HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

JT9、JT65を運用するための仕組み

諸般の事情でJT9、JT65を運用するこことになりました。きっかけはLogger32にJTDXからQSOデータを受け取るTCPサーバのテストでした。
これらのモードを運用するために必要なプログラムとしてWSJT-Xが有名です。更にこれをベースび独自の「味付け」がされたプログラムがあります。当初Logger32のテストでインストールしたのがJTDX、更にWSJT-X、JT65 HFもテストしてみました。
ルーツがあってそこから派生したプログラムがたくさんある状況はNaP3と同じで、若干混乱します。

1. プログラム
(a) JTDX
・ TCPクライアント機能がありLogger32のQSOデータを送り込める
・ CATをサポートする機種が豊富でK3を使う場合も簡単、リストからK3を選択するだけ
・ ユーザーインターフェースが自分の好みにあう
(b) WSJT-X
・ TCPクライアント機能がない 
・ K3を使う場合は簡単
(c) JT65HF
・ K3を使うのが難しい

しばらくはJTDXを使うことにします。

2. Logger32と組み合わせて便利に使う
(a) Logger32とJTDXでK3が接続されたcomポートを共用
このためにVSPEで実在のcomポートの下に仮想comポートを作ります。(Splitter機能) Logger32、JTDX側ではこの仮想comポ-トを指定します。
但し、JTDXを運用する際はLogger32側でこのcomポ-トをクローズする必要があります。そうしないとJTDXはエラーになります。

追記:
その後のテストで次のようなことが分かりました。VSPEでcomポートを共用すると、Logger32からのPollingに対するK3からのReplyデータもJTDXが受信することになります。もちろんJTDXからのPollingに対するReplyデータもLogger32が受信します。
今までLogger32のPolling intervalは100msとなっていましたが、これを250ms以上にするとJTDXのエラー、Rig Control Errorが回避できる、できそうだということが分かりました。多分JTDXは想定外のReplyデータを頻繁に受信してしまって「お手上げ」になるのかも知れません。しばらくLogger32のPolling intervalを250msとして様子をみることにします。

(b) JTDX側でQSOをログすると同時にLogger32側でもこのQSOをログ
このためには、Logger32側でTCPサーバーを開いておきます。JTDX側では"Enable data transfer to external log"のオプションを有効にします。
(c) 全体のログはLogger32で一括して行う
QSOがログされてしまえばCW、RTTY等の他のモードと同じで、一括管理することができます。LoTWへのupload、lotwreport.adiによるLogbookの更新も問題ありません。

3. 重複QSOはしない、DXCC Newかどうかはチェックしたい
これらのチェックについては、事前にLogger32でチェックすることはできないことはありませんが面倒です。JTDX側で色付け等の工夫が必要です。

LS2017_90.jpg

4. ClubLogへのupload
現在QSOをログすると同時にそのQSOをClubLogにuploadしています。このために自作のプログラムを使っていますが、これがJT9、JT65には対応できません。然るべきタイミングでJTDX側のLogbookをuploadするか、Logger32のLogbook全体をuploadすればいいのですが、イマイチ、、、残念

追記: 自作のプログラムを少しいじってこれもOK

5. JTDXでのミスオペ
TX Odd/TX EvenとEnable TXの関係で誤って送信してしまうことがよくあります。いろいろな解説を見たりしていますがいい解決策が見当たりません。

6. QRP?
5W、或は10Wでの運用にします。これでもやっとEUとQSO出来ました。自分の好みとしては帯域の狭いJT9ですが、JT65に比べると見える信号がはるかに少ないですネ。

スポンサーサイト
  1. 2017/07/23(日) 15:37:30|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Logger32 日本語ヘルプ

Logger32 ver3.50.327対応の最新版をuploadしました。本ページのLinkからアクセスできます。

  1. 2017/07/21(金) 10:22:56|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.50.327

最新版の変更は、次の通りです。

・ eQSLがADIF MODE、SUBMODE対応になったことに伴い、
a LogbookのModeにADIFのMODEが記録されている場合、eQSL Fileのexportでは次のようになります。

LS2017_87.jpg

b. LogbookのModeにADIFのSUBMODEが記録されている場合、eQSL Fileのexportでは次のようになります。

LS2017_88.jpg

どちらの場合でも、これらのファイルのeQSLへのuploadが正常に行われます。またeQSLからdownloadしたadi ファイルによるLogger32のLogbookの更新が正常に行われます。


  1. 2017/07/21(金) 07:16:02|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JT65 初めてのQSO

ちょっと興味があったのでWSJT-X ver1.7.0をテストしています。受信だけはできるようになったので、CQを見つけて恐る恐る5Wで呼んでみました。JT65モードでの最初のQSOとなりました。

LS2017_86.jpg

WSJT-X側の設定
・ CAT 相手はK3
・ K3のLine IN/OUTが接続されたSoundcardの指定
K3側の設定
・ DATAモードをDATA-A (これはUSB)
・ パワーを5Wに

QSO後にWSJT-Xに保存されたwsjtx_log.adiをLogger32にimportした結果が上の画面例です。

  1. 2017/07/20(木) 11:13:06|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 ver3.50.326

現在の最新版はver3.50.326です。
・ 最新のADIF仕様に対応するためにADIFModes.txtの内容が変更になりました。FT8等の新しいMode、Submodeが追加されています。2017/7/16付け記事も参考にしてください。


  1. 2017/07/20(木) 06:10:24|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マウス 使い易さ

我が家ではニャンコが噛み切ってしまう恐れのあるケーブル付マウスは使えません。最近手にいれたワイアレスマウスです。
左からLogicool M325、同じくM235、Buffalo BSMBW28Sです。

DSCN2373.jpg

私にとっての最大の関心は上下スクロールのし易さです。
・ M325
全く抵抗もなく上下にクルクルと回転します。しかしこれが裏目にでて細かなスクロールがし難い、勢い余って逆方向に動いてしまったりしてイライラします。
・ M235
今日買ったばかりですがM325の半額です。スクロール部の動きはかなり抵抗があり1クリックずつしっかりスクロールさせることができます。
・ Buffalo BSMBW28S
抵抗感はM235と同じです。最大の欠点はしばらく使っていると逆方向にスクロールしたりします。クルクルと何度も動かしているとまた正常に戻ります。
という訳でしばらくはM235をメインで使ってみることにします。

  1. 2017/07/19(水) 11:25:07|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 FT8関連

2017/07/16現在の状況です。今後変更になる可能性があります。
2017/07/19 追記(赤字)
近日中には、FT8がADIF MODEとして追加される予定です。(ADIF仕様の変更)


(A) Logger32でFT8モードのQSOをログ、或はモードをFT8に修正するためには、次の手順が必要です。
Logger32の次期バージョンでは以下の1、2の手順は不要になる予定です。

1. Logger32を終了します。Logger32のフォルダを開き、ADIFModes.txtをメモ帳で開きます。FSK441の下に行を追加してFT8と書きます。
2. ファイルを保存。Logger32を起動します。
3. メニューバーのToolsをクリック
4. “SETUP BANDS AND MODES”をクリック
5. 然るべき周波数帯にFT8を追加
6. Applyをクリックして、この変更を保存
7. Logger32を終了し、再度起動

(B) Logger32でこのQSOをexportした場合、ADIFのモード欄は次のようになります。

LS2017_65.jpg

(C) このデータをLoTWにuploadする場合、TQSLのモード変換テーブルでFT8->DATAを追加してからuploadします。これが無いとFT8のQSOはuploadできません。
ADIF定義の変更に伴ってLoTWがFT8を受け入れた場合には、FT8 -> DATAの変換を削除する必要があります。

(D) LoTWからlotwreport.adiをdownloadしてLogger32のLogbookを更新する場合
現在テスト中

(E) (B)でexportしたQSOをClubLogにexport、更にそれをdownloadすると、モード欄は次のようになっています。つまりClubLog側でFT8をDATAに自動変換しているようです。

LS2017_66.jpg

このようにADIFで定義されていないモードの場合、それぞれによって処理が違います。LoTWでも、ClubLogでもADIFで定義されていないDATAが平気で(?)使われたりしています。

  1. 2017/07/16(日) 15:14:24|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ClubLog QSO Matching

期待していたIOTAのClubLog QSO Matchingは、頓挫してしまったのか、その後IOTA HP上に全く情報が掲載されなくなってしまいました。Accepted Activationsのリストはありますが増えているのは、減っているのか(?)、これだけ見ても分かりません。だいたいどういう基準でAccepted Activationの仲間入りするのか全く不明です。
寄付だけでシステム開発費を捻出するということは、目標に到達しない限り計画が縮小されるか、止めるか、とにかく細々と続けるしかありません。私は寄付はしていませんが、寄付されている方には経過報告があるんでしょうか? そのような報告、説明すらないとすれば、お金だけ集めて知らん顔、、、そういうことにならないよう祈るばかりです。

  1. 2017/07/16(日) 08:24:45|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R24RRC from AS-114

早めにQSOできました。近いので信号は強力です。

LS2017_60.jpg



  1. 2017/07/15(土) 17:37:13|
  2. IOTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logger32 FT8モード

・ Logger32にFT8モードのQSOをログ
・ これをexportしてLoTWにupload
・ このQSOが含まれている直近のlotwreport.adiをお持ちの方

現在FT8に関するLoTW Syncの修正が行われています。テストのために必要です。lotwreport.adiを送っていただける方はどうぞお知らせください。

  1. 2017/07/15(土) 12:23:40|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ