hamlogger.io

Logger32のユーザー間で情報のやりとり、不具合等の報告に今まではYahoo Groupを使ってきましたが、極めて安定性を欠くことからGoogle Groupを使うことになりました。今までYahoo Groupでメンバーだった方々には案内が行っていると思います。
新たにメンバーになるにはこのgroupの管理者による承認を得る必要があります。また、このgroup内のやりとりは全て英語です。

・ https://groups.io/g/hamloggerを開く
・ hamlogger+subscribe@groups.io宛てにメールを送る。この時あなたのcallsignを必ず書いてください。 callsignが書かれていない場合は承認されません。

スポンサーサイト
[ 2018/04/07 07:59 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Club Logのシステム更新

更新作業が進められてきたClub Logは4/1から新システムに移行しました。以下の影響があるので注意してください。

1. Logger32
Logger32がClubLogにアクセスし、そのデータベースを使用している機能は、Windows XPでは使えません。
Country database exceptions from Club Log、Synchronize LoTW from Club Log、Load LoTW users file from Club Log

2. ClubLogUpload uility
従来のバージョンは使えなくなるので最新のver3.03に更新してください。またWindows XPでは使えません。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/UtilityProgram/UtilityProgram.htm

3. LoTW-eQSL utility
従来のバージョンは使えなくなるので最新のL32 LogSyncに更新してください。またWindows XPでは使えません。

http://www.n2amg.com/software/l32-logsync/

2018/4/2 追記
新しいL32 LogSyncがうまく動かないという報告が多くみられます。
・ インストールできない
主にウィルスチェッカがいたずらしているケースが多いようです。インストール時はウィルスチェッカを一時的に閉じ、インストール後はウィルスチェッカのチェック対象からL32 LogSyncを外してください。
・ ClubLogにuploadできない
これはClubLog側の問題ですが、パスワードに記号を使っていると接続できないようです。パスワードを英数だけに変更すればOKになると思います。
・ LoTWへの接続でタイムアウト
昨日はLoTWに直接接続しても大変反応が遅くなっていました。もう一度やってみてください。

いずれにしても落ち着くまでしばらく待ったほうがいいと思います。

[ 2018/04/01 09:51 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 過去のWindows OSへの対応

Logger32は、
・ Vista、7、8、10では完全に動作が保証されています。
・ NT、95、98、2000、ME、XPは初期のLogger32のみ動作が保証されています。技術の進歩、OS周辺の環境変化による一部の最新機能については動作が保証できません。

一例として、先日来ClubLogのシステム変更が行われていますが、変更の理由の1ツがセキュリティ対策です。一方ですでにXP以前のOSについてはセキュリティサポートも終了しています。従ってあるシステムが最新のセキュリティ対策を施した場合、XP以前のOSについては「蚊帳の外」にならざるを得ません。
私はXPが好きでしたが、こういう状況になるとそうも言っていられなくなります。まだXPを使われている方もいると思いますが、なるべく早めに更新されることをお勧めします。

[ 2018/03/17 21:32 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 Country database exceptions from Club Log

最近行われたClub Logのシステム変更後、Windows XPではCountry database exceptions from Club Logが動作しなくなっているようです。Logger32は今のところ有効な解決策が見いだされていません。Windows XPはLogger32のサポート対象から外れる可能性もあるので注意してください。

LS2018_133.jpg



[ 2018/03/13 06:41 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

G3NPA SK

Logger32の開発チーム、サポートチームのリーダー的存在であったGeoff G3NPAが亡くなりました。近年は体調不良で第一線から遠ざかっていましたが、彼の努力なくして今のLogger32はありません。まことに残念です。

I am sorry to report that Geoff Anderson G3NPA has passed away over the weekend he had not been well for some time.
He assisted with Logger 32 in the beginning I believe and also with the help manual as well.
RIP Geoff,

73 Rich G4FAD..


__._,_.___

[ 2018/03/06 19:38 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 他のロギングプログラムからのログのインポート

時々相談を受けることがあるので、その手順を整理しておきます。
Logger32はADIF形式のログファイルのみインポートすることができます。最低限必要なデータ項目は、QSO日時(UTC)、相手のcallsign、周波数、モードです。日本語は使えません

1. ADIF形式の場合
ADIFの仕様通りに各フィールドが使われていること、日本語が混在していなければそのままインポートすることができます。

2. ADIF形式以外の場合
テキストファイルで、各項目がコンマ、或はタブ等で区切られていて、Excelでで各項目がExcelの各列に配置できれば、ADIFに変換することができます。ADIFへの変換は各列ごとにExcelのマクロで変換式を作り、それを全て足し合わせます。日本語が混在する項目、1ツの項目が多目的に使われている項目は変換できません。
いずれにしてもExcelの知識が必要です。

お困りの場合は一度ご相談ください。

[ 2018/02/28 09:12 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Utility メニューに新しい項目が追加になります。
IOTAの組織が新しくなりHPも更新されましたが、従来あったIOTA Activityの提供サービスは止めたそうです。従って"IOTA Activity"はいずれメニュ-項目から削除される予定です。

LS2018_87.jpg





[ 2018/02/16 07:09 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 UDP BandMapの使い方

Logger32には、WSJT-X、或はJTDXでQSOをログすると同時にLogger32のLogbookにそのQSOをログする機能だけでなく、WSJT-X、或はJTDXがデコードしたcallsignをUDP BandMapに表示する機能があります。時々質問をいただくこともあるので、UDP BandMapへの表示のさせ方を整理しておきます。これは表示の例ですが、右はJTDXのBandActivity、左はUDP BandMapです。
UDP BandMap について、
callsign左の"X"は、QSO B4、文字色が緑はCQ、背景色がオレンジはnot worked this mode、背景色が薄いピンクはnot worked this Band/Mode、callsign左のオレンジはLoTWユーザーを示しています。

LS2018_82.jpg

私の場合、ニューだとか、QSO B4とかは全てUDP BandMapで表示するようにしてあります。

1. JTDXの色設定
CQ、自分のcallsignと自分の送信メッセージの色だけを設定しています。(WSJT-Xの場合も同じ)

LS2018_83.jpg

2. UDP BandMapを表示させるには、
ステータスバーのUDPを右クリック、"Open UDP BandMap"をクリックします。

LS2018_86.jpg

3. UDP BandMap 表示のオプション(1)
Configメニューでオプションを選択します。

LS2018_84.jpg

4. UDP BandMap 表示のオプション(2)
callsignの背景色(Highlight)は、DX pot windowの色設定によります。

LS2018_85.jpg



[ 2018/02/12 20:49 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Z6 Kosovoの追加

最近、Logger32のPrefixデータベースにZ6を追加する件で問合せをいただきます。
Z6を追加するには次の2通りの方法があります。
(1) ClubLogによりLogger32のPrefixデータベースを更新する。但しLogger32 ver3.50.347であることが必要です。
手順は次の通りです。
1. Logger32のMainメニューからSetupをクリック
2. サブメニューからUpdatesをクリック
3. Country database exception from ClubLogをクリック
4. Look for updates nowをクリック
5. 処理は自動的に行われます。

(2) 手動でLogger32のPrefixデータベースにZ6を追加する。
手順は次の通りです。
1. MainメニューからToolsをクリック
2. Database maintenanceをクリック
3. Country/Prefix maintenanceをクリック
4. リストの先頭にあるPrefix"**"をクリック
5. dbEdit画面の上段の各欄に以下を入力
Country - Republic of Kosovo
Prefix -  Z6
CQ Zone -  15
ITU Zone -  28
Continent -  EU
Longitude -  21.17
Latitude -  42.67
DXCC -  522
6. 上段にあるAddをクリック

特別な理由がない限りClubLog利用によるPrefixデータベースの更新を強くお勧めします。現時点で有効な例外Prefix等も自動的に更新されます。
手動で更新する場合、間違った操作によりデータベースを壊してしまうこともあります。その場合、最新のフルパッケージをダウンロードしてインストールし直しが必要になります。

[ 2018/02/03 21:30 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 ver3.50.347

次回のClubLogによるPrefixデータベース更新により、Kosovoが新エンティティとして追加されます。ClubLogを利用していない場合は手動で追加してください。

Country - Republic of Kosovo
Prefix - Z6
Start date (not official yet) - January 21, 2018
1 hour a head of UTC
CQ Zone - 15
ITU Zone - 28
Continent - Europe
Longitude - 21.17 East
Latitude - 42.67 North
ADIF Entity - 522

[ 2018/01/24 06:41 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)