HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Windows 10 update

2017_347.jpg

Windows 10 バージョン1703がリリースされているのでupdateしてみました。従来の1607との違いでイチバン戸惑ったことがあります。
スタートボタンの右クリックで現れたコントロールパネルの項目が無くなってしまいました。スタートボタン左クリック、全てのプログラムをたどって、Windowsシステムツールを開くと、そこにコントロールパネルの項目がありました。
いずれコントロールパネル自体を無くしてしまうとも噂されています。慣れ親しんできた操作方法をどんどん変えてしまうやり方、こういうことを続けてきたことがWindows離れの原因かも、、、

スポンサーサイト
  1. 2017/04/25(火) 06:30:28|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バックスラッシュの表示、入力

英文の文書をWordで読み書きする場合、バックスラッシュが正しく表示されて、かつ入力できるようにするためのオプションがあります。
私が使っているのはWord 2003です。メニューからツール、オプションをクリック、互換性タブを開きます。項目がたくさんありますが、"バックスラッシュを円記号に変換する"のチェックを外します。ここまでたどり着くのは大変でしたが、何とか出来るようになりました。

2017_170.jpg


  1. 2017/02/05(日) 11:36:40|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無料Office 決定版?

先日来無料のOfficeを色々テストしてきました。

・ Microsoft Office
SP3にアップデートすることでdocx、xlsx等のファイルをほぼ正しく読めるようになりました。但し、操作性に関して少し違和感があります。
・ LibreOffice
Microsoft Officeとの互換性にかなり問題があり、私には使えません。
・ PoralisOffice
同様で、ちょっと使えません
・ WPS Office
以前Kingsoft Officeと呼ばれていましたが、2016/11以降WPS Officeと呼ばれています。Microsoft Officeとの互換性に関しては、私には特段の問題がありません。
WPS Officeには有料版無料版があります。有料版は1ケ月のお試し期間があり、当然日本語化されています。一方無料版はどういう訳か日本語化されていないのです。英語版でもいいのですが、やはりちょっと使いにくい。そこでこの無料版を日本語化してみることにしました。
日本語化の方法については以下を参考にしました。

http://www.japan-secure.com/entry/how_to_japanese_of_the_kingsoft_office.html
http://kananet.com/freesoft-wps-office10.html

しばらくは、Microsoft Office 2003とWPS Officeを併用することにします。


  1. 2016/12/13(火) 08:17:07|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microsoft Office 2003

結局しばらくの間、古いOffice 2003をメインで使うことにします。
どうしてもdocx、xlsxファイルを読まなければならない場合はKingsoft 英語版を使い、これも必要ならdoc、xlsファイルに変換してしまいます。前述しましたが、Libre Officeはdocxのファイルを正確に読んでくれないことがあり私にはペケです。
今までホームページの更新、ラベル印刷、年賀状等の住所印刷はOffice 2010でやってきましたが、2003でも同じことができます。というよりこちらの方が操作性がずっといいです。
これで、費用を全くかけずに当面はしのげそうです。

情報をいただきました。2003 SP3と互換機能パックをインストールすることにより、docx、xlsx等のファイルがほぼ完ぺきに読めるようになりました。


  1. 2016/11/10(木) 22:54:16|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Microsoft Office 2010

メインのPCで何の問題もなく使ってきた「格安」のMicrosoft Office 2010が昨日から認証を求めるメッセージを出すようになりました。指定されているプロダクトキーを入れても、「正しくない」と拒否されます。
Office 2010では拡張子がdocxとかxlsxとなり、以前のOffice2003では読むことができません。Office 2010を「正規」に購入すると目の玉が飛び出るくらいに大変高価です。
そこでとりあえず次のプログラムを試してみました。

a. LibreOffice
フリーでMicrosoftとの互換が売りですが、これではdocx、xlsxのファイルが正しく読めません。

b. Kingsoft
こちらはフリーではありませんが、Microsoft Officeに比べれば格安、30日のお試し期間があります。こちらはdocx、xlsxのファイルを正しく読めるようです。
その後、無料で使える英語版があるのを見つけました。しばらくこれを使ってみることにします。

またよく使うラベル印刷はA-ONEのラベル屋さんをテストしています。こちらは無料で使えます。しばらくKingsoft、ラベル屋さんをテストして、使えるようならこちらに乗り換えてしまう予定です。

  1. 2016/11/06(日) 11:33:02|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows 10 うまくゆかないスタートアップ

今までWindowsのスタートアップを意識して使ったことがありませんが、今回色々とテストしてみました。
現在、スタートメニューはこんな感じに整理して、テストのためにスタートアップフォルダも置いてあります。これがないとスタートアップフォルダにたどり着くのが大変です。

C:\Users\USER\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

2016_762.jpg

テストで使ったのは画面キャプチャアプリのWinShotとSnapCrabです。どちらも単独に起動すれば正常に動きますが、「管理者権限で起動する」が必須です。こうしないとホットキーが安定に動作しません。
スタートアップフォルダにSnapCrabのショートカットを置きます。

2016_763.jpg

これでPCが起動する毎にSnapCrabが起動するはずですが、困ったことに「管理者権限で起動する」オプションをOFFにしておかないと起動できません。WinShotの場合も同じです。
今のところうまく起動できる方法が見つかりません。Windows管理ツールにあるタスクスケジューラでも色々やってみましたがうまくゆきません。詳しい方がいたら教えてください。

追記
ヒントをいただきありがとうございました。スタートアップへの登録は断念してもう一度タスクスケジューラに登録してみました。今度はこちらに書かれている通りにやってみました。おかげ様で今度はうまく起動できるようになりました。全般、条件タブの設定が間違っていたようです。

http://pc-karuma.net/windows-10-task-schedule-without-uac-prompt/

  1. 2016/09/19(月) 09:10:08|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Windows 10 スタートメニューをいじる

新バージョンにしたらスタートメニューも少し変更になりました。これはその一例です。どうもこのスタートメニューになかなか馴染めません。

2016_737.jpg

そこでClassic Shellというフリーのユーティリティをインストールしてみました。これはその一例ですが、昔なじみのスタイルになりました。私にはこの方がずっと使いやすいです。スタートメニュー(Windows)をクリックすると上の表示に切り替わります。

2016_739.jpg

Windows 10の新バージョン
a. Logger32を含め動かなくなったものはない
b. 相変わらずEdgeでGoogle IMEが動かない (IEでは動くのに)
c. ホームグループから除外されてしまった。もう一度参加手続きをしてOK

  1. 2016/09/16(金) 16:56:20|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Windows 10 アップグレード

2016_728.jpg

メインPCをWindows 10 Aniversary versionにアップグレードしました。ダウンロードに30分、更新処理に35分程度かかりました。
バージョン1511以来の大きなアップグレードです。また何か動かないものがでてきそう、、、


  1. 2016/09/15(木) 21:47:35|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイアレスマウス

2016_219.jpg

2.4Gの普通のワイアレスマウスを買ってきました。専用レシーバとセットで1K円。
ワイアレスマウスを使うのは始めてですが、実に簡単にセットできます。今のところ特に動作が不安定になることもありません。
・ マウス本体に電池を装着してスイッチをオン
・ 専用レシーバをPCのUSB端子に挿入
マウスから延びるケーブルが1本なくなっただけですが、これだけでもデスクトップがすっきりします。今回は暫定版、次回はキーボード、マウスがセットになったものを買って、このマウスは予備PCで使うつもりです。


  1. 2016/03/19(土) 15:27:11|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows 10 日本語入力

2015_722.jpg

標準では日本語入力方式としてMS IMEが自動設定されます。以前にも記事にしたようにMS IMEでHelpNDocというアプリケーションを開き、終了させた後、致命的な問題を起こします。(操作不能)
そこで日本語入力方式としてGoogole 日本語入力を使い始めました。これだと上記の問題は発生しません。しかしブラウザのEdgeでの日本語入力ができなくなってしまいます。IE、FireFoxとがGoogle ChromeではOKです。
もう1ツの問題は、Windows 10が更新されると、以降MS IMEが規定値となってしまい、PCの起動のたびにGoogle 日本語入力に切り替えてやる必要がありました。この問題は、とりあえずはGoogle 日本語入力を再インストールすることで解消されます。
この問題が、いずれ全てOKという決着になるのか、そのまま継続するのか興味あるところです。
  1. 2015/12/21(月) 09:00:38|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ