC:\LogPrintにインストールしてみました。UAC ON/OFFに関係なく、この場合はLogPrintのディレクトリにLogPrint.iniが作成されることが分かりました。試してみたことはありませんが、システムドライブ以外のドライブにインストールした場合も同様で、VirtualStoreに設定ファイル等が作成されることはないようです。

  1. 2007/02/27(火) 20:53:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KDSP2

何気なくElecraftのリフレクタを見ていたら「(売)KDSP2」の文字が飛び込んできました。売主は、お世話になった方もいると思いますが、VR2XMC Jonnyです。K2の折角のいい音を壊してしまうのであまり乗り気では無かったのですが、まあ、ノイズが多い時には少しでも聞きやすくなるでしょうと勝手に判断してお願いすることにしました。今回は彼が作った完成品です。

  1. 2007/02/25(日) 18:00:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

28MHzのVK9DNX

今、28でVK9DNXが大変強力に聞こえています。あまりパイルも大きくなくて比較的楽にQSOできました。後は7でやりたい!

  1. 2007/02/24(土) 11:55:00|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Windows VistaとSound card

Logger32 Sound card関連のVista対応状況です。次回リリースの予定
Soud card data windowでSoundcard input levelをクリックした時は次も画面が表示されます。
ライン入力をダブルクリックします。
更にレベルタブを選択するとレベル調整画面が表示されます。
ホントはこの画面がワンクリックで表示されればベストですが、Vistaにはこのためのコマンドがありません。Soundcard output levelも同様の手順が必要です。

DVKをクリックしFileメニューからmicrosoft sound revorderをクリックすると次の画面が表示されます。
録音の開始ボタンをクリックすればsoundcard入力信号が録音されます。
VistaのSound cardはwma形式のファイルで保存されます。Logger32のDVKはwav形式のファイルのみ再生します。従って、例えばこんなツールでwma→wav形式に変換します。(ホントはDVKがwma形式のファイルを再生してくれればいいんですが、、、)

  1. 2007/02/24(土) 11:49:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows VistaのVirtualStore (2)

Logger32のLogger32.iniを使ってもう少しテストしてみました。
UACを無効にしてあれば、常にLogger32のディレクトリにあるLogger32.iniに対して読み書きします。
ここでUACを有効にしてLogger32を起動、終了させるとVirtualStoreに最新のLogger32.iniが作られます。(この起動時点ではLogger32のディレクトリにあるLogger32.iniが読み込まれます)
この後はUACが有効であればVirtualStoreのLogger32.iniに対して読み書きします。この時点でLogger32のディレクトリにあるLogger32.iniと内容が違ってしまいます。
さらに、またここでUACを無効にするとLogger32のディレクトリにある古いLogger32.iniが読み込まれ、終了すればLogger32のディレクトリにあるLogger32.iniが上書きされます。
Logger32にはZip user Filesというツールがあり各種の設定ファイルをバックアップ保存します。この場合にもUACが有効であればViryualStoreにある設定ファイルをバックアップ保存するので、最新のモノを保存するという意味では辻褄は合います。

UACを生かすも殺すも自己責任ですが、どっちかに決めたらずっとその状態で使わないと一見同じ設定ファイルが2ツできてしまい、困惑することになります。

  1. 2007/02/22(木) 21:48:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タワー修理とアンテナ交換

タワー修理についでにアンテナを若干変更しました。一番上は7、10、18、24のDipole、2番目は28、24の2el、一番下はTA341となりました。これでギリギリお隣さんへの上空侵犯もなくなり、一安心です。
工事の立会いのために仕事はお休み。相変わらず各バンドでVK9DNXが良く聞こえています。ボクはあと7、24が欲しいところですが。

  1. 2007/02/22(木) 15:58:00|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Windows VistaのVirtual|Store

たとえばLogger32のxxx.iniがLogger32のディレクトリではなくVirtual|Store何とかのディレクトリに保存される件ですが、結論から言うとVistaの"UAC"が有効な場合にこうなるようです。無効にするとまったく従来どおりで勝手に違うディレクトリに保存することはないようです。
昨晩、Logger32を再インストールした時はこの"UAC"を無効にしてありました。"UAC"自体は悪意ある攻撃からPCを守るための武器なのですが、利便性からいうとどうなんでしょう? "UAC"を有効にした場合にxxx.ini等の読み書きがどうなっているのかについてはもう少しチェックしてみる必要があります。何故ならばLogger32のUser file backupで何をbackupしているのか分からないからです。いい気持ちで帰宅したのでこれで終わり、これ以上やるとまた訳が分からなくなります。
Vistaへの移行は一筋縄ではゆきません。くれぐれもご注意ください! 念のためですがLogger32はXPまでは対応していますがVistaへの対応はこれからです。バグだなんてくれぐれも言わないように!

  1. 2007/02/20(火) 22:29:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows VistaとLogger32

現在までに気がついた問題を整理しておきます。

(1)SounCardのin、outレベル調整パネルを呼び出せない
(2)DVKでmicrosoft Recorderを呼び出せない
(3)Local time表示がおかしい (JA1COWさん、TNX)

VirtualStoreに設定ファイル等が保存されるのをチェックするため、改めてLogger32を再インストールしてみました。
インストール済みのLogger32を完全にUn-installし、Logger32のディレクトリ、Logger32のVirtualStoreディレクトリも完全に削除してから再インストールしました。XPで使っていたLogger32の設定ファイルで全て上書きしても異常なく、VirtualStoreに書かれてもいません。最後にバックアップしていたLogbookのADIFからimportしましたが異常ありません。というか全ての関連ファイルがLogger32のディレクトリにあり、VirtualStoreディレクトリは作成されていません。何かの操作ミスがあったのかしらね???
もう少し様子を見ることにします。

Vistaをお使いの方、Logger32関連で何か問題がありましたら是非教えてください。
Logger32のVista対応はまだこれからですので色々あると思います。

  1. 2007/02/19(月) 22:28:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32とOpenOffice

MicrosoftのWord、Excelの替わりにOpenOfficeを入れました。Logger32は同じPCにExcelがインストールされている場合、Awardの実績(星取表!)をExcel上に展開してくれます。が、しかしOpenOfficeではこの機能が使えないことが分かりました。メニューでこの機能がグレー表示されていて無効扱いです。もっともLogger32からはCSV形式で星取表のexportが出来るので、必要ならばこれをOpenOfficeで読めば用が足りそうです。あまり使うモノでもないのでまあいいか!

  1. 2007/02/19(月) 13:02:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARRL DX Contest

今晩の7MHzは「ヘリコプタ」がたくさん飛んでいます。うるさくてコンテストもそろそろ終わりにする時間です。ほぼ予定通りの結果ですが、やはりサンスポット上昇にはまだ遠い感じで28MHzは何も出来なかったし、21MHzもひどいもんです。久しぶりに時間を自由に使える週末でQRPでのコンテストを楽しみました。

  1. 2007/02/18(日) 21:51:00|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Windows Vistaの新規インストール(3)

ARRLコンテストも一休みです。後は夕方以降の7だけですね。

Vistaを新規インストールし、とりあえず必要なアプリを入れたらこんな感じになりました。

(1)Logger32
(2)WriteLog これはボクにとってコンテストには必須アプリ
(3)TQSLとTQSLCert LoTW用のアプリ。不注意でCertificationを削除してしまったので、あらためてイチからやり直し。(パスポートのコピーを郵送)
(4)OpenOffice Word/Excel/Paintの替わりりに使えるフリーウェア。しばらく使ってみることにしました。サクサク動いていい感じ! PDFにも変換できます。
(5)Avast これもフリーのAntiVirusアプリ
(6)ホームページビルダー 移行に少々手間取りました。ホントはオンライン作成可能なホームページに完全移行したかったのですが、、、
(7)Foxit Reader  フリーのPDFリーダーです。本家よりも軽くていい感じです。

XP時代には、もう訳もわからなくなったゴミアプリもたくさんありましたが、とりあえずすっきりしました。どうせそのうちに前と同じになってしまうんですがね、、、

もう一つ
XP時代はデジカメの写真整理に蔵衛門というアプリを使っていましたが、重い、ファイル構造が複雑等あって、今回はVista内蔵のアプリで済ませることにしました。アルバム風にフォルダを作ればもっともらしくなります。

各アプリとも特に問題もなくVistaにインストールできて、動くようです。ただし一部の環境設定ファイル(Logger32.ini等)はVirtual|Storeというフォルダに保存されて、たとえば従来のようにLogger32のディレクトリを見ればそこに全てがある、という訳にゆかなくなったことは要注意です。

  1. 2007/02/18(日) 12:54:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

microHAM USB Device RouterのVista対応

microHAM AmericaのW4TVによると、USB Device RouterのVista対応はこの夏頃とのことです。次のような問題があります。

(1)インストール、設定がうまくゆかない
(2)仮にうまくいっても頻繁に接続断になる

ボクはしばらくK1ELのWinKeyerを使うことにしました。TranceiverのK2はシリアルインターフェースをもっているのでPCのCOMポートを直に接続します。こっちのほうが遥かに安定です。(当たり前か?)

  1. 2007/02/17(土) 20:06:00|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows Vistaの新規インストール (2)


昨晩はいい気持ちで遅く帰宅しましたがコンテスト用にWritelogをインストールしました。これは何のトラブルも無く終了です。ARRL DXに滑り込みセーフです。

コンテスト開始まで後1時間30分ですが、14でPJ4が聞こえる程度で、後はチラホラNA、SAが聞こえるだけです。21、28は何も聞こえません。コンテストはどうなるんですかね?

  1. 2007/02/17(土) 07:42:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows Vistaの新規インストール

昨晩に引き続き作業しました。今晩は冷静によく手順を考えてやりました。
以前のアプリケーション、データの入っているHDDはとりあえずシステムから外して、新規のHDDとDVDドライブのみ接続してVistaの新規インストールが無事に終了しました。今度は早くて1時間もかかりません。先ずはLogger32 ver3.2.0をフルインストール、更に以前のデータの入ったHDDを接続してINIファイルをコピー、最後にLogbookをインストールして終了です。
ここで若干頭をひねったことがあります。Logger32のディレクトリにLogger32.ini、Logbookファイルがないではありませんか。でもちゃんと動いているんです。Vistaのエクスプローラには”互換性ファイル"という別windowがあって、そこに隠れていました。何? 互換性ファイルって?

週末のコンテスト用にWriteLogをインストールしたり、増設COMボードのドライバをインストールしたり、最低限やることがまだあります。でもとても間に合いそうもないです。今晩はこれで終了!

  1. 2007/02/16(金) 00:16:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Windows Vistaのインストール (6)

Acrobat Reader ver8がインストールできない件はこちらに解説がありました。

新しくHDDを購入したのでこちらにVistaをインストールすることにしました。昨晩作業を始めたのですが、手順を間違えたのかうまくゆかず、今までのVistaの起動もおかしくなってしまいました。今晩また再挑戦!

  1. 2007/02/15(木) 13:10:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows Vistaのインストール (5)

日本語で書かれたPDFを読ませてみたら化け字で全く読めません。XPの時から使っていたAcrobatのPDF Readerはver5です。仕方なくver8をダウンロードしてインストールしようとするのですが、「Tempファイル容量不足、或いはアクセス権なし」で一体何のことか? Vistaは他人の悪戯を防ぐためにあちこちでガードがかかります。
仕方なくフリーソフトのFoxit Readerをダウンロードしてインストールしました。これは何のお咎めもなくすんなりインストール出来ました。どうも良く分かりません。
最初に日本語PDFを読もうとしたら、「東アジア文字をダウンロードせよ」との注意があり、だまってダウンロードしてOKになりました。何やら動きも軽快なFoxit Readerです。こちらにも紹介があります。

  1. 2007/02/12(月) 22:10:00|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タワー修理 (2)

心臓部の部品を交換して復旧しました。日没後まで作業していただいたFTI様、有難うございました。夜空に見る久しぶりの「高くそびえる我がアンテナ」です。近日中にアナテナも少しいじってもらうことになっています。

  1. 2007/02/12(月) 20:10:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

久しぶりにQRP DXを

タワー修理を明日に控えて久しぶりのQRP DXです。このところ18MHzがイチバンいいようで、QRPニューのZK3REはボクのDipoleでも00Z頃には599まで上がってFBでした。
最低高に下りたままのタワー、マストトップにWARCバンドのDipoleがついています。マストのイチバン下はTri-Bander+7MHzのDipoleですが、1月前にこの高さで無理やり回転させてしまい、先端を曲げてしまったのでした。

  1. 2007/02/11(日) 21:29:00|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Windows Vistaにつくオマケ

Vistaにはガジェットと呼ばれるミニアプリがいくつかついてきます。その中から選択してデスクトップに表示させることが出来ます。大型、横長画面ならいざ知らず、普通の4:3画面では邪魔になることもありますが、何かが動くとビューンとCPUメータの針が振れたりして面白いもんです。
Vistaの目玉の一つはAero(エアロ)という画面表示モードですが、ボクのPCのグラフィック表示機能がプアなので対応してくれません。PCの性能評価をするツールもあって、このとおり評価してくれます。バランスの悪さが一目で分かります、ハイ

  1. 2007/02/11(日) 06:57:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Windows VistaとSoud card (2)

Logger32のSoundCard windowでは、SoundCardのInput Level、Output Levelの調整を、ショートカットコマンドのSndVol32 (Output level)、SndVol32 /r(Input level)でそれぞれの調整パネルを呼び出しています。VistaではSndVol32.exeが無くなり代わりにSndVol.exeが使われています。このためにFile not findでエラーになってしまいます。SndVolコマンドは使えるのですが、/rなどのオプションをつけても開くのは出力調整パネルだけです。入力調整パネルを開くコマンドを探しているのですが、まだ見当たりません。
ご存知でしたら教えてください。

  1. 2007/02/10(土) 12:33:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タワー修理

部品が入荷して来週早々に修理が出来る旨の連絡がありました。約1ケ月殆どQRT状態が続き、その間の珍ペディも指をくわえてひたすら我慢の毎日でした、ハイ
今回はアンテナ系も若干見直して、タワーを最低高に下げてもアンテナが回転できるようにします。
これで2/17、18のARRL DX Contestにも出られるかな?

  1. 2007/02/09(金) 10:57:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Windows VistaとSoundcard

Logger32のデジタルモードをチェックしてみました。
MMTTY、MMVARIモードのSoundcard input/output Levelをクリックすると、あらら、、エラーです。"Error#53 File not find" もう少し見るとSndVol32.exeが無いらしい(?)
MMTTYを直接起動してやはり入出力レベルをいじろうとしても全く反応がありません。
VistaのConrol PanelからSoundをクリック、何やら今までと全く違うイメージです。しばらくはまた頭を悩ます(訓練する?)宿題です。やっぱりマニュアル本が要るのかなぁ~?

  1. 2007/02/08(木) 11:41:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JA1NLX's Page (2)の開設

オンラインHP作成サービスが十分使えるようなので、新たに「Welcome to JA1NLX's Page (2)」を開設しました。しばらくはテストも兼ねています。
主としてLogger32に関する最新情報をお届けします。詳細情報は従来と同様にこちらでお届けします。

  1. 2007/02/07(水) 11:34:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボク流のQRPの楽しみ方 (3)

特にDXCC等を追いかけるためにContestにもよく参加します。CQWW、CQWPX、ARRLDX等のメジャーなContestにはQRP部門もあるので、運がよければ入賞したりしてAwardをもらったりすることもあります。JARLのAAは何故かQRP部門が無いですね。是非新設してもらいたいものです。
最初にQRPで参加したContestはずっと昔のCQWPXで、確かこの時は1W位での参加だったと思いますが、QRPでもこんなにできるんだとビックリした覚えがあります。Condxの違いは別にして、今は相手局全体に設備がよくなって、とってもらい易くなっているのは事実ですね。
Contestは100%呼び専門です。多くのヒトが呼んでいる局はどんどん飛ばして、とにかく呼び続けます。最初は珍局への群がりも激しいものがありますが、後半になってくると誰も読んでない珍局がとってくれます。
最近はPSK31、RTTYのContestにも参加します。思わぬQRPニューが増えたりするいいチャンスです。
2/17、18はARRLDXです。相手はW、VEだけですが、これもまた面白いです。でもこのCondxではどうでしょうか? 10mはオープンするでしょうか? それにタワー工事もまだ目処がたたないし、、、

  1. 2007/02/06(火) 21:15:00|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Windows VistaとmaicroHAM CW Keyer

microHAMに問い合わせたらすぐに返事がありました。結論から言うと、Vistaには対応してなくて、現在調査中とのことでした。USB Device RouterはCW Keyerだけでなくmicro KeyerなどUSBインタフェースを持つ他の製品にも使われています。ご注意下さい。
しばらくの間、シリアルインターフェースのWinKeyerとCATを使うことにします。

  1. 2007/02/04(日) 17:14:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オンラインでホームページを更新する

Windows Vistaへのupgradeの時にボクが使っているホームページビルダのファイル認識が狂ってしまい、一瞬慌てました。これを機会にオンラインでホームページの作成、更新が出来るモノがないか探してみました。
まあブログ+アルファみたいなものですが、いいモノがありました。これならホームページビルダのような専用アプリなしに、まるでブログ感覚で作成、更新が出来ます。勿論今までのホームページをいじることは出来ないので新たに立ち上げることになります。
無料で使える最大容量は20MBだし、細かいことを言えばきりがないので言いませんが、ここでテスト中です。

  1. 2007/02/04(日) 14:41:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows Vistaのインストール (4)

USBでPCと接続するmicroHAMのCW Keyerが相性が悪いようで、頻繁にPCとの接続が切断されてしまいます。シリアルポートで接続するWinKeyer、Tranceiver(K2)は今のところ安定しているようです。
その他XPで使用していた、プリンタ設定、ホームページビルダのサイト設定がうまく引き継がれずに再設定が必要でした。また、フリーウェアのCutePDF Writerが行方不明となってしまい再インストールしました。
他にも何かありそうです。ハイ

  1. 2007/02/03(土) 23:20:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SW-40+のXTAL交換 (2)

Daveが送ってくれたXTALに交換しました。以前のXTALは公称4000KHz、新しいXTALは4030KHzです。これによりIF周波数は4000KHzから4030KHzになります。またVFO発信周波数も約30KHzアップする必要がありますが、最初何も取り付けていなかったC7に22pFを取り付けてOK。
バンドをチェックしてみましたが、受信範囲は7000~7035KHz、7004KHz付近の極弱いイメージ以外は何も聞こえずFBです。

  1. 2007/02/03(土) 14:12:00|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows Vistaのインストール (3)

VistaをインストールしたPCのCPUはPentium 4の1.8GHzですが、512MBのメモリは最小システム要件とされていrます。結局メモリを倍の1GHzに増設しました。気のせいかXPの時と同程度の動きになったかな?

  1. 2007/02/02(金) 22:55:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ