FC2ブログ





IC7300/JTDX CAT

現在、IC7300はCOM 9に接続されています。COM 9はVSPEのSplitterモードででCOM 13に"変換"されています。

Screenshot2018_01038.jpg

Logger32ではIC7300、COM 13を指定しています。更にSoundcard data windowではEXTFSKを使うために、ここでもCOM 13を指定しています。
JTDXでは、IC7300、COM 13を指定すると、Logger32側でCOM 13をクローズしない限り接続エラーが頻発します。この有効な解決策が見出せなかったため、JTDX使用時はLogger32側のCOM 13をクローズしていました。この場合でも、Logger32はUDP BandMapの表示、QSOの直接ログには支障がありません。

今までOmniRigを使う機会は殆どありませんが、次のようなテストをしてみました。
・ OmniRigのRIG 1としてIC7300、COM 13を指定

Screenshot2018_01040.jpg

・ JTDXでは、IC7300ではなくOmniRig Rig 1を指定する。

Screenshot2018_01042.jpg

このようにOmniRigを介在させるとLogger32側でCOM 13をクローズすることなく使えることが分かりました。但し、次のような問題があります。
JTDXのMode設定で、Data/Pktにチェックしておくと、IC7300のModeがUSB-DではなくRTTYになったりRTTY-Rになってしまいます。従ってData/Pktではなく、None、或はUSBにチェックし、IC7300側でUSB-Dにする必要があります。
OmniRigのIC7300設定ファイルの内容をいじれば何とかなりそうですが、、、このままではかえって使い難くなります。

最新設定ファイルをダウンロード、既存の設定ファイルフォルダに全て上書きしてみました。IC-7300.iniの他に以前は無かったIC-7300-DATA.iniというのがあり、これを指定すればModeの不具合が解消されます。
JTDXでModeのオプションとしてData/Pktを選択しておけばIC7300のModeはUSB-Dとなります。


JTDXの起動だけでは"OmniRig Initialize Timeout"のエラーになるので、OmniRigを起動してからJTDXを起動します。

WSJT-XでもOmniRigをテストしてみました。WSJT-Xの起動だけではOmniRigが起動する確率が50%、従ってOmniRigを起動してからWSJT-Xを起動します。

スポンサーサイト
[ 2018/08/06 06:37 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

V31DL on FT8

このところ7MHzのFT8でV31DLが毎日のように聞こえています。しかし彼が送っている特定のメッセージがJTDXでは必ず文字化け、というかデコードできず、意味不明な文字列表示になります。
これは運よく応答があって、無事にQSO終了(と思います) しかし肝心なところで意味不明です。

Screenshot2018_01016.jpg

別にこの時だけでなく、何度もこれが現れます。そこでWSJT-Xで見てみると、

Screenshot2018_01018.jpg

これはWSJT-XのPedition modeで運用しているようです。この部分はJTDXでは正常にデコードできませんが、WSJT-Xでは通常モードでもデコードできます。
何とも変な、迷惑な運用です、、、、これでFT8+がでてきたら大混乱間違いなし、、、V31DLはレンタルシャックなので誰が運用しているのかは分かりません。

WSJT-Xのリストを見ていたら7/12にこんな投稿がありました。
「Earlier today I went to respond to a CQ from V31DL. The station came back to me using the DXPedition Fox mode format. He was in the middle of the 14.074 FT8 sub band........」

[ 2018/08/03 18:29 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(4)

FT8+

先日K1JTがFT8 ver2.0に関する計画を発表しています。
いくつかの大きな改善を行うため、従来のバージョンとは互換性が無くなると言っています。つまり従来のバージョンのユーザーは新たなバージョンのユーザーとはQSO出来ないということだそうです。
世の中にWSJT-Xしかないのであれば彼が何をしようと勝手ですが、ある種の契約のもとにその心臓部を使っているJTDX等もあり事は重大です。
FT8が今の隆盛を迎えたのはWSJT-Xだけの努力ではなく、JTDX等の他のアプリケーションの存在、更にはLogger32等のロギングプログラムがそれをサポートしているからでしょう。(私はJTDXのUIの方が好きですが)

理屈から言えばFT8はモードではなくプロトコルです。FT8のモードはFSKでしょう? それをARRLもADIFもモードとして扱ってしまった経緯があります。更にプロトコルの異なるFT8、FT8+なりver2.0というそうですが、これはどんな扱いになるんでしょう? FT8+というモードでも出来るんでしょうか?
頭のいい人に勝手なことをやられると、恩恵を受ける人もいますが、その周りには大変な迷惑を被る人もいることを分かって欲しいものです。

[ 2018/07/29 08:20 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

JTDX、WSJT-X

JTDXとWSJT-Xの勝手な比較

1. WSJT-XになくJTDXにある機能
・ デコードごとにBandActivity windowをクリアするオプション
・ BandActivity windowの高さがRXFrequency windowの高さの2倍以上ある
・ 関連する表示、ボタン等の配置がよく考えられていてまごつかない
・ 自分が呼んだ相手が他の人に応答した場合、自動的に次の送信をstopするオプション
(他人がQSO中でもずっと呼び続ける方が大変多い。多分いちいち送信をstopするのが面倒なのか?)
・ Replay messageは、CQ以外に73、RR73、RRR等を受け付ける
(CQは勿論、相手が73を送信したらすぐに自動で呼び始めることができる)

2. JTDXになくてWSJT-Xにある機能
・ FT8pedition mode (いずれJTDXにHound 機能のみが実装されるという話がある)

3. 良く分からないこと
・ 最新のJTDXは全般に表示S/Nが大きい。-20以下を見ない。一方WSJT-Xは-24まではよく見る。どちらかのみがデコードしていることはないようだが。
・ KENWOODの場合はJTDX、或はWSJT-XとLogger32はCAT COM portの共用ができる。しかし、Elecraft、ICOMの場合は共用できない。(VSPE使用) YAESUの場合は未確認

4. JTDXの最大の欠点
・ 表示されるS/N値の安定性がないこと。デコードの方法に関するオプションの選択でも変わる。数値そのものはどうあれ、ローカルの安定した信号を見ていてもころころ変わるのが精神衛生上よくない。

欠点はあるものの、以上の理由で、私は当初からJTDXを使っています。最近はやっとAutoSeqの動作が安定してきました。

[ 2018/06/02 16:37 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

FT8 運用実績

JT65を始めてから間もなく1年になります。少し遅れてFT8も始めました。世の中の流れには逆らえず(?)、もっぱらFT8ばかりになってしまいました。
こうなるとそれぞれのバンドで、先ずDXCC 50、その次に100が目標になりました。20M、17Mでは目標達成、次はコンディションが少し良くなりつつある15Mでしょうか、、、
自作のユーティリティを少しいじりました。目標の50、100のラインの色付けで一苦労。

Screenshot2018_00441.jpg


[ 2018/05/29 09:12 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

FT8 凄まじく汚い信号

WSJT-Xのフォーラムに載っていたものです。基本波がどれか分かりませんが、60Hz毎にHK3UAの発する信号が見えています。
イチバン強い2114Hzが基本波? 60Hzは電源周波数かも、、、
WSJT-XのFT8ペディションモードかと一瞬思いましたが、どうもそうではなさそうです。

Screenshot2018_00313.jpg
Screenshot2018_00311.jpg


[ 2018/05/05 15:33 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

WSJT-Xユーザーの方 教えてください

WSJT-XとJTAlertを組み合わせて使っている方、どうぞ教えてください。
WSJT-X上に表示されるcallsignをクリックすればその相手を呼び始めます。もしJTAlert上に表示されるcallsignをクリックすれば、同じようにその相手を呼び始めるのでしょうか?

[ 2018/05/04 08:33 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(2)

見事な(?)高調波

あるバンドで見た強いFT8の信号、ご本尊は887Hzですが、その2倍、3倍の信号もかなりの強さです。特に1500Hz以下のトーンを使う場合は要注意です。

LS2018_223.jpg


[ 2018/04/16 22:57 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

T10 Activity Days 参加賞

先日のT10 Activity Daysのログを送っておいたところ、メールで参加賞を送ってもらえました。UAでは人気があるモードです。

LS2018_193.jpg


[ 2018/04/07 19:54 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

久しぶりにT10を

この土、日は、Birthday of RDRC - T10 Activity days «Made in Russia»ということで夕方20mを覗いてみました。殆どU-Zoneですがたくさん信号が見えます。この期間最低10 QSOで"証明書"が貰えるとか。のんびりCQを出すと次から次へと呼ばれて簡単に10 QSOをクリアしました。(3/25 2100UTCまで)
あらためて入力S/Nを眺めてみると-28までデコードしています。FT8はJTDXの最新版で-22程度なのでかなり差があることが分かります。

LS2018_164.jpg


[ 2018/03/24 22:28 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)