FC2ブログ





お譲りします

2019/7/10
Yahooオークションに出品しました。


IC-7300 100W機をお譲りします。2017年9月に新品で購入したものです。
・ 純正マイク、純正DCケーブル、取扱説明書付きです。
・ 静音FANに交換済みで大変静かな運用ができます。
・ もっぱらFT8で運用していますが、特に不具合もありません。
詳細は直接メールでお願いします。
スポンサーサイト
[ 2019/07/07 15:41 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

電源系統図

1mほどの短いDCケーブル(片側に4ピンコネクタ付き)を3本、BYから購入しました。TS480HX、IC7300にそのまま使えます。純正ケーブルは2mほどあり、ケーブルもプラス、マイナス側それぞれ2本使っていていかにもごつく、扱いが面倒です。
一方この短いケーブルはプラス、マイナス側それぞれ1本のケーブルを使っています。また付属の圧着端子が軟らかく心もとないので半田を流しておきました。
ケーブル長が短くなったため、送信時の電圧降下も少し少なくなりました。赤線が交換したケーブルです。K3は内蔵メーターの読み、TS480HXとIC7300はそれぞれのDC入力コネクタでのテスターの読みです。

SS2019-07_009.jpg

[ 2019/07/04 11:58 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

電源系統図

2019/6/14
2台目のSS-30DVが到着したので下図のように系統を変更しました。
SS-30DVの無負荷時の出力電圧は、#1が14.28V、#2が14.16Vになっています。#1につないだK3の内蔵メータで100W時は13.8Vです。TS-480HXは純正の長いケーブルを使っていますが、DCコネクタ部で見ると200W時で、#1側が13.42V、#2側が13.36Vです。電圧降下はそれぞれ0.76V、0.8Vとなりあまり大きな値でないことが分かりました。

SS2019-06_030.jpg

SS-30DVは従来のものから少し外観が変わりました。また背面の出力端子の形状も変更されています。
今回はElecraftから購入しましたが、現地時間6/10に出荷されて6/14には到着しました。

IMG_20190614_143044.jpg


現在使っているDC電源はPower werxのSS-40DVとMFJ-4230MVです。これでK3、TS480HX、IC7300、他小物にDCを供給しています。一部がRigrunner、mini分配器経由になっています。K3にはFuse無しのケーブルを使っていますが、他はFuse入りの長~い付属ケーブルを使っています。
Transceiver端での電圧ドロップは、ケーブルの抵抗、コネクタの接触抵抗、Fuseの抵抗/接触抵抗、分配器のFuse等の抵抗/接触抵抗の和となります。IC7300、TS480HXではTransceiver側でDC電圧を直読することが出来ませんが、K3では直読することができます。(IC7300にはバーグラフ表示があるが絶対値は分からない、TS480には何もない)
例えば、SS-30DV出力を14.4Vに設定した場合、これだけの差があります。
a) 60cm程度のFuseに無いケーブルを直接接続した場合は、100W送信時で13.8V
b) 60cm程度のFuse入りのケーブルでは、12.6V

また系統を見直しすることにして、SS-30DVをもう1台、TS480HX用にFuse入りの短いケーブルを2本注文しました。全てのTransceiverは分配器を通さず電源に直接接続します。またMFJ-4230は分配器を使い小物専用にしました。現在、K3、IC7300にのみ電源を接続してあります。

SS2019-06_026.jpg

[ 2019/06/13 10:41 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

Sun spot number

やっと上昇に向かいつつあるようです。経過と今後の予想が見やすいのでここを時々見ています。
http://www.sws.bom.gov.au/Solar/1/6
SS2019-05_067.jpg


[ 2019/05/22 20:58 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

お譲りします

2019/5/23 Yahooオークションに出品しました。

Elecraft K2(100W)とKAT100をセットでお譲りします。2005年に組立たものですが現在も問題なく動作しています。
K2には、KSB2 SSB Adapter、KAF2 Audio Filter、KPA100 100W Ampが内蔵してあります。国内代理店より購入したので引き続きサポートが受けられます。 詳細はメールでお問合せください。

IMG_20190518_101745.jpg


[ 2019/05/18 10:41 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

お譲りします

詳細は直接メールでお願いします。

・ ICOM CT-17 両端にD-SUB 25ピン、9ピンプラグがついた専用ケーブル付き    お譲りする方が決まりました

SS2019-05_014.jpg

・ K1EL WinKeyer USB 本体のみ Key出力、PTT出力が2chずつあります。    お譲りする方が決まりました

SS2019-05_013.jpg

・ SignaLink 手元にいくつか専用ケーブルがあるのでよろしければお付けします。USBケーブル、英文取扱説明書付き
手持ちの専用ケーブル: FT857用、IC7000用、KX3用、TS480用
   お譲りする方が決まりました。

SS2019-05_015.jpg

・ SotaBeams ICOM Click2Tune

IMG_20190507_103632.jpg


・ ICOM用外部ATU Tuneボタン

IMG_20190507_103717.jpg


[ 2019/05/06 16:33 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

開花宣言

昨年は4/1だったので若干遅くなりましたが、我が家の八重桜の開花です。地元の桜の名所は今日あたりが満開です。

IMG_20190407_081805.jpg

[ 2019/04/07 08:35 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

eQSL

以前LLogger32のテストでメンバー登録したままで、その後全く利用していなかったのがeQSLです。思うところがあってeQSLにあるすべてのコンファーム済QSOをADIFでダウンロード、それをLogger32のeQSL SyncでeQSLフラグの更新をしてみました。
更新前のeQSLによるコンファームはゼロ、更新後は次のようになりました。eQSLでのみコンファームしているCountryが1ツあったのにはビックリ。eQSLだけでも122 あります。もはやAward自体への興味は無くなっているので、ただ数字が増えるのを見てニヤニヤするだけですが。

eQSLのみ
SS2019-01_053.jpg

QSL+LoTW
SS2019-01_054.jpg


これはeQSL上にある月別のコンファーム済QSO数です。私のQSO自体が増えたので当然ですが、JT65を始めた2017年7月以降、急激に増えていました。Logをuploadしてくれる方がこれだけいるのを無視してはいけないと思い、今後は私も定期的にLogをuploadすることにします。

SS2019-01_055.jpg

LoTWと同様にリアルタイムでLogをuploadしているのか、QSO直後に相手の"eQSLカード"が見られます。

SS2019-01_056.jpg


[ 2019/01/25 18:12 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

QDURE QSLサービス

GlobalQSLのサービスが停滞しているというような噂もあって、同じようなサービスがないか探してみました。EAの連盟、UREが提供しているQDUREというサービスを見つけました。
最初に100枚分の代金として11ユーロを払うと、LogをuploadすればQSLカードを印刷し、EAのBuroから世界の各Buroに送ってくれるということです。QSLカードもユーザーがデザインすることができます。表、裏カラー印刷で豪華な(?)ものです。
ただこの11ユーロについてQDUREとメールのやりとりをしたのですが、どうもよく理解できません。例えばOQRS_BuroでQSL請求があるたびにそのLogを送ることで、100枚に達するまで無料でこのサービスが受けられればいいのですが、どうもそうでも無いようです。
1回にuploadするQSOの数、実際はQSLの枚数が1~100であれば枚数に関係なく11ユーロの支払いが発生ともとれます。
私の場合は、OQRS_Buroで請求のあったものに利用したいので、1月に多くても数枚程度しかありません。そのLogをuploadするたびに11ユーロの支払いが発生するなら、このサービスは使えません。

[ 2019/01/22 09:31 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

Avtive/Common signals

悪名高きOTH RaderからFT8まで、現在使われている信号形式の一覧です。

https://www.sigidwiki.com/wiki/Category:Active

[ 2019/01/16 07:20 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)