HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

K3 戻る

K3が修理、調整から戻りました。
・ PLL調整
・ 接触不良の可能性があるコネクタ交換
・ 全てのスイッチ交換
・ 他
頻繁に誤動作することが多かったBand、Modeスイッチの動きがよくなりました。しばらくストレスなく使えそうです。

スポンサーサイト
  1. 2017/07/04(火) 13:49:26|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3 不在

DSCN2321.jpg

このところ「主砲」のK3の調子が悪く、ERR PLL1/2が多発、挙句の果てにERR IO1、ERR IF1等も出るようになってしまいました。手に負えないのでEDCに点検、調整をお願いすることにしました。当分の間KX3が代理を務めますが、K3と同じようにNaP3も使えるのでなんとかなるでしょう。

  1. 2017/06/05(月) 18:10:53|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3のダメなところ

私のK3は2007年に購入したものです。それからもう8年、ずっと使ってきました。もちろん気にいっているから使っていますが、これだけは好きになれません。
Elecraftに限らず他社製品でもボタンのタップ、ホールドを使っていますが、どうもK3のボタンは誤動作が目立ちます。特に酷いのがBand Up/Down、VOX/PTT、QSK/Semi切替ボタンと、Mode Up/Down、ALT/Normal、Test/Normal切替ボタン、それにSubボタンです。意図したとおりに切り替わる確率は50%です。従ってこれらのボタンには触れず、Logger32のマクロでもっぱら切り替えています。
また他のボタンも含め、どうも押す感触がよくありません。同様のボタンはKX3にも使われていて、好きになれません。一方、K2のボタンは誤動作もなく、感触もいいのです。
数年前、K3のエンコーダが組み込まれているボタンの1ツに不具合がありEDCに交換してもらったことがあります。どうもこういうところがElecraftのダメなところかも知れません。
  1. 2015/09/20(日) 20:04:47|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Elecraft K3/K3S FW

K3とK3Sは同じFWを使うことになっているようですが、その最初のFWがベータ版としてリリースされています。
その内容は全てK3S向けですが、K3ユーザーには「どこかおかしくなっていないかチェックしてくれ」だそうです。協力はやぶさかではないので早速インストール。

追記
どうやっても20W程度のパワーしか出なくなってしまい、こりゃいかんと前のバージョンに戻してOKになりました。要注意

  1. 2015/05/20(水) 18:35:56|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3 新たな投資?

Elecraftは、K3のSynthesizer Upgrade Kitを発表しました。
K3は既にFBな性能を持っていますが、さらにこのボードを交換すれば、ULTRA-LOW PHASE NOISE が期待できるそうです。但しMain、SubRXのボードを同じにしないといけないとあり、2枚で$189.95 x2 = $379.90となります。それに送料を加えると400ドルを超えてしまい結構な出費になります。
メーリングリストでは、「もう2枚交換した」、「古いボードはElecraftに寄付した」、「SubRXは不要なので外して、売ってお金をかせぐ」等々、にぎやかです。私はSubRXを外すつもりは全くなく、これ以上の性能も望まないので、今回は交換しません。
  1. 2015/02/14(土) 07:22:53|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3 最新FWベータ版

K3の最新FW 5.01がリリースされています。(ベータ版)
今回はCW QSK時の「不自然さ」の改善です。通常、殆どQSKを使うことがありませんが、従来はRX、TX切替時にパサっという感じのノイズが耳障りでした。今回はこのノイズが無くなったようです。
  1. 2014/12/17(水) 06:59:13|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3 外部スピーカー

IMGP0692.jpg

KX3用の外部スピーカーが一段落したので、今度はK3用に1ツ買ってみました。これでもステレオスピーカーです。電源は電池、USB、ACアダプターのいずれかで供給します。
SubRX出力をモノスピーカーで聞くと大変聞きにくいのですが、これだとステレオヘッドフォンで聞くのと大差ありません。KX3用に買ったスピーカーは、CWトーンの周波数帯域でびリつきがありますが、このスピーカーでは今のところ感じられません。
  1. 2014/08/12(火) 12:27:29|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3でYAMAHA CM500ヘッドセットを使う

海外運用の時、KX3で使うために買ったヘッドセット、YAMAHA CM500です。海外では無線用にも良く使われています。比較的軽いのがいいです。

20140608 002

KX3との接続は簡単でMICジャックとPHONESジャックにプラグを差し込むだけです。折角あるのに使わない手はないので、先ずはK3で使ってみることにしました。K3は背面パネルにもMICジャック、PHONESジャックが用意されているので、KX3と同様にここに差し込みます。

20140608 001

K3のMain menuで次の設定が必要です。
1) MIC SELでrP.H BIAS、或いはrP.L Biasを選択。(CM500のコンデンサーマイクにバイアス電圧をかけるため)
Config menuで次の設定が必要です。
1) SPKR+PHをYESにすれば外部スピーカーとヘッドフォーンが同時に使え(但しヘッドフォーンはLchのみ)、NOにすれば外部スピーカは断(ヘッドフォーンはL、R)になります。CM500は接続したままとし、これをPFキーに割当てておけばスピーカON/OFF操作が簡単になります。

更にCM500をK2、TS590で使うにはプラグの変換アダプタが必要ですが、自作でもいいし、こんなものもあります。

20140608 003


  1. 2014/06/08(日) 22:13:26|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3 DVR出力の保存

私にはちょっと使いにくいのですが、K3のDVRには常時録音機能があります。これはと思うQSOぶりを録音し、「動かぬ証拠」として外部に保存しておけば、自分で何度も確認したりすることができます。
私の現用PCはWindows 7ですが、標準装備されている「サウンドレコーダ」が何故か動作しません。そこで簡単に手にはいるサウンドレコードプログラムをいくつかテストしてみました。その中で「RecordPad」というのを見つけました。個人が趣味で使う限り無料です。
K3の常時録音チャンネルを再生して、これで録音します。フォーマットは独自フォーマットですが、変換プログラムもあるので、殆ど全てのフォーマットに変換することもできます。

ScreenShot2_2003-256.jpg

先日の14MHzでのYW5XとのQSOは録音し損なってしまいましたが、その後7MHzでもQSOでき、今度はうまくK3で録音できたので、早速この「RecordPad」でK3外部に保存することができました。何度聞いても間違いなくQSOが成立しています、ハイ


  1. 2013/08/27(火) 08:54:51|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K3 SubRX

SSBモード時のSubRX AF出力がかなりのハイピッチで聞こえます。ShiftはNormal positionが1.50ですが、これを1.00程度にするとMainRX AF出力と同じように聞こえます。
CWモード時は特に違いはありません。SSBモード時にSubRXを使うことが殆どなかったので、今まで気づきませんでした。何処かの設定忘れか、何方かご存知でしたら教えてください。

(追記)
6ポールフィルタのオフセット値を確認してみたらとEDCから指摘を受けました。
SubRXのFL1は6ポール、2.7KHzですがオフセット値が0になっています。これをフィルタに明記されている値に設定したらOKになりました。
どうもSubRXを追加した時に設定をし忘れたみたいです。


  1. 2013/04/15(月) 08:17:02|
  2. K3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ