FC2ブログ





Mini60 Antenna Analyzer

スマホ、PCに接続するとこんな表示をしてくれるアプリケーションがあります。試しにインストールだけしてみました。

スマホで見る  (なかなかいい感じの表示です)

Android_1.jpg

PCで見る  (FA-VA5で使えるVNWAよりずっと見やすい)

SS2019-07_041.jpg

またまた"おもちゃ"が増えそう、、、
スポンサーサイト
[ 2019/07/20 16:37 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

KVE60C Antenna Analyzer (2)

次のような表示を見ることができます。

1. 電源ON直後
測定モードは、単一周波数測定の"Single"と一定の周波数範囲をスイープ測定する"Scan"の2ツです。"System"ボタンを押して自分のcallsignを入力、表示させることができます。
この画面では、"Help"がF1ボタン、"System"がF2ボタン、"Single"がF3ボタン、"Scan"がF4ボタンに対応します。

KVE60C_10.jpg

2. "Single"モードの測定結果

KVE60C_11.jpg

"Scan"モードの測定結果

KVE60C_12.jpg

"Graph"ボタンを押すと、Z、R、X、SWRのグラフに切り替わる。

KVE60C_13.jpg

これ以外には何もなく大変シンプルです。
[ 2019/07/20 08:54 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

KVE60C Antenna Analyzer

最近手に入れました。左がKVE60C、右がFA-VA5ですが、名刺サイズとまではゆきませんが小さく出来ています。
操作ボタンが4ツ、他に電源ON/OFボタン、周波数調整用ツマミがあります。USBで内蔵バッテリの充電ができます。

KVE60C_1.jpg


・ 中心周波数の初期値は14000KHz、周波数調整は上部のツマミで
・ スイープ帯域は、150KHz、300KHz、600KHz、、、48MHzと切替可能で、初期値は24MHz
・ ボタン数が少し多いこと、周波数調整が独立していることからFA-VA5より操作性がいい
・ 字が小さい
・ ボタンスイッチはかなり強く押し込まないと動かない
・ 起動時、ボタン操作時に大きなビープ音がでるが、何故か突然鳴らなくなった。私には好都合ですが何故鳴らなくなったのか不明
・ USBはバッテリ充電用で、他には何もできない

SWR特性の表示例
実物はこの1/4程度の大きさしかなく、大変見にくい、というかよく見えない。

KVE60C_2.jpg

[ 2019/07/19 08:07 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

FA-VA5 Antenna Analyzer FW更新

ver1.09がリリースされました。いくつか使い勝手が良くなる改良がなされています。特にSWRスイープモードのSWR表示ですが、目盛りが、1、1.6、2.5、3.9、6.2、10から1、1.5、2、3、4、6、10となり見やすくなりました。またLCR Meterが実装されました。


[ 2019/05/12 11:58 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

MFJ-929 IntelliTuner

MFJ-929を購入しました。
・ 200W
・ Antenna 2系統
・ 10W前後のキャリアで自動チューン
MFJ-929の後ろには以前から使っているLDGのアンテナ切替SWをつなぎ、K3、TS480HX、IC7300に分配します。整合範囲の狭いIC7300の内蔵ATUは使わずに、更に内蔵ATUを持たないTS480HXにはこれが外部ATUとして使えます。K3の内蔵ATUを使う場合にはMFJ-929をバイパスします。2系統のアンテナを切り替えるSWは撤去、その替わりにMFJ-929の内蔵SWを使います。
IC7300、TS480HXには、外付けボタンで10W前後のキャリアが出せるようアダプタを付けてあります。

IMG_20190428_150037.jpg


[ 2019/04/28 15:19 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

RigExpert Stick

RigExpertの新型アンテナアナライザが間もなく登場だそうです。肝心の表示部詳細が?

SS2019-04_065.jpg


[ 2019/04/19 16:04 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

Over voltageのアラーム

無線で使うDCは、基本的には分配器から供給しています。先日からたまに、ピーという大きなアラームが出るようになり、ひょっとするとDC電源本体かも知れないと覚悟を決めながら様子を見ていました。
いつもはTS480の陰で見えませんが、ピーと鳴った時に分配器の"Over voltage"のLEDも赤く点灯しているのを発見。DC電源本体の出力電圧を少しいじると、アラームが鳴ったり、止まったりすることを確認しました。電圧降下を考慮して出力電圧を少し高めに設定してありますが、いつの間にかずれてしまったようです。
突然ピーと大きな音がすると何処で鳴っているのかすぐには分かりませんが、実はこの分配器がアラームの出どころのようです。

IMG_20190312_160817.jpg


[ 2019/03/12 16:25 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

ZLP Electronics MiniProSC

TS480でFT8を運用する時は、今までSignaLinkをSoundのインターフェースとして使ってきました。特に不都合がある訳でも無かったのですが、ZLP ElectronicsのMiniProSCを購入して入れ替えました。
SignaLinkは使うTransceiverに合わせて内部のジャンパーを入れ替える必要がありましたが、これは専用のケーブルでTransceiverと接続するだけです。またレベル調整つまみもありません。
右に見えるのは、以前、海外運用で使うために購入したZLP ElectronicsのCW Keyerですが、今は待機中です。CW KeyerのFWをupdateしたとかでICを無償で送ってくれました。

IMG_20190308_144845.jpg


[ 2019/03/08 15:06 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

TS480HX用の外部PF-Key

以前作ったものはスイッチが1ツしかありませんでしたが、今回は2ツにしてPF-1、2として使えるようにしました。スイッチは、NKKスイッチズ LP01シリーズを使いました。ケースに直接取り付けることが出来るので工作は楽チンです。とりあえずPF-1はTX Tune用、PF-2はTF-Set用として使います。
PF-Keyが4ツ付いたMC-47型マイクもありますが、普段殆ど使うことのないマイクを転がしておくのも邪魔なので、、、

IMG_20190124_171336.jpg


[ 2019/01/24 17:39 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

FA-VA5 Antenna Analyzer FW更新

ver1.08が公開されたので早速更新してみました。PCにupdateファイルをダウンロードしておき、USB接続されたFA-VA5のSetupメニューからFW updateを選択、updateファイルにあるBATファイルをクリックすることで更新されます。

主な改善項目は以下の通りです。
・ メニューが整理されて操作しやすくなった。
・ スイープ幅が、2、50、100、200KHz...のように分かりやすくなった。スイープ幅の初期値として2KHz、100KHzが選択できる他、電源OFF、ONで最後に使った値が再現される。
・ スイープ時、SWRの最小値、周波数が表示される。

ver1.07から大幅な改善が見られますが、画面コピーがPCに転送されると私にとってモアベターです。次のFW更新に対する要望も受け付けているので2、3要望しておくことにします。

Screenshot2018_00824.jpg

2018/11/19
以下を要望しておきました。
1. 上の写真にあるように、SWRスイープ表示の目盛りが、1.0、1.6、2.5、3.9、6.2、10となっていて見にくい。多分目盛り線を等間隔にするためかと思いますが、一般的な1.0、1.5、2.0、3.0、4.0、6.0、10.0にして欲しい。因みにSWR 5 Bandモードではこうなっている。
2. 上の写真にあるような画面をキャプチャして本体に保存、後で見ることは出来ますが、それを外部に出力することが出来ない。折角USB接続でPCと接続できるのだから、画像ファイルとして出力できるようにして欲しい。VNWAで見ることが出来ますが、使いづらい。

[ 2018/11/18 22:32 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)