FC2ブログ





Logger32 次期バージョン

WSJT-X/JTDXを使う場合、新たな機能が追加されます。
WSJT-X、或はJTDXを呼びたい相手をダブルクリックした時、そのcallsignがLogbook entry windowに転送され、Rotor制御、或はCallsign lookupからの補足情報が補充されます。もしそのQSOがWSJT-X/JTDXでログされれば、同時にLogger32にもログされます。
この場合、UDP BandMapは使う必要がありませんが、UDPポートはオープンしておく必要があります。
スポンサーサイト



[ 2019/11/15 06:42 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

UDP BandMapに新しい機能が追加されます。
QSOをログした時に自動でDX spotを送出する機能を使っていない場合、WSJT-X/JTDXでFT4/FT8のQSOをログし、自動でLogger32にそのQSOをログした時、Cherry-picking event viewer/Manual calling event viewerのメニューに"Spot"が表示されます。
このQSOのSpotを送出したい場合は"Spot"をクリックします。送出しない場合はそのまま放置します。Spotのデータは次に自動でQSOがログされた時に上書きされます。

QSOがログされると

UBM=14M.jpg

"Spot"をクリックすればspotを送出

UBM=14N.jpg

尚、次の自動更新は11/4に予定されています。
[ 2019/11/02 09:48 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

DX spot windowに新たな機能が追加されます。
DX spot windowに表示される個々のspotに対するTooltipsのModeは、BandMode設定テーブルが参照されています。しかし特にFT8のF/Hモードに関しては運用者が自由に周波数を設定するため、BandMode設定テーブルをただ参照すると、場合によってはRTTYになったりCWになったりします。

SS2019-10_117.jpg

メニューに追加された項目、"If the first word of comments is a mode, use it"にチェックを付けておいた場合の動作は次のようになります。
・ そのspotのcomment欄の最初の単語がmodeを示す場合、BandMode設定テーブルを参照せずにこの単語がmodeとして扱われます。

Band/Mode設定テーブル

SS2019-10_116.jpg

DX spot windowのTooltips表示
Band/Mode設定テーブルには21910KHzに対応するmodeはCWとなりますが、comment欄の最初に"ft8"があるのでこれがmodeとして扱われます。

SS2019-10_115.jpg

このspotをクリックした時も同様で、この"ft8"がmodeとして扱われます。



[ 2019/10/31 18:32 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

新たな機能が追加されます。
現在のLogger32の周波数をUDPポートに出力することができます。私はこのような機器は持ち合わせていませんが、もしこの機能を使う場合は、MainメニューからSetupをクリック、SetupメニューからFrequencyをクリックします。Enable frequency change UDP Broadcastにチェックを付けます。

SS2019-10_018.jpg

Logger32の周波数が変化した時には次のようなフォーマットで周波数データがUDPポートに出力されます。

SS2019-10_019.jpg

[ 2019/10/03 16:17 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

QSLフラグの付け方に新しい機能が追加されます。

SS2019-09_101.jpg

上の3ツについては従来通りで、QSOがログされる時に自動的にフラグを付ける項目にチェックします。

Remove external Export QSL flags
ClubLog等にQSOをuploadする時、N2AMG作のL321LogSync等のutilityを使っている場合は注意が必要です。
eQSLの場合は、一時的にLogger32が作るeQSL Dump File.txtが使われる可能性があります。
ClubLogの場合は、一時的にLogger32が作るClublog Dump File.txt、或はADIF Audit trail.txtが使われる可能性があります。
私のUtility、ClubLogUploaはClublog Dump File.txtを使っています。それぞれ設定を確認し、必要な項目にチェックします。
(従来は、Logger32.iniの概要項目を修正する必要がありました。)

SS2019-09_102.jpg

Flag existing QSOs for QSLing
何らかの理由で、Logbookにある全てのQSOにフラグを付ける場合には、フラグを付ける項目にチェックしApplyをクリックします。
或は全てのQSLフラグを外す場合は、Remove all send QSL flagにチェックを付けApplyをクリックします。
いずれの場合もSentフラグの付いたQSOに対しては何もしません。

SS2019-09_103.jpg

[ 2019/09/30 11:18 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Logger32には、Logbook entry windowに入力されている相手のLocal timeを表示する機能があります。

SS2019-09_083.jpg

但し一部のCountry、例えばYBの場合、Logger32のデータベースが持つTime zone nameとWindowsが持つTime zone nameが一致していないためにLocal timeが表示されません。
次期バージョンにupdateされた後、ClubLogによるデータベースのupdateが行われると、YBのTime zone nameが変更されてLocal timeが表示されるようになります。
YBには実際は3ツのTime zoneがありますが、PrefixとTime zoneの関係が不明なため、今回は共通で”SE ASIA STANDARD TIME"が使われます。
[ 2019/09/25 11:16 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 Yaesuのサポート機種

Yaesuの機種名は多種多様ですが、Logger32のサポ-ト機種リストではその表示が簡略化されています。
例えば、FTDX-5000MP Limitted、FTDX5000MはFT-5000、FTDX9000D、FTDX9000Contest、FTDX9000MP、FTDX9000MP ContestはFT-9000となっています。最新モデルのFTDX101D/DM/S、FTDX101MPの場合は、FT-101Dを選択してくだsだい。尚、FT-991でも動作すると思います。

SS2019-09_078.jpg

[ 2019/09/23 09:20 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 最新版

自動更新でver3.50.393がリリースされました。今回はバグ修正が主な内容です。
とは言え、必ず最新版を使ってください。古いバージョンをそのまま使われていると、相談されても対応できません。"Enable auto update"にチェックを付けて使ってください。

SS2019-08_087.jpg

[ 2019/08/26 08:43 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Band/Mode設定テーブル
従来Mode欄にはADIF Modeを書く必要がありましたが、ADIF Submodeによる記述が可能になります。これにより今までPSK31、PSK63等はPSKと記述していましたが、PSK31、PSK63に変更する必要があります。またFT4については今までMFSKでしたがFT4に変更する必要があります。変更後、Recalcが必要です。

SS2019-08_042.jpg

Awardテーブルの表示オプション
Mode、Submodeでの実績表示をすることができるようになります。PSKを指定すればPSK31、PSK63 等のSubmodeの合計が、PSK31を指定すればPSK31だけの実績を表示します。

SS2019-08_043.jpg

WSJT-XのFT4モード
JTDXと同様な「自動運転」が可能になります。すなわちCQ、73、RR73に対応するUDP reply messageがWSJT-Xに送られます。WSJT-Xはこれを受けて相手を呼び始めます。(UDP BandMapのCherry-picking、Manual calling)
尚、WSJT-XのFT8モードは今までとおりです。
[ 2019/08/11 07:12 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Logger32の次期バージョンは、WSJT-X FT4モードへの対応が強化されています。その内容は今までご紹介した通りですが、興味のある方はメールでお知らせください。正式リリース前のテストにご協力をお願いします。
[ 2019/08/02 12:00 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)