fc2ブログ




Logger32 次期バージョン

UDP BandMapのCherry-pickingとManual calling
CQ AS K4CYとか、CQ DX K4CY等に対しては呼びます。しかしCQ ASIA K4CYはブロックされて呼び出しませんが、次期バージョンでは修正される予定です。
スポンサーサイト



[ 2022/04/30 06:48 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

UDP BandMapのConfigメニューのCherry-picking optionに新しいメニューが追加されます。Cherry-pick only stations that are highlighted

LSY2022_209.jpg
[ 2022/04/16 06:46 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 ver4.0.292

最新版がリリースされました。変更内容は次の通りです。(Bobによる原文のまま)

Not all fields were transferred when parallel logging.
Under certain conditions a simple check of QSO B4 returned incorrect results.
Fixed problem with QSO delete/modify when using the N1MM bridge and parallel logging was enabled.
Fixed a problem with the CQDXFIELD award calculations.
Eye candy changes made to the TCP Server window.
A new/updated FauxCNTY.CSV file included in the update package.

[ 2022/03/16 06:31 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 突然のトラブル

先日、Logger32が終了できなくなるトラブルに見舞われました。その原因は、Logger32の終了時に、既にTS480の電源がOFFになっていたためでした。
TS480は、操作パネルのボタンで電源OFFにすると、内部のCATも死んでしまい、Logger32がそのまま待ちの状態になります。この場合、TS480の電源をONにすればLogger32もすぐに終了します。
IC7610等の新しい機種では、操作パネルで電源をOFFしてもCATはそのまま動いているので、このような問題は起きません。
お粗末でした、、、
[ 2022/03/08 09:46 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

FTDX3000がサポート機種として追加される予定です。
リストでは"FT-3000"となっています。

LSY2022_80.jpg
[ 2022/02/17 07:28 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 突然のトラブル

突然Logger32が終了できなくなりました。終了させようとするとこの画面のまま、WindowsのTask managerからも終了できず、仕方なくPCを強制再起動させます。

LSY2022_73.jpg

・ イチバン怪しいのは3ツも4ツも動かしていうる自作utilityですが、全てオフにしておいてもダメ
・ 終了時に走らせている自動バックアップをオフにしてもダメ
・ UDP BandMap関連を全てオフにしてもダメ
・ Windows 11の定期的更新のイチバン新しいモノをアンインストールしてもダメ

勿論Window 10で動かしているLogger32は全く問題なしです。そこで最後の手段、Logger32.iniを初期設定状態にしてみたらOKになりました。2000行以上あるLogger32.iniのどこに原因があるのか調べるのはほぼ困難です。とりあえずFT8の運用に必要な設定をやり直しました。新しいLogger32.iniは現在620行となっています。
[ 2022/02/15 18:38 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(3)

Logger32 次期バージョン

サーバーのリブートで、Telnet/Local hostとの接続が切断状態になることがあります。次期バージョンではこの切断状態を検出、自動的に再接続を行います。
[ 2022/02/02 17:45 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

FauxCNTYデータベースを使ったUS CNTYデータの変換機能が追加されます。
LoTW Syncで使われるlotwreport.ad、Logger32に取り込むQRZ.com等のデータ、他のロギングプログラムからexportされたadi等には、US CNTYデータがADIF定義になっていないものがあります。新しいデータベースは、これらを正しいUS CNTYデータに変換するものです。

自動更新では、新しいデータベースがLogger32のフォルダに作られます。 FauxCNTY32.isd、FauxCNTY32.isl、FauxCNTY32.ism

LSY2022_40.jpg


このデータベースはユーザーが任意に変更することができます。但し、County Hunters CNTYは、ADIFで定義されたUS CNTYでなければなりません。このデータベースはcsvによるimport、exportが可能です。自動更新では初期データとして170件の変換データがこのデータベースに作られます。

LSY2022_41.jpg

LSY2022_42.jpg


この変換機能を使う場合は、Logbook entry windowのSetupメニューから、"Translate non-standard CNTY data to award standard"にチェックします。

LSY2022_39.jpg
[ 2022/01/20 07:14 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(1)

Logger32 次期バージョン ?

次期バージョン(?)に新たな機能が追加される予定です。
KL7の行政区分の扱いは他の州と違い複雑です。USACA Awardではこれらを4ツに整理したものをCountyとして扱っており、ADIFの定義もそれを踏襲しています。
しかし、殆どのKL7の運用者はこの4ツの区分ではなく、もっと細分化された区分を使っています。例えばAnchorage、これはUSACAでは第3区分、Sitkaは第1区分です。
今までは、Logger32は細分化された区分を"該当なし"として扱ってきましたが、細分化された区分を4ツの区分のどれかに変換するテーブルが新設されます。Faux CNTYテーブルと呼びます。

LoTW Sync、Callsign lookup、Logbook編集等でこの変換テーブルが参照されることになります。

LSY_80.jpg

KL7の区分だけでなく、他の州でも記述違いが少なからずあります。最も多いのは、St.とすべきところSaintと記述されているものです。これらも変換テーブルでUSACAが定める記述に変換されます。

LSY_81.jpg

[ 2022/01/10 10:32 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 テストのお願い

一部で発生した不具合は次期バージョンで修正されます。
協力いただいた方々に感謝します。

もし予備のPCがあって、Logger32のアンインストール、インストールを繰り返し行える方がいたら、是非テストのご協力をお願いします。協力いただける方はメールでお知らせください。
テストの内容は、secondary admin database (USACA、JCC等のデータベース)のexport、importの繰り返しです。
[ 2022/01/06 09:35 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)