FC2ブログ





Logger32 最新版

自動更新でver3.50.393がリリースされました。今回はバグ修正が主な内容です。
とは言え、必ず最新版を使ってください。古いバージョンをそのまま使われていると、相談されても対応できません。"Enable auto update"にチェックを付けて使ってください。

SS2019-08_087.jpg

スポンサーサイト



[ 2019/08/26 08:43 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Band/Mode設定テーブル
従来Mode欄にはADIF Modeを書く必要がありましたが、ADIF Submodeによる記述が可能になります。これにより今までPSK31、PSK63等はPSKと記述していましたが、PSK31、PSK63に変更する必要があります。またFT4については今までMFSKでしたがFT4に変更する必要があります。変更後、Recalcが必要です。

SS2019-08_042.jpg

Awardテーブルの表示オプション
Mode、Submodeでの実績表示をすることができるようになります。PSKを指定すればPSK31、PSK63 等のSubmodeの合計が、PSK31を指定すればPSK31だけの実績を表示します。

SS2019-08_043.jpg

WSJT-XのFT4モード
JTDXと同様な「自動運転」が可能になります。すなわちCQ、73、RR73に対応するUDP reply messageがWSJT-Xに送られます。WSJT-Xはこれを受けて相手を呼び始めます。(UDP BandMapのCherry-picking、Manual calling)
尚、WSJT-XのFT8モードは今までとおりです。
[ 2019/08/11 07:12 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Logger32の次期バージョンは、WSJT-X FT4モードへの対応が強化されています。その内容は今までご紹介した通りですが、興味のある方はメールでお知らせください。正式リリース前のテストにご協力をお願いします。
[ 2019/08/02 12:00 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Logger32のUDP BandMapによるJTDX、WSJT-Xの「自動運転」は現在次のようになっています。

・ JTDX
CQ、RR73、73のメッセージを受信した時、JTDXがその相手を自動で呼ぶ
現在FT8に対応
・ WSJT-X
CQのメッセージを受信した時、WSJT-Xがその相手を自動で呼ぶ
現在FT4、FT8に対応

Logger32の次期バージョンではWSJT-Xについては次のようになります。
・ FT4はCQ、RR73、73を受信した時、WSJT-Xがその相手を自動で呼ぶ
・ FT8は従来通りで、CQを受信した時のみその相手を自動で呼ぶ

「自動運転」を好まない方は使う必要はありませんが、素早いマウスクリックが苦手だという方はどうぞ使ってみてください。
尚、自動更新時に仕様が変わる可能性があります。
[ 2019/08/01 14:33 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

FT4のQSO実績をより見やすくするために、Band/Mode設定画面もMode欄にSubModeを指定できるようになります。FT4の場合、従来はModeとしてMFSKを指定する必要がありましたが、直接FT4が指定できます。

SS2019-07_074.jpg

Worked/Confirmed windowとか、UDP BandMap等の表示のさせ方は自分好みで設定可能ですが、私の場合はFT8だけでいくやった? FT4だけでどうだ? を優先するので、次のような設定、表示をさせています。

Phone/Digital Modeの設定   FT4、FT8は敢えてDIGI modeから外す

SS2019-07_075.jpg

以上の変更をした時は必ずRecalcを実行します。

Worked/Confirmed windowの場合

SS2019-07_076.jpg

UDP BandMapの場合  "Highlight Callsign/Grid as Digi mode"にはチェックしない

SS2019-07_077.jpg

Awardテーブルの場合    FT4だけでいくつやったかが見られる

SS2019-07_078.jpg

[ 2019/07/29 08:36 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

UDP BandMapのブロック機能に「特定のCountryをブロック」が追加されます。CountryはDXCCのADIFコードで指定します。JAをブロックする例です。

SS2019-07_042.jpg

[ 2019/07/22 16:28 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

特定のDX spotを受信した時にその内容をeMailで送信する機能は従来からありますが、次期バージョンではJTDX/WSJT-Xがデコードした特定のメセージをeMailで送信する機能が追加されます。

a) DX spot windowでeMail Alertの設定をする。

SS2019-07_022.jpg

b) UDP BandMapのConfigメニューで"Enable SMS/eMail message、、、"にチェックする。

SS2019-07_021.jpg

届いたメールの例 件名のみで本文はありません

SS2019-07_024.jpg

[ 2019/07/13 06:44 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 Tooltipsのフォント等

SS2019-07_005.jpg

設定によりこんな外観にすることも出来ます。Logger32で使われる全てのTooltipsに共通の設定です。
・ DX spot windowで右クリック
・ Setupをクリック
・ Tooltipsをクリック
・ Tips font & color、或はTips backcolorをクリック

私がいつも見ているのはこんな感じのTooltipsです。

SS2019-07_006.jpg

[ 2019/07/02 08:51 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Cherry-pickingでは、CQ AS K4CYは呼ぶ、CQ EU K4CYは呼ばないというように動作していますが、次期バージョンではCQ JA K4CYも呼ぶ対象になります。下図はCQ JA ZS1SBW JF95を見つけてCherry-pickingが自動的に呼んでいる例です。

SS2019-06_093.jpg

現時点の仕様
CA AS W5IFP                 <- JA1NLX can reply, K4CY can not
CQ JA W5IFP                 <- JA1NLX can reply, K4CY can not.
CQ P5/HL/JA W5IFP      <- JA1NLX can reply, K4CY can not.
CQ NA JA1NLX              <- W5IFP can reply, K4CY can reply
CQ W JA1NLX               <- W5IFP can reply, K4CY can reply
CQ W/VE JA1NLX         <- W5IFP can reply, K4CY can reply
[ 2019/06/30 21:02 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 ver3.50.389

自動更新により最新版ver3.50.389がリリースされています。主な内容は、
・ 新しいIOTAの追加
・ N1MM-Logger32 Bridgeへの対応 (N1MMでログしたQSOが自動的にLogger32にもログされる)
・ バグ修正
N2AMG作のN1MM-Logger32 Bridgeはまだリリースされていません。リリースされ次第お知らせします。

尚、Logger32日本語ヘルプは、もはやその役目が終わったと感じています。今後は、大きな変更、機能追加等があった場合にのみ対応します。
[ 2019/06/27 14:25 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)