FC2ブログ





USACA Award 1000

5/2に投函されていましたが、今日到着しました。約1ケ月かかっています。
期待していた通り、ピカピカ、1000のリボン(?)が付いていました。次なる目標は1500ですが、、、まだまだずっと先になりそうです。

2020/6/7
IMG_20200607_100003.jpg

スポンサーサイト



[ 2020/06/03 11:46 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

スマホ 機種変更

2年使ってきたHuaway Mate 10 proですが、その大きさ、重さに閉口、機種変更することにしました。

・ 小さい
・ 軽い
・ 安い

を満足する機種として、Aquos R2 compact、iPhone SEを想定してお店に行ってみました。何と、昨年2月に発売開始となったAquos R2 Compactは既に製造終了、iPhone SEは発売開始間もなく、予約殺到でいつ手に入るか不明、ということで殆ど候補に考えなかったGoogle Pixel 3aにしました。

IMG_20200521_062846.jpg

寸法、重さは僅かな違いですが、かなり小さく、軽い印象です。しかし、システムファイルの更新を2度続けてやりましたが、この処理に要する時間が長く、何度も途中でキャンセルしようかと思ったほどです。再起動に要する時間も長い。

スマホもどんどん大きくなり、小さいと思えるような機種はもはや殆どありません。
[ 2020/05/21 08:19 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

お譲りします

お譲りする方が決まりました。

K1ELのWK2 Serialを組み立てたものです。PCとはシリアルケーブルで接続します。以前メインで使ったり、海外運用の時に持参しました。ケースはありません。PCにインストールされたWinKeyをサポートしているLogger32、N1MM等のロギングプログラムが必要です。詳細はメールでお問合せ下さい。

IMG_20200506_165333.jpg


[ 2020/05/06 17:13 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

久しぶりにOne day WAC

久しぶりにAFとQSOが出来たので狙ってみました。

LS2020_10.jpg

[ 2020/05/05 20:45 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

お譲りします

お譲りする方が決まりました。

TS-480等のIF周波数が85MHzのKenwoodF出力を外部に取り出すためのバッファアンプです。KD2Cが販売している製品ですが未使用です。ご希望の場合はメールでお知らせください。

・ PAT88M5 IF Tap Board と取付キット
・ 英文説明書

IMG_20200502_144848.jpg

[ 2020/05/02 15:18 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

USACA Award 1000 に向けて (3)

何度かのUSACA Awardの担当者、NX0Xとのやりとりと、いただいたeQSL関連の情報をもとに申請の準備がほぼ出来ました。合計で1131 countyとなりました。
申請に必要なものは、
a. 申請書
これにはQSL、eQSLが本当にそろっているかの証明が必要です。これは友人に頼みます。
b. 以前に申請した分も含めコンファーム済の全てのcounty list
一度サンプルをNX0Xに送って確認済みですが、CSVファイルにします。

SS2020-04_125.jpg

c. eQSLファイル
eQSLのGoldメンバになるとUSACA AwardのクレジットリストがNX0Xに送られます(と思います)。またリストはブラウザ上で見ることができます。念のためこれを印刷し、それをスキャナーで取り込んでJPGファイルにしたものを添付
SS2020-04_124.jpg

問題はeQSLファイルです。これを見てLogger32のLogbookを少し修正しましたが、中にはLogbookにないQSOがあったりします。勿論これはカウントしませんが、eQSLも完璧ではないし、これを受け取るUSACAもイマイチ。
現在、NX0Xに申請代等の最終確認を求めています。

2020/4/29
申請書とコンファーム済のcountyリストをNX0Xの送ってチェックしてもらいました。あっけなく受理してもらったので$20.00を送りました。(申請料+郵送料+アルファ) 今回はUSACA-1000 Awardを新規申請ということにしたので、ピカピカのAwardが貰えるはずです。

[ 2020/04/26 11:23 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

USACA Award 1000 に向けて (2)

1000近くのデータを手入力する手間を省くため、まずLogger32のLogbookにある"G"と"S"のついたCountyだけを抜き取り、必要な項目のみをCSVファイルに出力する簡単なプログラムを作りました。
合計930 Countyとなり、Logger32のAwardテーブルで表示される合計929より1ツ増えています。とりあえずこれは無視、次のステップは、LoTWでコンファームしていてQSLカードでコンファームしていないCountyを抜き取るプログラムを作ってみます。

SS2020-04_114.jpg


eQSLも使えるという情報をいただいたので確認しています。現在QSL+eQSLでのコンファーム数が1097になります。もしOKならばもっと簡単に追加申請できそうです。
[ 2020/04/24 11:12 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

USACA Award 1000 に向けて

USACA Award 500を手にしたのは今から30年以上前の1988年です。そのQSO数が573、その後QSLカードでコンファームしたQSOが356、合計すると929になります。ここまでの記録はLogger32のLogbookにあります。またLoTWによるコンファームを含めると1196になります。
このAwardは現時点ではLoTWによるコンファームは認められていません。eQSLによるコンファームは詳細が不明です。
1000を獲得するために必要な作業は、
1. 追加申請に必要なリストを作ること
2. 1000に不足するものはLoTWによるコンファームを参考にQSLカードを請求して手に入れること
となります。

追加申請に必要なリストは、以前はRecord bookに手書きで記入して送った記憶があります。しかしもはや手書きで追加記入する気にならないので、最大限Logger32に記録されたデータを使って、スプレッドシート上にリストを作ることを考えました。

Awardテーブル
"G"はすでにクレジットされたもの、"S"はQSLカードでコンファームして追加申請の候補、"C"はQSL、或はLoTWでコンファーム済みを示します。

SS2020-04_111.jpg

スプレッドシートへ展開
このテーブルを右クリックすると内容をCSVファイルで出力することができます。不要な列を削除、"S"のものについて日付以降の必要なデータを少しだけ入力した結果は下図のようになります。

SS2020-04_112.jpg

このCSV形式のリストで追加申請が出来るかどうかは不明なので確認が必要です。少なくとも"S"の付いた356 について必要なデータを記入することが第一ステップです。果たしてゴールにたどり着けるかどうか、、、

確認のため送ったサンプルリスト
昔のRecord bookには必要だったCity/Townが本当に無くてもいいなら、それだけで入力の手間が省けますが。

SS2020-04_113.jpg

2020/4/24
フォーマットについて問い合わせたらこれでOKとのことでした。しかし、何と何とクレジット済みのQSOも含めてリストを作れといことです。これは想定外のことでした。多分昔の申請の記録なんて残っていないのかも知れません。LoTWも昔のQSOについては大変いい加減です。でも困ったな、、、でもやるか、、、不足のQSLを獲得する必要もあるので1年計画です。
[ 2020/04/23 20:02 ] Others | Trackback(0) | Comment(4)

開花宣言

家の八重桜が咲き始めました。昨年は4/7だったのでやはり今年は早いです。

IMG_20200403_085731.jpg

[ 2020/04/03 09:04 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

今年の桜は?

毎年お花見に出かける近所の桜の「名所」 今年は暖冬で開花も早そうですが、まだまだ、、、

IMG_20200301_120738.jpg

[ 2020/03/01 20:48 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)