HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

S590SG SubRX

以前ご紹介したことがありますが、TS590SGのSubRXとしてK2を常設することにしました。

IMGP1548.jpg

K2は受信専用とし、ANT入力にはTS590SGのDRV出力を接続します。またTS590SGの送信時にはK2も送信状態にするために、K2のPTT端子にTS590SGのST-BY接点を接続します。このためにK2のパワー設定はゼロ、サイドトーンレベルもゼロにします。
いつもいつもK2を使う訳でもないので、K2のCAT制御は使わず、手動制御とします。

2017_216.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/02/28(火) 11:30:57|
  2. Kenwood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のスケッチポイントは、

これも写真から描いた1枚、実相寺 神代桜から眺める甲斐駒ヶ岳です。桜見物だけならバスで日帰りも出来そうです。

20170227.jpg


  1. 2017/02/27(月) 16:08:05|
  2. Sketch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Elecraft 次のトランシーバは?

K3を世の中に送り出した後は、小型、手持ち可能な10W トランシーバ、KX3、KX2と続きました。一方、KX1は生産終了となり、K1、K2のオプションパーツの一部も生産終了になっています。

先日、ElecraftのNews Letterがメールで届き、次の製品へのアイディアがあれば是非書いて欲しいということでした。そこで今でもそれなりの働きをしてくれるものの、「古き良き時代のアナログ機」になってしまったK2の後継機を希望しておきました。

・ K2並みに小型、軽量の100W機、ホントは200Wでれば、、、、
・ 自動ATU内蔵
・ 同一バンド、モード、15KHz範囲でいいから2波同時受信  これで既存の他機種に勝てる!
・ 誤動作の無い押しボタンスイッチ

One man peditionで海外にも持ってゆけるし、うまくすれば自宅でもメインで使えるかも知れません。K3は海外に持ってゆくには大きすぎ、重すぎです。またK3の多用途押しボタンスイッチ、例えばBand、Modeボタンは左右にTAP、Holdがあってだいたい誤動作します。

  1. 2017/02/26(日) 08:20:22|
  2. Elecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒点数推移と予測

この悪いコンディションがいつまで続くのか気になります。また毎年出かけていた南太平洋ですが、こんな状態の中ではあまりその気になりません。
このグラフからはあと2~3年はダメなように見えます。

SunspotNumber.jpg


  1. 2017/02/25(土) 23:17:02|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WinKeyMini ver2.0

最終目標がなかなか定まらずフラフラしていましたが、間もなくリリースできそうです。

2017_215.jpg


  1. 2017/02/25(土) 23:11:19|
  2. by JA1NLX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ