HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

3D2YA Log

3D2YAのLogをLoTWにuploadしました。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/03(木) 07:56:57|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

3D2YA_2016 あれこれ、、、

以下あれこれ、、、

・ 二人旅だったので「無謀にも」2波同時運用に挑戦しました。案の定、お互いの影響があり同時運用可能なバンドが限られてしまいました。7、14とか10、14の同時運用は不可等

・ 全体にコンディションが悪くQSO数は昨年より少なくなりました。日中は聞こえてもJAのみでNAが僅かです。夕方以降、深夜近くにやっと楽しめる状態になりました。特に10、7は全方向にオープンして、結局10のQSO数がイチバン多くなりました。

・ バンガローのすぐ側に大きな木がありアンテナを2本立てるのに苦労しました。ハイバンド用のBrabo-5は」ともかく、ローバンド用のワイアは10mのポールをヤシの木に沿わせ、全長30m近くを何とか確保しました。ローバンドはノイズが多く相棒は泣きながらの運用でした。

・ 夕食時にちょうどコンディションが良くなり、途中からはサンドウィッチ、或はハンバーガを食べながらの運用になりました。いつも利用するバイキング形式の夕食サービスが無くなってしまったこともその理由ですが。

・ 相変わらず同じバンドで何度も呼んでくる人がいます。JA3Axx氏とは18CWで3度もQSOしました。聞こえているからお構いなく呼んでくれるのか、どういうことなのか一度お聞きしたいものです。

・ RTTY、SSBでもCQを連呼しましたが、いずれも日中の時間帯で、コンディションも悪くQSOには至りませんでした。

・ 今回も入国審査でスーツケースを開けさせられ、用意した免許のコピー、持ち込み許可のコピー、機材リストを見せながら説明することになりました。何とかならないかなぁ~

・ ナンディの街ではあちこちで道路の拡張工事をやっています。いつ全部終わるのか分かりませんが、終わればきれいになるでしょう。

・ マナではインターネットが有料だったので使いませんでした。ナンディに戻ってホテルで一泊しましたが、そこのインターネットがダウンしていてここでも使えません。結局ログは帰国後にClubLogにアップロードすることになってしまいました。

色々ありましたが、さて来年は、、、、

  1. 2016/10/31(月) 15:15:41|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3D2YA_2016 QSLカード

QSLカードの準備ができました。QSLカードが必要な場合は次のいずれかの方法で請求してください。

・ SASE: 返信切手を添付した返信用封筒を同封して送ってください。(海外の場合は、$2.00を同封のこと)
・ OQRS_Direct: ClubLogのOnlineLogからOQRS_Directを選択、PayPalで$3.00を支払ってください。
・ OQRS_Buro: ClubLogのOnlineLogからOQRS_Buroを選択してください。

OnlineLogでQSOが見つからない場合はメールでお問い合わせください。可能な限りLogをチェックします。私はJARLの会員ではありません。QSLカードはJARLのBuroに送らないでください。OQRS_Buroで請求されたQSLカードは、GlobalQSLで印刷、各国のBuroに送られます。

  1. 2016/10/30(日) 09:39:27|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2016 QRT

予定通りに運用を終了し昨晩帰国しました。現地ではインターネットを使えなかったので、今朝ClubLogへLogをアップロードしました。

現地での状況については、今後下記に順次掲載する予定です。

http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/3D2YA_2016.htm

  1. 2016/10/29(土) 07:44:17|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3D2YA_2016 Departure for Fiji

あと2時間ほどで成田に向かいます。マナ島に到着するまで30時間の旅の始まりです。

I will leave home for Mana Island, Fiji in 2 hours. It takes almost 30 hours to arrive there. Very long journey.....

73 de aki
ja1nlx, 3d2ya



  1. 2016/10/20(木) 06:15:32|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2016

出発がせまってきました。簡単な予定です。(時間は全てJST)
10/20 08:00 自宅出発、13:55 成田出発(インチョン経由)
10/21 05:35 ナンディ着、10:30 マナ島到着、12:30 運用開始  3D2YA IOTA OC-121
10/26 15:00 QRT
10/27 07:25 ナンディへ移動
10/28 07:00 ナンディ発、20:55 インチョン経由で成田着、深夜に帰宅

今回は、うまくゆけば2波同時運用します。主として14から上はJA1NLX、10から下はJI1CNAが担当します。
Logはできれば1日1回ClubLogにuploadする予定です。LoTWへのuploadは帰国後になります。
IOTAのQSO Matchesにいつ承認されるのか全く分かりません。もしQSLカードが必要であればSASE、OQRS_Direct、OQRS_Buroのいずれかで請求してください。
EU only、NA only等を指定することがあります。どうぞご協力ください。


  1. 2016/10/16(日) 09:41:19|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2016

IMGP1464.jpg

出発まであと1週間になりました。
アンテナのテストは終了。同軸の不良を見つけて即ゴミ箱行きにしました。手持ちの他の同軸を確認して終わりにしました。
今日からトランシーバ系の最終確認です。KX3+KXPA100をもってゆきます。予定していたMFJの電源は電圧低下が大きく、自宅で使っているPower werxの電源をもってゆくことにしました。この電源はElecraft推奨で電圧低下も少なく優秀です。
このチェックが終わればバラシてそのまま荷造りすれば、忘れ物を無くすことが出来ます。友人も機材をテスト中ですが、microHAM CWKeyerへの飛び込みを発見、飛び込み防止コアを入れることで何とかOKのようです。うまく2波同時運用ができるといいのですが、、、

  1. 2016/10/14(金) 11:21:54|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2016

出発まであと20日ちょっとになりました。持ってゆくトランシーバ、アンテナの目処もつきました。現地でのロギングはいつものようにLogger32を使います。今回CW用には自作のユーティリティをメインに使います。自分の好みでかなりいじくりまわしたので、使いやすくなりました。トラブって不手際があったらお許しを願います。それに常時大きく表示するタイマー、これもも自作です。

Logger32Setup.jpg


  1. 2016/09/27(火) 17:27:06|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2016

IMGP1456.jpg

テスト中の機材  TS590SGは遠征には連れてゆきません。MFJのATUは万一の予備です。
この他、友人がFT857関連の機材をテスト中です。

・ KX3とKXPA100は専用ケーブルは使いません。これを使うとLogger32の起動に注意が必要というのが理由です。
・ このPCにはUSBポートが3ツあります。KX3のCAT用、CW Keyer又はUSB Soundcard アダプタ、それにUSBハブ経由でマウス、USBメモリを接続します。またPCの内蔵時計はフィジータイムにしてあります。
・ MFJ 945Eは友人の設備との共通予備です。このATUは軽くて持ち運びには好都合です。
・ 電源はMFJ 4230MVです。出発前に入力ACを200Vに切り替えておきます。
・ その他、KX3の陰に隠れていますが、K1EL Winkey SerialとRTTY運用時に使うUSB Soundcard アダプタがあります。KX3用のマイクも持参します。

  1. 2016/09/15(木) 08:31:08|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D2YA_2016

IMGP1452.jpg

もう1ツの候補はSigma-5です。14、18MHz用コイルを手直ししました。このアンテナはもともとリレーでコイルを切り替えるようになっていたのですが、既に大改造して手動で切替えるようになっています。
こちらは14MHzでも帯域内でSWR2以下となり、Bravo-5よりずっと広帯域で、しかも少し軽く出来ています。どちらを持ってゆくか悩むところですが、もう少しテストして決めましょう。


  1. 2016/09/12(月) 16:20:02|
  2. 3D2YA_2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ