HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Logger32 UDP BandMap

現在ベータテスト中のUDP BandMapです。まだまだ仕様が変わる可能性があります。
・ WSJT-X、或はJTDXがデコードしたデータを表示するのみ (UDP経由でデータを貰う)
・ 色表示、ツールチップスはLogger32のLogbookを参照、DX spot windowの色表示の設定と同じ設定を使う
・ 現時点では日本語Windowsのデフォルト設定では動作しません。

LS2017_310.jpg

LS2017_308.jpg

日本語Windowsで使うには次のようにします。
a. Windowsのコントロールパネルを開く
b. 言語をクリック
c. 日付、時刻、または数値の形式の変更をクリック
d. 管理タブをクリック
e. システムロケールの変更をクリック
f. 英語(米国)を選択
g. Windowsを再起動する
但し、この変更後一部のアプリケーションで文字化けが起きる可能性があります。



スポンサーサイト
  1. 2017/10/19(木) 09:52:47|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 お楽しみ? 見切り発車か?

数日中にベータテスト版がリリースされそうです。但し現時点ではデフォルト設定の日本語Windowsでは動きません。
WSJT-X、或はJTDXでデコードされたCallsign等をLogger32上に表示します。

LS2017_290.jpg


  1. 2017/10/17(火) 12:00:47|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Logger32 お楽しみ? 中断

UDP経由で送られてくるAudio周波数、SNRが、日本語Windows環境下でうまく読めず作業が中断してしまいました。英語Windows、或は日本語WindowsでもWindowsの設定を1ケ所変更すれば読めます。
かなり特殊なデータ形式になっているのでさすがのBobもお手上げ状態です。しかしJTAlertはこれを読んでいるので、何か解決策が見つかるといいのですが。


  1. 2017/10/16(月) 12:06:18|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 お楽しみ? (2)

JTDX、WSJT-XがUDP経由で外部に送っているデコードデータの表示例です。日本語Windowsのデフォルト設定では、まだこんな表示になってしまいます。

2017_485.jpg

英語Windows、或は日本語Windowsでも1ケ所設定を変えれば、

2017_486.jpg

昔、Logger32が誕生する前のテストで、何故か日本語WindowsでCATがうまく動作しないことがあり、Bobにそれを説明するのに大変苦労したことを思い出します。日本語と欧米言語ではコンピュータ内部で扱う文字コード体系が違うので、どちらもうまくゆくようなプログラムを書くことが必要です。
Bobはもうそれに気づいているので、多分数日中には日本語Windowsのデフォルト設定でもちゃんと表示できるようになるでしょう。
さてその次は、、、

  1. 2017/10/10(火) 08:40:46|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 お楽しみ?

ご本家のWSJT-XにはデコードされたデータをUDP経由で外部に出力する機能があり、JTAlert等の外部プログラムがこれを利用しています。
Logger32もこれを利用すべくテストを始めました。ちょうどDX spotをDX spot window、BandMapに表示しているようなイメージで別のwindowにデコードされたデータを表示しようというものです。Logger32のLogbookを見て、DXCC newだとか、Mode newだとかが色付けで表示されるかも知れません。
WSJT-Xの基本的なプログラムはJTDXでも使われているので、どちらで同じように使えることになります。WSJT-Xを使った最初のテスト画面ですが、まだ不要なデータがたくさんあります。

LS2017_281.jpg




  1. 2017/10/07(土) 09:13:02|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 日本語ヘルプ

最新版をuploadしました。

  1. 2017/09/10(日) 17:00:11|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 次期バージョン

次の変更が予定されています。

a. Logger32の自動更新を使っていて、ある自動更新が何等かの原因でうまく動作しない場合、最大10件前のバージョンに戻すことができます。
メインメニューのToolsをクリック、Rollback to previous versionをクリック、戻したいバージョンにチェック、Rollbackをクリックします。

LS2017_201.jpg

b. LogbookのADIF export
前回のexport以降に追加されたQSOのみをexportするオプションが追加になります。

EL_2C.jpg


  1. 2017/09/05(火) 22:20:32|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CQ ham radio 増刊

「電子ログ スタート ガイドブック」が発売されました。これからLogger32を使ってみようかと思われる方々、是非ご覧ください。

http://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/MCQ/MCQZ201709.html

  1. 2017/09/02(土) 09:14:16|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Logger32 次期バージョン

Award TableのDXCC Awardのオプションにあった"DXCC"が無くなって、代わりに"DXCC_SAT"になります。もともと"DXCC"というAwardが無かったのでもっと前に変更になってもよかったと思います。DXCC_SATに興味のある方はお知らせください。テストをお願いします。

LS2017_189.jpg



  1. 2017/08/30(水) 20:14:30|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Logger32 Telnet接続先リスト

以下のリストが使えます。これをダウンロード、ファイル名をTelnetAddreses.INIとしてLogger32のフォルダに保存します。
但し、Logger32が読める接続先は最大100件なので、不要なものは削除してください。

http://www.g4bki.com/cluster_files/clusters_combined_logger32.txt

そんなにたくさん必要ないという場合は、下記を参考にして手動で追加してください。

http://www.dxcluster.info/telnet/index.php

  1. 2017/08/19(土) 17:46:47|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ