HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

TS-590SG お譲りします

2017/4/26 お譲りする方が決まりました。有難うございました。

2017_346.jpg

お譲りします。
2015年2月に新品で購入したものです。
・ 完全動作品
・ 100W機
・ オプションの実装無し
付属品は、取扱説明書、DC電源ケーブルのみ、元箱に梱包してお送りします。
詳細はメールでお問い合わせください。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 17:34:16|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS590SG SubRX

以前ご紹介したことがありますが、TS590SGのSubRXとしてK2を常設することにしました。

IMGP1548.jpg

K2は受信専用とし、ANT入力にはTS590SGのDRV出力を接続します。またTS590SGの送信時にはK2も送信状態にするために、K2のPTT端子にTS590SGのST-BY接点を接続します。このためにK2のパワー設定はゼロ、サイドトーンレベルもゼロにします。
いつもいつもK2を使う訳でもないので、K2のCAT制御は使わず、手動制御とします。

2017_216.jpg


  1. 2017/02/28(火) 11:30:57|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS480 IFフィルタとDSPフィルタ

ARRLコンテストではもっぱらTS480を使いました。CW用に270Hzと500HzのIFフィルタを実装しています。またCW時には、DSPフィルタによりAF帯域を変えるとともにIFフィルタも自動で切り替える仕組みになっています。

DSPによるAF帯域を50、80、100、150、200、300Hzとした場合は、IFフィルタは270Hzが選択されます。
DSPによるAF帯域を400、500、600Hzとした場合は、IFフィルタは500Hzが選択されます。
DSPによるAF帯域を1.0、2.0KHzとした場合は、IFフィルタは2.4KHzが選択されます。

これは一見大変便利のように思われますが、AF帯域の選択によっては、VFOを回して相手を探すような場合に非常に違和感を感じます。例えばAF帯域を200Hzにした場合、IFフィルタは270Hzが選択されます。270Hzの範囲の信号はSメータが振れますが、200Hzを超える信号は耳には聞こえません。このようなことがVFOダイアルをゆっくり回してゆくと頻繁におこります。このような操作をする場合は、もし270HzのIFフィルタを使うのであればAF帯域は300Hzを選択します。この場合は上記の違和感を感じることはありません。同様に500HzのIFフィルタを使うのであればAF帯域は600Hzを選択するのがいいでしょう。

このことは取扱説明書にも明記されていますが見落としがちです。VFOダイアルを回すことなく、同じ周波数で同じ相手を聞く場合は、AF帯域をもっと狭めることで混信から逃れることはできます。好みの問題かも知れませんが、IFフィルタとDSPフィルタ切替は分けておいて欲しかった。


  1. 2017/02/20(月) 23:11:21|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS-480HX 操作性の悪さをカバー

スペース的な制約からTS-590SG並みの操作性を期待するのは無理かも知れません。それをLogger32のRCP(Radio Control Panel)、CW machineのコマンドマクロでカバーします。
これはRCPの例ですが、
・ RG 100~RG70はRF gain、MIC/RF.Gボタンを長押ししてマルチファンクションつまみを回す。とても煩わしい。
・ TX、RXはTX ON/OFF、本体にはこのボタンもなくマイクを接続しないとTX ON/OFFもできない。
・ NR1、NR2、OFFはNRのON/OFF 本体のコントロールパネルのNRボタンを押すと、常にNR1→NR2→OFFとなり、意外に煩わしく感じることがあります。

2016_912.jpg

これはCW machineの例ですが、
・ TF-setは本体のTF-setと同じでファンクションキーを押している間は呼ぶべき周波数を受信、離せば相手の周波数を受信
本体のTF-setは著しく操作性が悪い。
・ TFは本体のA/Bと同じ

2016_913.jpg


  1. 2016/12/19(月) 07:36:02|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS-480HX

2016_900.jpg

今更という感じがしないでもありませんが、
・ 200W機
・ 現行機種
・ それなりの受信性能
ということで新しい仲間となりました。以前、海外運用で使うことを想定して少しテストしたことがあります。その後すぐ整理してしまいました。今回は家で使うことを前提にしているので新品を購入しました。CWフィルタは500Hz、270Hzを入れました。
PCコマンドもTS-590SGと殆ど同じなのでマクロコマンドもそのまま使いまわしが可能です。特にバンド切替、Split ON/OFF、TF-SETは操作パネルからは操作しずらく、Logger32画面からキーボード操作できて大変便利です。
電源は手持ちの30A電源、MFJ-4230MVとSS-30DVからとることにしました。また当面は外部アンテナチューナーとして、必要があれば、手持ちのMFJ-945Eを使うことにします。
200Wということもあるので、もっぱらTS-590SGの替わりに使うことになりそうです。


  1. 2016/12/07(水) 14:32:33|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS590SG 最新FW

久しぶりにサポートのページを覗いたら最新FW ver1.04が公開されていました。

・ 内蔵の自動ATUの不具合修正

今まで特に問題なく使えていましたが、、、、とりあえず最新版にアップデートしておきました。

  1. 2016/11/22(火) 17:52:23|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS-590SG TF-Setのマクロ (2)

2016/3/14
ファンクションキーの押しっぱなしが使えるようになり、操作パネルのTF-Setボタンと全く同じ使い勝手になりました。


2016_208.jpg

次のような内容が次期バージョンで組み込まれる予定です。当初はKenwood TS590、TS-990対応のみですが、TS590SGでチェックしただけで、他の機種のチェックはしていません。

1. 新たなマクロが追加されます。
RCP、CW machine、Soundcard Data windowに、$TF-Set$、$mouseTF-Set$ が追加になります。

a. $TF-Set$
ボタンをクリックすればTF-Set ON、もう一度クリックすればTF-Set OFF
該当のファンクションキをヒットすればTF-Set ON、もう一度ヒットすればTF-Set OFF

b. $mouseTF-Set$
マウスボタンを押したままにすればTF-Set ON、離せばTF-Set OFF
該当のファンクションキーを押しっぱなしにすればTF-Set ON、離せばTF-Set OFF

2. Radio設定画面
矢印の箇所にチェックをつけます。

2016_209.jpg


3. 対応機種
Icom、Yaesuの最近の機種、例えばIC7300、FT1200、FT3000、FT991、FT450等はTF-Setに相当するXFC、TXWを制御するCATコマンドがあるので、要望があれば対応してもらえると思います。

  1. 2016/03/13(日) 12:26:39|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS-590SG TF-Setのマクロ

2016_203.jpg

K3、FT-1000MPと比較した場合、TS-590SGの最大の弱点はA、B同時受信が出来ないことです。替わりにTF-Setを駆使することになりますが、私はCWメインなのでLogger32のCW machineにTF-Set、ON/OFFマクロを設定しています。こちらのcallsignを送出するマクロとこのマクロを左手だけで操作しつつ、TS-590SGのVFOノブを操作します。

ひょっとすると、TS590SGのパネルボタンの操作(押しっぱなしでON、離せばOFF)と同じ操作がCW machine、RCP等で実現できる可能性があります。ご期待下さい! 2016/3/11

3ツの機種を比較した場合、
・ NRはTS-590SGがもっとも効果が実感できます。聞き苦しくなるのがK3です。
・ K3のAPFはかなり効果的です。弱い信号もノイズから浮き上がって聞こえます。
・ 強力な隣接信号による目的信号への妨害はどれも同じで、さほど妨害を感じません。
・ FT-1000MPはいくつかの信号が重なっているような場合、信号がグチャと崩れてしまうことがあり違和感を感じます。AGCの特性かも知れません。

  1. 2016/03/10(木) 20:18:36|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS590SG SubRXを追加 (3)

2015_328.jpg

K2だけでなくKX3もSubRXとして使えることが分かりました。この場合、KX3のKey端子をショートして送信状態にするので、出力パワーをゼロ、サイドトーンレベルをゼロにする必要があります。受信機としてこちらの方が優秀かも。
このテストの前に手持ちのSDR受信機で聞いてみましたが、やっぱりこのクラスのSDR受信機はこの用途には使えそうもありません。
  1. 2015/07/26(日) 12:26:59|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS590SG SubRXを追加 (2)

先日はEcho portでsubRXにするK2を制御する方法を紹介しました。今回は、Radio 1にTS590SG、Radio 2にK2を設定する方法です。
この方法ではアンテナ系の接続がうまく出来て、かつLogger32がサポートしているTransceiverはなんでも使うことができます。

TS590_14.jpg

この場合、TS590SGの周波数、モードをK2に渡すために次のマクロをRCPのファンクションボタンに割り当てます。

$radio1->radio2$

昨晩もこれであるパイルアップに参加しました。K2で相手を聞きながら、同時にTS590SGで空いている周波数を探して呼んだら簡単にQSOできました。これは便利 (自画自賛!)
  1. 2015/07/22(水) 17:52:45|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ