HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

K2のメインノブ交換

手元にあるDrakeのノブに換えてみました。操作性は格段に向上します。ノブ中心の穴の径が若干違うので紙で隙間を埋めてほぼピッタリになります。これだけアップにすると表面がキズだらけです。

時々交換して使おうかな!


スポンサーサイト
  1. 2006/05/30(火) 21:37:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

英語版ブログを開設しました

専ら英語の勉強をかねて"Welcome to JA1NLX's Blog"を開設しました。内容はやっぱりElecraft、QRP DX etcです。

  1. 2006/05/30(火) 14:42:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

QRP ARCIのロゴ

先日メンバーになったQRP ARCIのロゴを見つけました。なかなかいい感じです、ハイ

  1. 2006/05/30(火) 14:04:00|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

WPX contest

この週末は孫の運動会の予定だったのでWPXもあまり乗り気ではありませんでした。結局土、日ともに雨で運動会もまた延期になってしまいました。日曜の夕方、QRP Newでもと思って21MHzで約1時間QRV、EI、7Wが増えました。この他3V、EA8もしつこく呼びましたが残念でした!

  1. 2006/05/28(日) 20:37:00|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

KX1に30mオプション追加


Wの友人から不要になったKXB30を譲ってもらいました。KXB3080に交換するまで使用していたものを送ってくれました。早速KX1に組み込んでみました。13.5V電源を接続してダミー負荷の出力は以下のようになりました。何故か30mが「大出力」です。
40m 4.5W、 30m 5.2W、 20m 4.1W

  1. 2006/05/27(土) 19:54:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最初の製品は、、、

Elecraftの新製品KPA800/1500がDaytonで話題を呼びましたが、Mailing ListにN6KRの興味あるコメントが載っています。

(1)1999年に発表した最初のTranceiverは馬鹿でかく、興味を引くために凝った作りでした。その後K2は今のように進化したし、その後の(K1、KX1のように)より小さく、安価なものになりました。

(2)2006年に発表したKPA800/1500もやっぱり大きく、興味を引くために凝った作りになりました。しかし今後より進化するでしょうし、それに続く製品もより小さく、安価なものになるでしょう。

Elecraftの戦略の一端を垣間見ることができます。

  1. 2006/05/24(水) 16:11:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

K2 coinは如何?


他にも色々あります。こちらをご覧下さい。

  1. 2006/05/23(火) 09:58:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

QRP DX


日曜日夕方の14MHzは、DR、DQがパイルになっていました。DQ2006Xは呼ぶ局も途絶えがちなのでKX1の1Wで数回callしました。やっと"JA1"までとってもらいましたが、"Very weak"とのことで結局No QSO。数分後、今度はK2の5Wで呼んでQSOできました。やはりこのcondxでは1Wと5Wの差は歴然です。1Wも5Wもできなくて当たり前なのでストレスもたまりませんが。

  1. 2006/05/21(日) 20:15:00|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

雨上がりの虹

昨晩の雨もあがって朝から久しぶりの青空です。しかし予報どおり夕方には空も黒い雲におおわれてしばし大粒の雨になりました。雨もあがり我が家から北方向を眺めるときれいな虹です。それも二重に見えてビックリ。

  1. 2006/05/20(土) 17:54:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Logger32を使ったデジタルモードの運用

Logger32にはMMTTYエンジン、MMVARIエンジン、PSKエンジンが搭載されていて、それだけでPSK31、RTTY他のデジタルモードの運用が出来ます。更にLogbook entry windowとも連携しているのでロギングも簡単です。(Call等をワンクリックで取り込むことができる)

(注意)
現時点ではLogger32のSound card data windowが日本語Windowsにうまく対応できていません。お使いのPCの環境によってはLogger32の強制終了になってしまう不具合があります。当面は以下のいずれかの方法で回避することができます。
①Sound card data windowのsettingメニューにある"Use φ for zero"にはチェックをつけない。
②コントロールパネルの地域と言語の設定オプションで、Unicode対応でないプログラム言語として英語を選択する。
③英語Windowsで動かす!

また、RX windowに表示されるCall、QTH等をクリックしてキャプチャすることが出来ますが、このクリックの位置が徐々にずれてしまう不具合があります。
当面は以下のいずれかで回避することができます。
①RX windowをクリアする。
②英語Windowsで動かす!

  1. 2006/05/19(金) 10:42:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ElecraftのAMP

ElecraftのNew product候補です。まだFCCの認可がおりていないようです。

ElecraftのDayton情報はこちらです。

  1. 2006/05/18(木) 11:46:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日のQRP DX


久しぶりに真面目に(?)ワッチ。YNはCQを繰り返しているところを見つけて呼びました。18MHzでは8Q7AVがほどほどの強さで入感。しばらく呼びましたが応答がなく、このDLで我慢しました。

  1. 2006/05/17(水) 22:38:00|
  2. DX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX1でのDX

約1週間でKX1/KXAT1が完成しました。乾電池のテストも兼ねて土、日の夕方に7MHzを聞いていました。強く聞こえていたW6とUNを呼んでみました。アンテナはRotary Dipoleです。
W6はちゃんとcallをとってもらってQSO出来ました。この時のパワーは3W。UNは最後まで"ja1rlx"とcallをとってもらえませんでしたが、出来たことにして(?)、この時のパワーは1Wでした。その他8J*P局も含めて数局のJAとQSO出来ました。
机の上の電池で動く超小型無線機ですが何とも楽しいものです。これがホントの大人のおもちゃ!

K1との比較
・ KX1の方がチューニングしやすい
・ K1と同じくAF型AGCですが、KX1の方が断然聞きやすい
・ フィルタの切れはK1に軍配

  1. 2006/05/15(月) 17:29:00|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

KX1 Test Part-ⅢとKXAT1


至福の時もつかの間、早速Part-3の組立に取り掛かりました。TX関係の部品を取り付けてTest-3も無事に通過しました。13.5V電源時のパワーは7MHzが4W、14MHzが3.5Wと合格ラインでした。一通りのチェックの後、いよいよ最後のKXAT1の組立です。比較的簡単に終了してテストも合格です。
一言感想を言うと、大変良く聞こえます。こんな素晴らしい小さなTranceiverがキットで出来るんですね。K2とはまた一味違います。
早速7MHzでQSOが出来ました。

  1. 2006/05/13(土) 21:15:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

KX1 Test Part-Ⅱ


Test Part-Ⅱまできました。組立開始からここまでの所要時間は約10時間です。手順に従ってチェックを進めて異常はありません。最後にアンテナを接続します。最初にノイズを聞きながらトリマを回してピークに調整します。ダイアルを回すと聞こえる、聞こえる、7MHzも14MHzもOKです。しばし煙草をくわえて至福のひと時です。

一休みしたらPart-3の組立、出来れば今日はKXAT1までやってしまおうっと!

  1. 2006/05/13(土) 09:56:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

芝生のたんぽぽ

ベジタブルサモサ☆
面白い記事と写真がありましたのでご紹介です。この方はカナダ在住の日本人女性です。この芝生とたんぽぽ、道路の反対側のただの芝生、このコントラストが実に面白く感じました。日本人ならやっぱりたんぽぽはそのままにしますよね。

  1. 2006/05/12(金) 10:19:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Logger32掲示板がダウン

システム機器の不具合があるようで現在使用出来ない状態にあります。復旧に数日要するというアナウンスがありました。ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

  1. 2006/05/11(木) 13:35:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX1 Test PartⅠ

PartⅠの作業を終えて、恐る恐るTest Part1を試みました。手順に従って電源SWをONにします。この最初の表示ですごく安心します。Part1のTest項目を全てチェックしました。
一つ気がかりなことは、D2のアノード、カソード、U1のpin1、U3のpin6でAC電圧を見て発振していないことをチェックするのですが、ボクのDMMで計ると一ケタ大きな値を示します。どうもDMMのリード線からひろっているようでもあり、ちょっと頭をひねってます。

  1. 2006/05/10(水) 22:33:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

KX1組立開始

KX1 到着は明日
帰宅したらKX1が到着していました。いつもより晩酌を少なめにして(?)、早速作業開始です。でも慌てないで、慎重にやりましょ!

  1. 2006/05/10(水) 07:10:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

WK2登場

K1ELのWinKeyerがバージョンアップされました。新しいWK2はUSB対応になり、勿論Kitもあります。詳細はこちらをご覧下さい。

  1. 2006/05/09(火) 06:51:00|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KX1 到着は明日

いよいよKX1を、、、
EDCより、"ご依頼のキットは本日のヤマト代引き便にてお送りさせて頂きました。"とのお知らせメール。明日には到着しそうです。尚、組み立ての様子は、こちらでもご紹介する予定です。

  1. 2006/05/08(月) 16:03:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

連休中のQRP DX

長~い連休も明日で終わりです。
Logger32によるPSK31モードのテストも兼ねて、DXは殆どPSK31モードで運用しました。パワーは殆ど5w、一部例外的に10wです。QRPファンにはPSK31が相性がいいようです。自慢は、3B9/ON4LACです。

  1. 2006/05/06(土) 21:56:00|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2階のベランダでMP-1のテスト

今日も風が強くてアンテナが揺れます。地面に設置した場合とはかなり共振点がずれますが、復活したRF-1で調整も簡単です。ラジアルは2本でベランダ上に這わせました。7Mhzで1時間ほど運用して5局とQSO、地面に設置するよりは飛びがよさそうです。当然ですね。

  1. 2006/05/06(土) 10:33:00|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いよいよKX1を、、、

連休中のことなのでいつ到着するか分かりませんがKX1を注文しました。7月のVE行きまでにはまだ時間があります。K1を持ってゆくか、KX1にするか、両方持ってゆくか、また悩みそうです。オプションはKXAT1のみとしました。
連休に入ってK1を乾電池で動作させてそのもち具合をチェックしてきました。殆ど毎日電源を入れたり、切ったりしながらそこそこQSOもしてきました。K1の出力設定は3wです。ほぼ10時間程度使ってきましたが乾電池は当初の12Vから10.4Vになったものの、出力はまだ3wをキープしています。この調子だと数日間の軽い運用であれば交換無しに運用出来そうです。予備の乾電池とACアダプタで完璧!重たい充電器とバッテリは不要かな。

  1. 2006/05/05(金) 20:55:00|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

復活したRF-1

Dead RF-1
結局箱をあけ、2枚のボード上の半田付け箇所に再度半田ごてを当て直しました。また、電池からのリード線が半分切れ掛かっていたところを直しました。半信半疑で電源を入れると生き返っていました!Autekに送らずにすみました。

  1. 2006/05/04(木) 11:28:00|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CW小僧を貼り付けたQSLカード

ちょっと遊んでみました。

  1. 2006/05/03(水) 20:38:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Dead RF-1

この連休中に酷使(?)したせいか、うんともすんとも言わなくなってしまいました。バッテリをニューに交換しても全く表示が出なくなってしまいました。Autek Researchに連絡をとったところ、最悪は送り返してもらえれば、$60+送料で修理するとのことです。新品を買うよりは少し安いのですが、、、

  1. 2006/05/03(水) 07:39:00|
  2. Accessory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

QRP-ARCI

QRP-ARCIのメンバーになりました。メンバーの方々よろしくお願いします。年4回発行される「Quarterly」という雑誌が楽しみです。

  1. 2006/05/02(火) 06:24:00|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

PSK31モードのDX

この数日は夕方の21MHzでPSK31モードのQSOを楽しんでいます。いつのまにかcondxも上昇してEUも良く聞こえます。(見えます!) 10Wほどのパワーでも何とかできて面白いですね。相手のSoftwareは圧倒的にMixWが多く、たまにDegiPanとか、何と今日の相手のOK2PCLはLogger32を使っていました。

  1. 2006/05/01(月) 18:38:00|
  2. QRP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0