HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Logger32 機能の変更

ADIFの最新仕様では、ModeとSub Modeが明確に定義されています。これに対応するためにLogger32の関連処理が変更になります。リリースまでに内容が更に変わる可能性があります。

・ ADIFModes.txtの内容変更 下記のようになります。左がMode、その右に"="に続けて書かれているのがSub Modeです。このファイルは自動更新で置き換わります。

AM
ARDOP
ATV
CHIP =CHIP64,CHIP128
CLO
CONTESTI
CW =PCW
DIGITALVOICE
DOMINO =DOMINOEX,DOMINOF
DSTAR
FAX
FM
FSK441
HELL =FMHELL,FSKHELL,HELL80,HFSK,PSKHELL
ISCAT =ISCAT-A,ISCAT-B
JT4 =JT4A,JT4B,JT4C,JT4D,JT4E,JT4F,JT4G
JT6M
JT9 =JT9-1,JT9-2,JT9-5,JT9-10,JT9-30
JT44
JT65 =JT65A,JT65B,JT65B2,JT65C,JT65C2
MFSK =MFSK4,MFSK8,MFSK11,MFSK16,MFSK22,MFSK31,MFSK32,MFSK64,MFSK128
MFSK144
MT63
OLIVIA =OLIVIA 4/125,OLIVIA 4/250,OLIVIA 8/250,OLIVIA 8/500,OLIVIA 16/500,OLIVIA 16/1000,OLIVIA 32/1000
OPERA =OPERA-BEACON,OPERA-QSO
PAC =PAC2,PAC3,PAC4
PAX =PAX2
PKT
PSK =FSK31,PSK10,PSK31,PSK63,PSK63F,PSK125,PSK250,PSK500,PSK1000,PSKAM10,PSKAM31,PSKAM50,PSKFEC31,QPSK31,QPKK63,QPSK125,QPSK250,QPSK500,SIM31
PSK2K
Q15
QRA64 =QRA64A,QRA64B,QRA64C,QRA64D,QRA64E
ROS =ROS-EME,ROS-HF,ROS-MF
RTTY =ASCI
RTTYM
SSB =LSB,USB
SSTV
THOR
THRB =THRBX
TOR =AMTORFEC,GTOR
V4
VOI
WINMOR
WSPR

・ Band、Mode設定テーブルのMode欄はADIF定義のModeのみが入力できます。今までPSK31とかPSK63と書いていましたがこれらは全てPSKとなります。このテーブルは自動更新で置き換わります。
・ Phone/Digitalモード設定テーブルのModeもADIF定義のModeになります。
・ Soundcard data windowを使用する場合、Sub Modeとして例えばPSK31をログするには、Mode from Soundcard/CW machineにチェックをつけておく必要があります。Logbook entry windowのModeがSubmodeに変わっていることに注意してください。
・ Logbook page windowにはMode欄が1ツしかありませんが、ここにはLogbook entry windowに表示されるMode、或はSub modeが表示されます。

2017_318.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/04/18(火) 22:21:00|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 新機能テストのその後

ベータテストはしばらくの間ストップすることになりました。
現在ClubLogがLoTWから貰うコンファーム済みQSOには、クレジット受領済み、単にコンファーム済みQSOが同じフラグ"C"になっています。これだとLogger32でLogbookをClubLogのLogbookと同期しようとしてもうまくありません。
ClubLogがLoTWから(Logger32にとって)望ましいデータを貰えるまでお休みです。当分の間Logger32のメニューはグレー表示です。 (Synchronize LoTW (from Club Log))

2017_315.jpg


  1. 2017/04/16(日) 16:36:59|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 新機能

次期バージョンで追加されると思われる新機能、Sync LoTW from ClubLogです。現在ベータテスト中です。

2017_310.jpg

この機能を使うためには、LoTW、ClubLogのユーザーであることが必要です。
1) ClubLogの新機能
・ LoTWからコンファーム済みのQSOをダウンロードしてClubLog内のLogbookを更新
・ ClubLog内のLogbookのnew QSOをLoTWにアップロードできる。

2) Logger32の新機能
・ ClubLogのLogbookをダウンロードし、Logger32内のLogbookを更新できる。(LoTWによるConfirm、Credit Granted)


  1. 2017/04/13(木) 11:08:46|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 次期バージョン

DX Activityの表示が壊れていましたが、これが修正されます。

2017_299.jpg


  1. 2017/04/07(金) 06:47:02|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 Help File

ヘルプファイルの英語版は暫定的に下記からダウンロードすることができます。

https://github.com/VA7HU/Logger32-Helpfiles/releases

追加
従来通りここからダウンロードすることができます。

2017_297.jpg


  1. 2017/04/06(木) 08:20:46|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Logger32 TS480HXを制御する

TS480HXは比較的簡単に200Wが出せること、受信性能面でも特に悪いわけでない等の理由で愛用しています。
操作面でイチバン気になるのが、操作パネルのボタン操作がしにくいことです。ボタンが小さいとか、ボタンを押すと動いてしまうとか。
そこで例によってLogger32のRCPから制御します。こうすればVFOつまみを回すこと以外、触ることもなく使えます。

2017_295.jpg

上段はSplit、パワー、バンド切替、中段は、フィルタ切替、電源ON/OFF、バンド切替、下段はNR1、NR2、NR OFF、RF Gain、モード切替です。
NR1、NR2は、操作パネル上のNRボタンでは押せばNR1→NR2→OFFとなりますが、こうすれば直接NR1 ON/OFF、或はNR2 OB/OFFとすることができます。
RF Gainは操作パネル上につまみがなくMenuで呼び出して、設定するしかないので、こうすれば便利です。
特に気にいっているのが電源ON/OFFです。操作パネルのボタンが端っこにあって、押す時にパネルが動きやすいのです。

RCPにはありませんが、TF-SetはマイクのPFキー、或は先日作ったTF-Setコントロールボックスを使います。

  1. 2017/04/04(火) 08:48:32|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 次期バージョン

次期バージョンで次のように変更があります。

1. Worked/Confirmed window
Complexモードで表示させた時の現在のバンド、モードを示すセルを分かり易くした。

2017_294.jpg

2. DX spot window
DX spotの周波数表示のフォーマットを選択できるようにした。
今までこのオプションはspotを送信する時の周波数フォーマットを指定するだけであったが、今回は同時に表示のフォーマットも変更されます。

2017_296.jpg


  1. 2017/04/03(月) 07:18:01|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 KH4とKH7K

ARRLによればKH4とKH7Kが消滅カントリーになります。
Logger32 ver3.50.313では、ClubLogによるデータベースの更新で消滅カントリーになるための準備がされています。ClubLogによる更新を利用していない場合は、手動でデータベースを修正してください。

  1. 2017/04/01(土) 09:19:29|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 1ツのLogbookを複数のPCで共有

いくつか方法がありますが、もし複数のPCがネットワークで接続されていれば次の方法が簡単です。

1. #1、#2のPCにLogger32をインストールする。この場合#1のLogbookを#2でも読み書きできるようにしたい。
2. #1のPCでLogger32のフォルダを共有フォルダにする。(読み書き可能)
3. #2のPCで#1のPC上のLogger32のフォルダが見えたら、これにネットワークドライブを割り当てる。
4. #2のPCでLogger32を起動し、Logbookの切替からネットワークドライブ上のしかるべきLogbookを選択する。次の例では"Z"がネットワークドライブです。

NetworkDrive.jpg

5. #1、#2で同じLogbookを同時に開くことはできません。どちらかのLogger32を終了しておく。異なるLogbookをそれぞれのLogger32が開くことは問題ありません。

  1. 2017/04/01(土) 07:59:58|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 次期バージョン

・ Soundcard data windowがMMTTYモードの場合、ツールバーの上にマウスを置くとToolTipsが表示されるようになります。

2017_289.jpg

・ DX spot window、BandMapのspotの上にマウスを置くとToolTipsが表示されますが、表示位置が若干変更になります。

DXSW_14A.jpg


  1. 2017/03/30(木) 08:06:54|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ