FC2ブログ





FA-VA5 Antenna Analyzer FW更新

ver1.08が公開されたので早速更新してみました。PCにupdateファイルをダウンロードしておき、USB接続されたFA-VA5のSetupメニューからFW updateを選択、updateファイルにあるBATファイルをクリックすることで更新されます。

主な改善項目は以下の通りです。
・ メニューが整理されて操作しやすくなった。
・ スイープ幅が、2、50、100、200KHz...のように分かりやすくなった。スイープ幅の初期値として2KHz、100KHzが選択できる他、電源OFF、ONで最後に使った値が再現される。
・ スイープ時、SWRの最小値、周波数が表示される。

ver1.07から大幅な改善が見られますが、画面コピーがPCに転送されると私にとってモアベターです。次のFW更新に対する要望も受け付けているので2、3要望しておくことにします。

Screenshot2018_00824.jpg

2018/11/19
以下を要望しておきました。
1. 上の写真にあるように、SWRスイープ表示の目盛りが、1.0、1.6、2.5、3.9、6.2、10となっていて見にくい。多分目盛り線を等間隔にするためかと思いますが、一般的な1.0、1.5、2.0、3.0、4.0、6.0、10.0にして欲しい。因みにSWR 5 Bandモードではこうなっている。
2. 上の写真にあるような画面をキャプチャして本体に保存、後で見ることは出来ますが、それを外部に出力することが出来ない。折角USB接続でPCと接続できるのだから、画像ファイルとして出力できるようにして欲しい。VNWAで見ることが出来ますが、使いづらい。

スポンサーサイト
[ 2018/11/18 22:32 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

アンテナアナライザ FA-VA5とアナライザソフト VNWA

FA-VA5では、FA-VA4には無かったUSBインターフェースが実装されました。VNWAと組合せてみると次のような使い方ができます。
・ FA-VA5本体に保存した画面コピー(実際は細かなデータ)を呼び出してVNWAで表示させる。これは外でアナテナを調整、特性を保存し、後で室内でVNWAで確認する際に使えます。
・ アンテナに同軸をつなぎ、同軸の先端をFA-VA5に接続し、これをFA-VA5で操作して特性を表示させる。

これはいくつかの実例です。

FA-VA5に校正用の50オームダミーを接続して、VNWAでVSWR、負荷のインピーダンス絶対値、及び虚数部を表示させる。当然ですが大変きれいです。
Screenshot2018_00986.jpg

FA-VA5に送信機テスト用のダミーを接続して、VNWAで表示。1mほどの同軸が入っているのと、ダミー自体の特性から、こんな特性になります。
Screenshot2018_00988.jpg

現用のダイポールの14MHz付近の例 VNWAでは任意の中心周波数、スパンが指定できる。
Screenshot2018_00990.jpg

現用のダイポールの14MHz付近の特性をFA-VA5本体に保存、それをVNWAで読んで表示させた例
FA-VA5本体の中心周波数、スパンの設定も含めVNWA上に再現できる。
Screenshot2018_01012.jpg


[ 2018/08/02 16:52 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

FA-VA5 Antenna Analyzer

手持ちのFA-VA4がバージョンアップされ、SDR-Kitsから発売されています。また国内ではアイキャストエンタープライズから入手可能です。
主な特徴は、
・ USBインターフェースが実装されてPCにインストールしたVNWAアプリケーションからも操作できそう
・ 最大600MHzまで使える
・ その他の改善
私がよく使うSWR 5 bandとSWR Single Sweepはそのままですが、SWR Single SweepでBandを変える際にはあいかわらずボタンを何十回と押さないとダメなようです。
これに伴って価格も少しあがってしまいましたが、注文してしまいました。

Screenshot2018_00824.jpg

2018/7/14
早くも到着したので早速組立を始めました。全体にFA-VA4より少し小さくなりました。組立の最初にマザーボードにUSBインターフェースを半田付けするのですが、ここで大失敗。ボードのパッドを1ツ剥がしてしまい、結局USBインターフェースは諦め、その他の部品を全て取り付けました。恐る恐る電源を入れてみましたが、USBインターフェース無しでも動作はOKとなりました。
USBインターフェースでPCからの制御が可能になるのですが、この扱いについては代理店と相談しています。
本体動作については色々改善はありますが、何故かSWRスイープの帯域初期値が4KHzになっていて、8、16、32、64、128、256KHz等と意味ありなステップになっています。FA-VA4では初期値は100KHzで、200、400、800KHz等のステップとなっていてリーズナブルです。これは改悪としかいいようがありません。
今後のFWのバージョンアップに期待したいところですが、USBインターフェースが無いことには、、、

2018/7/17
剥がしてしまったパッドは結線されていないことが分かり、今度は慎重に半田付けしました。VNWAというソフトがFA-VA5をサポートしているので早速インストールしてみました。
FA-VA5をUSBケーブルでPCにつなぐとFA-VA5はUSBモードになります。そこでVNWAから任意の周波数スパンでSWRのスイープをさせることができます。本体で見るよりはずっと見やすくなります。
これは現用のDipoleの7と14MHzの特性、、、

Screenshot2018_00835.jpg

20180718_2.jpg


[ 2018/07/13 20:43 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

ELASD ASW-1 お譲りします

ELAD Antenna SW ASW-1をお譲りします。新品を購入しましたが計画変更によりお譲りします。中身を確認するために開封しましたが未使用です。ご希望の方は直接メールでお問合せください。

LS2018_196.jpg


[ 2018/05/11 08:25 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

K1EL WKmini

WKminiが到着しました。右のWinKeyer USBに比べスタンドアローンで使えない等、大幅に機能をしぼったおかげでずいぶん小さくなりました。出力は1ツのステレオジャックから取り出しますが、上位の制御でRadio-1、2用のキーイング出力を取り出したり、Rado-1用のキーイング出力及びPTT出力を取り出すことができます。

DSCN2520.jpg


[ 2018/05/09 12:24 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

K1EL WKmini

K1ELの新製品、WKminiを注文しました。スタンドアローンとしては使えませんが大変小さくなりました。完成品でのみの販売です。ケーブル付き、送料込みで$114.00です。最新版のWinkeyチップ、ver3.0が搭載されています。写真はK1ELのwebページから拝借したものです。

LS2018_240.jpg


[ 2018/04/24 16:23 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

RX7300 到着

早速取り付けました。Splitterが来ればIC7300とKX3で同時受信ができます。

DSCN2507.jpg

手元にあったBNC T型コネクタで簡単に分岐してみました。その他、KX3側はIC7300の送信時にやはり送信モードにするため、Powerをゼロに、Monitorレベルをゼロに、IC7300のPTT出力をKey入力に接続します。

DSCN2508.jpg

Splitterが到着すればこんな感じの構成になります。またヘッドホンで両方の信号を同時に聞けるようにしました。

LS2018_239.jpg

DSCN2509.jpg

もう1台IC7300があればと良からぬことを考えたり、、、

[ 2018/04/20 13:55 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

IC-7300 2波同時受信

先日INRADのRX7300を注文しました。懸案のSplitterは高価なものは諦めて、eBayで見つけたMini-CircuitのZFSC-2-1を注文しました。3dBのロスはありますが、これは以前使っていたTS590も同じ、、、常時使う訳でもないのでまあいいかと。

LS2018_216.jpg

RX7300とこのSplitterを使うとこんなイメージの構成になります。
LS2018_217.jpg


[ 2018/04/15 20:08 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

KX3用外部スピーカー

サードパーティ製、KX3用の外部スピーカーの試作品だそうです。勿論外観はKX3に合わせています。
・ AMP内蔵、リチウム電池内蔵
・ USB端子経由の充電
まだ仮仕様のようで意見、要望を募っています。 ag6zz@iloc.com

http://www.iloc.com/ag6zz/SPX3/AG6ZZ_SPX3_KX3.JPG
http://www.iloc.com/ag6zz/SPX3/AG6ZZ_SPX3_LeftOblique.JPG
http://www.iloc.com/ag6zz/SPX3/AG6ZZ_SPX3_RightOblique.JPG

KX3最大の欠点はデジタルモード用に必須の固定AF出力がないこと、仕方なくPhoneジャックからとることになりますが、受信音が聞けなくなることです。或はPhoneジャックで2分岐して一方をPCに、他方をヘッドホンのようにするしかありません。この外部スピーカーが多少なりともこお欠点を補ってくれればいいのですが、、、と要望しておきました。

追記
AF出力の分岐機能はすでに計画のなかにあるそうです。

AG6ZZ_SPX3_KX3.jpg


[ 2018/04/13 10:00 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

WKmini

K1ELの新製品です。PCによる制御のみの機能でスタンドアローンとしては使えません。WinKeyer3 ICチップ内蔵で、外部端子はUSB、OUT(CW out、PTT out)、PDL(パドル接続)、AUX(将来用)です。5.4x4.3cmで、ほぼこの写真程度の大きさしかありません。接続用ケーブル付きが$79.00、ケーブル無しが$69.00、いずれも完成品で4月発売だそうです。

LS2018_171.jpg


[ 2018/03/26 17:57 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)