FC2ブログ





今日の18MHz FT8

夕方の18MHz FT8の様子です。ASはブロックしてあるのですが、この時間は全てEUの信号で埋まっています。
秋の到来とともに少しコンディションも良くなってきたようです。と思って期待していると明日は何も見えなかったりします。

SS2019-10_054.jpg

Waterfallで見ても隙間がありません。いつもはSplitで呼ぶようにしてますが、こういう時は、珍局でない限り敢えて相手の周波数で呼びます。

SS2019-10_055.jpg

スポンサーサイト



[ 2019/10/16 18:09 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

SARK-110-ULM

DVE60Cを放出、その替わりに気になっていたSARK-110-ULMを購入しました。
大きさはFA-VA5とMINI60Sの中間ですが、重さはイチバン軽くできています。本体でもSWR特性のグラフ表示が出来、PCと接続すれば専用プログラムで本体を制御することが出来ます。FA-VA5に比べ、ボタンの数が多いだけ操作性がよくなります。

気になる点
・ 周波数がHz単位で面倒、せめてKHz単位なら
・ 本体でスクリーンキャプチャができない
・ Android端末でBlueTooth接続できるはずだが、何故かまだできない
・ 入力端子がSMAで扱いにくい。Mとは言わないがせめてBNCなら、、、
・ 電源ON/OFFのスライドスイッチが固い

ですが、この3ツの中ではイチバン使い勝手がいいかも知れません。JA正規代理店から購入可能です。
作者EA4FRBに一言感想を送ったところ、周波数については精度の高い測定と使い勝手のトレードオフだが検討、スクリーンキャプチャについては次のFW更新で実現、とのことでしたが。

IMG_20191011_153700.jpg

Test_2.jpg

2019/10/12
特に何も変えていないのですが、AndroidスマホとのBluetooth接続がOKとなりました。いたってシンプルなグラフです。このグラフは縦横に拡大、移動することができます。(画像の縦横比をいじってあります)

SARK_Android.jpg

[ 2019/10/11 16:05 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

SummaryBandMode

Summaryシリーズの「新人」をテストしています。
表のマス目の数だけの計算式を書かねばならず、大変手間がかかりミスも発生します。拡張の可能性は多分ナシです。
興味のある方はテストしてみてください。

2019/10/10
DXCCはWorked、Confirmedを切り替えて表示できるように拡張中です。Band Total、Mode Totalまで終了しましたが、まだまだ、、、
2019/10/12
DXCCの表示方法を変更しました。
2019/10/14
ver1.00をリリースしました。

SS2019-10_049.jpg

お譲りします KVE60C

2019/10/6 Yahooオークションに出品しました。

アンテナアナライザ KVE60Cをお譲りします。詳細はメールでお問合せください。
尚、F1 - F4、電源スイッチはかなり強く押し込む必要があります。

・ 周波数範囲 0.5 - 60MHz
・ 入力コネクタ BNC
・ 電源 内蔵バッテリ込み (USB端子経由で充電可能)
・ USB端子 マイクロUSB Bタイプ (USBケーブル無し)
・ 元箱無し、取扱説明書無し

IMG_20191004_114721.jpg

[ 2019/10/04 12:01 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

JTDX FT4

10/6 10:00 UTCに-rc140がリリースされるとのアナウンスがありました。   https://jtdx.tech/en/

現在のBeta最新版は、ver2.0.2-rc140_18です。このバージョンになってLoggrer32のcherry-picking、Manual callingが動くようになりました。間もなくEvaluation version ver2.0.2-rc140としてリリースされるものと思います。
尚、Logger32の最新版 ver3.50.397が今朝リリースされました。変更内容は既にご紹介した通りです。
[ 2019/10/04 07:10 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

新たな機能が追加されます。
現在のLogger32の周波数をUDPポートに出力することができます。私はこのような機器は持ち合わせていませんが、もしこの機能を使う場合は、MainメニューからSetupをクリック、SetupメニューからFrequencyをクリックします。Enable frequency change UDP Broadcastにチェックを付けます。

SS2019-10_018.jpg

Logger32の周波数が変化した時には次のようなフォーマットで周波数データがUDPポートに出力されます。

SS2019-10_019.jpg

[ 2019/10/03 16:17 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

QSLフラグの付け方に新しい機能が追加されます。

SS2019-09_101.jpg

上の3ツについては従来通りで、QSOがログされる時に自動的にフラグを付ける項目にチェックします。

Remove external Export QSL flags
ClubLog等にQSOをuploadする時、N2AMG作のL321LogSync等のutilityを使っている場合は注意が必要です。
eQSLの場合は、一時的にLogger32が作るeQSL Dump File.txtが使われる可能性があります。
ClubLogの場合は、一時的にLogger32が作るClublog Dump File.txt、或はADIF Audit trail.txtが使われる可能性があります。
私のUtility、ClubLogUploaはClublog Dump File.txtを使っています。それぞれ設定を確認し、必要な項目にチェックします。
(従来は、Logger32.iniの概要項目を修正する必要がありました。)

SS2019-09_102.jpg

Flag existing QSOs for QSLing
何らかの理由で、Logbookにある全てのQSOにフラグを付ける場合には、フラグを付ける項目にチェックしApplyをクリックします。
或は全てのQSLフラグを外す場合は、Remove all send QSL flagにチェックを付けApplyをクリックします。
いずれの場合もSentフラグの付いたQSOに対しては何もしません。

SS2019-09_103.jpg

[ 2019/09/30 11:18 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

JTDX FT4

JTDX 最新テスト版にFT4が実装されました。近日中には公開される予定か?

SS2019-09_091.jpg

このテスト版では、Logger32からのUDP reply messageが無視されてしまいます。従って、まだCherry-picking、Manual callingによる自動呼出しが動きません。
[ 2019/09/29 17:00 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

今日のスケッチポイントは、

小田急江ノ島線 高座渋谷駅から徒歩10分にある常泉寺です。久しぶりに友人と出かけました。
常泉寺は四季の花と河童の石像で有名ですが、境内は狭く、のんびりとスケッチが楽しめるような場所がありません。仕方なく二人とも山門を描くことにしました。
今は彼岸花が見頃を迎えていますが、秋も深まる頃は紅葉も楽しめそうです。

20190926_2.jpg

[ 2019/09/27 13:25 ] Sketch | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

Logger32には、Logbook entry windowに入力されている相手のLocal timeを表示する機能があります。

SS2019-09_083.jpg

但し一部のCountry、例えばYBの場合、Logger32のデータベースが持つTime zone nameとWindowsが持つTime zone nameが一致していないためにLocal timeが表示されません。
次期バージョンにupdateされた後、ClubLogによるデータベースのupdateが行われると、YBのTime zone nameが変更されてLocal timeが表示されるようになります。
YBには実際は3ツのTime zoneがありますが、PrefixとTime zoneの関係が不明なため、今回は共通で”SE ASIA STANDARD TIME"が使われます。
[ 2019/09/25 11:16 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)